細い髪の原因は?ヘアアレンジやヘアケア対策で悩みを解消しよう

細い髪の原因は?ヘアアレンジやヘアケア対策で悩みを解消しよう

年齢問わず、生まれつき細い髪質、ボリュームのない髪に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。髪の毛が細くなる原因は、年齢とともに髪の毛にハリや水分がなくなり、毛量がなくなってしまうことが考えられます。また、天然パーマの悩みから縮毛矯正をかけているもいますよね。縮毛やヘアカラー、パーマは髪の毛がダメージを受けやすく、切れ毛や毛がどんどん細く抜けやすくなってしまう原因になっています。シャンプーの仕方や髪の毛の手入れ、食生活を見直すことで、細い髪質を改善できることが多いです。原因に合った対策をとり、強く健康な髪の毛を目指しましょう。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

髪の毛細い、太いの違いは何?

日本人の髪の太さは、年齢関わらず平均約0.08mmといわれています。太い毛とはそれよりも太さがある毛で、0.15mm程の太さがある場合もあります。髪の先10cm程度をつまみ、床と並行になるよう横にしたとき、髪がたれずにまっすぐのままになれば、その髪の毛は太い髪といえるでしょう。一方で、平均の0.08mmに満たない毛は、細い髪の毛といえます。髪の先10cm程度をつまみ、床と並行になるよう横にしたとき、毛がカーブを描いて下に垂れた時は細い髪の毛と判断できます。ヘアアレンジをしていない髪の毛でチェックしてみてください。

人気の女性用育毛剤をチェックしてみる

細い髪の毛になる原因

細い髪の毛になるのには、大きく分けて6つの原因が考えられます。自分に当てはまるものがないか確認してみましょう。

睡眠不足

睡眠不足は、頭皮に十分な栄養が回らず細い髪の毛を作る原因となります。髪の毛を育てるに必要な成長ホルモンは、眠っている間に分泌されるといわれています。また、寝る直前までテレビや携帯、パソコンなどの液晶画面を見ていることは、睡眠の質を下げます。十分な睡眠を確保することが、頭皮の毛細血管の血流をよくし、丈夫な髪の毛を作る対策になります。

加齢

加齢によって毛細血管が老化することで、頭皮を健康な状態に保つための栄養が届かなくなります。髪の毛に栄養が回らないと、細い髪の毛になる原因になります。ただし20代などの年齢が若くても、髪の毛が細くなることも多くあるため、細い髪質は年齢に限らないといえます。

栄養不足

髪の毛が細くなる原因になる栄養不足は、主に2種類あります。血流が悪く髪の毛に十分に栄養が行き届いていないこと、食事で十分な栄養が取れていないことです。また喫煙は血管を収縮させ、脂肪分の多い食事は血行を悪くし、髪に栄養が回らず細い髪の毛になる原因になります。髪の成長に影響を与える栄養素として、鉄分や亜鉛、ビオチン、ビタミンB12などがあります。若い女性は特に、ダイエットをすると過度な食事制限をしてしまいがち。ダイエットによる栄養不足が髪の毛へ十分な栄養が届かない状況を作り出し、細い髪の毛になる原因を作っています。

過度なストレス

ストレスは、髪の毛の成長に大きな影響を与えます。日常から過度なストレスを受けたり、ストレスを発散できない状態が続くことは、髪の毛に悪影響です。自律神経が乱れると頭皮の血流が悪くなり、栄養不足になります。ストレスでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの働きが活発化すると、細毛になることもあります。ストレスは溜めずに適度に発散することが、髪の毛を丈夫にする対策になります。

