バストケアを始めよう!マッサージや補正ブラなどおすすめケア方法を紹介!

バストケアを始めよう!マッサージや補正ブラなどおすすめケア方法を紹介!

バストケアはバストが垂れるのを防いだり、胸から流れ出る脇肉をホールドして本来のサイズを保ったり、女性らしい美乳には欠かせません。胸の大きさや年齢に関わらず、美しいバストを保つためには正しいバストケアは必要です。
手軽に始められるバストケアのおすすめは、バストマッサージをしたり補正ブラ、ナイトブラを着用したりすることです。正しいバストサイズを知ることも重要です。バストマッサージは、クリームやオイルを使用して、入浴中やお風呂上りに行うとよいでしょう。筋トレや体操をすることも効果的です。バストアップ専門のエステサロンもあるので、専門家に施術してもらいたい場合は利用しましょう。補正ブラやナイトブラは自分の目的に合ったものを使用してください。昼用と夜用は目的が違うので、上手に使い分けましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

今すぐ始めたい!バストケアの重要性

バストケアというと、「面倒臭そう」とか「自分には関係ない」と思ってしまいがちですが、実はバストケアはどんな女性にとっても重要なものなのです。ここでは、バストケアをすることの重要性や、そのメリットを説明していきます。

バストが垂れるのを防ぐ

バストは常に重力にさらされています。バスト自体に重さがあるので、年齢とともにバストを支える筋肉が伸びてしまい、バストが垂れてきてしまうのです。正しい方法でバストケアを行うことで、バストを支え、バストが垂れてしまうのを防げます。

本来のサイズを保つ

普段何気なく着用しているブラジャーのサイズは、本来のバストのサイズとは違う場合があります。バストの肉は脇や背中に流れてしまいやすいので、正しい方法でバストケアをしないとバストサイズが小さくなってしまうのです。周りの肉を集めてバスト本来のサイズを保つ方法の一つとして、バストケアは欠かせません。

ふっくらハリのある女性らしい美乳へ導く

正しい方法でバストケアを行うと、バストの形も美しくなります。バストサイズの大きさに関わらず、ふっくらとしたハリのあるバストになるので、女性らしい魅力がアップします。シルエットも美しくなるので、洋服を美しく着こなせたり、自分に自身が持てるようになったりします。

バストケアに関する勘違い

ここからは、バストケアに関してよくある質問や勘違いについて解説していきます。バストケアについては、まだまだ日本では間違った情報や勘違いも多く氾濫しています。正しい知識をつけて、正しい方法でバストケアを行いましょう。

自分は胸が小さい(もしくは大きい)から、バストケアは必要ない?

「バストケアは胸が小さい(もしくは大きい)人のためのもの」だから自分には必要ない、と思っている人も多くいますが、それは大きな間違いです。バストケアは、自分のバストをより美しく、女性らしく導くための方法の一つなのです。胸の大きさに関係なく、全ての女性が必要なケアであると言えます。

40代からバストケアを始めても効果がない?

40代を過ぎると、妊娠や出産、授乳などによって20代の頃と比べて年齢を感じるバストになったと思う人もいることでしょう。しかし、今からバストケアを始めることは決して無駄ではありません。むしろ、今まで間違えていたケア方法を見直して、正しい方法でバストケアを行うことで、今よりももっと素敵なバストを手に入れられる場合もあります。年齢に関わらず、バストケアは積極的に行いましょう。

おすすめのバストケア方法

胸の大きさや年齢に関係なく、全ての女性にバストケアは必要だということがわかりましたね。ここからは、効果的なバストケア方法について具体的にピックアップしていきます。

バストマッサージをする

バストマッサージは、バストケアの基本と言われるほど重要なバストケア方法の一つです。正しい方法でマッサージをすることで、バスト周辺の血液やリンパの流れが活発になり、肌の新陳代謝がよくなります。女性ホルモンの分泌も活発になり、乳腺が発達すればバストアップも期待できるのです。

昼は補正ブラ、夜はナイトブラを着用する

バストは常に重力にさらされているので、できる限り重力の影響を避けるため、常にブラジャーを付けて支えるようにしましょう。特に寝るときは、寝苦しいからとノーブラで寝る人も多いですが、ナイトブラしないと寝ている間にバストが左右に引っ張られて形が崩れてしまいます。昼間は通常のブラジャーでもよいですが、よりしっかりとバストケアを行いたいのであれば、補正力やホールド力の強い補正ブラを着用しましょう。

