広告

クレンジングバームの効果とは|役割や効能、正しい使い方を紹介

クレンジングバームの効果とは|役割や効能、正しい使い方を紹介

更新日: 2022年2月21日

クレンジングバームは、クリーム状ですがオイルを固めたものです。体温でとろけるので、メイクと馴染みやすく洗浄力も強いのが特徴。ダブル洗顔しなくても十分に洗浄力がある商品が多く、洗い上がりもしっとりしています。乾燥肌や敏感肌の人におすすめです。
クレンジングバームを効果的に使うポイントは、顔と手を濡らさないことです。乾いた状態で肌に乗せて、メイクや汚れと馴染ませてください。白く濁ったら汚れが浮いて乳化したサイン。ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

※ 紹介する商品・サービスにおける留意事項

「エイジングケア」とは、年齢に応じたお手入れのこと、「美白」とはメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを指します。
アレルギーテスト済みとは、すべての人にアレルギーが起きないということではありません。
ノンコメドジェニックテスト済みとは、すべての人にニキビのもと(コメド)が発生しないということではありません。化粧品の成分など商品詳細については、ページ作成時の情報を元に記載しています。ご購入にあたっては、販売元の公式ページなどの最新情報をご確認ください。
専門家は商品の選び方について監修しています。このページに掲載している商品は、専門家による選び方の助言を参考にトラベルブックが独自に選定したものです。

クレンジングバームの役割と効能

化粧しっかり落とすことは、効果的なスキンケアの基本。いくら高い化粧水や乳液、美容液をつけても、肌の汚れが落ちていなければ効果はありません。クレンジングバームはベースがオイルなので、一般的なクレンジング剤よりも汚れをしっかり落としてくれます。クレンジングバームの特徴を紹介しましょう。

メイク馴染みがよいテクスチャー

バームとは軟膏のことをいいます。クレンジングバームは、見た目はジャーに入った軟膏ですが、オイルを固めたものなので肌に乗せると体温でとろける仕組みになっています。そのため、メイクと馴染みやすく、アイメイクやしっかりメイクを効果的に落とせます。メイクを落とそうと強くこする必要がないので、肌に負担をかけずにメイクオフができます。

とろけるようなやさしい使用感

クレンジングバームのオイル成分は、最初は固形ですが肌につけるととろけます。力を入れずにするすると顔全体に広げられるので、皮膚が薄くて繊細な目元やデリケートな口元などもやさしく馴染ませられます。

洗い上がりはしっとり

クレンジングバームの洗浄力は、クレンジングオイルと同じくらい高いのに、洗い上がりはしっとりします。保湿成分などが多く含まれているので、洗い上がりのつっぱり感を軽減。うるおいを与えてくれる役割があるので、もちもちとした肌に導きます。

洗浄力が高くダブル洗顔必要なしが多い

クレンジングバームは洗浄力が高いため、ダブル洗顔が基本的に必要ありません。ただし、肌にやさしいクレンジングミルクやジェルなどは、洗浄力が弱いものもあるので、クレンジング後に洗顔をしないとメイク汚れがすべて落ちない場合があります。ダブル洗顔すると肌に負担がかかったり、必要な脂まで洗い流してしまったりして、さらに乾燥する原因になることも。クレンジングバームなら、1回のメイク落としで効果的に汚れを落とすことが期待できます。

人気のクレンジングバームをチェックしてみる

クレンジングバームがおすすめの人

通常のクレンジング剤では、毛穴の奥に溜まった皮脂汚れまで落とすのは難しいですが、クレンジングバームはオイルベースなので角質や毛穴ケアもできます。クレンジングバームの効能と役割を理解して、効果的に汚れを落としたり、毛穴ケアをしたりしましょう。

乾燥肌の人

「クレンジングバームはオイル系で洗浄力が強いから、乾燥肌の場合は余計乾燥するのでは?」と気になる人もいるでしょう。しかし、クレンジングバームには保湿成分が多く含まれています。またダブル洗顔が基本的に必要ないので、汚れをしっかり落としながら肌に必要な油分を残して洗い上げられます。メイク落としや洗顔でつっぱり感のある乾燥肌の人は、洗いすぎずに汚れが落とせるクレンジングバームがおすすめです。

敏感肌の人

肌のバリア機能が衰えて、ちょっとしたことで刺激を感じたり、肌が荒れたりする敏感肌。通常のクレンジング剤だと肌がクレンジングバームはおすすめです。体温でバームがオイル状になるのでメイクと馴染ませやすく、力を入れずにやさしくメイク落としができます。肌の摩擦を防ぎ、必要な油分を残して洗い上げるので、敏感肌でも肌に負担をかけすぎません。何度もぬるま湯ですすぐこともなく、クレンジング後はしっとりした肌を保つことが期待できます。

