産後4ヶ月の抜け毛がひどい!髪が抜ける原因やケア方法を解説

産後4ヶ月の抜け毛がひどい!髪が抜ける原因やケア方法を解説

産後4ヶ月頃にピークをむかえる産後の抜け毛。出産後脱毛症と呼ばれ、出産した女性の多くがひどい抜け毛に悩まされます。髪が抜ける原因は、出産によるホルモンバランスや毛髪サイクルの変化やストレス、栄養不足など。産後の抜け毛は、一時的なものでいずれ落ち着くものですが、気にしすぎたり悩みすぎたりしていてはストレスがたまってしまいます。ひどい抜け毛が気になる場合は、思い切って美容院で髪型を変えるなど、気分転換も大切。頭皮に優しいシャンプーや育毛剤を利用したり、栄養バランスのとれた食事を心がけたりして髪をケアしながら、ストレスをためない生活を心がけましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

産後4ヶ月頃から髪が抜ける!産後の抜け毛の特徴

出産を終えた多くの女性を悩ませる、産後の抜け毛。出産後脱毛症、分娩後脱毛症と呼ばれています。産後に髪が抜ける症状は、出産後すぐから始まり、産後4ヶ月から6ヶ月頃にかけて、ピークをむかえるといわれています。産後のひどい抜け毛が落ち着くのは、出産後1年ごろ。中には、産後4ヶ月から6ヶ月頃のピークをすぎても髪が抜ける量がおさまらず、抜け毛が長期化してしまう場合もあります。しかし、ほかの脱毛症と異なり、時間が経てばいずれ、髪が抜ける状態は自然に落ち着いてきます。産後の抜け毛の特徴は、頭部が全体的に薄くなること。前髪部分の髪が抜ける量が多い、後頭部の抜け毛がひどい、髪の量が全体的に減るなど、抜け毛の症状は人それぞれですが、円形脱毛症のように一部分だけごっそりと髪が抜ける症状はみられません。また、シャンプーや入浴時に髪が多く抜けるのも特徴のひとつ。お風呂場の排水溝にごっそりと抜け毛がたまったり、ドライヤーで髪を乾かしていて髪の毛が指にからまったりと、産後4ヶ月頃の抜け毛のピーク時に、はじめて抜け毛に気付きはじめる場合もあります。

産後の抜け毛におすすめの育毛剤をチェックしてみる

産後4ヶ月頃からひどい抜け毛に悩まされるのはなぜ

産後4ヶ月ごろにピークを迎える、産後の抜け毛はなぜ起こるのでしょう。妊娠・出産をすると、女性の体の中では、さまざまな変化が起こっています。女性ホルモンバランスや毛髪サイクルの乱れは、産後に髪が抜ける理由のひとつです。また、妊娠・出産は生活にも影響がでます。生活リズムや食事が乱れることによる頭皮環境の悪化も、髪が抜ける理由のひとつとされています。産後4ヶ月頃に増えるひどい抜け毛の原因は、主に4つにわけられます。

出産によるホルモンバランスの変化

妊娠中に分泌がさかんになる、女性ホルモン。「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲストロン(黄体ホルモン)」の2つの女性ホルモンのうち、髪の成長を促進するのがエストロゲンです。エストロゲンの分泌が増えると、本来ならば抜けるはずのサイクルをむかえた髪の毛が抜けずにそのまま髪の毛に残ります。毛が抜けないので、体毛が濃くなったと感じる妊婦さんもいるようです。しかし、出産後は女性ホルモンの分泌が落ち着き、エストロゲンも量も急激に減少します。すると、妊娠中に抜けずにいた髪の毛と、産後に抜ける時期を迎えた髪の毛が、産後4ヶ月頃に一気に抜けてしまうのです。妊娠中は、エストロゲンの働きで抜け毛が減ることもあり、産後に抜けた髪の量とのギャップが、出産後の女性を悩ませる原因の一つにもなっています。

毛髪サイクルの変化

髪の毛には、一定のサイクルで髪の毛が生えて抜けてを繰りかえすヘアサイクルがあります。妊娠をしていない状態であれば、健康な髪の毛の場合、約3年から6年で成長期→退行期→休止期の流れを経て、毛が抜けていきます。2~3ヶ月の休止期の期間をすぎると、また毛穴から髪の毛が生えてきます。ところが、出産後は、女性ホルモンの働きが減ることにより、ヘアサイクルのリズムが乱れてしまいます。普段は、ヘアサイクルのうち9割の時期を占める成長期ですが、産後にエストロゲンの分泌が減少すると、成長期の髪の毛が一気に、休止期に移動してしまうのです。

生活の変化や睡眠不足によるストレス

出産後、女性は体力が回復しないうちに慣れない育児がスタートします。今までの生活が一変したり、昼夜のさかいなく赤ちゃんのお世話が続いたりと、産後4ヶ月頃も1日中気が休まる暇がないでしょう。産後のストレスにより、女性ホルモンの分泌が不十分になったり、血行不良で髪に栄養が行かなくなったりすると、抜け毛が増える原因となります。また、赤ちゃんのお世話で寝不足が続くのも、産後の抜け毛が増える原因。成長ホルモンは、寝ている間1日の量の7割を分泌すると言われています。成長ホルモンを正常に分泌させるためには6時間以上の睡眠が必要とされていますが、産後は夜中も続く赤ちゃんのお世話で、どうしても睡眠が不足しがちになってしまいます。出産後から続く睡眠不足は、髪が抜けるピークの産後4ヶ月から6ヶ月頃も続きます。なれない育児と睡眠不足による疲れの蓄積がストレスとなり、抜け毛が増えてしまうのです。