正しいバストサイズを知る

バストは肉が背中や脇に流れていきやすいので、正しいサイズがわからなくなってしまいがちです。そのままの状態を長く続けていると、バストの肉が背中の肉や脇肉になってしまいます。下着屋さんなどの専門店で、正しい方法でバストサイズを測ってもらえるので、商品を購入する前に必ず自分の正しいバストサイズを知るようにしましょう。

バストマッサージをするときのコツ

バストマッサージは重要ですが、ただやみくもにマッサージをしても効果は上がりません。ここでは効果的にバストマッサージを行う方法をまとめました。ただ、妊娠中の人は、特に乳頭への刺激がお腹の張りにつながる場合があるので、バストマッサージをする際には注意が必要です。

ボディクリームやボディオイルを使う

ボディクリームやボディオイル、ボディジェルなど、ボディケア用の商品を使ってマッサージをすると、手のみでマッサージをするよりも摩擦が減ります。クリームなどに配合されている美容成分が肌に浸透するので、一石二鳥です。

入浴中やお風呂上りにおこなう

バストケアのマッサージは、入浴中やお風呂上りの体が温まっているときにおこなうのがおすすめです。入浴中は体温が上がり、血流やリンパの流れも活発になっているので、マッサージの効果が得られやすいです。また、服を着ていないので体のラインをチェックしやすいというメリットもあります。

筋トレや体操も効果的

美しいバストを保つには、バストマッサージだけでなく、筋トレや体操でバストを支える筋肉を鍛えたり、バスト周辺の筋肉をほぐしたりすることが大切です。バストの大部分は脂肪ですが、それを支えているのは筋肉なので、鍛えたり適度にほぐしたりすることでバストが垂れるのを防いだり、柔らかくハリのあるバストへと導いたりできます。しかし、間違った方法での筋トレなどは逆に筋肉を痛める原因にもなるので、十分に注意してください。医師などの専門家の指示に従い行いましょう。

バストアップ専門のエステサロンも

「プロにバストケアをしてもらいたい」という人は、エステサロンのバストケアコースなど、専門家の施術を受ける方法があります。バストアップ専門のエステサロンもあり、バストケアに特化した施術を受けられます。エステサロンは、自分では手の届かない背中までマッサージをおこなってくれたり、専門家の視点からバストケアについてのアドバイスを受けられたりするのが大きなメリットです。

補正ブラ、ナイトブラを着用するときのポイント

近年は補正ブラやナイトブラもたくさんの商品があります。しかし、どれでもいいというわけではありません。着用時にしっかりと効果が得られるよう、自分に合ったブラジャーを着用しましょう。ここでは、補正ブラやナイトブラを着用するときのポイントを解説します。

目的にあわせてブラを選ぶ

一口に補正ブラ、ナイトブラといってもそれぞれの目的はさまざまです。セールスポイントも、ホールド力やフイット感など多種多様なので、自分がどのような目的でどんなブラジャーを必要としているのかを明確にしてから選ぶとよいでしょう。

昼用と夜用はしっかり使い分ける

昼用のブラと夜用のブラはその目的が違うので、当然形や作りも違います。何枚も買うのがもったいなく感じるからといって、昼用のブラを夜寝るときに着けたり、夜用のブラを昼間も着けたりしてはいけません。正しい着用方法を守らないと、バストに負荷を与えてしまうことになり、逆効果なのです。

買う前には試着をする

ブラジャーは商品によって若干サイズが違います。また、自分が思っているバストサイズは正しいサイズではない可能性もあるので、ブラジャーを買う前には必ず試着とバストサイズの計測をおこないましょう。下着屋さんへ行くと、店員さんが正しい方法でバストサイズを計測してくれるので、そのサイズに合わせたブラジャーを購入してください。

正しいバストケアで肌の張りや形の美しいバストを目指そう

バストケアは一朝一夕では結果が見えません。しかし、正しい方法でバストケアを毎日続けていけば、効果を実感できる日が来るはずです。ここで学んだバストケア方法で継続的にケアをおこない、柔らかくハリがあるバストや、形の美しいバストを目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社