男性が化粧水をつけるタイミングは?正しいメンズスキンケア方法を解説

男性が化粧水をつけるタイミングは?正しいメンズスキンケア方法を解説

男性だから顔を洗って何もしない、という人も多いですが、スキンケアを行わないとニキビや肌トラブルが起きる場合があります。男性でも適切なタイミングで化粧水や乳液をつけるようにしましょう。男性用化粧品はもちろん、女性用の化粧水や乳液を使っても大丈夫です。メンズ向けの香りのきつくないものや、軽いテクスチャーの乳液もあります。化粧水は洗顔後できるだけ早いタイミングでつけてください。皮脂を落とした状態の肌は、刺激に弱くダメージを受けやすくなっています。化粧水のあとは乾燥を防ぐために、乳液をつけるのが正しいスキンケアです。ニキビなど肌トラブルがなかなか治らない場合は、皮膚科医に相談するといいでしょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

男性も化粧水をつけた方がいい?つけるタイミングって?

化粧水は男性、女性に限らず使用した方がいい化粧品です。男性の中には今まで化粧水を使用したことがなく、「どんな化粧水を選べばいいのかわからない」「化粧水をつけるタイミングがわからない」という人もいるでしょう。メンズ化粧品のシリーズで男性用の化粧水もありますが、もちろん女性用の化粧水をつけても問題ありません。女性向けの化粧水は、保湿成分が多く配合されているので、乾燥肌の男性にもおすすめです。男性がつけても匂いが気にならないものを選んでください。また髭剃りで肌がダメージを受けている人や敏感肌の人は、オーガニックの化粧水や敏感肌用の化学物質が無添加の化粧水を選ぶといいでしょう。メンズ化粧水はさっぱりした使用感のものが多く、オイリー肌や混合肌の人に適しています。

化粧水の役割とは

化粧水の役割を知ると、化粧水をつける重要性や使用するタイミングが理解できるでしょう。化粧水は、保水の役割があります。洗顔で顔の汚れや皮脂を落としたあとは、肌は敏感な状態で外部からの刺激を受けやすくなっています。また、皮脂が取り除かれているので乾燥もしやすくなっています。このタイミングで化粧水をつけると、肌に水分と保湿成分が浸透していきます。洗顔後のタイミングを逃して化粧水をつけないと、乾燥がどんどん進んでしまいます。肌が乾燥するとキメが整わなくなり、バリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなってしまいます。また、肌のターンオーバーが乱れて、古くなった角質がうまく剥がれず肌表面にとどまるので、毛穴に詰まってニキビの原因になることも。乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こします。洗顔後できるだけ早いタイミングで、化粧水で水分を補給する必要があります。

メンズにおすすめのスキンケア法

メンズにおすすめの正しいスキンケア法を紹介します。男性の中にはスキンケアの順番がよくわからない人もいるでしょう。どのタイミングでどの化粧品を使うのか覚えて、ぜひ毎日お手入れをしてください。肌の調子がよくなって、乾燥やニキビなどのトラブルが減っていくでしょう。また男性は毎日髭剃りをするので、カミソリ負けや乾燥により赤みやヒリヒリなどの肌トラブルが起こりやすい状態です。正しいスキンケアを行えば、髭剃りによるダメージを最小限に抑えられます。肌トラブルがある人もない人も、肌を健やかに保つために正しいスキンケアをマスターして、適切なタイミングで実践してください。

洗顔料や石鹸はしっかり泡立てる

顔を洗うときは、洗顔料や石鹸はしっかり泡立てて使いましょう。泡が立たないと汚れが落ちないうえ、肌に摩擦のダメージを与えてしまいます。使うものはメンズ用洗顔料もしくは洗顔石鹸でも大丈夫です。もちろん女性用の洗顔料でも問題ありません。両手に山盛りになるくらい、たっぷりの泡を立ててください。うまく泡立たない場合は、洗顔ネットを使うと素早くタイミングよく泡立てられます。泡が十分に立ったら、顔を泡で包むようにして顔を洗います。指や手のひらが触れないようにして、泡を顔の上で転がすように洗顔するのがおすすめ。肌に刺激を与えず、汚れや皮脂を包み込んで落とし、肌に必要な油分は残します。顔を濡らしたタイミングで、泡をたっぷり立てて洗顔しましょう。

