産後の抜け毛のピークはいつ?落ち着くのはどれくらい先?

産後の抜け毛のピークはいつ?落ち着くのはどれくらい先?

産後に抜け毛が多くなったと悩む方は多くいます。妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えて毛が抜けにくくなりますが、出産後にはホルモン分泌量が増え、それまで抜けなかった毛が一気に抜けるのが原因です。ほかには産後の栄養不足や睡眠不足、ストレスなどにより抜け毛が増えることがあります。産後の抜け毛のピークは個人差がありますが、3〜6か月後くらいの人が多いといいます。まずは食生活の改善や質の良い睡眠を心がけ、ヘアケア用品を見直しましょう。産後の抜け毛ピークの時期を過ぎても抜け毛が気になる方は、専門医に相談してはいかがでしょうか。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

産後の抜け毛のピークはいつ?

出産後に抜け毛が増え、お風呂の排水口に髪がたくさん溜まるようになったと感じる人がいます。髪は毛が伸びる「成長期」があり、その後毛の成長が衰えて抜けやすくなる「退行期」、成長が止まって抜ける「休止期」のサイクルが繰り返されています。妊娠、出産すると女性ホルモンの分泌量が大きく変動し、ヘアサイクルが乱れることが、抜け毛のピークを迎える大きな理由です。

人気の女性用育毛剤をチェックしてみる

産後に抜け毛ピークが来る理由(1)女性ホルモン

女性ホルモンには卵胞ホルモンの「エストロゲン」と、黄体ホルモンの「プロゲステロン」の2種類があります。通常この2つは生理の周期に合わせてどちらかは増え、どちらかは減ってを繰り返しています。ですが妊娠中は2つの女性ホルモンの分泌量がともに多くなり、髪が抜けにくくなります。そして出産すると女性ホルモン分泌が通常時に戻るため、それまで抜けていなかった分の髪まで抜けてしまいます。

産後に抜け毛ピークが来る理由(2)産後のダイエット

出産後に早く元の体重、体型に戻そうとダイエットしてしまうと、産後の抜け毛を助長してしまうことも。産後は、母乳を作るためと体力回復のために栄養が使われます。ダイエットのために食事を控えてしまうと、髪と頭皮には必要な栄養が届きません。出産直後は体の静養に努め、産後の抜け毛のピークが早く収まるようにしましょう。

産後に抜け毛ピークが来る理由(3)産後生活の睡眠不足とストレス

出産後は体力を大幅に消耗している上に、昼夜問わず赤ちゃんのお世話をするようになります。おむつの交換や3時間おきの授乳のお世話、夜中も泣き止まないときは抱っこしてあやしてあげることもあるでしょう。産後生活で睡眠不足が続くと、髪を生やす成長ホルモンがうまく分泌されません。パートナーにも協力してもらい、昼寝の時間を作る、ミルクを代わってもらうなどして睡眠時間を確保しましょう。慣れない育児と睡眠不足でストレスが溜まることも、産後抜け毛のピークが続く原因になります。

産後の抜け毛ピークはいつまで続く?

産後の抜け毛のピークはいつ頃なのでしょうか?個人差はありますが、出産して3か月後から半年後ごろがピークで、産後2〜3か月後から抜け毛が目立ち始めるようです。そして産後の抜け毛ピークがおさまるのはいつでしょうか?出産後から1年後くらいには、髪が元のボリュームに戻ったと感じる方が多いようです。

産後に髪質が少なめ柔らかめに変化する人も

産後に髪が少なくなった、柔らかくなったと感じる方もいます。妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送り込んでいるため、普段よりも髪と頭皮への栄養分が行き渡りにくくなるのが原因です。髪が細く、ハリやコシがなくなると、髪全体のボリューム感も失われます。また、髪の水分量が減り、妊娠前よりもパサつくようになったと悩むケースもあるようです。

経産婦や高齢出産の人の産後の抜け毛はどうなる?

出産2回目以降の経産婦の方は、初めて出産する方よりも不安が軽く、ゆとりもあって育児ストレスを感じにくくなっています。ですが子供の数が増えてお世話の負担は大きくなり、初産よりも年齢を重ねたことによる体力の衰えの不安要素も。高齢出産の方は、産後の抜け毛が出産によるものだけでなく、加齢が原因のこともあります。出産から1年ほど経っても抜け毛がピーク時と同様の方は、クリニックへ相談されるとよいかもしれません。

産後の抜け毛対策の方法

産後の抜け毛ピークを軽減するために、できることから生活を改善しましょう。栄養バランスの良い食事を摂り、できるだけ夜に深く眠れるようにします。パートナーにも助けてもらい、育児ストレスを溜め込まないようにしましょう。ヘアケア用品を見直す、育毛剤を使うなどしても抜け毛が目立つときは、髪の専門医に相談するのもおすすめです。産後抜け毛で今までとシルエットが変わってしまったと感じる方は、美容院で相談してヘアスタイルを変えてみては?美容師は薄毛で変化した部分を目立ちにくくしてくれますし、自分の気分転換にもなります。

