育毛に効果的な食事とは?髪にいい食べ物を紹介します!

育毛に効果的な食事とは?髪にいい食べ物を紹介します!

男性だけではなく、女性にも多い抜け毛や薄毛の悩み。髪の悩みで見落とされがちな原因が、髪の毛を作る栄養成分の不足です。育毛に効果的だと言われる栄養素はビタミンやタンパク質、ミネラル、亜鉛などで、薄毛対策にはこれらの栄養成分を含んだ食品をバランスよく摂取する必要があります。育毛や促すとされる食べ物を効率よく摂取するには、栄養素の組み合わせを考えた食事メニューを取り入れるのが効果的。また食生活とともに、髪の成長に必要な睡眠や正しい洗髪、頭皮マッサージなど、髪や頭皮環境に良い生活習慣を心がけ、薄毛を改善していきましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

抜け毛・薄毛対策には良質な食事と睡眠

男性とともに女性でも、生え際が後退する薄毛や若ハゲ、壮年性脱毛症など、髪の悩みを抱える人が増えているようです。育毛を促すには、良質な食事と睡眠が必要。睡眠不足以外にもホルモンバランスが乱れるような生活習慣や過度なダイエットは避けたいもの。髪にいいと言われる食べ物で髪の生成を促す栄養成分を補うことが大切です。

人気の育毛サプリをチェックしてみる

髪の毛を作るのに必要な栄養成分

髪の主成分となる「タンパク質」や、髪生成のサポートをする「亜鉛」、新陳代謝を高める「ビタミンB群」をはじめとするビタミン類が不足してくると、薄毛になりやすいと言われています。育毛を促し、薄毛・抜け毛を予防するには、まずは毎日の食事で栄養を摂取していくことを心がけましょう。

アミノ酸を含むタンパク質

タンパク質に含まれる「アミノ酸」は、髪の主成分である「ケラチン」のもとになる栄養成分。健康で美しい髪を手に入れるのに必要不可欠で、「アミノ酸」が不足すると薄毛に繋がると言われています。「非必須アミノ酸」は体内で生成されますが、「必須アミノ酸」は生成できないので食事で補う必要があります。赤身肉(豚ロースや鶏胸肉など)や魚介類(鮭やサンマなど)、卵、大豆製品(納豆や豆腐、豆乳など)、乳製品(牛乳やチーズ)などに良質なタンパク質が含まれています。

亜鉛やヨウ素を含むミネラル

ミネラルの一種である「亜鉛」は、タンパク質とビタミンとともに、髪を健康的に育てる3大栄養素の1つ。タンパク質を髪に合成する機能と、髪の毛に栄養を運ぶ重要な働きがありますが、普段の食生活では不足しがちな栄養素と言われています。「ヨウ素」は新陳代謝を促し、髪の健康を維持してくれます。「亜鉛」が豊富に含まれている食材は魚介類(牡蠣や煮干しなど)や肉類(牛肉や豚レバー)、小麦胚芽。ヨウ素は海藻類(わかめや昆布、ひじきなど)に多く含まれる栄養素です。

ビタミンB群をはじめとしたビタミン類

ビタミンは髪の毛が育ちやすい頭皮環境を整える役割を持ちます。特に「ビタミンB群」には代謝を促す作用があり、アミノ酸を髪の主成分であるケラチンに変える働きがあります。他にも「ビタミンA」は亜鉛の吸収を高め、頭皮を健やかに保つのに寄与し、「ビタミンE」は頭皮の血流を整えてくれます。また「ビタミンE」はビタミンCとともに摂取することで、育毛促進の相乗効果が期待できます。ビタミン類はバランスよく取り入れることが大切ですが、ビタミン剤の過剰摂取には注意し、食事での摂取を心がけましょう。

L-システイン(シスチン)

シスチンとも言われる「L-システイン」はアミノ酸の一種であり、ケラチンを生成するのに必要不可欠な成分。必要な量のシスチンが摂取できていれば、頭皮環境が整い、薄毛・抜け毛を防ぐ効果があるとされています。「シスチン」は非必須アミノ酸のため、極端に不足するということはありませんが、食事で摂取するのであれば、牛肉やサケ、小麦粉、オートミールに多く含まれるので意識するとよいでしょう。

