おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【沖縄】「おきなわワールド」で歴史と伝統文化を満喫しよう(割引あり)

【沖縄】「おきなわワールド」で歴史と伝統文化を満喫しよう(割引あり)

https://asoview-trip.com

那覇空港から車で30分の所にあるおきなわワールドは、沖縄の魅力がぐっと詰まった、沖縄屈指の観光地です。
施設内には珊瑚礁から生まれた鍾乳洞や、ドキドキの体験が待ち受けるハブのショー、沖縄の伝統工芸に触れて体験できる工房や伝統芸能エイサーを鑑賞したり、琉球の歴史について知識を深める博物館など、さまざまな沖縄体験ができるところがいっぱいあります。中でも、琉球の城下町を思わせる古民家で沖縄の伝統工芸を体験できる数多くの工房は、普段はなかなか目にすることができない職人の技を間近で見ることができると人気です。ここでは、そんなおきなわワールドの魅力をお伝えします。

広告

おきなわワールドの紹介①獅子吼乃塔

A post shared by SS-Han Liao (@s.h.liao_0717) on

おきなわワールドの入口をくぐってすぐに見えるモニュメントが、獅子吼乃塔です。沖縄初の有料観光施設として開園されてから40周年を記念して建立されたモニュメントです。中央1体は壺屋焼のシーサー、色鮮やかな1対は唐三彩と呼ばれる陶器の獅子、玉石鶏血石で作られた1対の5体で形成され、邪気を祓って多くの福を招きいれ、世界平和の願いが込められています。また人気の撮影スポットでもあります。

おきなわワールド

沖縄県南城市玉城字前川1336番地
098-949-7421
9:00~18:00(最終受付17:00)
年中無休
料金:大人1650円、小人830円
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

おきなわワールドの紹介②鍾乳洞・玉泉堂

https://asoview-trip.com

全長5000m、鍾乳石の数100万本以上と、国内最大級の鍾乳洞が玉泉堂です、30万年という年月をかけて作られたこの鍾乳洞は、1967年、愛媛大学学術探検部調査隊の山内浩教授により、最初の調査・探検が行われました。このおきなわワールドでは、890mが公開されており、その美しい自然の営みを堪能できます。林立した石筍が見事な東洋一洞など、見所満載の鍾乳洞です。

おきなわワールドの紹介③ハブ博物公園

https://asoview-trip.com

沖縄のハブ被害の減少の想いのもと、ハブの研究施設が作られ、そこから派生したのがハブ博物公園です。ハブについてのさまざまな資料が展示されているハブ資料館を始め、ハブやゾウガメなどの爬虫類が展示されている屋外生体展示場などがあります。特におすすめなのが、ハブやコブラ、マングースなどの生き物たちが繰り広げるハブのショーは、ドキドキと笑いが満載で大人気のイベント。1日5回、公演されています。

おきなわワールドの紹介④琉球王国城下町

https://asoview-trip.com

国の有形文化財に登録された、沖縄の旧民家4棟とフール1基が移築され、昔の沖縄の街並みが再現された琉球王国城下町。明治後期30年頃から昭和初期にかけて建造された建物には、太平洋戦争の戦禍をくぐり抜け奇跡的に残ったものもあり、銃弾や刀傷が残っている建物もあります。この旧民家を含むこの琉球王国城下町では、沖縄の伝統文化・工芸を体験できるさまざまな工房があります。

おきなわワールドの紹介⑤王国歴史博物館

A post shared by yasuyo (@yasuyo_ema) on

琉球王国の歴史や自然、文化などに触れることができるのが、王国博物館です。琉球国時代の歴史や沖縄の歴史に関する資料や、沖縄の自然に関するものなどが多数展示されています。また、こちらの施設には、世界のシーサーコレクションがあり、沖縄のシーサーを始め、中国や台湾、インドネシアなど、アジア各国の獅子約300点が集められており、その様は圧巻です。常設展示のほかにも、企画展なども行われています。

おきなわワールドの紹介⑥スーパーエイサー

https://asoview-trip.com

沖縄の旧盆に踊られる、盆踊りの一種でもあるエイサー。そのエイサーにアレンジを加えたショーを、おきなわワールドでは連日見られます。太鼓に合わせ、大きく回転しながらジャンプするパフォーマンスのスーパーエイサーや、獅子舞、アンガマや四つ竹などの、沖縄伝統芸能を披露するのは、真南風(まふぇかじ)。その迫力のパフォーマンスに、興奮度が高まります。

