できてしまった妊娠線を消す方法はある?自分でできるケアから治療方法までご紹介

できてしまった妊娠線を消す方法はある?自分でできるケアから治療方法までご紹介

妊娠は、妊娠した本人はもちろん、家族にとっても大変うれしい出来事です。妊娠した女性にとって体型の変化は免れませんが、妊娠線に悩む女性も多いものです。お腹の赤ちゃんが成長するとともにお腹が膨らんで、皮膚が急激に伸びることで肉割れを起こし、ひび割れのような跡が残ります。妊娠時に予防用のクリームを使って対策できればよいのですが、大きなお腹で動くことは予想以上に大変です。ヒルドイドなど保湿性の高いクリームを使用したり、美容皮膚科や美容外科でレーザー治療したりと、妊娠線を消す方法はいくつかあります。自分にあった対処方法を探して、自分にとって一番よい方法をみつけましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

妊娠線とは?皮膚がどのような状態になるの

妊娠線ができている皮膚はどのような状態なのでしょう。妊娠線は、皮膚の表面にある角質層よりも下にある真皮や皮下組織が断裂した状態をいいます。真皮や皮下組織は角質層や表皮に比べて弾力性がないため、皮膚が急激に伸びることについていけないために起こります。一度断裂してしまった真皮や皮下組織は再生しないため、妊娠線を完全に消すことは難しいです。妊娠線は、お腹ばかりが注目されますが、妊娠による体重の増加によりバストや二の腕、太ももや足の付け根、おしりにもできるので注意しましょう。

人気の妊娠線予防クリームをチェックしてみる

妊娠線ができる原因は?

妊娠線の予防や消すための方法を実践するためには、より詳細な原因を知ることが大切です。妊娠線ができる原因は大きく3つに分けられます。1つ目は赤ちゃんの成長と共に起こる「急激な体型の変化」、2つ目と3つ目は妊娠時のホルモンバランスによって起こる「コラーゲンの減少」と「ホルモンの影響」です。それぞれ詳しくみてみましょう。

急激な体型変化

妊娠線ができる原因で、一番影響が大きいのが急激な体型の変化です。お腹の赤ちゃんが成長することで、急速に体重が増加します。特に妊娠後期にはお腹がかなり大きくなりますので、皮膚の伸びるスピードに真皮や皮下組織は追いつきません。母体やお腹の赤ちゃんの栄養は確保しつつ、あまり急激に体重が増加しないようにコントロールしましょう。

コラーゲンの減少

妊娠するとステロイドホルモンが多く分泌されます。このステロイドホルモンは、コラーゲンの生成を妨げ、真皮のターンオーバーを抑制する働きがあります。コラーゲンの生成が減少することで肌に弾力がなくなり、真皮や皮下組織で断裂が起きやすくなります。妊娠線の予防のために、妊娠中は食事などで積極的にコラーゲンを摂取するのもおすすめです。

ホルモンの影響

妊娠中の女性はコルチゾールというホルモンが上昇します。コルチゾールは、肌のハリや弾力のもととなる成分をつくる線維芽細胞の働きを抑制し、コラーゲンの生成を妨げます。そのため肌の弾力が失われて妊娠線ができやすい体質となります。コルチゾールは、ストレスを感じた場合にも分泌されるといいますので、妊娠中はできるだけリラックスできる環境をつくるとよいでしょう。

自宅でできるケア方法

妊娠線ができる原因は、体型の変化や妊娠時のホルモンバランスに関係するため、妊娠線ができないように予防するのは難しいでしょう。予防用に専用のクリームでケアをするにも限界がありますし、気にしすぎるのもストレスになります。妊娠線ができてしまったら、まずは自宅でできるお肌のケア方法を試してみましょう。

マッサージをする

妊娠線のケア方法として、マッサージも有効です。皮膚に負担をかけないために、保湿力が優れたクリームやオイルを使うとより効果的です。お腹へのマッサージの方法は、下腹部から上方向に優しくゆったりとしたペースでなでるようにします。おしりや太もも、バストなども、お腹と同様になでるようにマッサージしましょう。出産直後の皮膚は敏感になっているので、マッサージに使用するクリームやオイルは事前にかぶれないか試してから使ってください。

