40代からのバストケア|垂れてきた胸のハリケアを紹介!

40代からのバストケア|垂れてきた胸のハリケアを紹介!

30代半ばから40代にかけて増え始めるバストの悩み。この年代に特に多いのが、上胸がそげる、胸全体が垂れる、胸が外側に流れ離れるといったバストの形の変化です。40代以降でバストの形が変化していく原因は、加齢による女性ホルモンの減少や筋力の低下、胸を支えているクーパー靭帯の弱まり、猫背姿勢や睡眠不足、偏食など生活習慣の乱れ、サイズの合わないブラや下着の着用などが挙げられます。バストを美しい状態で保つポイントに気をつけて、40代からでもバストアップや育乳が期待できるバストケアを実践し、ハリのある美乳を目指しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

40代以降でバストの形が変化していく原因とは

30代半ば辺りから40代のアラフォー世代は、バストの老化が始まる時期でもあり、若い頃に比べると形が崩れてきたと感じる人も多いはず。40代女性のバストの変化に見える傾向は、上胸がそげる、胸全体が垂れる、胸が外側に流れ離れるといった形の変化が見てとれます。40代以降、バストの形の変化が生ずる原因を見ていきましょう。

人気のバストアップクリームをチェックしてみる

加齢によって女性ホルモンが減少

乳房にはバストをハリのある状態に保つ役割をもつ乳腺がありますが、加齢で女性ホルモンの分泌が少なくなると、乳腺の組織が萎縮し、反対に脂肪が多くなることでバストの形が崩れやすくなります。脂肪と乳腺の割合が変わるため、バスト全体が柔らかくなってハリが失われた状態となり、サイズダウンに繋がることがあります。

クーパー靭帯の働きが弱まる

バストの構造は、乳腺と脂肪、クーパー靭帯で構成されています。加齢や外部からの刺激が長時間加わると、コラーゲン繊維で構成されたクーパー靭帯の働きが弱まり、乳房をしっかり支えられなくなってしまいます。クーパー靭帯は伸びてしまうと元に戻すことは難しく、加齢や重力、揺れなどの影響を受けやすいデリケートさがあります。

自分のサイズに合わないブラや下着を着用

バストサイズが若い頃と変わらなくても、ブラジャーが合わないと感じる場合はバストの形が変わってきていることが考えられます。自分のサイズに合わないブラや下着を着用し続けていると、バストに負荷がかかり、たるみや型崩れを加速させることになります。

姿勢の悪さや生活習慣の乱れ

長時間のデスクワークやスマホの使用で猫背姿勢が多い場合や、睡眠不足、偏食など生活習慣が乱れている場合にも、バストの形が変化することがあります。猫背姿勢を長時間続けていると、前かがみが多くなることでバストに重力がかかり、さらに血流も悪くなるので、バストの上部がそげやすくなります。また睡眠不足やストレスがあると、女性ホルモンの分泌にも影響を及ぼすため、バストの型崩れを引き起こします。

加齢や運動不足による筋力の低下

バストを支える土台でもある大胸筋が衰えると、バストが垂れてしまう原因になります。特に加齢に伴い筋肉量が低下する40代あたりから、運動不足も加わり、体の冷えや血行不良、肩こりを引き起こしやすい傾向に。血行やリンパの流れが悪くなるとバストが硬くなるので、胸に栄養が行き届きにくくなります。

バストを美しい状態で保つためのポイント

胸にコンプレックスがあるか質問した調査では、「ある」と回答した人が6割もおり、ハリがない、垂れている、形が悪いという悩みをもつ女性がたくさんいる現状があります。妊娠や出産もバストに大きな影響を与えますが、子育てが落ち着き、自分のことを気にかける余裕が出てくる40代あたりに、バストの下垂が気になるという人が多くなっているようです。40代女性がバストを美しく保ち続けるには、どのような点に気をつけていけばいいのでしょうか。

年齢や自分のサイズに合ったブラを選ぶ

一番のバストケアと言えるのが、自分のサイズや年齢に合ったブラをつけて重力や揺れから守ること。40代に多いバストは、乳房内部の脂肪が増えて柔らかくなり、上胸のボリュームが少なくなりがちです。20代のブラを40代が着用すると、上部にすき間ができてパカパカと浮いた状態になることがあります。乳房をカップの内側にある大きな面で押し上げる工夫や、胸が外に流れにくくなる緩やかなワイヤーを使った40代向けのブラなど、胸の形を維持できる補正下着を選ぶのがポイントです。

睡眠や食事、姿勢など生活習慣を改善

バストだけでなく、加齢による体の老化は抗えませんが、老化の進み具合を決めるのは、睡眠や食事、姿勢など生活習慣によるところが大きく、人それぞれ個人差があるようです。40代であってもバストの形を崩さないためにも、規則正しい生活や食生活を送り、悪い姿勢や歩き方のクセを改善して、胸に負担のない適度な運動で活動的に過ごすようにするとよいでしょう。