β-カロテン、リコピンなどカロテノイド類

エイジングケアと育毛の効果が期待できる栄養素が、「β-カロテン」、「リコピン」、「アスタキサンチン」などのカロテノイド類です。毛母細胞の分裂を促し、ツヤのある髪を育てる働きがあります。「アスタキサンチン」が豊富なエビやカニなどの甲殻類とサケ、「リコピン」が多いトマト、β-カロテンを含むにんじんやパプリカなどを意識的に食事に取り入れるとよいでしょう。これらの食材は黄色や赤色の色素を持ち、抗酸化力に優れた食べ物です。

ヌメリ成分の食物繊維フコイダン

ヌメリ成分の食物繊維であるフコイダンは、毛乳頭細胞を増やし、毛髪を太くする働きが期待されています。このネバネバした成分は、昆布やわかめ、モズクなどの海藻類に多く含まれています。海藻類はフコイダンやミネラル、アミノ酸が豊富なので、育毛効果や美肌を保つのに最適な食材といえるでしょう。

ビタミンCとともにコラーゲン

肌や身体にとって良いものとして有名な「コラーゲン」ですが、実は髪の健康にも大きく関わる栄養素。「コラーゲン」は髪の多くを構成するタンパク質の原料となるため、髪の毛に良い影響を与えるものとして知られています。特にビタミンCとともに摂取することで、吸収が高まるようです。ただコラーゲンを経口摂取しても毛包に直接は届きませんが、髪が太くなり、まとまりやツヤが感じられるようになると言われます。鶏の手羽先や軟骨、皮ありのサケやさんまの開きなどが、特にコラーゲン含有量が多い食べ物です。

人気の育毛サプリをチェックしてみる

育毛・発毛を促すバランスの良い食べ物とご飯・食事メニュー

薄毛は食事が少なからず関係しており、何をどう食べるかでも髪の状態が変わってくるようです。髪の毛に良いと言われる栄養素を効率よく摂取できる食べ物と、これらの食材をバランスよく組み込んだ、おすすめのご飯・食事メニューを紹介します。

牡蠣入りキムチ鍋

牡蠣は亜鉛の他にも、ミネラルやビタミンが豊富なので、育毛や抜け毛予防にもってこいの食材と言えます。キムチ鍋にすることで、育毛に効果があるとされる「大豆イソフラボン」を含む豆腐や、血行促進の効果が期待できる「カプサイシン」を同時に摂取できます。「カプサイシン」と「大豆イソフラボン」は経口摂取で、健やかな髪を育てるのに必要な成長因子の分泌が増えることが報告されています。夜の食事に、牡蠣が入ったキムチ鍋などいかがでしょうか。

納豆とアボカド乗せ豆腐サラダ

納豆や豆腐は、育毛効果が期待できる「タンパク質」や「大豆イソフラボン」を豊富に含む食材であり、アボカドもまた、育毛に良いと言われるビタミンやミネラル、オレイン酸を効率よく摂取できる食べ物です。これらの髪に良い栄養素を簡単でヘルシーに食べられるのが「納豆とアボカド乗せ豆腐サラダ」。夕食の時間が遅くなったときやダイエット食にも最適な食事メニューです。

朝は発酵食と玄米ご飯

漬物などの発酵食と玄米ご飯を組み合わせた食事メニューも、薄毛対策には効果的。育毛に効果が高い必須アミノ酸やミネラルを多く含む玄米ご飯、毛髪と頭皮に潤いを与える乳酸菌を含む漬物を朝の食事に取り入れてみませんか。

トマトとピーマンの入ったタコライス

「トマトとピーマンの入ったタコライス」は、カラフルで食べ応えがあり、育毛効果も期待できるおすすめの食事メニューです。トマトやパプリカはビタミン類が豊富に摂取でき、必須アミノ酸を含むチーズも髪の潤いを保つ食材とされています。

美髪が育つワンプレートレシピ

ミネラルや食物繊維、ビタミンなど豊富な栄養がヘルシーに摂取できる食材が栗です。その栗を使った栗ご飯のおにぎりと、栄養素がつまったサーモンのソテー、桜エビをまぶした春菊と長ねぎのサラダ、細切りしたにんじんとドライマンゴーの和え物をワンプレートに乗せた、育毛効果の高いレシピがおすすめ。手軽に作れるのでぜひお昼の食事にでも取り入れましょう。

食生活とともに取り入れたい生活習慣

育毛を促進させ薄毛を予防するには、食生活を改善するともに生活習慣の見直しを行うことも重要です。栄養が補える食事を心がけながら、運動不足や寝不足、ストレス、間違った頭皮ケアなど、髪や頭皮に悪影響を与える可能性のある習慣は改める必要があります。またできるだけ頭皮環境を良い状態に保つためにも、正しい洗髪方法と自分でできる頭皮マッサージを知っておくといいかもしれません。