クリームやオイルで保湿をする

自宅で手軽にできるケアとして行われているのが、保湿効果が高いクリームやオイルなどを使って、妊娠線ができやすい部分をケアする方法です。妊娠線用のクリームやオイルは、通常の保湿ケア商品よりも浸透性が優れた商品が多数揃っています。妊娠線用の商品は、肌表面だけでなく肌の角層奥まで潤うように作られていますが、使用直後でもべたつかないため夏でも使いやすいです。妊娠線用のクリームでは、世界中で人気のアメリカのストリベクチンの商品が2019年に日本正規販売店が誕生し、日本でも購入可能となりました。

人気の妊娠線予防クリームをチェックしてみる

新陳代謝をアップさせる

妊娠線のケアには、肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促すことも大切です。肌が正常に生まれ変われば妊娠線は目立たなくなることもあります。新陳代謝を高めるには、質のよい食事・運動・睡眠が重要です。産後の体力を回復させるためにも有効ですので、意識して生活しましょう。運動や睡眠は、赤ちゃんの世話をしながらでは難しいかもしれませんが、代謝をアップ効果が期待できる食材の抹茶や豆類、生姜などを積極的に取り入れてみましょう。産後の身体は免疫力も落ちているので、冷やさないようにすることも大切です。

美容皮膚科で妊娠線を消す方法

自宅での妊娠線を消す方法としては、妊娠線を消すことは難しいのは事実です。どうしても妊娠線が気になる場合は、美容皮膚科や美容整形外科で治療するのもよいでしょう。妊娠線を消すための治療方法はいくつかありますが、ネットなどで治療方法の情報や体験談などを探したり、クリニックの公式サイトで確認したりしてみましょう。

レーザー治療

日本では妊娠線を消すための方法としてレーザー治療を行うことは多くありませんが、アメリカなどでは一般的な治療方法として広く認識されています。レーザー治療では、レーザーを照射し熱変性を起こさせることで線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの再生を促して妊娠線にアプローチする治療方法です。妊娠線の状態によって複数の種類を使ったり、1種類で治療したりを判断しますが、どちらの場合も治療の際の痛みは少なく日常生活の制限もほとんどありません。治療を受けるクリニックにもより痛み止めのクリームを塗布してくれる場合もありますので、痛みに弱い場合は事前に質問しておくのがおすすめです。1種類のレーザーか数種類のレーザーかで値段は変わりますので、治療にかけられる費用など相談してみましょう。

ダーマペン

妊娠線を消す治療方法では、ダーマペンも美容皮膚科などで治療が行えます。ダーマペンは、超極細の針で皮膚の真皮層まで達する極小な穴を開けて美肌を再生する治療です。極小の穴を開けることで皮膚の修復機能へ働きかけ、コラーゲンの生成を促します。ダーマペン治療は、1回の治療で効果が実感できて、値段もレーザー治療と比べてお手頃価格なのがメリットです。ただ、治療後2~3日間は施術箇所に赤みがあり、一時的に肌にごわつきがでるデメリットもあります。治療の際には麻酔クリームを塗布してから施術となりますが、痛みに敏感な人は、施術前のカウンセリングなどで相談しましょう。

ピーリング

美容皮膚科で妊娠線を消す治療方法には、ピーリングもあります。ピーリングでの治療方法は、専用の薬剤を肌に塗布してマッサージしながら浸透させていき、薬剤のピーリング作用により真皮に働きかけ、組織の修復やコラーゲンの生成を促進していきます。施術直後から肌のハリや滑らかでしっとりした手触りが実感できます。施術1回の料金は2万円前後ですが、効果を出すためには5~10回の施術がおすすめです。施術後にピーリング特有のひりつき感があったり、肌質により赤みが生じたりする場合もありますが、当日中に解消されることがほとんどです。ピーリングは、肌質により施術が向かない人もいるので、事前にクリニックに問い合わせをしてみましょう。

人気の妊娠線予防クリームはコチラ!

