肌のハリ不足の原因*対策方法を紹介

肌のハリ不足の原因*対策方法を紹介

毎日しっかりケアしているのになんだか肌に元気を感じないという時はたるみが原因かもしれません。たるみは加齢とともに発生する悩みだと思われがちですが、実は生活習慣が思わぬ原因になっているケースがあります。たるみは老けて見えるだけでなく、メイクのノリが悪くなったりもします。この記事ではたるみの原因を探り、対策方法をまとめてみました。正しいケアのやり方や、注意してほしいポイントも紹介しているので自分のスキンケアも一度見直してみてください。最近鏡を見て自分の顔の印象が変わったと感じる人やたるみをケアしたいという人は参考にしてみてください。


商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

顔のたるみが気になる!

鏡を見て、なんだか最近元気が無いように感じたり、老けて見えたりした時は顔がたるんでいるのかもしれません。顔のたるみは加齢が原因だと言われていますが、実は生活習慣や表情癖が原因となっていることもあります。以下では顔がたるんでいるかどうかのチェック項目を記載しているので鏡を見ながらチェックしてみてください。当てはまっていたなら顔の皮膚がたるんでいると思われるので要注意です。

口角が下がって見える

真顔で鏡に向き合ってみて、口角が下がっているように見える場合は頬の皮膚がたるんできていると考えられます。口角が下がっていると不機嫌に見えたり、疲れているように見えるので、人に与えるイメージは良い印象とは言い難いです。表情は癖がついてしまうとなかなか矯正するのが難しいので、気が付いたときに意識的に口角を上げるようにしてみてください。

毛穴が縦長に広がり、目立ってきた

毛穴はスキンケアをする際に気にする人が多いポイントですが、しっかりケアをしているのに縦長に広がってしまっていることがあります。その場合は皮膚がたるんでいることにより、毛穴が縦に広がっていることが考えられます。顔の印象を左右するだけでなく、肌の調子も左右するので皮膚のたるみは放置してしまうと肌トラブルや老け見えに繋がってしまうので要注意です。

髪を上げると若々しく見える

髪を上げることによって、顔の皮膚は少し上に引っ張られます。髪を上げると若々しく見えるということは顔の皮膚が引っ張られてたるみが少し軽減されているということが考えられます。たるみだけが原因だとは言い切れませんが、髪を上げた時の方が若く見えると感じた時は頬のたるみや顔全体のたるみに注目してみてください。

顔のたるみは何が原因?

たるみの原因は加齢が原因だと思われがちですが、細かく原因を見ていくと加齢だけがたるみの原因ではありません。生活の習慣であったり、表情の癖であったりが思わぬ原因になっていることもあります。たるみの対策を立てるためにはまずは原因を解明することが大切です。以下ではたるみの原因となり得るものに関してピックアップしてみました。

筋肉の衰え

顔にも筋肉がたくさんついていて、表情を作ってくれるのは顔の筋肉です。顔の筋肉が衰えると皮膚を支えることができなくなり、皮膚がたるんでしまいます。筋肉の衰えは加齢が原因なのですが、使わない筋肉からどんどん衰えていきます。普段表情筋をあまり使わない人や、口角が下がるのが癖になってしまっている人は筋肉が衰えやすいので要注意です。

頬のハリ不足

真皮層にあるコラーゲン、エラスチンという繊維が肌にハリをもたらしてくれます。逆にコラーゲンやエラスチンが不足すると頬にハリが無くなって、皮膚がたるんできてしまいます。コラーゲンやエラスチンは加齢だけでなく、肌の乾燥が原因で減少してしまいます。乾燥したままの肌を放っておくと代謝が悪くなり、どんどん肌のコラーゲンやエラスチンが減少するのでしっかりケアしましょう。

睡眠不足や偏食

睡眠不足や偏食などの生活習慣の乱れもたるみの原因となります。睡眠不足はたるみの原因となるだけでなく、新陳代謝の乱れやターンオーバーの乱れの原因となります。成長ホルモンが最も分泌される22時から2時までの4時間にしっかり睡眠が取れることが望ましいです。食事も肌をケアする大事な習慣なので、偏った食事をせずに、タンパク質やビタミンをバランスよく摂取しましょう。

たるみはどうしたらケアできる?