すすぎはぬるま湯で

泡で十分に汚れを落としたら、すすぎはぬるま湯を使いましょう。熱すぎるお湯は肌から水分を奪い乾燥させます。また夏は水が気持ちいいですが、気温の低いときに水ですすぐと、冷たくて毛穴が閉じて汚れが残ってしまいます。すすぎを水からお湯に切り替えるタイミングは人それぞれですが、すすいで「冷たい」と感じる前に、ぬるま湯に切り替えるといいでしょう。基本はぬるま湯洗顔と覚えておいてください。泡や洗顔料が残らないように、しっかりすすいでください。最低でも20回はすすぐようにするといいでしょう。また髪の生え際や自分で見えない耳の後ろなどは、すすぎ残しが起こりやすい場所です。すすぎ残しがあると、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。すすぎ終わったら、タオルを押し当てるようにして水気を取ります。このときも肌を擦らないように気をつけてください。

化粧水は洗顔後または入浴後すぐのタイミングでつけるのがベスト

化粧水をつけるタイミングは、洗顔後すぐです。お風呂上りのときも同様に、浴室から出たらすぐ化粧水をつけてください。洗顔後の肌は皮脂が取れた状態で、外部からの刺激を受けやすくなっています。また、内部の水分が蒸発して、乾燥しやすい状態です。入浴後にドライヤーをかけたり、ストレッチをしたりする習慣がある人は、なによりも最初に化粧水をつけると覚えておきましょう。化粧水をつける量は、使う商品によっても違います。説明書きを読んで適量を手に取り、顔全体に馴染ませていきます。軽くパッティングするようにつけると、肌に馴染ませやすいでしょう。強く叩きすぎると肌にダメージを与えてしまうので、軽い力で行うよう気をつけてください。化粧水をつける頻度は、顔を洗ったり、シャワーで濡らしたりした後毎回です。特に朝の洗顔後、夜の入浴後には忘れずにつけましょう。

乳液も忘れずに

化粧水をつけた後のタイミングで、必ず乳液をつけましょう。化粧水だけでスキンケアを終わらせると、水分が蒸発して乾燥してしまいます。油分を含んだ乳液で顔の表面を覆うと、うるおいを肌内部にキープできます。化粧水だけや乳液だけつけるのは間違ったスキンケアで、肌トラブルを招く原因になります。洗顔後すぐに化粧水、化粧水をつけた後のタイミングで乳液、という順番を覚えておきましょう。オイリー肌の人やニキビができている人は、「油分のある乳液をつけて悪化しないか」と心配になるかもしれません。しかし、乳液をつけずに肌が乾燥してしまうと、乾燥を補おうと皮脂分泌が活発になり、ニキビがさらにひどくなる場合もあります。軽いテクスチャーの乳液を選び、薄く全体につけるようにするといいでしょう。

ニキビなど肌トラブルが長引く場合は皮膚科へ

たっぷりの泡で洗顔し、洗顔後すぐのタイミングで化粧水と乳液をつけるスキンケアを行っても、ニキビがなかなか治らなかったり、髭剃り後の肌の赤みやかゆみなどトラブルが長引いたりする場合は、皮膚科医に相談しましょう。別の要因で肌トラブルが起きているケースも考えられます。皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬が効果的に作用し、早期に炎症が治ることもあります。

化粧水は洗顔後すぐのタイミングでつけよう

化粧水は男性女性関係なく、洗顔後すぐのタイミングでつけるべき化粧品です。肌の乾燥を防ぎ、失われた水分や美容成分を肌内部に行き渡らせる役割があります。メンズ用の化粧水でも女性用の化粧水でも、どちらでも構いません。メンズ用はさっぱりした使い心地のものが多く、女性用の化粧水は保湿成分が多く配合されています。肌触りや香りなどを比べて、好みのものをタイミングよく使いましょう。化粧水のあとは乳液で肌表面に油分のある膜を作り、水分が蒸発するのを防ぎます。それでもなかなか肌トラブルが治らないときは、皮膚科医に相談しましょう。

ピックアップ記事

運営会社