二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

はれぼったい奥二重や一重を、パッチリとした二重にしたいと考える人も多いでしょう。二重になる方法は、自力で二重を作るものと美容整形があります。自力で二重になる方法には、毎日のマッサージやアイプチ、目力をきたえるトレーニングなどがあります。費用がほとんどかからないでできるものもあるので、中学生でもはじめられるメリットがあります。男性用のアイプチもあり、人にバレずに二重を作れるでしょう。一方、美容整形で二重になる方法は、まぶたを切らずに二重を作る埋没方法と、まぶたを切る切開方法の2種類があります。いずれも、すぐに理想の二重が作れる点がメリットです。二重になる方法のメリットやデメリットを知って、自分にあった方法を探しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

二重になりたい!一重・奥二重・二重の違い

ぱっちりとした二重まぶたと、奥二重まぶたや一重まぶたは何が違うのでしょうか。まぶたを開く眼瞼挙筋が、まぶたのふちにある瞼板とつながっているかどうかで、まぶたは構造がかわります。眼瞼挙筋が瞼板と一体化していれば、一重まぶた、瞼板と枝分かれして皮膚と結合していると二重まぶたになります。奥二重も二重まぶたと同じように眼瞼挙筋が枝分かれをしています。しかし、二重の幅が狭かったり、まぶたの脂肪が多かったりすると二重のラインが見えにくくなり、奥二重が形成されます。

自力で二重になる方法!整形ができない中学生も必見

自分で二重になる方法を使えば、整形手術ができない中学生など未成年も、理想の二重が手に入るでしょう。自力で二重になる方法には、マッサージやテープで二重を定着させたり、二重の跡を付けたり、二重になる目のマッサージをしたりとさまざまなものがあります。自分にあった二重になる方法をみつけて、理想の二重を目指しましょう。

1日5分!二重マッサージを行う

1日たった5分のマッサージを続けて、二重まぶたが手に入る方法です。一重や奥二重の人は、まぶたの厚みを解消して、二重になることがあります。まぶたを薄くするには、まぶたの周りのリンパを流して、血流を改善させてむくみをとる必要があります。まずは、目元を指先で上から下にマッサージ。続いて、毛細血管が多数ある、まぶたの周りもマッサージを行います。まぶたの上のくぼんだ部分を指先で1分ほど押して、血行をよくしましょう。最後に、目頭から目尻にかけて優しくなぞります。まぶたの皮膚は薄くて繊細なため、肌を傷めないように、マッサージはクリームをつけて優しく行うようにしましょう。

夜、寝る前に絆創膏で二重を作って定着させる

寝る前に絆創膏で癖付けをして、寝ている間に二重になる方法です。用意するものは、二重を癖付けるためのプッシャーと絆創膏、絆創膏をカットするためのハサミの3点。二重まぶたのラインをプッシャーで決めたら、ラインにそって絆創膏を貼っていきます。絆創膏を少し引っ張りながら、目頭を始点にして貼るときれいに仕上がります。絆創膏を貼ってあとは寝るだけなので、二重になる方法の中でも手軽さはピカイチ。しかし、皮膚の弱いまぶた部分に絆創膏を貼っていると、かゆみやかぶれが出る場合があります。また、絆創膏を外すときに強く引っ張ってしまうと、まぶたが垂れる原因になることがあります。肌に異常が出たり、目が傷ついたりした場合は、すぐに使用をやめるようにしましょう。

アイプチやアイテープで二重を作る

アイプチやアイテープを使うと、即座に二重まぶたが作れます。作り方は、アイラインやアイテープで二重にしたいラインに糊付けをしてまぶたをくっつけます。アイプチやアイテープの上からアイメイクも可能なので、外出時に二重になりたい人におすすめの方法です。アイプチやアイテープをつける前には、コットンなどでまぶたの油分をふきとって、糊がつきやすいようにしておきましょう。

眼輪筋トレーニングやまばたき運動で目を大きくする

目の周りのトレーニングで、まぶたを引き上げる上眼瞼挙筋を鍛える方法です。眼輪筋は目の周りを覆っているドーナツ状の筋肉。眼輪筋の鍛え方は、まず人差し指で目尻を軽く外側に引っ張り、目をつぶります。次に、人差し指を目尻の少し上部分を押さえて、斜め上にひっぱったその状態で目をつぶります。まばたきも眼輪筋のトレーニングに効果的。あごをひいて上目づかいでゆっくりとまばたきを10回行います。続いて、あごを上にそらして下をむいて瞬きを10回行うと、筋肉が鍛えられます。

つけまつげでまぶたを持ち上げる

つけまつげを使って、二重になる方法もあります。つけまつげをつけるときには、目の形にあわせるのではなく、目頭から2mmほど上に芯を定着させるようにします。つけまつげの芯が、まぶたを持ち上げる働きをしてくれるので、くっきりとした二重まぶたの線が作れるのです。つけまつげの芯を定着させるときは、目の真ん中、目頭、目尻の順に行うとスムーズです。

ヘアピンやつまようじで癖を付ける

まぶたに二重のラインを癖付けて、二重を目指す方法です。ヘアピンやつまようじなどの細いものを二重幅を作りたいところに当てたら、パチパチとまばたきを繰り返します。まぶたの真ん中、目尻の順に行うと効果的です。ヘアピンやつまようじをまぶたに強く当てすぎてしまうと、目や皮膚が傷ついてしまうこともあります。癖付けは優しく行い、目や肌に違和感が出た場合は、すぐに使用をやめましょう。

二重になりたい男性は、男性用アイプチでバレずにイメチェン!