パーマやブリーチによる髪の毛の痛み

カラーリングやパーマは、毛先が傷みやすく、髪の毛に大きな負担をかけることで毛質を細くする原因になります。日頃からトリートメントやヘアオイルなどでしっかりヘアケアをしていても、ケアの仕方が間違っていると髪や頭皮にダメージを与えます。また、爪を立ててゴシゴシとシャンプーをしたり、濡れた状態の髪の毛を放置しておくことは、髪にダメージを与えます。ケア対策だけではなく、自分の顔、頭皮、髪質にあったシャンプーを使わないと髪の毛が傷んでしまいます。

脱毛症、病気

ハゲや細毛の原因には、脱毛症や内臓疾患などの病気の可能性も考えられることがあります。ボリュームや脱毛、ハゲなどで悩む女性の中に特に多いのは、びまん性脱毛症や甲状腺疾患、鉄欠乏性貧血などの病気です。これらの病気や内臓疾患などが脱毛症や細毛の原因である可能性もあります。細毛の進行に不安を感じたときは、皮膚科や専門のクリニックに相談することをおすすめします。

細い髪の毛を強くする方法

細い髪の毛を強くするため、日頃の生活でできる対策があります。自分の無理なくできるところから始めてみましょう。

人気の女性用育毛剤をチェックしてみる

シャンプーを変えてみる

シャンプーには自分の毛質によって選べる多くの種類があります。薄毛の悩みを解消し、髪のボリュームを出してくれるシャンプーもありますよ。シャンプーをするときは、爪を立てて洗うと皮脂まで剥がれてしまいます。たっぷりの泡で髪を洗うようにすると、頭皮への摩擦が減って髪にボリュームが出ます。

シャンプーをする前にブラッシングをする

シャンプーをする前に、乾いた髪に優しくブラッシングをしましょう。ブラッシングをすることで、髪に付着している目に見えないホコリやゴミを浮かせ、シャンプーをすると汚れを綺麗に落とせます。ブラッシングをして細い毛の悩みを対策し、髪の毛をいい状態で保ちましょう。

頭皮ケアをする

シャンプー、トリートメントをする際に、指の腹を使って頭皮を軽くマッサージするのもおすすめです。また、頭皮をマッサージするための柔らかブラシなどもあるので、頭皮をケアをして毛細血管の血行をよくしましょう。

ドライヤーの仕方を変える

濡れたままの髪を放置すると、髪の摩擦が増えて枝毛を作る原因にもなります。タオルドライ、ドライヤーをかける前にしっかりと髪の毛の水分を絞りましょう。ロングヘアで毛量が多い方は、タオルを巻いて時間を置いてからドライヤーをかけると、熱を浴びる時間を短縮でき、髪を痛めにくくなります。髪の根元からしっかりとドライヤーをかけましょう。

ヘアオイルをつける

髪を乾かすときには、毛先を中心にボリュームタイプのへアオイルをつけてから乾かしましょう。髪の毛がコーティングされて枝毛になりにくい髪になります。頭皮が冷えて血行が悪くなると、栄養が回らなくなり細い髪になるので、日頃からヘアケア対策をしましょう。

髪型、ヘアセットを変えてみる

ロングヘアの人は、髪が細いと髪自体が傷んでいなくても静電気を引き起こしやすいです。思い切ってショートヘアにして、髪が傷みにくく、ふわっとボリュームのある髪型にしてみませんか。パーマをかけてボリュームを出し、細毛の悩みを解消する対策もあります。トップにボリュームをつけたいときは、普段分け目をつける側と反対側に髪をブローして、ふんわりと分け目を作りましょう。細い髪の毛を利用して、前髪を薄く取って隙間を作り、抜け感を出すシースルーバングもおすすめします。美容師さんに、自分にあったヘアスタイルを質問して提案してもらうのもいいですよ。

生活習慣を見直す

日々の生活習慣、食生活を見直しましょう。髪の毛には、ワカメ以外にも緑黄色野菜や卵なども効果的です。また、睡眠をしっかり摂ることは、髪の毛に十分な栄養を与えるのに必要不可欠です。

水分を多く摂取する

白湯や水を多く摂取しましょう。水分は、体内の循環を良くして肌や髪に潤いを与えます。水分が入った髪の毛は、強くて切れにくい髪の毛を作ります。普段から意識して水分を摂ることを心がけましょう。

人気の女性用育毛剤をチェック!