広告

クレンジングバームの特徴

クレンジングバームは、メイク汚れを効果的に落とすだけではありません。毛穴ケアやピーリング効果も期待できます。お手入れになかなか時間が取れない人は、クレンジングバームを使うとさまざまなスキンケアが一緒にでき時短にもなります。

毛穴汚れや角栓などをケア

クレンジングバームは毛穴ケアの役割もあります。体温でとろけてオイル状になったバームが小鼻周りの目立ちやすい毛穴の黒ずみやいちご鼻など、毛穴の奥に酸化して詰まっている汚れをケアします。クレンジングしながら角質ケアができるので手間もかかりません。ただし敏感肌や乾燥肌の人は刺激が強すぎる場合があるので、週に1〜2回を目安に、クレンジングバームでメイク落としと角質ケアをしてみてはいかがでしょうか。

ピーリングに使われる成分

クレンジングバームには、AHAやBHAなどの成分が配合されているものがあります。酵素のような成分で、肌にやさしく古い角質を取り除くピーリングにも用いられています。メイクのノリもよくなることがありますが、ピーリングは週1〜2回程度が効果的な使用回数です。また、肌トラブルが起きているときや、コンディションがよくないときには、クレンジングバームの使用はお休みしましょう。

クレンジングバームの効果的な使い方

クレンジングバームを効果的に使う方法をマスターしましょう。一般的なクレンジング剤とは使用法が違います。

顔と手は濡らさない

クレンジングバームは親油性なので、乾いた手と肌の状態で使います。クレンジング剤の中には、濡れた手で使えるものもありますが、クレンジングバームは乾いた状態の方がいいので、お風呂の前に使いましょう。適量はさくらんぼ大くらいですが、商品によって違いがあるので説明書を確認してください。手にとるときにジャーの中に水分が入ってしまうと、クレンジングバームに雑菌が入ったり品質が劣化したりする場合があるので、水が入らないようにじゅうぶんに気を付けましょう。スパチュラなどを使うのがおすすめです。

オイル状にしてから肌に乗せる

まず手のひらにクレンジングバームを乗せて、両手で広げるようにして手のひらの温かさでオイル状にします。軽くオイル状になってから顔全体に広げましょう。指の腹を使ってメイクと馴染ませるようにくるくるとやさしく円を描くようにマッサージします。

広告

少量の水で優しくマッサージしながら乳化させる

メイクと馴染んだら、少しずつ水かぬるま湯を足しながら乳化させて、じゅうぶんに洗い流します。すすぎのときに、クレンジングバームが白く濁っていればOKです。洗い残しやオイルのぬめりがないようにしっかりすすいで、普段のスキンケアをしてください。

クレンジングバームは正しく使うと効果的

クレンジングバームは、洗浄力が強く、顔に乗せるとオイル状になり乳化させて洗い流すタイプのクレンジング剤です。しっかりメイクや濃いアイメイクを落とせるだけでなく、毛穴ケアもできる点が特徴です。ただし毎日使うと刺激が強すぎる場合があるので、特に敏感肌や乾燥肌の人は、肌の様子を見ながら週に1〜2回使用してみてください。万が一肌に異常を感じる場合には使用を中止し、皮膚科を受診して指示を仰ぎましょう。

人気のクレンジングバーム をチェック!

cocone クレンジングバーム

85%以上が天然成分。クレンジングバームでありながら洗顔・角質ケア・エイジングケア※・整肌・肌のひきしめケア・マッサージバームの7役を兼ね備えた優秀なアイテムです。W洗顔不要&マツエク対応なので時短アイテムとしても使用できます。
ナノブライトキャッチ処方が用いられているので毛穴と乾燥による角質の黒ずみもケアすることが可能です。専用スプーンが付属されているので適量を取ることができます。※年齢に応じたうるおいケア

容量 80g
保湿・美容成分 ヒアルロン酸Na・セラミドNP・水溶性コラーゲンなど
天然成分 ライム果汁・カミツレ花エキス・キウイエキス・オレンジ果汁・レモン果実エキス・レモン果汁・アボカド油・ハイブリッドサフラワー油・ホホバ 種子油など
特徴 合成着色料・アルコール・シリコン・石油系油脂不使用
W洗顔 不要
販売元 はぐくみプラス

テクスチャー・使用感

手の中でトロンと溶けていく感じが気持ちいい!肌の上を滑って馴染んでいくので、ほとんど負担をかけずにメイクを落とせます。

cocone クレンジングバーム

参考価格:1,980円(税込)

クレンジングバームに関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社