髪の成長に必要な睡眠時間の確保

美容や健康にとって睡眠は重要ですが、育毛環境を整えるためにも、良質な睡眠時間を確保することが大切。髪の成長を促す成長ホルモンは睡眠中に分泌され、この成長ホルモンが髪の毛を作り出す毛母細胞の働きを活発にします。特に入眠から約3時間内の「ノンレム睡眠」時に成長ホルモンは集中して分泌されるため、寝始めの3時間は邪魔されることなく、しっかり確保したいものです。

正しい洗髪で頭皮環境を整える

薄毛に悩んでいる人は、頭皮に負担をかけない正しいシャンプーを行う必要があります。洗髪前には皮脂や汚れが落ちやすくなるようにブラッシングをしましょう。摩擦や刺激を与えないためにも、ぬるま湯でしっかり濡らしてから、シャンプーを手で泡立てて洗うようにしてください。また不十分な洗い流しや髪の乾き残しには気をつけましょう。

血行を良くする頭皮マッサージ

薄毛は頭皮の血行不良が原因ということも考えられます。頭皮環境を整えて育毛を促すためには、頭皮マッサージで血流を良くすることが大切。面倒で続かなそうな場合は、シャンプー時に一緒にマッサージしたり、ヘッドスパや美容院で、プロに施術してもらう機会を設けたりするといいかもしれません。

人気の育毛サポートサプリをチェック!

■AGALP(アガルプ)

髪のハリ・コシ・ボリュームをアップさせたい方におすすめの栄養補助食品です。髪のケアというと、シャンプーや育毛剤といった外側からのケアに着目しがちですが、栄養を補う内側からのケアも同時に行うことがより効果的です。
頭皮と身体の最適な環境を目指し配合されたのは、必須アミノ酸9種類、栄養価の高いブロッコリースプラウト、ノコギリヤシエキスなど多数。ビタミン、ミネラル、美容成分を豊富に取ることにより、どんな変化があるかぜひ試してみて下さい。品質の確かさやユーザーの感想については、公式サイトで確認できます。

AGALP(アガルプ)

定期初回特別価格:1,078円(税込)

育毛に効果的な食事で薄毛や抜け毛を改善しよう

髪の毛の栄養となる食べ物は、摂取すればすぐ変化が感じられるものではありません。また育毛や発毛に良いとされる食材だけ摂ればいいわけでなく、さまざまな栄養分をバランスよく食事で摂取することが、髪の成長には望ましいと言えるでしょう。髪や頭皮環境に良い生活習慣を心がけながら、育毛を促す食べ物を組み込んだご飯・食事メニューを意識して取り入れて、薄毛を改善していきましょう。

関連する記事

詳しく

男性用発毛剤の副作用の原因や症状は?使用時に気を付けるポイントも紹介

抜け毛や薄毛が気になっても、恥ずかしさや費用のことを考えて病院を受診することを躊躇う人がいます。そんな自宅で薄毛ケアをしたいと考える人が使うのが発毛剤です。抜け毛を防ぐ育毛剤と違って発毛剤には発毛効果が認められており、AGA治療薬として使われているという違いがあります。発毛剤は医薬部外品に分類されていて効果的な分、副作用にも気を付ける必要があります。発毛剤に配合されているミノキシジル・フィナステリド・デュタステリド・塩化カルプロニウムという成分で副作用を感じる場合があります。副作用のことを考慮しながら、自分に最も合う発毛剤を探してみましょう。

詳しく

キャピキシルは副作用がある?効果や選ぶときのポイントを解説

現代社会は、さまざまなストレスを日々感じやすく、抜け毛や薄毛など、髪の毛にお悩みの方が多いですよね。育毛を考えている方なら、一度は「キャピキシル」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。育毛成分の一つである「キャピキシル」は、さまざまな育毛剤などに使用されています。育毛成分はキャピキシル以外にもいろいろとありますが、キャピキシルが多く使われているのには理由があります。育毛剤の副作用を心配する方がいますが、きちんと効果や注意点を理解することが大切です。育毛剤に対する正しい知識をつけて、自身のお悩みにあう商品を選びましょう!

