CBDとは?効果・副作用・健康への安全性について紹介

CBDとは?効果・副作用・健康への安全性について紹介

世界的に大注目されている大麻草の成分、CBDは、その効果や効能の幅の広さから日本でも話題となっています。CBDは大麻草の成分の一つ、と聞くとそれが合法な物なのか、体への悪影響はないのか、と心配になりますよね。また、どのように使用し、どんな疾患に効果的なのか、あまり知らない人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな注目成分CBDについて、そもそもCBDとは一体何なのか、その効果や副作用はあるのか、健康への安全性についても紹介します。CBDを使用してみたい、CBDが気になるという方は、参考に是非ご覧ください。

CBDとは?マリファナとは違う?

CBDとは英語表記のCannabidiol(カンナビジオール)の略で、麻に含まれる成分カンナビノイドの一つです。カンナビノイド自体は少なくとも113種類もあり、CBDはその中の一つという事になります。マリファナに含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)のような気分がハイになる精神作用はありません。現在様々な分野で研究が進められている成分です。

人気のCBD商品をチェックしてみる

大麻草の成分CBD

大麻草とは主に麻(ヘンプ)や大麻などの総称を指します。大麻草の成分には大きく分けて2つの成分があり、その一つが今話題のCBDです。マリファナが起こす精神活性化を自然に防ぐ効果を含め、様々な効果・効能が発見されており、今まで治療が難しかった疾患にも効果が期待できる可能性があるとして世界中から注目を浴びています。

もう一つの大麻草の成分THC

大麻草にはもう一つTHC呼ばれる成分が入っています。THCは英語のTetrahydrocannabinol(テトラヒドロカンナビノール)の略で、同じくカンナビノイドの一つです。多幸感を覚える作用などの精神活性化を促す成分で、マリファナの主成分としても知られています。カフェイン程度の依存性があり、場合によっては被害妄想などに陥ることもある成分です。

大麻草の2つの分類

大麻草には、麻(ヘンプ)と呼ばれる分類とマリファナと呼ばれる分類に分けることができます。その分け方はCBDやTHCの含有量によります。麻(ヘンプ)はCBDの含有量が20%以上およびTHCの含有量は0.3%以下であるとされています。反対にマリファナは、THCの含有量が20%以上ありCBDは10パーセント程度。日本では後者は法律で禁止されています。

CBDの効果・効能について

大麻草の成分であるカンナビノイドの一種だとわかったCBDには、CBDは人体の身体調整機能に働きかけ、免疫調整や感情抑制、神経保護、運動機能に効果が見込める可能性があるとして、研究が進められています。

CBDの副作用や安全性について

効果や効能は上に挙げた以外にもあり、様々な疾患に有効として注目され、研究が続けられています。それでは、このCBD、副作用や安全性についてはどうなのでしょうか。同じ大麻草の成分であるTHCの場合は、危険性があるため法律で禁じられていますが、CBDは法律では禁じられていません。しかし、100%安全とは言えないため、ここでは副作用や安全性について触れます。

CBDの副作用

どんな薬やサプリメントでも、副作用の可能性はつきもの。CBDを服用、使用して報告されている副作用には、強い眠気や下痢、食欲の減退、イライラ感などです。一人一人の体質にもより、人によってはアレルギーを引き起こす可能性もあります。

CBDの副作用の原因は?

副作用の主な原因は、用法・用量を守らずに過剰摂取した、調達源が不明である場所で購入したCBD商品を使用した、等が挙げられます。ただし、多量のCBD摂取は毒性を引き起こさない、といった研究結果もあるため、どちらかというとCBDの品質に原因があるようです。インターネット上には安価な粗悪品も出回っているため、注意が必要です。

CBDの純度や調達源を確かめよう

CBD製品の市場はまだまだ初期段階であり、ほとんどの物が海外からの輸入となります。製造・販売元が確かな会社であるかどうか、輸入している会社が確かであるか、等も重要です。純度の高いピュアな抽出物であればほとんどの場合、副作用はおきず安全と言えますが、物によっては不純物が原因で副作用を引き起こしている可能性があります。

CBDの種類について

CBDを試してみたいけれど、どんな商品があるかわからない方も多いと思います。直接飲み込むタイプもあれば、気化して吸引するタイプ、など、用途別に効率よく摂取できるようにバリエーションがあるので、自分の用途がどの商品に適しているか理解することは重要です。ここではCBDの種類について詳しくご紹介していきます。

CBDオイル

CBDオイルはCBD商品の中でも一番メジャーな商品のため、 比較的手に入れやすく、専用の道具が不必要なので手軽に始めやすいことが特徴 です。CBDオイルの使用方法でおすすめなのは、直接舌の裏側に垂らす方法。90秒ほどで口腔内の粘膜から吸収され、毛細血管を通って消化器官や肝臓から血液内に入るので、直接飲み込むよりも吸収がよく、作用効率が良いです。また、塗って使用することで局所的な効果も期待できます。