■マイナチュレ

敏感肌の人にもおすすめ。徹底した厳しい品質管理のもと、効果を追求した医薬部外品の育毛剤です。有効成分の効果がしっかりと発揮できるように作られています。頭皮へのダメージになる化学成分は排除し、シリコン、パラベン、合成ポリマー、合成香料、合成着色料、タール色素、酸化防止剤、鉱物油、紫外線吸収剤、カチオン系界面活性剤、サルフェートが無添加です。頭皮ダメージとホルモンバランスの乱れという女性のヘアサイクルを乱す原因に徹底的に働きかけて頭皮環境を整えてくれる育毛剤になっています。

マイナチュレ

細い毛は普段からヘアケアをし、強く丈夫な髪を目指そう

生まれつき毛量が少なくて細毛に悩んでいる方、年齢に関係なく細い髪質に悩んでいる人は多いものです。天然パーマに悩まされ、中学生のときから縮毛矯正をかけているような人は、若くても髪の毛が弱くなり、細毛になっている可能性もあります。日々の生活習慣の見直し、バランスの摂れた食生活に改善しましょう。また、髪に合ったシャンプーに変える、ヘアケアの仕方を変えるなど、対策の仕方一つで髪の毛は丈夫になります。できることから対策をし、切れにくく、強くて丈夫な髪の毛を作っていきましょう。

関連する記事

詳しく

髪の毛が細い方におすすめ!原因を知り対策法を実践しよう

男性も女性の中にも髪の毛が細いことに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。髪の毛が細いと薄毛にならないか心配ですよね。必ずしも薄毛になるわけではありませんが、薄毛に見えてしまうこともあります。髪の毛が細い原因は、遺伝、加齢、栄養バランスの偏りや毛髪への過度なダメージなどさまざまです。原因を知っておくと、栄養バランスのよい食事を心がけたりストレスを溜め込まないようにしたりと、予防法を試せます。髪が細いと悩みを抱えている方向けのヘアケア商品やヘアケア方法もあります。美容院の担当の美容師さんに相談してみるのもよいですね。太くて栄養が行き届く髪を目指しましょう。

詳しく

ヘアマスカラおすすめ15選!白髪隠しに便利

出かける前、鏡を覗いた時にチラッと白髪が見えてしまうと困ります。こんな時に便利なのが、気になる部分に塗ることでサッと白髪をカバーすることができるコスメアイテム・ヘアマスカラ。まつげ用のマスカラと同様、髪の表面に着色剤を塗ってコーティングするというものです。シャンプーで洗い流せるものもあれば、ヘアマニキュア成分や染毛成分を含んでおり、使い続けることで徐々に白髪が目立ちにくくなるものもあります。根元や数本だけ気になるような場合、次のカラーリングまでのつなぎとして利用するのも良いでしょう。今回は白髪隠しに便利なヘアマスカラのおすすめ15選を紹介します。

詳しく

【決定版】高校生の薄毛の原因と対策まとめ〜若ハゲを絶対解決〜

友達同士や彼女と盛り上がったり、将来のために勉強に取り組んだり部活に精を出したり…高校生の日常は、人生の中でもかけがえのない充実した日々。そんな大切な時期に、実は薄毛で悩んでいる高校生が多いことはご存知でしょうか?薄毛と言うと早くても20代後半から気になり出すものだと考える人が多いですが、実は薄毛に悩む高校生は年々増えているのです。そしてその多くは、多感な時期だけあって誰にも相談できずに悩んでいます。そして早期の薄毛対策を行わないまま進行してしまう場合も多いのです。 そこで今回は、高校生の薄毛の原因と対策について深堀してまとめていきます。これを読んで若ハゲの解決を目指してください!

