ふくらはぎの肉割れの原因は?対策方法やおすすめケア方法を紹介

ふくらはぎの肉割れの原因は?対策方法やおすすめケア方法を紹介

身体の至るところにできる肉割れですが、実は肉割れが起こる部位により原因が異なります。ふくらはぎの肉割れは、体重の増減による皮膚の収縮や偏った筋肉の使われ方が原因です。中学生や高校生では、成長期で身体が著しく成長することも原因となります。
ふくらはぎの肉割れは、服装で隠れない場合もあり気にする人が多い箇所です。ふくらはぎに肉割れができる原因を理解して、最適な予防方法や対策・対処方法を身につけましょう。できてしまったふくらはぎの肉割れには、皮膚科や美容クリニックでのレーザーや血流改善ガスの治療もおすすめです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ふくらはぎに肉割れができる原因は?

ふくらはぎに肉割れができる主な原因は、肥満や成長期の急激な成長などが考えられます。ほかに歩き方の癖によっても、肉割れができます。肉割れは身体のいろいろなところにできますが、わかりやすいのは妊娠線でしょう。妊娠によりお腹が大きくなることでできる妊娠線も、肉割れの一種です。体形の変化などにより急激に皮膚が伸びる際に、皮膚の表面にある表皮の下の真皮層や皮下組織がついていけず断裂します。この断裂した跡が皮膚の表面に透けてみえるのが、肉割れです。では、ふくらはぎに肉割れができる原因をそれぞれ詳しくみてみましょう。

人気の肉割れ対策クリームをチェックしてみる

急激な体重の増減

ふくらはぎの肉割れの原因の一つに、急激な体重の増減があります。肥満による体重増加、ダイエットで脂肪が失われた場合の体重減少の際に皮膚が伸びたり縮んだりするため、柔軟性が少ない真皮や皮下組織がその変化に追いつけず肉割れが生じます。ふくらはぎの肉割れの原因を作らないために、肥満だけでなく、ダイエットの際にも急激な体重の減少が起こらないように管理しましょう。

歩き方の癖

ふくらはぎの肉割れは、歩き方の癖が原因の場合があります。女性の場合はヒールやパンプスを履いているときに、指の先に力が入りづらいので必然的に指が浮いた状態で歩いていることがあります。足の指が浮いた状態で歩くと、ふくらはぎの筋肉に過剰な負担がかかり一部の筋肉だけが発達し、ふくらはぎに肉割れが起こる原因となります。歩き方の癖で、外側または内側のどちらかに重心がかかる歩き方の人がいますが、この場合も一部の筋肉だけが発達することがあるので注意しましょう。

成長期

成長期も、ふくらはぎに肉割れができる原因としてよく挙げられます。急激に身長が伸びることで体形の変化が生じ、肉割れが起こります。また、部活動などにより短期間で筋肉が発達することも、ふくらはぎに肉割れが起こる原因となります。一般的に男子は17歳前後、女子は15歳前後に成長期による急激な体型の変化が起こりますが、これは避けることはできませんし、いつ起こるかわからないので対策も難しいでしょう。

ふくらはぎの肉割れの対策方法

ふくらはぎに肉割れが生じる原因がわかれば、対策する方法もあります。歩き方などは、普段の生活の中で気をつけることで、ふくらはぎに肉割れができる原因を作らずにすむでしょう。自宅でできるケアでも、ふくらはぎに肉割れができる原因を回避可能です。日常的に実践してふくらはぎにできる肉割れの対策をしましょう。

過度なトレーニングは避ける

ダイエットのためや身体づくりのためでも、過度なトレーニングはふくらはぎに肉割れができる原因となるので避けましょう。急激に筋肉が発達しないように、運動や筋トレの負荷は徐々にあげていくことが必須です。過度なトレーニングは、ふくらはぎに肉割れを生じる原因になるだけでなく、腰や膝などに負担をかけて腰痛や膝の痛みにつながるので注意しましょう。自分にあった適度な運動で体重の減少や筋肉の維持をコントロールして、ふくらはぎに肉割れを生じさせない対策をしましょう。

歩き方の改善

歩き方の改善をするだけで、ふくらはぎに肉割れができる原因をなくせます。両足でバランスよく歩くことが大切ですが、足裏のバランスを整えればふくらはぎに負担をかけずに歩けます。足の指を開くことで指で踏ん張りながら歩けるようになり、足裏のバランスが整えられるでしょう。姿勢や着地の仕方なども重要となるので、正しい歩き方をネットなどで調べるのもおすすめです。正しい歩き方を身に着ければ、ふくらはぎに肉割れを作らないための対策ができます。