人気のCBDオイルをチェックしてみる

CBDリキッド

CBDリキッドはVAPEで使用する吸引用に作られた商品です。 CBDは吸引摂取が一番作用効率が良いため、効果を早く実感することができるのがリキッドの特徴 です。使用方法はVAPEや専用デバイスにCBDリキッドを入れ、気化して吸引します。VAPEを持っていなくても、CBDリキッドとVAPE本体がセットとなった商品も販売されていることが多いので、初めての方や吸引慣れしている喫煙者の方にもおすすめです。

CBDグミ

CBDグミは最近人気のある食べてCBDを摂取する商品です。 初心者の方も抵抗なく取り入れやすく、お手軽にCBDを摂取したい方におすすめ です。食べる際に噛んですぐ飲みこんでしまうと効果を感じにくくなってしまうので、オイルと同様に舌の裏で溶かして摂取することで効率よく作用します。

人気のCBD商品をチェック!

株式会社麻田製薬 THE CBD

サプリマニア1万人が選ぶCBDオイル1位を獲得している今注目のCBDオイルです。豊富な知識を持ったバイヤーが、アメリカのカリフォルニアにある企業と直接契約し、良質なコロラド産の高品質のヘンプのみを厳選・抽出したもののみを使用。完全オーガニックで安心して使用することができます。また、直接飲むものだからこそ、日本のGMP認定工場で高品質な管理がされているのもポイントです。第三者機関による成分分析も実施されているのも魅力。高額なものが多いCBDオイルの中で、国内最安値レベルを実現しているのも人気の理由のひとつになっています。

株式会社麻田製薬 THE CBD

定期価格:4,378円(税込)

用法・用量を守って安全にCBDを使用しよう!

副作用や健康被害の可能性を知ると、使用するのが怖くなってしまいますが、現時点でCBDは安全性が高いと言われています。沢山の難病や疾患に効果があるとして、ポジティブに研究が進められているのも事実です。どうしてもCBDが気になる、という方は販売元や製品の質などを確かめたうえで使用してみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルでおすすめの記事

詳しく

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

詳しく

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】ハリネズミの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

詳しく

【ペット】カワウソの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】ウサギの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

詳しく

【ペット】キツネの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

詳しく

【ペット】モモンガの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

詳しく

【ペット】猿の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

関連する記事

ピックアップ記事

世界的に大注目されている大麻草の成分、CBDは、その効果や効能の幅の広さから日本でも話題となっています。CBDは大麻草の成分の一つ、と聞くとそれが合法な物なのか、体への悪影響はないのか、と心配になりますよね。また、どのように使用し、どんな疾患に効果的なのか、あまり知らない人も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな注目成分CBDについて、そもそもCBDとは一体何なのか、その効果や副作用はあるのか、健康への安全性についても紹介します。CBDを使用してみたい、CBDが気になるという方は、参考に是非ご覧ください。

CBDとは?マリファナとは違う?

CBDとは英語表記のCannabidiol(カンナビジオール)の略で、麻に含まれる成分カンナビノイドの一つです。カンナビノイド自体は少なくとも113種類もあり、CBDはその中の一つという事になります。マリファナに含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)のような気分がハイになる精神作用はありません。現在様々な分野で研究が進められている成分です。

人気のCBD商品をチェックしてみる

大麻草の成分CBD

大麻草とは主に麻(ヘンプ)や大麻などの総称を指します。大麻草の成分には大きく分けて2つの成分があり、その一つが今話題のCBDです。マリファナが起こす精神活性化を自然に防ぐ効果を含め、様々な効果・効能が発見されており、今まで治療が難しかった疾患にも効果が期待できる可能性があるとして世界中から注目を浴びています。

もう一つの大麻草の成分THC

大麻草にはもう一つTHC呼ばれる成分が入っています。THCは英語のTetrahydrocannabinol(テトラヒドロカンナビノール)の略で、同じくカンナビノイドの一つです。多幸感を覚える作用などの精神活性化を促す成分で、マリファナの主成分としても知られています。カフェイン程度の依存性があり、場合によっては被害妄想などに陥ることもある成分です。

大麻草の2つの分類

大麻草には、麻(ヘンプ)と呼ばれる分類とマリファナと呼ばれる分類に分けることができます。その分け方はCBDやTHCの含有量によります。麻(ヘンプ)はCBDの含有量が20%以上およびTHCの含有量は0.3%以下であるとされています。反対にマリファナは、THCの含有量が20%以上ありCBDは10パーセント程度。日本では後者は法律で禁止されています。