詳しく

おすすめヘアローション*人気15選

ヘアケアは美しい髪の毛を保つためには欠かせないルーティン。そのためのアイテムにはさまざまなものがありますが、髪の毛が健全であるためには頭皮環境を整える必要があります。そんな時におすすめなのがヘアローション。スキンケアにたとえるなら美容液や化粧水のような役割を果たすものと考えるといいでしょう。効果としては頭皮に潤いを与えたり、フケやかゆみを抑えたりしてくれることが期待できます。しかしヘアローションには多くのアイテムがあり、どれが良いのか迷ってしまうことも。そこで今回はおすすめのヘアローションを紹介していきます。

詳しく

枝毛の原因とは?メカニズムや予防法、ケア方法を紹介

枝毛や切れ毛などヘアダメージに悩んでいる方は多いでしょう。一度枝毛などになってしまった髪の毛は修復しないので、枝毛をつくらないための予防が必要です。枝毛の原因として考えられるのは、ストレスや寝不足、紫外線、ヘアカラーや縮毛矯正によるダメージなどです。髪の毛が乾燥しないようにトリートメントで保湿を行い、ヘアカラーなどの頻度を減らしましょう。また、シャンプーやリンスを変える、枝毛を見つけたら早めにカットすることも効果があるかもしれません。自分でできることは試し、美容師にも相談しながらサラサラ髪を手に入れましょう。

詳しく

頭皮マッサージの効果とは?セルフでできる方法も紹介

頭皮をマッサージすると血流がよくなるので、頭皮や髪にしっかり栄養が行き渡り、抜け毛や薄毛予防に効果的です。また育毛の助けにもなるでしょう。目の疲れや、頭痛、肩こりの解消にも役立ちます。さらに頭皮と顔の皮膚はつながっているので、血行が良くなりリフトアップ効果も期待できます。頭皮マッサージは、美容室でヘッドスパを頼んでもいいし、自宅で自分でもできます。シャンプーしながら頭皮をマッサージしたり、ヘアオイルをつけて行ったりしてもいいでしょう。毎日簡単に続けるなら、頭皮マッサージ用のブラシでブラッシングがおすすめです。

詳しく

くせ毛になる原因とは?くせ毛の特徴と髪質改善におすすめの方法

髪の毛の悩みで一番多いのが、くせ毛や髪のうねりなど髪質に関する悩みではないでしょうか。髪の毛がくせ毛になる原因は、遺伝による先天的原因と、ストレスやホルモンバランス・生活習慣の乱れ、加齢などでくせ毛になる後天的原因の2つに分かれます。またくせ毛には波状毛、捻転毛、縮毛、連球毛の4つのタイプがあり、日本人に多いくせ毛が、湿度で髪が膨らみやすい波状毛だといわれています。くせ毛を直すには、縮毛矯正やストレートパーマが有効です。また、正しいヘアケアを心がけ、生活習慣を見直すことで、くせ毛が解消される可能性があります。自分のくせ毛のタイプや状態に合ったヘアケア方法を見つけて、くせ毛の悩みを改善しましょう。

詳しく

髪の毛のパサパサを治すことはできる?自宅でできる簡単ケアを紹介

髪の毛がパサパサする原因は、髪の毛が乾燥してダメージを受けている証拠です。キューティクルが剥がれて、毛先がパサつきます。また紫外線のダメージや毎日使うドライヤーヘアアイロンの熱でも髪は傷みます。ヘアカラーや白髪染めも髪が乾燥する原因になります。シャンプーが頭皮に合わないと、髪がパサつく場合もあります。髪の毛をパサパサさせないためには、日頃からトリートメントやヘアパックで髪に十分な栄養分を与えましょう。オイルを使ったマッサージもおすすめです。普段の食事にも気をつけましょう。たんぱく質や亜鉛を含む食べ物を意識して摂り、ビタミン類も欠かさないようにします。大豆製品も定期的に食べるといいでしょう。