詳しく

ヘアモアに副作用はあるのか知りたい!口コミ評判などを参考に検証

女性用育毛剤の部門において口コミ評判のいいヘアモア。使用年齢に制限がないので使いやすく、早い人だと1ヶ月程度で変化が見られるようです。ただ、そんなに早い変化が見られると、副作用があるのでは…と気になることでしょう。はっきりとした副作用の報告は、口コミなどを見ても確認できませんが、もともとアレルギー体質の人は赤みが出る可能性が考えられます。念のため、担当医に聞いてから使用を開始するといいでしょう。また、臭いがきついと感じることもあるので、妊娠中につわりで苦しんでいるときには不向きかもしれません。妊娠中に使用する際は、体調のいいときに使うと安心して使えますよ。

詳しく

発毛成分ミノキシジルについて効果や副作用を解説!コスパも検証

発毛剤に含まれる成分「ミノキシジル」には、血管を拡げて血流をよくし、発毛を促進する効果が認められています。ミノキシジルには頭皮に直接塗る外用薬と、経口摂取の内服薬があります。ミノキシジルには副作用があり、外用薬の副作用は頭皮のかぶれ程度ですが、内服薬は循環器系に副作用が出る可能性が高いので、使用時には注意が必要です。ミノキシジル外用薬はさまざまな製品が市販され、ドラッグストアなどで購入できます。内服薬は頭髪専門のクリニックで処方してもらうか、個人輸入のかたちで入手することになります。特に内服薬は副作用が強く過剰摂取は危険なので、用法用量をしっかり守らなければいけません。

詳しく

ミノキシジルの効果は何ヶ月から?副作用はある?使い方を詳しく紹介

頭頂部やM字など、抜け毛が進行してハゲが気になる人の治療薬としてミノキシジルがあります。市販の塗り薬にも使われている成分ですが、AGA専門治療のクリニックなどでも処方されます。ミノキシジルには、頭部に塗って使う「外用薬」と「内服薬」があります。内服薬の方が効果が高いといわれていますが、一般的にミノキシジルを使用して効果を感じられる期間は、早い人で3ヶ月ほどです。長い人は6ヶ月ほどかかる場合もあり、何ヶ月かは使用しなければいけません。ミノキシジルは個人輸入もできますが、副作用もあり発毛の状態を専門医に診てもらいながらの使用がおすすめです。

詳しく

ミノキシジルは女性の薄毛に効果あり?発毛剤の使い方も解説

「ミノキシジル」はもともと血圧降下剤として利用されていましたが、頭皮の血行を促進し、髪の毛を生み出す毛包の細胞を活性化するとして、発毛剤にも配合されています。現在は男性だけでなく、女性の薄毛治療にも使われていますが、女性に適したミノキシジル濃度は男性向けとは異なる点に注意しましょう。「ミノキシジル」を配合した市販の育毛剤を購入する、または専門クリニックで薄毛治療薬として処方してもらいます。副作用が出る可能性があるので、気になる症状が出たら医師に相談しましょう。ミノキシジル配合の発毛剤は用量を守って、毎日継続して使うのが大切です。

詳しく

ミノキシジルに副作用はある?全身のかゆみが出た場合の対処法は?

「ミノキシジル」は、AGA治療薬にも使われる育毛や発毛の効果がある薬です。日本では市販の認可が下りているので、濃度の低いものならば医師の処方箋がなくても買えます。頭皮に直接つける外用薬と内服薬があります。頭皮や全身の血行を促進して頭皮環境を健やかにするので、健康な髪の毛が生えてくるようになります。効果的な治療薬としてよく使用されますが、「ミノキシジル」には副作用もあります。使用した部分または全身にかゆみや湿疹、蕁麻疹が出たり、皮膚が赤くなったりします。まためまいや頭痛、血圧が下がるなどの症状が出る場合もあります。「ミノキシジル」を使用して副作用と思われる症状が出たら、一度使用を中止して、皮膚科またはAGA治療の専門医に相談しましょう。

詳しく

ミノキシジルを使うと産毛が抜ける?ネットの噂は本当なのか?

現代では、環境の変化やストレスなどから、男女の区別なく抜け毛に悩む人が多くいます。製薬会社から薄毛治療薬が市販でも販売されていますが、不安になる口コミも見かけます。抜け毛や薄毛の治療薬によく使用されている「ミノキシジル」について、使ったことのある人から「生えてきた産毛が抜ける」との意見が出ているのです。しかしミノキシジルを使用して産毛が抜ける(初期脱毛)のは、問題ありません。初期脱毛はミノキシジルが効いている証拠です。ただ、初期脱毛が行われる時期やタイミングなど目安はあるので、注意が必要です。ミノキシジルの効果を最大限に引き出すために、正しい知識を身につけて育毛活動を行いましょう。

詳しく

ミノキシジルは生え際にも効果あり?育毛効果や副作用も詳しく解説!