栄養バランスの良い食事を心がける

食べてダイレクトにバストの形に良い影響を与えるような便利な食べ物はありませんが、日々継続して摂取していくことで、女性ホルモンのバランスが整い、バストアップや育乳が期待できる食材がいくつかあります。良質なたんぱく質が摂れる鶏肉やマグロ、イソフラボンを含む大豆製品、エストロゲンの分泌を活性化させるボロンを含むキャベツなど、これらの食材を意識して取り入れながら、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

ナイトブラや育乳ブラを使用する

年齢やサイズに合ったブラを使うのは鉄則ですが、40代以降のバストはダメージを受けやすいため、ナイトブラや育乳ブラを使って、胸への刺激を最小限に抑えるバストケアを行うのがポイント。子育てをしており40代になって卒乳した人でも、しっかり保護して形を整えてくれるナイトブラや育乳ブラでのバストケアは有効です。背中や脇に胸が流れてしまわないためにも、シーンや目的に合わせて着用することをおすすめします。

バストにハイリスクな運動を控える

美しい状態で胸をキープしていくためには、クーパー靭帯に大きな負荷をかけるようなハードな運動は控えることが大切。健康やダイエットのためにジョギングやヨガなどエクササイズを行う女性が増えていますが、バストケアのためにも、スポーツ用ブラを着用して、できるだけ胸を揺らさず垂れを防止する対策が必要です。

40代からのバストアップにおすすめのバストケア方法

バストケアを日々持続していくには、できるだけお金をかけずに家で気軽にケアしていくことが重要です。バストアップや育乳が期待できる、40代に適したバストケア方法を実践し、いつまでも若々しくハリのある胸を保っていきたいものです。

バストケア用のクリームやオイルでお手入れ

マッサージを行う際やお風呂上りにブラを着用するときには、低刺激で肌に優しいバストケア用のクリームやオイルでお手入れするのがおすすめ。バストも顔の皮膚と同様、乾燥するとシワやたるみを引き起こすことがあります。またクーパー靭帯に影響をもたらしているのが筋肉と皮膚であり、その皮膚を保湿することで、たるみや下垂を最小限にすることができます。

人気のバストアップクリームをチェックしてみる

バストマッサージやツボ押し

乳腺に適度な刺激を与え、バスト周りの血行やリンパの流れを良くしてくれるバストケア方法が、バストマッサージとツボ押し。鎖骨の下から上胸に向かって指全体でさすってから、両手でバストのふくらみを包み、丸みに沿って円を描くように優しくマッサージ。次に女性ホルモンの働きを促してくれる膻中(だんちゅう)をツボ押し。胸の谷間の中心を息を吐きながら5秒ほど押した後、息を深く吸いながら離す動作を10回繰り返します。

大胸筋を適度に鍛えられるヨガ

バストアップが期待できるバストケアとして、大胸筋にアプローチするヨガのポーズがあります。大胸筋を鍛えながら、甲状腺ホルモンを刺激し、姿勢やラインをよくしてくれる魚のポーズ。仰向けに横になり、手のひらを下に向けてお尻の下に入れます。肘でマットを押して、背骨を左右の肩甲骨で挟むようなイメージで胸郭を開きます。深い呼吸を3回ほど行い、ゆっくりと戻します。

バストアップが期待できる筋トレ

40代でも胸を美しくキープするのに最適なバストケア方法が、大胸筋を効果的に鍛えられる筋トレです。衰えてきたバストにハリをあたえるのにおすすめなのが、壁腕立て伏せ「ウォールプッシュアップ」。壁に向かって立ち、肩幅より広い幅で手を水平に壁に押し当て、そのままキープ。その後ゆっくり肘を曲げて上体を壁に近づけ、また肘を伸ばして元の姿勢に戻ります。この動作を1セットとして30回ほど行いましょう。

バストケア専門のサロンで施術を受ける

セルフケアにプラスして、育乳やバストアップをサポートしてくれるのが、バストケア専門のサロン。40代に多い形崩れや下垂、失われたハリやツヤなど、悩みに即した施術が受けられるのが魅力です。なかなか一人では続かない、バストケアに不安があるときは、バストケアのプロにお任せしてみるのも一つの方法です。

美容クリニックで豊胸という選択肢も

40代からでも以前のようなハリのあるバストを取り戻す方法として、美容クリニックでの豊胸という選択肢も考えられます。 豊胸の方法には、ヒアルロン酸注入やシリコンバッグ挿入、脂肪注入法などがあります。

人気のバストケアクリームをチェック!

ラ・シュシュナノプラス

11種の美容成分配合で高い浸透力を実現。毎日使い続けることで、ふっくらとハリのあるバストを目指すことができます。ぷるぷるとしたジェル状で伸びがよく、香りもいいのでマッサージに最適。皮膚表面のキメを整え、潤いのあるなめらかな肌を保ち、外的刺激から肌を守ってくれるので美しく健やかなハリを与えます。

ラ・シュシュナノプラス

定期初回価格:980円(税込)

40代に最適な正しいバストケアで美乳を目指そう

40代女性に多いバストの傾向を知り、年齢や自分のサイズに合ったブラや下着を着用することが、最大のバストケアと言えます。またバストに悪影響を及ぼすような生活習慣や食事、悪い姿勢、間違ったバストケアは改善する必要があります。40代からでもバストアップや育乳が期待できる正しいバストケア方法を実践し、ハリのある美乳を目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社