詳しく

髪をボリュームダウンするには?ボリュームが出る原因やケア方法を紹介

広がる、うねる、まとまらないなど、髪のボリュームに悩んでいる方は多いかもしれません。髪にボリュームが出るのは、髪の量や太さ、ダメージやくせ毛が主な原因といわれています。髪をボリュームダウンしたいなら、トリートメントやヘアオイルなどで髪のダメージをケアする、シャンプーやヘアスタイルを見直す、ストレートアイロンやスタイリング剤でクセを抑えるなどのセルフケアを行いましょう。また、セルフケアと並行して美容室でのケアを取り入れるのもおすすめ。美容師によるボリュームダウンカットや、ストレートパーマ、縮毛矯正などを行うことで、理想のスタイリングに近づけるでしょう。

詳しく

髪質改善とは?自宅で簡単にできるおすすめケア方法を紹介

広がる癖毛やピョンピョン飛び出るアホ毛をなんとかしたい、傷んでチリチリになった髪の毛を元に戻したいなど、男女を問わず髪の悩みを抱えている人は多いもの。そんな人におすすめなのが、メディアでも取り上げられ話題となっている髪質改善です。髪質改善とは、一般的に、水分や油分、脂質など髪の毛に不足している成分を補給し、ツヤのある美しい髪質に改善することを指します。髪質改善というと、サロンや美容室で施術を行うイメージが強いですが、髪に負担のかかりにくい洗髪方法の実践、ドライヤーやヘアアイロンの使い方の工夫、食生活や紫外線に気を付けるなど、自宅でできるケアもたくさんあります。自宅でのセルフケア、サロンや美容室でのプロのケア、両方をうまく活用して、健康的で美しい髪を手に入れましょう。

詳しく

頭皮の匂いの原因は?頭皮が臭い理由と効果的な対策方法を紹介

頭皮のイヤな匂いは、分泌された皮脂が酸化することで発生します。きちんとケアをしているはずなのに、なぜか頭皮が臭い場合には、頭皮ケアが不十分なことが考えられます。頭皮に皮脂が残ると、酸化して嫌な匂いの発生源となってしまうのです。しかし、洗いすぎはかえって皮脂の分泌を増やしてしまう可能性も。正しい頭皮ケアを行うことで、頭皮の汚れや皮脂をスッキリと洗い流し、頭皮の匂いを解消できます。また、食生活や生活習慣、ストレスや加齢が頭皮の匂いの原因になることも。それぞれの原因にあった対策方法を実践して、嫌な匂いのない頭皮を目指しましょう。

詳しく

フケの原因は?フケの種類とタイプ別の対策方法とは

不潔なイメージで嫌われるフケは、頭皮の角質が古くなってはがれ落ちたものです。毎日シャンプーをして清潔にしているはずなのに、なぜかフケが出てしまうことも。フケにはカサカサの乾性フケと、べたついた脂性フケの2種類があります。フケの原因は、主に間違った頭皮ケアによるものですが、そのほかにも生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因となることも考えられます。フケは性別や年齢に関わらず誰でも出る可能性があり、フケが出る原因は人によってさまざまです。フケの種類や不毛が出る原因に応じた適切なケアをすることで、不快なフケの症状を改善できますよ。

詳しく

頭皮マッサージの効果を知りたい!やり方など紹介

頭皮マッサージ専門サロンがテレビや雑誌などでも話題になり、注目が集まっている頭皮マッサージ。なんだか気持ちよさそうな雰囲気だけど、どのような効果があるのか疑問に思っている人も多いかと思います。実は頭皮は、体や心の状態を表すとも言われており、頭皮が健康な状態であることは、健康や美容を保つのに大変効果的なのです。 今回は、頭皮マッサージによって具体的にどんな効果が得られるのかについて紹介しすのと同時に、よくある頭皮の状態と頭皮の状態別におすすめの簡単に自分で出来るマッサージも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

