【メンズ】化粧水の付け方を解説|男性も正しいスキンケアで美肌を目指す

【メンズ】化粧水の付け方を解説|男性も正しいスキンケアで美肌を目指す

男性は女性のように化粧をしないため、スキンケアをする必要がないと考える方もいるでしょう。洗顔だけで健やかな肌を保てるなら、基本的にはスキンケアは不要です。しかし、何のお手入れもせずに一年中変わらずに健康な肌を保っていられる人は少なく、にきびやカミソリ負け、かゆみやシミなどの肌悩みを抱える人は多いようです。特に男性は女性と違ってスキンケアやメイクをしないため、肌は常に直接外気にさらされています。そのため、洗顔後の無防備な肌が、乾燥や紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまうことになるのです。肌がダメージを受けてカサカサした状態では肌トラブルも起きやすくなるため、適度な水分を補い保湿する必要があります。メンズ化粧水でスキンケアをして、肌を健康な状態に保ちましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

男性でもスキンケアをするべき?

男性は、メイクをする女性以上に肌に負担をかけているといえます。というのも、毎朝のヒゲ剃りのために毛根を引っ張ったり肌に直接刃物を当てたりしているためです。髭の濃い男性なら、夕方にも剃らなければならない方もいるでしょう。肌が弱い場合、カミソリを当てることでカミソリ負けを起こすこともあるものです。また、強い紫外線を浴びて唇や肌が荒れたり、カサカサに乾燥したりといった話もききます。皮脂過多によるオイリー肌や大人ニキビに悩まされる男性も少なくありません。長い時間マスクをすることで、肌荒れするようになった方も増えています。毎日過酷な環境にさらされる肌を守るためにも、男性もスキンケアを行うことをおすすめします。

人気のメンズ化粧水をチェックしてみる

どんな肌質でもOK!肌質タイプ別化粧水の選び方

ここではスキンケアの基本であるメンズ化粧水の選び方について紹介します。メンズ化粧水は、女性用ほど豊富ではないものの多くの種類の商品がたくさん販売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまうでしょう。メンズ化粧水はそれぞれ含まれる美容成分が異なりますので、自分の肌質に合ったタイプや自分がなりたい肌に合ったタイプの化粧水を選びましょう。肌タイプに合わせたメンズ化粧水の選び方の目安を紹介します。

オイリー肌の化粧水の選び方

ベタつきやすくテカりやすい肌は「オイリー肌」や「脂性肌」と呼ばれます。皮脂が多いためニキビもできやすく、毛穴の黒ずみに悩む方もいるようです。皮脂の分泌が多いのは、肌内部が乾燥していることが原因のひとつです。肌を守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されている場合が多いのです。脂性肌用のメンズ化粧水で、しっかりと水分を肌に浸透させるのがおすすめです。

乾燥肌の化粧水の選び方

乾燥してかさかさしがちな乾燥肌は、洗顔後つっぱったり、ちょっとした刺激でかゆみを感じたりすることがあります。マスク着用でかゆみや肌荒れを起こしやすいのもこのタイプです。水分も油分も不足していますので、肌につやがなく小じわができやすいため、乾燥肌用のメンズ化粧水で必要な水分を十分に補って保湿する必要があります。

混合肌の化粧水の選び方

おでこや鼻などが部分的にテカりやすいものの、口周りや頬はカサカサという「混合肌」タイプの方もいるでしょう。一見厄介な肌質ですが、女性にもこのタイプは多く見られます。オイリー肌と敏感肌のどちらの化粧水を選ぶべきか難しいですよね。化粧品は「乾燥肌用」と「オイリー肌・混合肌用」と2種類に分かれているものがあるため、混合肌の人はオイリー肌用を選ぶとよいでしょう。いずれにしても化粧水で水分を補うことが大切です。

敏感肌の化粧水の選び方

敏感肌は、アトピーやアレルギーを持つ方、乾燥肌の方も当てはまる場合があります。食事やストレス、外気のホコリやアレルゲンなどの刺激で肌が荒れたり赤くなったり、かゆみが生じたりします。衣服やマスクの素材や擦れが刺激となり、肌荒れやかゆみが生じることもあるでしょう。洗顔料や化粧品が合わないこともあるため、敏感肌用の刺激の少ないタイプのメンズ化粧水を選んでください。低刺激性の化粧水でたっぷりと水分を補い、肌の健康を守りましょう。肌の調子が悪いときは皮膚科で敏感肌用のローションを処方してもらえるため、まずは受診をおすすめします。

メンズ化粧水はどう使うの?基本の使い方を教えて

メンズ化粧水の効果を十分に引き出すには、化粧水の付け方にもこだわりましょう。せっかく使い続けても誤った付け方では、使う前とあまり変わらない、期待した効果が得られない、ということにもなりかねません。ここでは、正しいメンズ化粧水の付け方を紹介します。

化粧水は洗顔後!正しい洗顔方法は?