上記ではたるみの原因について紹介しました。では実際にケアするとなるとどうすればいいのでしょうか?たるみのケアは一日で完了するということがないので、毎日コツコツ地道にケアしていくことが実は一番の近道になります。以下ではたるみのケアに有効なケアを紹介しています。比較的試しやすいケアを取り上げているのでチェックしてみてください。

顔の筋肉を鍛えるエクササイズをする

顔の筋肉も腕やお腹、脚の筋肉と同様に鍛えることが出来ます。顔の筋トレは顔痩せにも繋がるので毎日起床後やバスタイム、寝る前にエクササイズしてみてください。顔の筋トレは動画サイトやインターネットで検索するとたくさんやり方が出てくるので自分に合ったエクササイズを継続してみてください。専用の顔の筋トレ道具を使用するのもおすすめです。

肌にハリを与える美容液を使う

肌のハリをキープするために、美容液成分は欠かすことが出来ません。コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体を配合した美容液は肌のハリに関わる重要な成分です。いつものスキンケアにプラスして美容液を使うようにするとハリのケアに繋がります。日々の紫外線ダメージをケアしてくれるスキンケアアイテムもおすすめです。

生活習慣を見直す

生活習慣も肌のたるみと大きく関わっています。いつもより早く寝ることを心がけてみたり、バランスの良い食事を心がけることもたるみのケアに繋がります。また、姿勢の悪さや肩こりなどもたるみの原因となってしまいます。同じ姿勢を続けて仕事をしている人は軽く身体を動かしたりマッサージをしたりする習慣を身に付けてみてください。

これだけはやっちゃダメ!危険なスキンケア

スキンケアは色々な方法があるのですが、やり方を間違ってしまうと逆効果になったり、別のトラブルを引き起こしたりすることがあります。正しいと思っていたスキンケアが実は間違っていたなんてこともあるのでスキンケアの方法は定期的に見直したり、アップデートしたりするのがおすすめです。以下ではスキンケアの注意点をピックアップしています。

皮膚を強く摩擦する

たるみのケアにマッサージや美顔器を使うのも効果的です。しかし、スキンクリームやマッサージオイルを使わずにケアをすると皮膚を強く摩擦してしまうことになります。肌を摩擦することで、肌荒れの原因となりたるみをケアするどころか別のトラブルが発生することがあるので注意が必要です。優しく丁寧にケアをするようにしましょう。

肌に合わない美容液を使う

美容液は肌に良い成分がたっぷり配合されているから何を使っても良いかと言われればそうではありません。人によって肌質が違い、敏感肌の人もいればオイリー肌の人も混合肌の人もいます。自分の肌に合わない美容液は肌にとって逆効果なので、ヒリヒリとした使い心地のものや使用後に肌の調子が悪くなるものは使用を中断してください。

無理にエクササイズを行う

表情筋を鍛えるためにエクササイズをすることも大切なたるみケアです。ですが、一日に何回もエクササイズしてしまうと炎症の原因になってしまう場合もあります。エクササイズは一日あたりの適正回数が決められているのでそれ以上は行わないようにしてください。毎日無理をせずにコツコツエクササイズをすることがたるみケアに繋がります。

正しいスキンケアでたるみをケアしよう!

たるみは加齢だけが原因なのではなく、生活習慣や表情の癖によって引き起こされます。たるみをケアするためには表情筋を鍛えたり、生活習慣を見直したり、マッサージをしたりすることがおすすめです。肌に足りない成分は自分の肌に合った美容液を使用して定期的に補うようにしましょう。正しいスキンケアがたるみケアの一番の近道です。

ピックアップ記事

運営会社