メンズにおすすめ!人気ヘアアイロン15選

ヘアスタイルを変えることで人に与える印象は大きく変わります。ヘアワックスやヘアスプレーなど髪の毛のセットを整えるアイテムはたくさんありますが、中でもヘアアイロンは熱の力を利用して髪の毛に動きやボリュームを付けたり、クセを直したりすることができるアイテムです。女性がよく使用するイメージがあるヘアアイロンですが、男性のヘアアレンジにもヘアアイロンは大活躍してくれます。 今回はメンズにもおすすめのヘアアイロンを紹介する記事を作成してみました。ヘアアイロンの特徴やおすすめポイントもまとめているので参考にしてみてください。

詳しく

ヘアブラシのおすすめ15選*サラサラ髪や頭皮ケアできる人気ブラシは?

女性にとってヘアスタイルは自分を表現できる方法のひとつ。ヘアサロンに通う人も多いかと思いますが、自宅でのヘアケアも欠かせません。ヘアケアアイテムには、シャンプー、コンディショナー、トリートメンなど目的に応じてさまざまなものがあり、それぞれの種類も豊富です。そんななか、意外に見落としがちなのがヘアブラシ。髪をとかせればいいと考えている人もいるかもしれませんが、ヘアブラシは材質や形状によって、使い心地が違ってきます。またヘアブラシの選択を誤ると、場合によっては髪を傷めてしまうことも。そこで今回は、おすすめのヘアブラシをピックアップして、紹介していきます。

詳しく

髪におすすめの日焼け止め15選!人気商品を比較

紫外線予防は1年を通じて美容を気にする人には特に大きな課題です。紫外線の害によって、肌の老化が進んでしまうことは良く知られており、様々な対策をとっている人が多いようですが、忘れがちなのが、髪の毛の紫外線対策!髪の毛も紫外線によって大きなダメージを受けてしまいます。うるおいのある美しく健康な髪をキープするためには、髪の毛の日焼け止め対策も欠かせません。髪の毛の日焼け止め対策には、全身に使用できるスプレーなどを使用したり、ヘアケア専門の日焼け止め効果が期待できる商品を使用するのがおすすめ。今回は、髪におすすめの日焼け止めを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

高級ヘアブラシおすすめ15選*人気商品を比較

ヘアスタイルはおしゃれ好きの女性にとってはとても重要。定期的にへサロンに通う人も多いのではないでしょうか。そして毎日のヘアケアもきれいな髪をキープするには欠かせません。そしてヘアケアアイテムには、シャンプー、トリートメント、コンディショナーなど、さまざまなものがありますが、意外と見落としがちなのがヘアブラシ。へブラシにも形状や材質によっていくつもの種類があり、用途に応じて使い分ければ、ヘアケアもより効率的にすることができます。そこで今回は、おすすめの高級ヘアブラシをピックアップして、紹介していきます。

詳しく

髪の美容液おすすめ14選*人気商品を紹介

紫外線、乾燥、カラー、パーマ、ドライヤーの熱など、髪は日々様々なダメージにさらされています。それを放置しているとダメージが蓄積し、枝毛や切れ毛、まとまらないパサついた髪質の原因となってしまうことも。毎日のトリートメントで髪を保湿し、潤いとハリのある状態に整えていくことで、そういった髪の悩みをケアすることができます。 ここでは、髪のダメージをケアし、理想的な髪質へと整えてくれる髪の美容液を紹介していきます。自分に適した美容液を使って、傷んだ髪をしっかり整えると、毎日のヘアセットも快適に行うことができますよ。