乾燥を防ぐ

皮膚が乾燥していると、肉割れが起きやすい原因となります。皮膚が乾燥すると柔軟性がなくなり、肉割れを起こしやすくなるので注意しましょう。皮膚の乾燥を防ぐことで、ふくらはぎに肉割れを起こさない対策ができます。特に膝裏からふくらはぎ、足首やかかとなど乾燥しやすく、角質も厚くなりやすいです。保湿クリームなどでケアをして皮膚の水分量を維持し、皮膚を柔らかく保ちながらふくらはぎの肉割れ対策をしてください。

ふくらはぎの肉割れにおすすめなケア方法

ふくらはぎに肉割れができないように対策するには、自宅でのケアが必要です。ふくらはぎの肉割れの原因になる乾燥は、マッサージや保湿でのケアが効果的です。また、肌のリズムを促すため新陳代謝をアップすることも忘れないようにしましょう。ふくらはぎの肉割れ対策には、身体の外側と内側からケアするのがおすすめです。

専用クリームを使った保湿やマッサージ

ふくらはぎの肉割れの原因を作らないためには、皮膚の保湿ケアが必要不可欠です。保湿ケアに使用するならば、妊娠線対策用の保湿クリームやオイルがよいでしょう。妊娠線を予防する保湿ケア商品は、浸透性が優れていて肌の表面と皮膚の角層奥深くまで潤いを届けてくれるのでおすすめです。またあわせてマッサージすれば、肌を柔らかくするのにより効果的でしょう。マッサージによりふくらはぎの血行促進もされるので、冷えの対策もできます。乾燥もふくらはぎの肉割れの原因となりますが、冷えも皮膚を硬くするため肉割れが起きやすくなる原因です。保湿とマッサージをこまめに行い、肉割れができにくい状態を作りましょう。

人気の肉割れ対策クリームをチェックしてみる

肌のターンオーバーを促進する食生活

食生活を改善すれば、ふくらはぎの肉割れを作らないための対策だけでなく、できてしまった肉割れを目立たなくすることも可能です。肌を作るために必要な良質なたんぱく質を肉・魚・卵・豆類で摂取しましょう。肌のターンオーバーを促進させるためにはビタミン・ミネラル・コラーゲンが必須となるので、野菜や果物、きのこ類や海藻も意識して食べるとよいでしょう。食生活の改善に加えて、適度な運動と睡眠も肌のターンオーバーには必要ですので、生活習慣の見直しもふくらはぎの肉割れの原因の回避や対策になります。

美容クリニックでできるふくらはぎの肉割れの治療法

ふくらはぎに肉割れができないように対策しても、肉割れが生じる原因をカバーできないこともあります。できてしまった肉割れは、自分で行う自宅ケアでは完全に消せませんが、美容クリニックなどの施術で肉割れを消せる可能性があります。美容クリニックでは、レーザー治療やダーマペン、ピーリングなどいくつかの治療方法が選択可能です。それぞれにメリットやデメリットがあり、施術にかかる費用も違います。クリニックの公式サイトなどで施術の方法や料金などを確認し、自分にあった方法を探してみましょう。

人気の肉割れ対策クリームはコチラ!

■NOCOR ノコア アフターボディトリートメントクリーム

モンドセレクション2015年金賞受賞したアイテムです。使用4週間で90%の方がお肌の変化を実感したと話題になっています。国内で開発・製造されているケアクリームで成長期、ダイエットをしている方、妊娠をしている方でも使用ができます。ディープリフトVC・グロースファクターEGF・FGF・オーガニック原料10種などが配合されています。

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

定期便初回価格:1,078円(税込)

ふくらはぎの肉割れの原因を理解して適切な対策をしよう

ふくらはぎに肉割れができる原因は、人それぞれ違うでしょう。成長期などが原因の場合は避けられませんが、体重の増減などが原因となる場合は、自分でコントロールしてふくらはぎに肉割れができないように対策もできるでしょう。
ふくらはぎの皮膚を乾燥させないことなど、自宅ケアでもふくらはぎの肉割れ対策はできます。食生活や生活習慣、歩き方の癖を見直すことは、ふくらはぎの肉割れの予防だけでなく、さまざま不調を改善することにつながるので実践してください。
肉割れができてもクリニックで治療もできますので、無理なくふくらはぎに肉割れが起きやすい原因を回避し対策していきましょう。

ピックアップ記事

運営会社