母乳育児による栄養不足

産後4ヶ月頃は、赤ちゃんを母乳で育てている人も多いでしょう。赤ちゃんが飲む母乳には、母親が食事から摂取した栄養が含まれています。そのため、母乳を与えていると栄養が母乳にまわってしまい、栄養不足になりがちです。栄養不足になると、髪の毛の成長に欠かせないたんぱく質やミネラル、ビタミンが不足し、抜け毛が進んでしまいます。産後4ヶ月頃は、赤ちゃんのお世話が大変で、自分の食事がなおざりになってしまう場合もあるでしょう。規則正しい時間に食事がとれなかったり、偏った食事になってしまったりすると、栄養が十分に摂取できず、抜け毛の原因をつくってしまいます。

ひどい抜け毛をどうにかしたい!対策やケア方法を知ろう

産後4ヶ月頃にピークを迎える、抜け毛。手で髪の毛をすくっただけで髪がごっそり抜けたり、朝起きると枕に髪がたっぷり落ちていたり、ショックを受けると同時に、このままだとハゲてしまうのではないかと心配になってしまいます。産後のひどい抜け毛を抑えたり、目立たなくしたりする方法を知って、産後にストレスや心配事をためないようにしましょう。産後4ヶ月頃から気になりだした抜け毛は、シャンプーを変えたり、美容院で髪型をチェンジしたり、生活環境を整えたりして対策が可能です。

産後の抜け毛におすすめの育毛剤をチェックしてみる

美容院で思いきって髪型チェンジ!

産後4ヶ月頃は、出産後まだ一度も美容院に行ってない女性も多い時期。思い切って自分の用事で外に出かけると、気分転換にもなりストレスも発散できる利点もあります。産後の抜け毛はシャンプー後の髪が十分に乾かせていなかったり、赤ちゃんのお世話できちんと髪の毛が洗えず、汚れがたまってしまったりする原因もあります。ボブやショートヘアなどの短い髪型にすると、髪を洗ったり乾かしたりする時間が短縮されるでしょう。また、産後は自分の髪の毛のケアやアレンジに時間がかけにくいもの。美容院でメンテナンスが少なくて済む髪型にしてもらうようにしましょう。

髪の毛や頭皮に優しいシャンプーを使う

髪の毛が一気に抜け替わる産後の抜け毛は、産後4ヶ月頃のピーク時にはアホ毛と呼ばれるツンツンと飛び出た髪の毛が気になることも。ダメージを補修してうるおいを与えてくれるシャンプーやトリートメントにかえると、ツンツンと飛び出た毛が目立ちにくくなります。また、産後の頭皮はとてもデリケート。出産前のシャンプーやトリートメントをそのまま使用していると、ダメージが進行してしまうことがあります。産後の抜け毛で負担がかかった頭皮をやさしくケアする、弱酸性のシャンプーを使うようにしましょう。産後4ヶ月頃から6ヶ月の産後の抜け毛のピーク時には、育毛を促すシャンプーを利用するのもおすすめです。

栄養バランスのとれた食事、質のよい睡眠を心がける

出産後の抜け毛の原因のひとつが、栄養と睡眠の不足です。産後4ヶ月頃は、まだうまく寝られない赤ちゃんも多くお世話も大変な頃。授乳の回数を減らしたり、哺乳瓶を利用したり、寝かしつけを代わってもらったりして、少しでも長い睡眠を心がけるようにしましょう。産後4ヶ月頃は、疲れもたまってくる時期です。体調を崩したり、ストレスをためすぎたりしないように、早めのケアが大切です。また、どうしても後回しになってしまいがちな食事も、バランスがとれたものを積極的にとりいれて髪に栄養を与えましょう。自分で調理する時間がない場合は、ドリンクやバランスのとれた宅配を利用するのもおすすめです。

人気の育毛剤をチェック!

■ミューノアージュ Wアプローチヘアプログラム

女性のための 頭皮美容液と育毛剤 がセットになっています。女性の薄毛や抜け毛にアプローチ。ハリやコシのある太く豊かな髪へと導きます。まず最初に使用するのは頭皮美容液。頭皮コンディショニング成分のオクタペプチド-2が頭皮の状態を整え、さらにヒアルロン酸Naをはじめとする保湿成分が頭皮に潤いを与えます。続いて 5種類の薬用育毛有効成分とその働きをサポートする6種類の植物由来の保湿成分が配合された育毛剤にて発毛や育毛を働きかけます 。頭皮に備わっている「髪の元」を作り出す力に着目し、髪の変化やヘアサイクルの乱れを整えていきます。
毎日使うものなので使いやすさにもこだわり、髪を濡らすことなく頭皮全体になじませることができます。無香料でベタつかないので使い心地はサラサラ。アルコール不使用なのでパーマやカラーした髪にも使用できます。

ミューノアージュ Wアプローチヘアプログラム

初回限定価格:1,980円(税込)

産後4か月頃がピークの抜け毛!対策方法を知って悩みを解消しよう

産後4ヶ月頃にピークを迎える抜け毛は、出産後の体やホルモンバランスの変化、栄養不足や睡眠不足、慣れない子育てによるストレスによって引き起こされます。ひどい抜け毛に気持ちが落ち込む場合もあるでしょう。髪が抜ける症状に悩まされる場合は、美容院で抜け毛が目立たない髪型に変えたり、シャンプーを変えたり、対策が大切です。

ピックアップ記事

運営会社