詳しく

頭皮乾燥におすすめのローション15選*人気商品を比較

毎日清潔にしているはずなのに、なぜかかゆみやフケが目立ってしまう。それは頭皮の乾燥が原因かもしれません。フケは頭皮の角質が剥がれ落ちたものですが、通常はシャンプー時に流れ落ちます。でも、乾燥などが原因でターンオーバーが乱れるとフケが増えてしまうことがあります。そうならないためにも早めのケアが必要です。 そこで今回は、頭皮の乾燥が気になる方におすすめのローションをご紹介します。その他、正しいシャンプーの仕方など、乾燥対策のためにできることなどもまとめていますので、乾燥が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

おすすめの人気ヘアマスク*使い方や効果も紹介

髪は日々のドライヤーのほか、紫外線などによりキューティクルがはがれてパサパサになることがあります。また、カラーリングやパーマなどはもちろん、洗浄力の強いシャンプーも髪が傷む原因に。気をつけているつもりでも少しずつ髪は傷み、乾燥すると枝毛や切れ毛などの原因にもなります。ひどくなる前にヘアマスクを使用してみるのもおすすめ。今回は数ある商品の中からおすすめのヘアマスクを人気紹介します。使い方や効果も解説していますので、ヘアマスクを使ったことがない人もぜひ参考にしてみてください。ぜひ自分に合うヘアマスクを探してみましょう。

詳しく

おすすめのヘアミルク15選|うるツヤの髪を目指せ☆人気商品を比較

ダメージ髪のケアやスタイリングまでできるヘアミルク。洗い流さないトリートメントとして使えるアイテムのため、濡れた髪につけて乾かせば保湿効果も高まり、うるツヤの髪を目指せるのが特徴です。ヘアミルクはサロン仕様のタイプからプチプラの商品まであるため、どれを選べばよいか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのヘアミルクをピックアップして紹介します。口コミも参考に使用感、仕上がり、香りなどもチェックして厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。ヘアミルクの選び方、効果的な使い方も紹介しています。

詳しく

髪の毛の保湿におすすめの人気アイテム15選

うるおいのあるまとまった髪には誰しもが憧れますよね。でも、夏は紫外線のダメージ、冬は乾燥によるダメージ。その他にも髪の毛は1年中外部刺激からのダメージを受けています。そのような刺激により髪の毛が痛むと、切れ毛になったり枝毛になったりしてしまいます。そこから髪の表面をカバーしているキューティクルがはがれ、髪の毛の乾燥につながります。 今回はそんな髪の毛に保湿を与えるアイテムを15選ご紹介します。毎日の洗髪に使えるアイテムや、髪のスタイリングの時に気軽に使えるアイテムなどさまざまです。髪の保湿が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

カラーワックスのおすすめ15選*人気商品をご紹介

手軽に髪の毛の色を変えて気分を上げたい、イベントを楽しみたい、という人におすすめなのがカラーワックスです。髪染めより手軽で、スタイリングの要領で髪を着色することが出来ることからカラーワックスは人気のファッションアイテムとなっています。1日だけ染めることが出来たり、部分的にアクセントとして髪の毛を着色することができるのもカラーワックスのメリットとなっています。 今回はカラーワックスの使い方や選び方と一緒におすすめのカラーワックスも紹介している記事を作成してみました。手軽に髪を染めてみたい人、カラーワックスを探している人はチェックしてみてください。

詳しく

おすすめヘアカラー☆人気15選を紹介

季節の変わり目には、ヘアカラーでイメージチェンジをしてみるのはいかがでしょうか。特に春は、出会いの季節でもあり、髪の毛をカットしなくてもヘアカラーをするだけでも印象が変わって見えます。新たな自分を印象付ける事もできるヘアカラーは、乳液タイプや泡タイプなど様々なヘアカラーがあり、イベントなど1日だけ印象を変えたい時に使えるヘアカラーもあります。ヘアカラー後、髪を保護して保湿を与えてくれる美容液が付いている髪にやさしいヘアカラーもあり、ツヤのある潤った髪に整えてくれます。今回はそんなおすすめヘアカラーの人気15選を紹介します。