ミノキシジルは、育毛剤として薬局やAGA治療薬として専門のクリニックでも処方されています。頭部に直接つける外用薬の他に内服薬もあります。ミノキシジルは、頭皮の血行を促進し、毛包に栄養を届けて健康な髪の毛が生えてくる作用があるとされています。頭頂部やM字ハゲはもちろん、髪の毛が最近薄くなって細くなってきたと感じる人や、生え際がだんだんと後退しておでこが広くなったと感じる人にもおすすめです。ミノキシジルは副作用が出る場合があり、使用した部分のかゆみや湿疹、初期脱毛などの症状が現れることもあります。しかし育毛剤は継続使用が効果的なので、副作用のような症状が出た場合は、一度医師に継続して使用できるか相談してみましょう。

詳しく

高齢者の抜け毛の原因は?女性に多い脱毛症と薄毛改善におすすめの対策

高齢者の女性に抜け毛や薄毛が起こる原因はさまさまです。女子男性型脱毛症や女性型脱毛症などのホルモンの影響によるものや、頭皮環境の変化やトラブルによる脱毛症、ストレスや食生活の乱れが引き起こす脱毛症、内臓疾患や貧血、栄養障害による抜け毛などが考えられます。 毛髪は加齢に伴ってより薄毛が加速するといわれており、高齢者の多くは、抜け毛や薄毛、ボリュームの減少、白髪など頭髪の悩みを抱えています。年齢を経るごとに頭皮が衰えることを自覚し、積極的に育毛剤で栄養を与えたり、日々使うシャンプーや洗髪方法を見直したりしてください。いつまでも美しくいられるよう、高齢者に最適な薄毛対策をすぐにでも始めましょう。

詳しく

頭頂部の薄毛を隠すおすすめの髪型は?薄毛やつむじハゲの悩みを解消しよう

頭頂部の薄毛は年齢、男性、女性問わず悩んでいる人が多いのが現状です。つむじハゲが目立ってしまう、毛量が少なくてボリュームがない髪型になってしまうなど、考えただけでもストレスになってしまいますよね。薄毛の悩みは家族内の遺伝もあると考えられています。ハゲ、薄毛になったらスキンヘッド、坊主にしなくても、ヘアアレンジで悩みが解消できる場合があります。髪の毛に優しいシャンプーやヘアオイルなども多く出ているので、自分の髪質にあったものを選んで使用してみるのもいいですね。スタイリング方法を参考にして、ヘアアレンジで薄毛の悩みを解消しましょう。

詳しく

前頭部が薄毛の女性におすすめの髪型!スタイリングが簡単なものを紹介

男性だけではなく女性でも、髪の毛が薄くなったりつむじ周辺や前頭部の髪が細くなったりM字ハゲが進んだりと、薄毛になる場合があります。薄毛の原因はAGAや加齢、遺伝やホルモンバランス、ストレスなどさまざまです。頭頂部や前頭部の髪の毛が薄くなった気がしたら、早めにヘアケアを行うことが大切です。地肌を健やかに保ち、シャンプーやスタイリング剤が髪や地肌に合うか確認しましょう。育毛剤を使うのもおすすめです。また、女性の場合は髪型のバリエーションが豊富なので、髪型で頭頂部や前頭部の薄毛をカバーできます。トップにボリュームがあるショートやパーマは自然に頭頂部や前頭部にボリュームが出ます。またレイヤーを入れると頭頂部が目立たなくなります。前髪を少し厚めに作るのもいいでしょう。

詳しく

夏の抜け毛の原因とは?原因に合わせた対策方法を紹介

男性も女性も抜け毛に悩んでいる方は多いでしょう。抜け毛にはさまざまな原因がありますが、夏の時期にも抜け毛が起こる場合があります。紫外線を長時間浴びると、皮脂や頭皮にダメージが起こり危険です。夏バテで食欲が減退したり、暑くて眠れずに睡眠不足になったりすると、髪に十分な栄養がいかずに抜け毛につながることも。自分の大切な髪の毛を守るためにも、正しい対策方法を知り毎日実践しましょう。抜け毛に悩んだら、抜け毛専門のクリニックもあるので、相談することをおすすめします。状態によって適切な治療を受けられると安心ですよね。