広告

おきなわワールドの紹介⑦琉球ガラス王国工房

戦後、アメリカ人が持ち込んだコーラの空き瓶などを再利用として始まった琉球ガラスは、沖縄のお土産としても人気があります。その琉球ガラスの制作現場を見て、体験できるのが、琉球ガラス王国工房です。溶解窯から溶けたガラスを巻き取ったり、道具を使って仕上げていく様など、職人の技を身近で見られます。また、制作体験として、一輪挿しやシーサーグラス、ジェルキャンドルなどを作ることができます。

おきなわワールドの紹介⑧紅型工房

https://asoview-trip.com

琉球王国城下町の旧民家喜屋武家に、紅型が体験できる紅型工房があります。紅型は、500年の歴史がある沖縄の伝統的な染色です。東南アジアや日本などの影響を受け、沖縄の自然や風土を取り入れた染色は、色鮮やかでカラフルに仕上がります。この紅型工房では、コースターやティーマット、手提げバッグなど、世界でただ一つだけのオリジナルグッズを作ることができます。

おきなわワールドの紹介⑨紙すき工房

http://okinawaworldnews.ti-da.net

旧田場家にある紙すき工房では、琉球和紙の制作をしています。琉球和紙は、沖縄の植物を材料にし、沖縄の太陽の元で天日干しにして作られた、優しい風合いと質感を楽しめる和紙です。こちらでは、はがきやしおりのほか、しっくいのシーサーに色つけをしたり、勾玉作りの制作体験ができます。また紙すき工房にはマスコットでもある県の指定天然記念物、琉球犬の海くんもいます。

おきなわワールド

沖縄県南城市玉城字前川1336番地
098-949-7421
9:00~18:00(最終受付17:00)
年中無休
料金:大人1650円、小人830円
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

おきなわワールドの紹介⑩熱帯フルーツ園

A post shared by koichi ida (@koichi_0613) on

亜熱帯地域である沖縄県では、南国フルーツを楽しめます。熱帯フルーツ園では、パイナップルやマンゴー、パパイヤなどの南国フルーツ約100種類、450本の熱帯果樹が栽培されており、季節によって珍しい花や果実をすぐそばで見られます。また、沖縄県産のパイナップルやトロピカルフルーツやジュース、ヤシの実ジュースを堪能できるパーラーもあります。

おきなわワールドの紹介⑪健食バイキングちゅら島

広告

A post shared by Kana (@kanahawaiian) on

健食バイキングちゅら島では、沖縄ならではの島野菜やハーブ、魚介類など、新鮮な沖縄食材にこだわった料理をバイキングで味わうことができます。からだと心に優しいをコンセプトにしたヘルシーな料理は常時80種類以上揃い、好みの料理を好きなだけ食べられます。また、小さな子どもがいても安心して食事ができる、キッズルームやお座敷もあるので、ゆったりと寛ぎながら堪能できます。

おきなわワールドの紹介⑫沖縄そば自慢 なんと屋

A post shared by Gary (@jw90145) on

沖縄そば自慢 なんと屋は、おきなわワールド内で沖縄そばを堪能できるお店です。小麦粉だけで作られた麺と鰹ダシのスープ、豚バラの三枚肉やかまぼこ、ネギといった伝統的な沖縄そばのほかに、ソーキそばやアグー豚を使った豚丼など、沖縄ならではのメニューを味わえます。THE沖縄を味わいたい時やがっつり食べたいランチタイム、小腹がすいた時にもおすすめのお店です。

おきなわワールドの紹介⑬ブクブクー茶屋

赤瓦の屋根が目印のブクブクー茶屋は、琉球王国城下町にあり、沖縄の旧民家の風景を眺めながらゆったりとくつろげるお店です。大きな茶筅でソフトクリームのように泡立てたお茶を飲むことからついたブクブクー茶は、沖縄独特のお茶で、作法なども特になく、気軽に飲めるお茶です。赤瓦の古民家の客間で、沖縄のお菓子と共にブクブクー茶を飲みながら、休憩するのもいいですね。

おきなわワールドの紹介⑭おみやげ専門店街

A post shared by 冰淇淋 (@iceiceming) on

沖縄のお土産を買うなら、おみやげ専門店街に行ってみるのはどうでしょう。沖縄でも最大級の広さを誇り、沖縄銘菓のちんすこうやサーターアンダギーなどのお菓子から、島ぞうりやかりゆしウェア、琉球ガラスなどのファッションや小物雑貨まで、さまざまな沖縄名物が勢揃いしています。大切な人にも、会社や学校へのお土産にもぴったりなお土産品が見つかります。