詳しく

ヘアカラーおすすめ15選!話題のオーダーメイドヘアカラーも

ヘアカラーには、お洒落染めを楽しみたい方や白髪染めをしたい方など様々な目的の方がいます。そのため商品も多種多様あり、泡タイプやクリームタイプなど形状の違う商品も沢山お店に並んでいますよね。 自分にはどんな色が似合うのか、いつもはサロンで染めているけど手軽に自宅でセルフヘアカラーをしてみたいけど何を選べばよいのかわからない、という方もいるのではないでしょうか。 今回はセルフヘアカラーでありながらオーダーメイドという話題の商品から、定番の人気ヘアカラー商品までをまとめてみました。自宅で手軽にヘアカラーを試してみたいという方は参考にしてください。

詳しく

人気のコテ おすすめ15選!初心者でもヘアアレンジを自由に

さらさらストレートヘアも良いけれど、たまには、内巻きワンカールなど流行りのふんわりスタイルも楽しみたいものです。コテは今どき女子の必須アイテム。自宅で手軽に、ゆるふわ巻や波ウェーブ、内巻きボブなどにアレンジすることができます。慣れないうちは、アレンジに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてくれば朝の忙しい時間でも簡単に作ることができるようになります。今回は、人気のカールアイロンをおすすめ15選ご紹介しています。 初心者でも使いやすいコテの選び方や髪ダメージについても確認しながら、自分に合ったコテを選び、ヘアアレンジをもっと楽しみましょう。

詳しく

人気のヘアアイロン!おすすめランキング5選

美しいヘアスタイルは美人の条件のひとつ。美人で髪の毛がボサボサって人はいませんよね。毎朝ヘアスタイルが上手く決まらずに困っている方、その日の気分やファッションに合わせてストレートにしたりカールにしたり、色々楽しみたい方も多いでしょう。様々なヘアスタイルを手軽に楽しめるのがヘアアイロンです。ヘアアイロンがあれば、ストレートもカールも思いのまま、最近のヘアアイロンは機能性が高く、縮毛矯正級の美ストレートを手に入れることができるんです。 今回は、ヘアアイロンの種類や髪ダメージについて、そして、人気のヘアアイロンをランキング形式でご紹介します。おすすめのヘアアイロンを取り入れて、髪型美人になりませんか?

詳しく

人気のストレートアイロン!おすすめ15選

くせ毛やうねりなど、ヘアスタイルが決まらない日は、一日中気分が上がらないものです。そんな悩みを解決してくれるのが、加熱したプレートに髪の毛を挟むことでクセを伸ばしストレートに仕上げてくれる、お洒落女子に大人気のストレートアイロンです。ストレートアイロンを使えば、美容院で縮毛矯正をかけなくても、毎日のスタイリングで艶のあるストレートヘアに。最近のストレートアイロンはヘアケア機能付きだから、ダメージを気にせず安心して使用できます。 今回は、ストレートアイロンの種類や選び方、そして、おすすめ商品を15選ご紹介します。痛みが気になってアイロンを敬遠していた方も、この機会にお試しください。

詳しく

人気のドライヤー!おすすめ15選 艶髪を手に入れよう

髪を洗ったあとや髪をセットするときなど、ドライヤーは毎日使うものですよね。しかし、家庭でドライヤーを使うと美容室のように髪がサラサラにならない、髪が乾くのが遅い、髪が傷みやすいなど、ドライヤーに対する悩みもでてきます。そんな方のために最近はドライヤーでヘアケアができる商品もたくさん。しかし、実際にドライヤーを購入しようと思っても、どの商品が良いのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は今人気のおすすめドライヤーをご紹介していきます。ドライヤーは毎日使うものなので、髪に良い商品を使うのがおすすめ。ドライヤーでヘアケアをして、艶があるサラサラの美しい髪を手に入れましょう。

ピックアップ記事

運営会社