説明するまでもないと思いますが、化粧水は洗顔して肌を清潔にした状態で使いましょう。洗顔フォームをチューブから出して頬にのせ、頬の上で泡立てようとするワイルドな男性もいるようですが、それは間違いです。必ず手の平に出してよく泡立ててから洗顔してください。体温よりも低いぬるめのお湯で十分に洗顔料をすすぎ流してから、柔らかいタオルでやさしく水分を押さえるように拭き取ります。顔の皮膚は筋トレのように鍛えて強くなるものではありません。ゴシゴシと強い力で擦ると肌の乾燥や肌荒れの原因になってしまうため、注意しましょう。

化粧水の効果的な付け方

洗顔後はすぐに化粧水で水分を補います。化粧水の付け方は量が多ければよいというものではありません。誤った付け方として手に大量出してぱしゃぱしゃ顔をたたく方もいますが、付け方にムラが生じ、その付け方では十分な効果は得られないどころか肌を傷める可能性があります。正しい付け方は、手のひらに500円硬化大の量を出し、両手を重ねてなじませます。乾燥しやすい頬やフェイスラインを包むようにやさしくプッシュする付け方が、おすすめの効果的な付け方です。その後、生え際や目もと、小鼻の横や口元など指先で内側から外に向かう付け方をしましょう。顎下やのど、首筋までケアする付け方もおすすめです。肌に潤いを与え、毛穴を引き締められる付け方といえます。乾燥の気になる部分には、2度重ねる付け方が効果的です。付け方の注意点を守り、強い力で叩き込んだり、ゴシゴシとこすりつけたりするような付け方は避けましょう。

人気のメンズ化粧水をチェックしてみる

化粧水で終わりにしていいの?

洗顔の後にメンズ化粧水でたっぷり水分補給した後は、その潤いを保持させるために乳液で油分を補うことが大切です。適度な油分が皮膚から水分が蒸散することを防ぐフタの役割をしてくれます。メンズ用の乳液もありますので、化粧水とシリーズで揃えるとよいでしょう。乳液の付け方は、10円硬貨大を手のひらに取り、乾燥しやすい頬とフェイスラインになじませます。目もとや口もとなど凹凸のある部分には、指先でやさしく伸ばしてください。最後に手のひらで顔を覆い密着させることにより、体温で温まり肌角層まで浸透しやすくなります。

洗顔料や化粧品ブランドはすべて同じシリーズで揃えるべき?

スキンケア用品は基礎化粧品ともいわれ、化粧水、美容液、乳液、収れん化粧水、洗顔料、クレンジングなどがシリーズで出ているものがほとんどです。その中でしっとりタイプ、さっぱりタイプなど、テクスチャーで分かれている場合があります。違うメーカーのものを単品ずつ試さず、できるだけ同シリーズをセットで使うことをおすすめします。保湿、ニキビケアなどのシリーズをライン使いすることで、より効果が現れるように作られているからです。スキンケア上級者なら自分の肌状態に合わせてチョイスすることもできますが、慣れていない方にはハードルが高いものです。まずはシリーズ使いから始めて、自分の肌がどう変わるかを実感してみましょう。

人気のメンズ化粧水をチェック!

■オルビス(ORBIS) ミスター スキンジェルローション

オールインワンの化粧水で、洗顔後はこれひとつでスキンケア完了。乾燥や皮脂トラブル、ハリ不足、シェービングによるダメージを同時にケアし、美しい肌へ導いてくれるアイテムです。プッシュ式のボトルで出すのも簡単。ジェルタイプの化粧水なので、こぼす心配もなくつけることができます。ベタつかずに肌をさっぱり仕上げるサラサラとした使用感です。

オルビス(ORBIS) ミスター

初回限定ミスタートライアルセット:980円(税込)

メンズも化粧水の付け方をマスターしてトラブルのない肌へ

男性も美肌のほうが清潔感があり肌トラブルにも悩まされずにすみます。化粧品メーカーからもさまざまなメンズ化粧品が出ていますので、自分の肌質と悩みに合ったものから選びましょう。カミソリ負けしやすい方や、肌が弱いと思っている方は、まずは男性用化粧品の敏感肌用や低刺激性のシリーズの少量ボトルのものから、使用感を試してみるとよいでしょう。化粧水は付け方も大切なので、正しい付け方をマスターして効果的に保湿を行ってくださいね。

ピックアップ記事

運営会社