CBDの効果・効能について

大麻草の成分であるカンナビノイドの一種だとわかったCBDには、CBDは人体の身体調整機能に働きかけ、免疫調整や感情抑制、神経保護、運動機能に効果が見込める可能性があるとして、研究が進められています。

CBDの副作用や安全性について

効果や効能は上に挙げた以外にもあり、様々な疾患に有効として注目され、研究が続けられています。それでは、このCBD、副作用や安全性についてはどうなのでしょうか。同じ大麻草の成分であるTHCの場合は、危険性があるため法律で禁じられていますが、CBDは法律では禁じられていません。しかし、100%安全とは言えないため、ここでは副作用や安全性について触れます。

CBDの副作用

どんな薬やサプリメントでも、副作用の可能性はつきもの。CBDを服用、使用して報告されている副作用には、強い眠気や下痢、食欲の減退、イライラ感などです。一人一人の体質にもより、人によってはアレルギーを引き起こす可能性もあります。

CBDの副作用の原因は?

副作用の主な原因は、用法・用量を守らずに過剰摂取した、調達源が不明である場所で購入したCBD商品を使用した、等が挙げられます。ただし、多量のCBD摂取は毒性を引き起こさない、といった研究結果もあるため、どちらかというとCBDの品質に原因があるようです。インターネット上には安価な粗悪品も出回っているため、注意が必要です。

CBDの純度や調達源を確かめよう

CBD製品の市場はまだまだ初期段階であり、ほとんどの物が海外からの輸入となります。製造・販売元が確かな会社であるかどうか、輸入している会社が確かであるか、等も重要です。純度の高いピュアな抽出物であればほとんどの場合、副作用はおきず安全と言えますが、物によっては不純物が原因で副作用を引き起こしている可能性があります。

CBDの種類について

CBDを試してみたいけれど、どんな商品があるかわからない方も多いと思います。直接飲み込むタイプもあれば、気化して吸引するタイプ、など、用途別に効率よく摂取できるようにバリエーションがあるので、自分の用途がどの商品に適しているか理解することは重要です。ここではCBDの種類について詳しくご紹介していきます。

CBDオイル

CBDオイルはCBD商品の中でも一番メジャーな商品のため、 比較的手に入れやすく、専用の道具が不必要なので手軽に始めやすいことが特徴 です。CBDオイルの使用方法でおすすめなのは、直接舌の裏側に垂らす方法。90秒ほどで口腔内の粘膜から吸収され、毛細血管を通って消化器官や肝臓から血液内に入るので、直接飲み込むよりも吸収がよく、作用効率が良いです。また、塗って使用することで局所的な効果も期待できます。

人気のCBDオイルをチェックしてみる

CBDリキッド

CBDリキッドはVAPEで使用する吸引用に作られた商品です。 CBDは吸引摂取が一番作用効率が良いため、効果を早く実感することができるのがリキッドの特徴 です。使用方法はVAPEや専用デバイスにCBDリキッドを入れ、気化して吸引します。VAPEを持っていなくても、CBDリキッドとVAPE本体がセットとなった商品も販売されていることが多いので、初めての方や吸引慣れしている喫煙者の方にもおすすめです。

CBDグミ

CBDグミは最近人気のある食べてCBDを摂取する商品です。 初心者の方も抵抗なく取り入れやすく、お手軽にCBDを摂取したい方におすすめ です。食べる際に噛んですぐ飲みこんでしまうと効果を感じにくくなってしまうので、オイルと同様に舌の裏で溶かして摂取することで効率よく作用します。

人気のCBD商品をチェック!

株式会社麻田製薬 THE CBD

サプリマニア1万人が選ぶCBDオイル1位を獲得している今注目のCBDオイルです。豊富な知識を持ったバイヤーが、アメリカのカリフォルニアにある企業と直接契約し、良質なコロラド産の高品質のヘンプのみを厳選・抽出したもののみを使用。完全オーガニックで安心して使用することができます。また、直接飲むものだからこそ、日本のGMP認定工場で高品質な管理がされているのもポイントです。第三者機関による成分分析も実施されているのも魅力。高額なものが多いCBDオイルの中で、国内最安値レベルを実現しているのも人気の理由のひとつになっています。

株式会社麻田製薬 THE CBD

定期価格:4,378円(税込)

用法・用量を守って安全にCBDを使用しよう!

副作用や健康被害の可能性を知ると、使用するのが怖くなってしまいますが、現時点でCBDは安全性が高いと言われています。沢山の難病や疾患に効果があるとして、ポジティブに研究が進められているのも事実です。どうしてもCBDが気になる、という方は販売元や製品の質などを確かめたうえで使用してみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルでおすすめの記事

  • 日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

  • 日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

  • 日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

  • 日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

  • 日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

  • 日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

  • 日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

  • 日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

関連する記事

運営会社