詳しく

薄毛治療は保険が使えない?AGAや脱毛症にかかる費用の違いについて

薄毛は一般的に「AGA(男性型脱毛症)」や「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれています。最近は性別に限らずハゲや薄毛に悩む人が増えており、薄毛専門のクリニックも普及しました。薄毛治療は基本的に保険適用外なので、費用は自費負担です。ただし、ストレスによる抜け毛や円形脱毛症・その他の疾患による抜け毛や薄毛の場合は、保険適用となります。薄毛治療は皮膚科でも行っていますが、保険適用内の治療には限度があるので本格的に治療したい方は専門クリニックで診察を受けてください。専門クリニックでは無料カウンセリングを行っているので、費用や治療方法が気になる方はぜひ活用していきましょう。

詳しく

おでこが広い人はハゲやすい ?薄毛を防ぐ生活習慣とおすすめの髪型

生まれつきおでこが広かったり、おでこの生え際がはっきりM字の形になっていたりする場合は、将来的にハゲるのではないかと心配になる方も多いでしょう。元々おでこが広いとハゲやすいという科学的根拠はなく、必ず薄毛になるということはありません。ただし、以前に比べて、髪の太さや髪質、おでこの広さに明らかな変化を感じていたら、これ以上薄毛が進行しないよう生活習慣を改善する必要があります。またおでこが広いことでコンプレックスを感じる人がいる反面、おでこが広い芸能人は美人が多いともいわれています。広いおでこでも前髪のアレンジを変えるだけで、顔周りの薄毛を目立たなくし、印象を変えられるでしょう。

詳しく

片方だけM字はげになる原因は?効果的な対策方法も紹介

M字はげの一種で、片側の前頭部だけ薄毛になる、片方だけM字はげの原因はさまざまです。生まれつき左右の毛量が異なる場合もありますし、遺伝で男性ホルモンの分泌量が異なる場合もあります。生活習慣で片方だけM字はげが進行している可能性も考えられるでしょう。前頭部が薄毛になるM字はげは、薄毛の代表ともいうべき症状です。M字はげの定義に決まりはありませんが、M字はげの断基準には薄毛の進行具合を図解したハミルトン・ノーウッド分類法を利用します。生え際とおでこのしわの間に指が2本以上おける場合は、M字はげが進行していると考えられます。片方だけM字はげの対策には、生活習慣を見直したり、育毛剤を利用したり、頭皮マッサージをしたりと、さまざまな方法があります。片方だけM字はげの原因を知って対策をおこないましょう。

詳しく

髪の毛が抜ける原因は?洗髪の仕方や抜け毛対策にはどんなものがあるか

男性、女性、年齢問わず抜け毛や薄毛で悩んでいる人は多いでしょう。抜け毛は、男性型脱毛症だけでなく加齢や生活習慣などさまざまなことが原因となります。シャンプーやドライヤーのときに新しい毛髪が生え始めると、新しい毛髪が古い毛髪を押し上げて自然脱毛します。睡眠時にも抜け毛は起こるので、朝起きて枕元に抜けた髪の毛を見ると、若い人は特に、将来ハゲるのではないかと不安になりますよね。 抜け毛本数は自分が思っているより多く、健康な人でも1日に平均で約100本の髪の毛が抜けているといわれています。生活習慣を改善し、洗髪の仕方、シャンプー選びなどにも気を配れば、抜け毛の本数を改善できるかもしれません。

詳しく

ストレスは抜け毛の原因?症状や髪の毛が抜けやすい人の特徴を紹介

抜け毛の原因の1つとしてストレスが挙げられます。ストレスが溜まることで自律神経が乱れたり、頭皮環境が乱れたりといった要因が抜け毛の原因となります。また、食生活の乱れや睡眠不足・運動不足の方も抜け毛になりやすいといわれています。抜け毛を改善するためにも生活習慣を見直し、ストレスと上手に付き合っていくことが大切です。ストレスによる抜け毛は回復までに時間がかかるので、気長に向き合っていきましょう。 円形脱毛症など、著しい抜け毛の症状がある方は皮膚科で治療を行うこともできます。医師に抜け毛の状態をチェックしてもらい、自分に合った改善方法を助言してもらってください。

詳しく

生え際後退のサインってなに?本当に生え際は後退しているのか

「最近おでこが広くなってきたかも」「前髪が少なくなった」など、生え際の後退で悩んでいませんか。実は、生え際の後退を感じている人の中には、10代・20代も少なくありません。生え際の後退には、性別や年齢は関係ないのです。 しかし、生え際の後退は、思い込みや勘違いの場合が多くあります。そのため、しっかりと自分の髪の毛の状態を知ることが必要です。正しい生え際後退を知ることで、今の悩みが解決するかも。生え際の後退は、しっかり対策することで前髪を復活できるかもしれません。しっかり改善し、さまざまなヘアアレンジを楽しみましょう。