■ナチュラルマーククリーム

「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞 妊娠中に良かった」7年連続No.1、出荷本数100万本以上の妊娠ボディケア専用クリーム。10ヶ月の間に腹囲が1.7倍にもなる妊婦さんのお腹の皮膚を保護するには、潤いを与えることと「肌の弾力」をキープすることが重要。このため、高保湿成分と肌の弾力・柔軟性をサポートする成分を豊富に配合し、水分と油分を同時にチャージします。
つわり時期でも使いやすい無香料なので、妊娠初期からの使用がおすすめです。産後は赤ちゃんと一緒に使うことができる低刺激処方なのもうれしいですね。

ナチュラルマーククリーム

初回限定価格:2,970円(税込)

妊娠線を消す方法は、自分にあう方法を探してチャレンジしよう!

できてしまった妊娠線にアプローチするはいろいろとありますが、自宅でのケアで完全に消すことはできません。しかし、自己ケアのマッサージや保湿ケアでも正しいやり方や使用法を守って実行すれば、妊娠線ができやすい部位の肌を柔らかく保つことは可能です。若いママさんの中には、へそ出しファッションを楽しむために完全に妊娠線を消したい人もいるでしょう。妊娠線を消すには、美容皮膚科や美容整形外科など専門のクリニックでの治療が必要です。費用もかかりますし、1回の施術で終わらない治療もあります。クリニックによっては公式サイトで、施術メニュー以外に、よく聞かれる質問と回答を掲載しているのでチェックするのもおすすめです。無理せずできる自分にあった妊娠線を消す方法を探して、挑戦しましょう。

関連する記事

詳しく

妊娠線予防に効果的なマッサージ方法は?いつから始めればいい?

妊娠線は、急激な体型の変化に真皮や皮下組織がついていけなくなり裂けてしまった状態のことです。小柄な人や乾燥肌の人は肌が伸びにくいため、妊娠線ができやすくなってしまいます。一度できると完全に消すことは難しいので、早い時期から妊娠線予防をすることが大切です。 妊娠線を予防するには、しっかり保湿をすることや急激な体型変化を防ぐために体重管理を適切に行うこと、こまめにマッサージを行うことがおすすめです。妊娠線予防のマッサージは、マタニティ専用のボディクリームやボディオイルを使いながら手で優しくマッサージすると効果的です。毎日続けることが大切なので、赤ちゃんとふれあいながら毎日の習慣にしましょう。お腹だけでなく、胸やお尻、太ももにも妊娠線はできやすいので、しっかりケアしてください。毎日のボディケアで、出産後も美しい肌を保ちましょう。

詳しく

妊娠線ができやすい人の特徴は?おすすめの予防方法やケアも紹介!

妊娠線とは、皮膚の内側の脂肪や皮下組織が肉割れをおこしたものです。一度妊娠線ができてしまうと、完全に消すことは難しいと言われています。妊娠線はおなかだけでなく、お尻や腰の周り、太ももや胸など、体の至るところにできる可能性があります。 妊娠線ができやすい人の特徴は、乾燥肌であることや痩せ型であることそして小柄であることなどが挙げられます。妊娠中に体重変化が大きく、急激に体型が変わった人も妊娠線ができやすいです。妊娠線をできにくくするためのおすすめの予防方法は、予防クリームでスキンケアをして肌を柔らかくしておくことです。ボディオイルなどでマッサージをして乾燥を防いだり、肌の弾力性を高めたりすることも効果的です。 それでも妊娠線ができてしまったら、肉割れクリームを使って妊娠線を目立たなくケアするとよいでしょう。時間経過でも徐々に薄くなりますが、気になる方は皮膚科や婦人科を受診するのも1つの選択肢です。

詳しく

妊娠線予防|原因やケア方法を解説!手軽に予防するおすすめの方法は?

