男性のおでこニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

男性のおでこニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

大人の男性のおでこにできるニキビの原因は過剰な皮脂の分泌や、シャンプーや整髪料による刺激、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが考えられます。ニキビができているときの正しいケア対策は、洗顔料や石鹸を使って顔しっかり洗って清潔にすること。そして化粧水や乳液などもつけましょう。ニキビができていても保湿は必要です。食生活は、たんぱく質やビタミン類などバランス良い食事を摂るよう心がけましょう。また、普段の生活の中でリラックスできる時間を作り、ストレスを減らすこともとても大切です。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

男性のおでこのニキビの原因は?

ニキビは高校生など若い人だけでなく、大人にもできる可能性があります。ニキビは顔や体のさまざまな場所にできますが、おでこにニキビができると特に目立ってしまいます。男性はメイクをしないので、より気になるでしょう。男性のおでこにできるニキビの原因はいくつか考えられます。この記事では、おでこにニキビができる要因を紹介します。自分のニキビは何が原因か知り、対策の参考にしてみてください。

人気のメンズニキビ化粧水をチェックしてみる

皮脂分泌が多い

男性はもともと女性よりも皮脂分泌が多い傾向があります。さらにおでこは顔の中でもTゾーンと言って、皮脂分泌が多い場所です。おでこが脂っぽかったりテカリが気になったりする男性も多いでしょう。余った皮脂が毛穴に詰まると、ニキビができてしまいます。またおでこのニキビがなかなか治らないと、アクネ菌が増殖して炎症を起こしたり悪化したりする場合があります。

シャンプーのすすぎ残し

シャンプーしたときにすすぎが十分できず、生え際に泡や洗浄成分が残ってしまうと、おでこにニキビができることがあります。また、整髪料を使っている男性は、それらがおでこについて雑菌が増えて、ニキビの原因になっていることもあります。シャンプー後は十分にすすいで、しっかり泡を落とすことが大切。生え際や耳の後ろなども泡が残りやすいので、気を付けましょう。

ストレスや寝不足、ホルモンバランスの乱れ

ストレスや生活習慣の乱れが原因で、ニキビができる場合があります。過剰なストレスがたまったり、寝不足が続いたりすると、ホルモンバランスが乱れてしまいます。皮脂分泌は男性ホルモンの影響を受けるので、皮脂がいつも以上に分泌されて、毛穴につまりやすくなりニキビができる原因となります。またストレスはバリア機能を低下させるので、アクネ菌が増殖しやすい環境を作り出します。

前髪

前髪を下ろしている男性は、おでこにあたる前髪が原因でニキビができやすくなります。髪の毛についたホコリや汚れなどがおでこの皮膚について、皮脂と混ざり合い雑菌が繁殖してニキビができます。

おでこの正しいニキビケア

おでこのニキビ対策は、まず正しいスキンケアを行うことです。男性は女性よりも肌のお手入れに気を使わない人も多く、間違ったスキンケアをしている人もいます。正しいスキンケアをすると、肌のバリア機能が整いターンオーバーも正常に行われるようになって、ニキビの予防にもなります。

メンズ洗顔料を使ってしっかり洗う

洗顔は、メンズ向けの洗顔料をしっかり泡立てて泡で顔を洗うようにしましょう。泡立ちが十分でないまま、ゴシゴシ擦るように洗うと、肌に負担をかけ刺激を与えてしまいます。女性向けの洗顔料でも構いませんが、皮脂分泌が多い人は男性向けの洗顔料の方が洗い上がりがすっきりするでしょう。泡立てがうまくいかない場合は、洗顔ネットを使ってみてください。洗顔料をつけてぬるま湯を含ませてもむだけで、あっという間にモコモコの泡が作れます。泡を頬や鼻周辺や、おでこ、あごなどに乗せて、包むように洗います。指や手が肌に触れないくらいたっぷりの泡を使ってください。皮脂や汚れを泡で取り除いたら、ぬるま湯で十分にすすぎましょう。生え際は洗顔料が残りやすいので、ニキビや肌荒れ対策のためにも十分にすすいでください。

化粧水をつけるなどスキンケアをする

洗顔後は、男性でも化粧水と乳液のスキンケアを忘れず行いましょう。「化粧品は女性が使うもの」「おでこにニキビができているから乳液はいらない」などは間違った考えです。洗顔後は皮脂が洗い流されて、肌が外部の刺激を受けやすい状態です。化粧水で水分を補給して、水分が蒸発しないように油分を含んだ乳液やクリームで膜を作る必要があります。逆にニキビが悪化するのでは?と思う人は、さらっとした軽いテクスチャーの乳液を使うか、乳液の役割も果たしてくれるオールインワン化粧水などでもOKです。オールインワンなら、一度に化粧水と乳液のスキンケアができるので、スキンケアの手間と時間を省けます。