詳しく

高校生でもつむじはげになるの?おすすめの対策方法を紹介

高校生は多感な時期を迎えており、外見にも人一倍気を使っています。特に、髪の毛のセットは時間をかけている人も多いでしょう。そんな大切な自分の髪が、薄くなったりつむじはげになったりしたら非常にショックですよね。高校生のつむじはげの原因はさまざまありますが、改善方法を知って対策をとれば治る場合もあります。 今すぐにでもつむじはげを隠したい際は、だてメガネをかけるなど頭部に視線がいかないようにしたり、分け目を変えたり、髪型を変えたりする方法もあります。つむじはげ対策をとっても治らない場合は、病気が隠れている可能性もありますので、クリニックで相談しましょう。

詳しく

つむじハゲのバレないおすすめの隠し方!気になる薄毛対策とは?

つむじハゲは、つむじの周辺がハゲてしまい頭皮が目立ってくる状態をいいます。正常なつむじなのか、つむじハゲなのか見分け方が難しいですが、つむじハゲの前兆の症状として、つむじの周りの頭皮が赤くなったり、薄毛になったり、髪が細くなったりします。また、髪の毛を濡らすとつむじ周辺の地肌が目立つ場合もあります。つむじハゲになる原因は遺伝やストレス、日々の生活習慣などが影響します。つむじのあたりがハゲてきたなと思ったら、頭皮環境を整えて育毛剤や頭皮環境を整えるシャンプーを併用するなど頭皮をてケアしましょう。また生活習慣を見直すことも大切です。つむじハゲの隠し方は、薄毛の部分がバレないように分け目を変えたり、髪の毛のトップを立てたりして頭頂部を隠す髪型で対策を行いましょう。

詳しく

こめかみ周辺が薄毛になる原因は?自分ですぐにできる対策も紹介!

男性の部分ハゲやM字ハゲとは違い、女性はこめかみの薄毛で悩む人も多くいます。原因はいろいろ考えられ、ホルモンバランスの乱れや生活習慣、遺伝、ストレスや日頃のパーマやカラーリングなどのダメージなどがあります。こめかみの薄毛に気づいたら、早めに対策を取るようにしましょう。頭皮の環境を整えて、食生活や生活習慣を見直してください。またストレスを軽減し、普段使っているシャンプーやスタイリング剤が髪や頭皮にあっているかも調べましょう。育毛剤も効果的です。こめかみの薄毛は髪型を変えることでカバーできます。ショートヘアにしたり、髪をアップにしたり、分け目を変えてみたりしましょう。なかなか治らない場合は、病院で治療を受けてください。

詳しく

薄毛でも似合う髪型を知りたい!男性・女性別に髪型を紹介

年齢を重ねても、見た目はなるべく若々しくいたいもの。しかし、頭頂部やおでこの生え際部分などの髪の毛が薄くなってきたら、老けて見えてしまい老いを感じることでしょう。薄毛の原因はさまざまあるので、改善するためには原因を知ることが重要です。ただし、改善すると言ってもすぐに薄毛が治るわけではありませんので、薄毛をカバーする必要があります。薄毛を簡単にカバーするには、髪型を変えてみることがおすすめ。ボリュームある髪型やあえて短くカットするなど、アレンジ次第で素敵になりますよ。自分にはどんな髪型がいいのかわからないという人は、専門知識のある美容師や理容師に相談することもおすすめです。

詳しく

10代若はげの原因とは?自分で始められる対策方法を紹介

10代中学生や高校生でも、つむじ部分やおでこの生え際部分などの髪が薄くなり、若はげに悩んでいる人も少なくありません。10代の若はげの原因は、頭皮環境の悪化や学校生活でのストレス、スマートフォンなどの使いすぎによる目の酷使、生活習慣の乱れなどが挙げられます。若はげを改善するためには、原因となるものをなくしていく必要がありますので、自分は何が原因で若はげになっているのか見極めましょう。 対策をとっても薄毛が治らない場合は、他の病気の可能性もあるので、薄毛治療を専門とするクリニックや皮膚科の受診をおすすめします。