女性だけでなく、男性もぱっちりとした二重まぶたになる方法があります。男性用のアイプチを利用して、理想の二重まぶたを手に入れましょう。男性用のアイプチも、女性のものと使い方は変わりません。汗っかきやまぶたが厚めの男性は、アイプチが取れにくいキープ力が強いものを選びましょう。肌が弱い男性は、美容液配合で、保湿力があるものがおすすめです。

自力で二重になる方法のメリット・デメリットを知ろう

マッサージをしたり、目の周りの筋肉を鍛えたりして自力で二重にする方法は、お金がかからず、手軽にはじめられるメリットがある一方で、デメリットもあります。自力で二重になる方法は、はじめやすい反面、効果がすぐに出ないものも多く、地道な継続が必要です。自己流で行うマッサージは、肌や目を傷つけてしまう危険性もあるでしょう。また、二重になるマッサージやアイプチで癖付けをしていても、必ず二重になるとは限りません。自力で二重になる方法には、効果に個人差があることも知っておきましょう。

短期間で二重になる方法!美容整形を行う

時間をかけずに二重まぶたを手に入れたいなら、美容整形手術を利用する方法があります。美容整形手術には、まぶたを糸で止めて二重のラインを作る二重埋没方法と、二重ラインを切開して二重のラインを作る二重切開法の2種類の方法があります。

切らないプチ整形!埋没法

二重埋没方法は、皮膚を切らずに糸で二重のラインを作る整形手術方法です。プチ整形感覚で、二重手術が受けられます。メスを使用しないので、まぶたが腫れる心配がなく、施術にかかる時間はおよそ15分。二重のラインが気に入らなければ、糸を抜いて修正も可能です。一方で、元のまぶたの状態に戻りやすいデメリットもあります。

半永久的に持続!切開法

二重切開方法は、希望のまぶたのラインにそってメスで切開して、皮膚や余分な脂肪を取り除く美容整形術です。切開するので二重のラインが戻らず、半永久的に二重が続くメリットがあります。また、よりはっきりとした二重のラインが手に入ります。一方で、メスをいれるため、腫れが引くまでのダウンタイムが長くかかるデメリットがあります。腫れがひくまでの期間は個人差がありますが、1~2週間ほどかかります。また、一度切開すると元の状態に戻しにくいのもデメリットのひとつでしょう。

美容整形で二重を作るメリット・デメリット

美容整形で二重になるメリットは、短時間で理想の二重まぶたになれることでしょう。切開方法を選べば、半永久的に二重のラインが持続します。一方で二重まぶたの整形手術は保険適用外のため、費用がかかるデメリットがあります。未成年が美容整形手術を受けたい場合は、親権者の承諾書や同意書、同席が必要な場合もあります。

二重になる方法の中から自分にあったものを探そう

二重になる方法は、大きく二つに分けられます。一つは、癖付けで二重のラインを作ったり、筋肉を鍛えるマッサージをしたりして、自力で二重を作る方法。もう一つが、美容整形で二重のラインを作る方法です。それぞれのメリットやデメリットを知って、自分にあった方法で、理想の二重まぶたを手に入れましょう。

関連する記事

詳しく

口コミで人気の二重のり*おすすめ15選!

日本人の7割が一重まぶただと言われており、一重まぶたもクールビューティーな印象で独特の美しさがあります。ですが、最近では手軽な埋没法などのプチ整形を受けて二重まぶたにする人も多くなっているようです。クリニックに行くのはハードルが高い…など、一重まぶたにコンプレックスを持ちつつも整形手術に抵抗がある人におすすめなのが、メイク時に二重まぶたを作るアイテム・二重のりです。もともと二重だけれど、より美しいラインを求めて二重のりが使われることもあります。今回は口コミで人気の二重のりおすすめ15選を紹介します。

詳しく

まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

二重まぶたには、何種類かの形があります。目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなる末広型二重、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じ平行型二重、二重の幅が狭い奥二重です。二重には遺伝も影響しますが、成長や加齢で二重になる場合もあります。 自分で二重まぶたにしたい場合は、二重に見えるようなメイク方法や、アイプチやアイテープなどを使って二重を作る方法、目をマッサージして二重にする方法などがあります。また、費用はかかりますが、美容外科で整形する方法もあります。ただし、整形の種類によっては元のまぶたに戻らない場合もありますので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考えてから施術を受けましょう。

詳しく

二重になる方法は何がある?簡単なおすすめのやり方を紹介

二重のパッチリした目に憧れる方もいるでしょう。一重や奥二重でも、二重になる方法はたくさんあります。手軽なのはアイプチ。またアイテープもおすすめです。きれいな二重に見せるなら、日々のケアが有効です。マッサージや眼輪筋を鍛えて、目元が乾燥しないよう保湿も心がけましょう。またメイクで二重を演出したり、つけまつげで目元を印象づけたりもできます。美容外科や美容皮膚科で二重の手術を受けるやり方もあります。アイプチなどを使って自分で二重ラインを作ることもできますが、時間をかけずに二重になりたいなら、手術も検討するといいでしょう。

ピックアップ記事

運営会社