人気のメンズニキビ化粧水をチェックしてみる

前髪はヘアピンで止める

おでこにニキビができやすい人は、できるだけおでこに前髪がかからないような髪型にすると、改善される場合があります。ニキビが気になるからといって、前髪でおでこを隠すのは逆効果です。前髪があるヘアスタイルを維持したい場合は、家で過ごすときに前髪をヘアピンやヘアバンドなどで止めるなどして、できるだけおでこに髪がかからないように気を付けます。特に勉強や仕事で下を向く姿勢のときは、おでこに髪があたりやすいので気を付けてください。また、できてしまったおでこニキビは決して潰さないようにしましょう。余計に悪化したり、ニキビ跡が残ってしまったりする場合があります。

ニキビができたときに食べたい食材

おでこニキビができてしまったら、外側からのケアだけでなく食事にも気を使いましょう。皮膚だけでなく内臓や血液、髪の毛など体はすべて食べたものから作られます。男性の場合、忙しかったり作るのが面倒だったりして、外食が続く、コンビニ弁当やインスタント食品ばかりという方も多いでしょう。栄養バランスの偏った食事を頻繁に摂っていると脂質と糖質の取りすぎになりやすく、皮脂分泌が活発になり、健やかな肌が作られなくなってしまいます。1日3食、さまざまな食品をバランスよく食べるのが理想です。男性のおでこニキビ対策で、積極的に食べたい栄養素を紹介します。

タンパク質

タンパク質は皮膚を作るために欠かせない栄養素です。肉や魚、卵や大豆などに多く含まれます。肉は比較的多くの男性が好む食材なので、そこまで不足しないかもしれませんが、脂質を控えつつタンパク質を摂る意識して食べてください。肉ばかりでなく、魚や卵などとバランスよく摂取できるといいですね。調理法は揚げ物ではなく、焼いたり煮たりしたほうが油脂の過剰摂取を防げるのでおすすめです。

ビタミンB

ビタミンB2やB6は、肌の生まれ変わりを促進し、皮脂の量をコントロールする栄養素です。ビタミンB2はレバーや卵、納豆に、ビタミンB6は肉やカツオ、鮭、マグロ、ニンニクなどに多く含まれます。

ビタミンA

ビタミンAは肌のターンオーバーを整えてくれる働きがあります。皮脂の分泌を整えて、ニキビの治りを早めてくれるでしょう。ビタミンAはほうれん草やニンジン、かぼちゃなど色の濃い緑黄色野菜や卵、チーズに多く含まれます。

お風呂に使って気を休めたり十分な睡眠をとったりと生活習慣にも気を配る

男性は湯船につからずシャワーで済ませる人も多いですが、なるべく時間のあるときはゆっくりお風呂に入って、心と体をリラックスさせるといいでしょう。体が温まると眠りにつきやすく、質のよい睡眠がとれます。寝ている間に成長ホルモンが分泌されて肌の修復や再生を行うので、十分な睡眠時間を確保することもニキビ対策には大切です。寝る前にはスマホやPCをさわらないようにして、できるだけ早く布団に入るように心がけましょう。

人気のメンズニキビ化粧水をチェック!

■オルビス(ORBIS) ミスター スキンジェルローション

オールインワンの化粧水で、洗顔後はこれひとつでスキンケア完了。乾燥や皮脂トラブル、ハリ不足、シェービングによるダメージを同時にケアし、美しい肌へ導いてくれるアイテムです。プッシュ式のボトルで出すのも簡単。ジェルタイプの化粧水なので、こぼす心配もなくつけることができます。ベタつかずに肌をさっぱり仕上げるサラサラとした使用感です。

オルビス(ORBIS) ミスター

初回限定ミスタートライアルセット:980円(税込)

男性のおでこのニキビは普段のケアと対策が大切

男性のおでこにできるニキビの原因はさまざまです。おでこはもともと皮脂線が多い場所ですが、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しやストレス、ホルモンバランスの乱れなどが影響していることが考えられます。また前髪を下ろすヘアスタイルによって雑菌が繁殖して、おでこにニキビができやすい状態になっている場合もあります。まずは洗顔で皮脂や汚れをしっかり落とし、化粧水や乳液で保湿するスキンケアを行いましょう。肌のバリア機能が高まるとターンオーバーも正常になり、皮膚の修復が早まります。栄養バランスのよい食事を摂り、十分な睡眠時間をとってストレスを軽減する生活を心がけることも大切です。

ピックアップ記事

運営会社