男性ホルモンとニキビの関係|男ニキビの原因と対策方法を紹介

男性ホルモンとニキビの関係|男ニキビの原因と対策方法を紹介

男性ホルモンとニキビは密接な関係があります。男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も多くなり、角栓ができて毛穴が詰まってニキビの原因になります。正しいスキンケアは、洗顔料をしっかり泡立てることがポイント。肌に刺激を与えないよう優しく洗い、皮脂を取り除きましょう。そして化粧水で保水し、乾燥を防ぐために軽いテクスチャーの乳液を塗ってください。また、洗顔や顔をふくときに強くこすったり、ニキビを指で潰したりすると悪化させてしまう場合があるので気を付けましょう。正しいスキンケアをしてもなかなかニキビが治らない場合は、皮膚科医に相談してみましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ニキビと男性ホルモンは深い関係がある

大人のニキビと男性ホルモンの間には、深い関係があります。男性ホルモンがもともと優位な男性は、女性よりも特にニキビができる原因が多いと言えるでしょう。ストレスなどさまざまなことが原因でホルモンバランスが乱れると、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。ニキビができてしまったときは、ニキビケアだけでなく男性ホルモンの分泌を抑えるためにストレスを軽減したり、栄養バランスのいい食事を摂ったり、十分な睡眠をとったりと、生活習慣を改めることも大切です。

ニキビにおすすめのメンズスキンケア商品をチェックしてみる

男性ホルモンが原因で起こること

ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが過剰に分泌されると、肌にはさまざまな変化が起こります。男性だけでなく、女性も男性ホルモンが優位になるとニキビができやすくなります。

皮脂が過剰分泌される

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進します。皮脂が過剰に分泌されると、肌表面のテカリやベタつきの原因になります。このベタつきやテカリをなくそうと、必要な皮脂まで奪ってしまうと今度は肌が乾燥し、乾燥を防ぐためにますます皮脂を分泌する、という悪循環に陥る場合もあります。皮脂の過剰分泌が原因のニキビは顔だけでなく、フェイスラインに近い首や背中などにもできます。皮脂が過剰分泌されているとき、余分な皮脂をとったり肌を清潔に保ったりすることは大切ですが、必要以上に皮脂をとりすぎないよう注意が必要です。

毛穴が詰まる

男性ホルモンは、毛穴詰まりとも深い関係があります。皮脂が過剰に分泌されると、肌表面が脂っぽくなり、毛穴に皮脂が詰まってしまいます。またターンオーバーが乱れて肌細胞の再生が正常に行われないと、古くなった角質が剥がれにくくなり肌表面にとどまります。古い角質が毛穴に詰まり、詰まった毛穴周辺でアクネ菌が増殖してニキビができてしまいます。男性ホルモンは、肌をニキビができやすい環境にしてしまううえ、ニキビが治りにくい状態を作り出します。

ニキビができているときの正しいスキンケア

ニキビができてしまったら、まず正しいスキンケアを行って改善するか様子を見ましょう。男性は女性よりも肌のお手入れを怠りがちです。また毎日の髭剃りなどで肌に刺激を与えている状態なので、バリア機能が弱まっていたり乾燥しやすくなっていたりします。正しくスキンケアを行うと、皮脂分泌が正常になって肌の生まれ変わりのサイクルが整ってきます。継続すると、ニキビができにくい肌へと変わっていくでしょう。

優しく洗顔する

洗顔はたっぷりの泡を使って行います。さっぱりした洗い上がりが好みの人は、メンズ洗顔料がおすすめです。石けんや洗顔料などをしっかりと泡立てましょう。手のひらで泡立てにくい場合は、洗顔ネットを使うとよく泡立ちます。両手にいっぱいの泡を作ったら優しく顔全体を包みます。泡を転がすようにして、手のひらや指が肌に触れないようにして洗顔しましょう。余分な皮脂や汚れは落ちますが、必要な皮脂は残りしっとりした洗い上がりになります。すすぎも丁寧に行ってください。肌に刺激を与えないよう、水かぬるま湯でよくすすぎましょう。すすぎ残しがあると、ニキビの原因になってしまいます。髪の生え際や耳や首の後ろなど、見えにくいところも洗浄成分が残らないようしっかり洗い流してください。