妊娠線は、胎児の成長などによってお腹が大きくなることで皮膚が急激に引き伸ばされ、皮膚の内側の真皮や皮下組織が割れてしまった状態のことです。一度できてしまうと、完全に消すことは難しいと言われています。妊娠線は小柄な人や乾燥肌の人ができやすいと言われています。 妊娠線がいつからでき始めるかは、お腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月頃から出産直前までと個人差があります。妊娠線を予防するには、体重が増えることで急激に体型が変化しないように注意したり、妊娠さん用のマタニティクリームを使用したりするとよいでしょう。専用の商品でなくても、ドラッグストアに売っているボディクリームなどを利用するのもおすすめの方法です。万が一妊娠線ができた場合には、肉割れ用のクリームでケアしたり、美容クリニックで治療したりして目立たなくできます。しかし、妊娠してママとなった勲章でもあるので、悲観しすぎる必要はありません。適切な体重管理やこまめなマッサージを通じて、お腹の中の赤ちゃんとふれあいながら楽しく妊娠線を予防できるとよいですね。

詳しく

妊娠線予防はいつから始めるべき?お腹が大きくなる前の予防が大事

妊娠によってお腹の皮膚が伸ばされると、赤紫のスイカ模様のような線ができることがあります。これは「妊娠線」といって、多くの出産経験者が悩まされるものです。お腹の他にもバストやお尻、太ももにもできる場合があります。食べづわりなどで急激に体重増加した場合や、乾燥する時期、乾燥肌の人は皮膚の柔軟性が低く伸びにくいので、妊娠線ができやすい傾向にあります。 妊娠線予防をいつから行うといいかは個人差がありますが、一般的に5~6ヶ月位のお腹が大きくなる前からと言われています。妊娠線を予防するには、保湿クリームや馬油などで皮膚の乾燥を防いで、優しくマッサージを行います。急激な体重増加を防ぐため、食事量を減らすのではなく体に負担のかからない運動を行いましょう。ただし、場合によっては運動を控えた方がいい場合もありますので、助産師や医師に質問して確認することをおすすめします。

詳しく

妊娠線とは?妊娠したら早めにケアを取り入れ予防しよう

多くの妊婦さんが経験する妊娠線。妊娠線とは、妊娠により急激に体重が増加したり体型が変わったりすることで皮膚が伸びて、お腹やお尻などにできる線のようなものです。妊娠中にできるものと思われていますが、出産後に現れる人もいます。妊娠線を予防するためにも、できてしまった妊娠線の跡を少しでも薄くするためにも、早めのケアが大切です。バランスのよい食事や無理のない運動を意識して体重を管理しましょう。妊娠中でも使用可能な保湿クリームやオイルを使ったマッサージも効果的です。マッサージは、妊娠線のケアをしながらリラックスした時間を過ごせるのでおすすめです。

詳しく

妊娠線ケアにおすすめクリーム19選☆人気商品を比較

急激にお腹が大きくなる妊娠中期以降にできやすい妊娠線には、妊娠ボディ用のクリームを使った保湿ケアがおすすめ。妊娠線ができやすい肌に、うるおい与えて柔軟性を保つケアを取り入れましょう。ケアアイテムには、ヒアルロン酸やコラーゲン、ホホバオイルなどの保湿成分を配合しているものもあります。敏感になりがちな妊娠中の肌にも使えるクリームを厳選していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 妊娠中、お腹や太ももの裏にできることのある妊娠線。一度できたら消すことが難しい、厄介な妊娠線の保湿対策におすすめの妊娠ボディ用クリームを紹介します。

詳しく

妊娠線ケアにおすすめクリーム19選☆人気商品を比較

急激にお腹が大きくなる妊娠中期以降にできやすい妊娠線には、妊娠ボディ用のクリームを使った保湿ケアがおすすめ。妊娠線ができやすい肌に、うるおい与えて柔軟性を保つケアを取り入れましょう。ケアアイテムには、ヒアルロン酸やコラーゲン、ホホバオイルなどの保湿成分を配合しているものもあります。敏感になりがちな妊娠中の肌にも使えるクリームを厳選していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 妊娠中、お腹や太ももの裏にできることのある妊娠線。一度できたら消すことが難しい、厄介な妊娠線の保湿対策におすすめの妊娠ボディ用クリームを紹介します。

ピックアップ記事

運営会社