食事の栄養バランスに気をつける

出産後はダイエットのことは置いておき、まずは髪と頭皮まで栄養を届けるためにしっかりと食事を摂りましょう。特に髪の主成分であるタンパク質を摂るため、肉と魚、大豆や卵などを積極的にメニューに加えます。タンパク質の働きを助けるミネラルと亜鉛はレバーやホウレンソウ、海藻類から、ビタミンB群はマグロやカツオ、豚肉などから摂取しましょう。

十分な睡眠をとる

出産後の睡眠不足は抜け毛ピークを助長する原因にもなります。赤ちゃんのお世話をしながらでは難しいでしょうが、できるだけ夜22時から深夜2時には眠っているようにしましょう。髪の成長を促す成長ホルモンは、この時間にもっとも多く分泌されます。短い時間でも熟睡できるよう、就寝前にぬるめのお湯に浸かる、ストレッチをする、スマホを見ながら床につかないなど、リラックスすることも大切です。

パートナーの助けを借りてストレスを溜めない

自分だけで育児を頑張ろうとせず、パートナーにもできるだけ助けてもらいましょう。育児ストレスが軽減できれば、産後の抜け毛ピークを長引かせずに済むかもしれません。おっぱいをあげるのは自分にしかできませんが、家族の食事の準備はお願いできることもあります。惣菜を買ってきてもらう、洗い物をしてもらうなど、パートナーにもできそうなことをお願いしてみてはいかがでしょうか。ロボット型掃除機や食器洗浄器を利用したり、家事代行サービスや行政の子育てに頼ったりすることも検討してみましょう。

シャンプーや育毛剤などヘアケア用品を見直してみる

出産後は、シャンプーなどのヘアケア用品を見直してみてはいかがでしょうか。妊娠前から使っているシャンプーや化粧品が合わなくなったと感じる方もいるようです。妊娠中と出産後ではホルモンバランスが大きく変化するため、以前よりも肌が敏感になることも。強い洗浄成分が配合されているシャンプーは、髪の毛と頭皮への刺激が強い傾向があります。オーガニックや天然由来成分が配合されているものや、アミノ酸系の低刺激タイプのシャンプーを選びましょう。毎日のヘアケアに医薬部外品の育毛剤をプラスするのもおすすめです。育毛剤には頭皮の毛細血管を広げて、髪の元になる毛母細胞へ栄養を届けやすくする成分や、細胞分裂を促進する成分などが含まれています。

人気の女性用育毛剤をチェックしてみる

髪に詳しい専門医に相談

産後1年以上経過しても抜け毛のピークが収まらないとお悩みの方は、髪の専門医に相談してはいかがでしょうか。抜け毛の原因は、出産によるものだけではないこともあります。無料カウンセリングを実施している病院で、自分の髪の悩みを聞いてもらうだけでも心配しすぎずに済むでしょう。薄毛を専門にしているクリニックでは、診断した上で症状を改善するための薬を処方してもらえますし、髪に良い生活のためのアドバイスも受けられます。

人気の育毛剤をチェック!

■ミューノアージュ Wアプローチヘアプログラム

女性のための 頭皮美容液と育毛剤 がセットになっています。女性の薄毛や抜け毛にアプローチ。ハリやコシのある太く豊かな髪へと導きます。まず最初に使用するのは頭皮美容液。頭皮コンディショニング成分のオクタペプチド-2が頭皮の状態を整え、さらにヒアルロン酸Naをはじめとする保湿成分が頭皮に潤いを与えます。続いて 5種類の薬用育毛有効成分とその働きをサポートする6種類の植物由来の保湿成分が配合された育毛剤にて発毛や育毛を働きかけます 。頭皮に備わっている「髪の元」を作り出す力に着目し、髪の変化やヘアサイクルの乱れを整えていきます。
毎日使うものなので使いやすさにもこだわり、髪を濡らすことなく頭皮全体になじませることができます。無香料でベタつかないので使い心地はサラサラ。アルコール不使用なのでパーマやカラーした髪にも使用できます。

ミューノアージュ Wアプローチヘアプログラム

初回限定価格:1,980円(税込)

産後の抜け毛ピークがいつなのかは個人差がある

出産前と後では女性ホルモンの分泌量が大きく変化し、産後には抜け毛が増えることがあります。抜け毛のピークは産後3か月から半年で、その後はおさまることがほとんどですが、個人差が大きいようです。赤ちゃんのお世話で大変ですが、できるだけ自身が健康的にいられるように心がけ、無理せずにパートナーの助けを借りましょう。

ピックアップ記事

運営会社