詳しく

20代の若はげの原因は何?タイプと対策方法もまとめて紹介

20代の方でも髪が薄くなったり、若はげを発症したりする人もいます。ストレスによる血行不良や遺伝的要因のほか、男性ホルモン「テストステロン」が原因になることがあります。若はげには脂漏性皮膚炎によるものと男性型脱毛症(AGA)や若年性脱毛症、円形脱毛症などさまざまなタイプがあるので、自分がどれに当てはまるかは医師に診断してもらいましょう。若はげ対策には正しいヘアケア方法を守り、育毛剤やサプリを使ってみます。睡眠や食事などの生活習慣の乱れが薄毛を助長することもあるので、運動も取り入れて健康的な毎日を過ごせるようにしましょう。

詳しく

若ハゲの基準とは?もしかしてと思ったらセルフチェックしてみよう

若ハゲの基準は、いくつか決まっています。抜け毛が増えたり、髪が細くなった、薄くなったと感じたり、生え際が後退しておでこが広くなったりします。また頭頂部や、つむじの周りが薄くなったなども若ハゲの基準です。鏡では見づらい部分なので、写真などではじめて気づく方もいるでしょう。若ハゲの原因はさまざまあり、遺伝的な要因や男性ホルモンの影響、日常生活で受けるストレスなども影響します。AGAは早めに対策をとれば改善できます。頭皮のケアをしっかり行い、健康な髪が生えてきやすい土台を作りましょう。また、育毛剤や発毛剤の使用も効果的です。生活習慣や食生活も見直してみてください。慢性的にストレスを抱えている人は、リラックスする時間を作りましょう。

詳しく

M字ハゲの前兆は?詳しい症状や対処法を知って早めの対策を取ろう!

M字ハゲとは、額の部分から髪の毛が薄くなったり後退したりしてハゲていく状態をいいます。遺伝的要因や生活習慣の悪化、ストレスなどさまざまな要因でM字ハゲになる可能性があります。前髪が薄くなってきた、おでこが広くなった、額の毛が細くなった、薄毛になってきたなどの心配があるなら、M字ハゲの前兆かもしれません。また頭皮が赤く炎症を起こしている場合も要注意です。M字ハゲの前兆を感じたら、早めにケアすることが大切です。頭皮の環境を整え、健やかな髪が生えてくる土台を作りましょう。また育毛剤を使ったり、AGA治療の専門家がいるクリニックに相談したりするのもいいでしょう。

詳しく

つむじとハゲの違いは?見分け方とおすすめの頭皮ケアやヘアケアも紹介

普通のつむじとつむじハゲの違いの見分け方はとても難しく、正常なつむじなのか、つむじハゲになっているのか自分では判断がつかないケースが多くあります。つむじの周りの地肌が大きく見えたり、毛量が少なくなったり短い毛が増えたり、頭皮の色が赤みを帯びていたりする場合は、つむじハゲの可能性があります。また、つむじからの髪の生え方の違いがよくわからない人も要注意です。つむじハゲは頭皮環境の悪化やストレス、AGAによるものや睡眠不足なども影響します。頭皮を健やかに保つようにし、髪や地肌に合った育毛シャンプーや発毛剤を使ってケアしましょう。タバコもできればやめることをおすすめします。なかなか改善しない場合はクリニックで診てもらいましょう。

詳しく

高校生でも抜け毛が悪化することはある?高校生ならではの原因と対策

「高校生が抜け毛?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実は高校生でも抜け毛はあります。抜け毛は誰にでも起こる可能性のある症状です。普段のヘアセットのためのケア用品や生活習慣など、さまざまな原因が考えられます。もしかすると、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の可能性も。抜け毛の大半は、原因となっているものをなくすことで改善が期待できます。まずは自分の髪の毛の状態を知ることが必要です。そして、抜け毛の症状と原因をしっかり理解しましょう。高校生の身近に潜む抜け毛の原因とその対策を紹介します。

詳しく

若年性脱毛症の特徴を解説!AGAのハゲ方や抜け毛対策方法も紹介

高校生など10代のAGA(男性型脱毛症)を若年性脱毛症と呼んでいます。症状はAGAと同じく、額の生え際から頭頂部にかけたハゲや、頭頂部分を中心に薄毛が広がる「つむじハゲ」が特徴です。自分では気づきにくく、写真や画像で見たり、人に指摘されたりしてはじめて気づく方も多いでしょう。薄毛の進行スピードは人によって異なりますが、AGAは早めの治療が推奨されています。AGAの治療は皮膚科やAGA治療専門のクリニックで行います。内服薬や外用薬などを使った治療法が一般的で、医師が個人に合った改善方法を提案してくれるでしょう。ストレスによる一時的な抜け毛や薄毛の予防対策を参考にしながら、頭皮の健康を目指して毎日ケアしてください。

ピックアップ記事

運営会社