化粧水をつける

洗顔したあとは化粧水をつけます。洗顔直後は皮脂が落ちて肌が無防備な状態です。外部の刺激を受けやすく、また乾燥しやすいので、なるべくすぐに化粧水をつけましょう。化粧水は、メンズ用でも女性用のものでも大丈夫です。さっぱりタイプ、とろみがある高保湿タイプなどテクスチャーはさまざまなので、好みや肌質で選びましょう。手のひらに化粧水をとったら、顔全体につけて軽くパッティングしながら馴染ませます。肌の内部に水分や栄養分を浸透させるイメージで、手のひらで優しく押し込むようにつけていきましょう。強く叩かないように気をつけてください。肌にダメージを与えてしまったり、ニキビを潰してしまったりする恐れがあります。手のひらがさらっとするまで、化粧水をしっかり肌に浸透させましょう。

ニキビにおすすめのメンズスキンケア商品をチェックしてみる

薄く乳液をつける

化粧水のあとは、必ず乳液をつけましょう。化粧水で保湿しただけでは、肌から水分が蒸発しやすい状態のままです。油分のある乳液で肌の表面を覆わないと、せっかく補給した水分が失われてしまい、乾燥を招きます。男性ホルモンの働きが活発でニキビができているときは、油分のある乳液をつけたくないと思うかもしれませんが、さらっとした手触りの乳液を薄くつけてください。化粧水と乳液は必ずセットと覚えておきましょう。化粧水、乳液のスキンケアが面倒に感じる人は、オールインワン化粧品もおすすめです。化粧水と乳液の役割をあわせもつ商品なら、一度つけるだけで肌に水分と油分を補えます。

ニキビ肌でやってはいけないこと

ニキビができているときに、やらない方がいいことを覚えておきましょう。男性はメイクでニキビを隠せないので、目立つところにできたニキビは気になって早く治したいものですが、刺激を与えてしまうとニキビが悪化して炎症を起こしたり、ニキビ跡が残ってしまったりする可能性があります。ニキビをきれいに治すためにも、なるべく触らずに、正しいスキンケアを根気よく続けることが重要です。

ゴシゴシこする

ニキビに摩擦の刺激を与えないようにしましょう。顔を洗うとき、髭剃り、お風呂上がりにタオルで顔を拭くときなど、顔に触れる機会は多くあります。無意識のうちに肌をゴシゴシこすってしまうと、ニキビが潰れたり、増えてしまったりする原因になります。顔を拭くときは、優しく押さえるように拭きましょう。

指で潰す

ニキビの芯を指で押し出して潰すのはやめましょう。ニキビの芯がなくなると治りが早くなる気がしますが、指で潰して膿だけを出しても皮脂が残っているとニキビはなかなか治らず、かえって悪化してしまうこともあります。どうしても気になる場合は、皮膚科で相談し、皮脂まできれいにとってもらいましょう。

皮膚科を受診したほうがよい場合も

正しいスキンケアを続けてもなかなかニキビが治らない場合や、悪化して炎症を起こしている場合には、早めに皮膚科医に相談してみましょう。ニキビの原因はさまざまあり、男性ホルモンの影響や間違ったスキンケア以外の要因があるかもしれません。痛みがある場合や長引く場合は病院で治療を受けてください。

人気のメンズニキビスキンケア商品をチェック!

■オルビス(ORBIS) ミスター スキンジェルローション

オールインワンの化粧水で、洗顔後はこれひとつでスキンケア完了。乾燥や皮脂トラブル、ハリ不足、シェービングによるダメージを同時にケアし、美しい肌へ導いてくれるアイテムです。プッシュ式のボトルで出すのも簡単。ジェルタイプの化粧水なので、こぼす心配もなくつけることができます。ベタつかずに肌をさっぱり仕上げるサラサラとした使用感です。

オルビス(ORBIS) ミスター

初回限定ミスタートライアルセット:980円(税込)

男性ホルモンとニキビの関係は深い!

男性ホルモンが優位になると、ニキビができやすくなります。ホルモンバランスは乱れやすく、ストレスなどが原因で男性ホルモンが多く分泌されることがあります。ストレスを減らす生活を心がけて、睡眠時間を十分にとり休息しましょう。また栄養バランスのよい規則正しい食事も大切です。毎日正しいスキンケアを行うと、肌が健康になり清潔な状態を保てるので、ニキビができにくくなります。生活習慣を改善してもなかなか治らないニキビは、皮膚科に相談しましょう。

ピックアップ記事

運営会社