【札幌】おすすめのレーシック*人気の近眼クリニック2選

【札幌】おすすめのレーシック*人気の近眼クリニック2選

角膜の屈折力を調整することで近眼を矯正するレーシックは世界中でメジャーな眼科手術です。眼鏡やコンタクトに頼らざるを得ない近眼の人にとって、そのようなツールがなくても裸眼で快適な視力が手に入るとあって日本でもとても人気があります。大体の場合手術時間は15分程度で完了し、入院の必要もありません。ただし人によっては適応しない場合もあり、手術が可能な場合でも回復の度数には個人差があります。また、十分な知識がないまま手術を受けると過矯正やドライアイなどの弊害があることも。手術を検討している人には、事前によく調べることをおすすめします。今回は、札幌のおすすめレーシック*人気近眼クリニックを紹介します。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

レーシックとは?

眼球の角膜表面をエキシマレーザーで削って角膜のカーブを変えることによって屈折異常を矯正し、視力を矯正する手術です。術後、視力は直後から1日後程度で矯正され、安定するのに1週間から1ヶ月程度かかりますが、90%以上の人が裸眼視力1.0以上になると言われています。日本眼科学会のガイドラインが定める基準により、18歳以上の人でなければ手術を受けることができません。

レーシックのメリットとデメリット

裸眼視力が向上するため、近眼の人でも眼鏡やコンタクトなどを使うわずらわしさがなくなるのが一番の大きなメリットでしょう。ただし、現在のレーシックでは矯正できる度数に限度があり、強度の近眼や乱視の場合には十分に矯正できない可能性があります。また、老眼を矯正することはできず、近くのものの見づらさが増すことがあります。

レーシックにかかる費用の目安

レーシックは保険外診療(自由診療)であり、手術前後に関わる検査・手技を含んだ全ての診療費が自費となります。手術費用の目安としては、片目15~26万円、両目20~50万円くらいが一般的と言われています。手術自体のみならず、感染予防や術前術後の定期検査などを含めた場合、レーシックにかかる費用は相応にかかるものと考えられます。

【札幌】おすすめレーシック*人気近眼クリニックを紹介

■品川近視クリニック

最初に紹介する【札幌】おすすめレーシック*人気近眼クリニックは、「品川近視クリニック」です。
視力矯正専門の眼科病院です。レーシック治療経験豊かなドクターが多数在籍。最新機器のを導入、レーザーの照射時間が短縮されるなど最先端の施術を行っています。また、日帰りメニューの提供も可能となっています。最大で10年の保証をしてくれるなど、術後のアフターケアも充実。

品川近視クリニック

北海道札幌市中央区北三条西2-1NC北専北三条ビル3F
JR札幌駅から徒歩約5分

■中央メディカルクリニック

最後に紹介する【札幌】おすすめレーシック*人気近眼クリニックは、「中央メディカルクリニック」です。
こちらでは世界水準の治療機器によるエキシマレーザーを用いたレーシック手術を行っています。コンピュータと連動して眼の状態を確認するため、10,000分の1の精度でレーザーを照射することが可能。女医の院長によるクリニックは産科・婦人科・眼科・美容外科・内科を対象としているため、ほかの診療科目も受けてみたいという女性に便利です。

中央メディカルクリニック

北海道札幌市中央区大通西5丁目大五ビル1F
地下鉄大通駅から徒歩約2分

■まとめ

近眼だけれど眼鏡やコンタクトが使いにくい人にとっては特に魅力的なレーシック。裸眼視力が向上するため、日々感じるわずらわしさがかなり軽減され、不便さが解消されることで人気を集めています。ただし視力の回復の目安には個人差があり、体質によっては適応しない場合もあります。メリットだけでなくデメリットも把握した上でクリニックを選びましょう。

ピックアップ記事

運営会社