おきなわワールドの紹介⑮南都酒造所

A post shared by Mihko Aoki (@kenziroomihoko) on

南城市の地ビール「ニヘデビール」を醸造している南都酒造所直営のお店です。酵母入り生ビールのニヘデビールは、風味豊かで香りも旨味も楽しめます。また、泡盛ベースの果実系ハーブのハブ酒は、水だけで100日は生きると言われているハブの生命力を包み込み、体に優しくおいしいリキュールで人気のお土産品。自宅でも沖縄の味を堪能できる逸品です。

おきなわワールドへのアクセス情報

<車でお越しの方>
那覇空港から約30分、沖縄自動車道南風原南ICから約10分

<公共交通機関でお越しの方>
那覇市バスターミナル琉球バス系統54番前川線・83番玉泉堂線から玉泉堂前バス停下車

おきなわワールド

沖縄県南城市玉城字前川1336番地
098-949-7421
9:00~18:00(最終受付17:00)
年中無休
料金:大人1650円、小人830円
http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

■沖縄に関するおすすめ

詳しく

【沖縄】国頭周辺の遊び場予約はココから!おすすめレジャースポット10選(割引あり)

本島北部(名護・美ら海) - 観光

沖縄最北端の国頭村はその面積の80%が森林で、ヤンバルクイナを始め、ヤンバルテナガネコやノグチゲラと言った天然記念物が生息しています。また亜熱帯の植物が多く生える森林やその中を流れる川、更に透明度の高い海など、美しい自然に恵まれた地域で、マングローブの森・辺戸岬・大石林山などが人気の観光地となっています。また特産品を扱う、道の駅ゆいゆい国頭も沢山の人が訪れます。 今回はそんな沖縄の壮大な美しさを持つ自然の中で体験できるアクティビティを紹介していきます。小さい子供や初心者でも取り組める物から上級者向けの物まであるうえ、他の地域では体験できないものばかりなので、ツアーに参加して特別な時間を満喫してくださいね。

詳しく

【沖縄】糸満周辺の遊び場予約はココから!おすすめレジャースポット5選(割引あり)

本島南部(糸満・知念) - 観光

沖縄南部に位置する糸満市(いとまんし)は、海や川、畑など昔ながらの美しい景色が現代に残るエリアです。平和祈念公園やひめゆりの塔などの定番の観光スポットのほか、マリンスポーツも種類豊富で、透明度が高い沖縄の海を気軽に満喫できるのが特徴。なかでも日本初のマリンアクティビティ「ウォーターバード」はおすすめで、泳げない方や小さい子供でも気軽に海の中に潜って海の生き物を観察できます。ほかにも「シュノーケリング」や「パラセーリング」など、仲間やファミリーで遊べるレジャースポットをピックアップしましたので、ぜひ沖縄旅行の参考にしてみてくださいね。

詳しく

【那覇】石垣牛やあぐー豚、やんばる地鶏など沖縄ブランド肉を堪能できるお店5選

那覇 - グルメ

那覇には、おいしい沖縄の地元ブランド肉が食べられる店がたくさんあります。南の島のミネラルを豊富に含んだ土壌や、照り付けた日差しを受ける草地で、温暖な気候のもとのびのびと育った石垣牛やあぐー豚、やんばる地鶏等は、どれも安定したおいしさだけでなく、安全性も高い食材です。そうした食材の旨味を生かすために調理法はシンプルなものが多く、オリジナルのソースやタレ等でそのお店の個性を出しています。沖縄野菜と共に食べて、沖縄の味をより楽しんでください。隠れ家的なお店や大勢でわいわい楽しめるお店まで、那覇にある沖縄のブランド肉がおいしいお店をご紹介します。

広告

沖縄県のレンタカーを検索する

出発
出発日
返却
返却日
車種
円 〜
喫煙/禁煙
AT/MT
検索方法
オプション

子供用シート

那覇空港のレンタカーに関連する観光情報

  • 【沖縄】「おきなわワールド」で歴史と伝統文化を満喫しよう(割引あり)

    本島南部(糸満・知念) - 観光

    那覇空港から車で30分の所にあるおきなわワールドは、沖縄の魅力がぐっと詰まった、沖縄屈指の観光地です。 施設内には珊瑚礁から生まれた鍾乳洞や、ドキドキの体験が待ち受けるハブのショー、沖縄の伝統工芸に触れて体験できる工房や伝統芸能エイサーを鑑賞したり、琉球の歴史について知識を深める博物館など、さまざまな沖縄体験ができるところがいっぱいあります。中でも、琉球の城下町を思わせる古民家で沖縄の伝統工芸を体験できる数多くの工房は、普段はなかなか目にすることができない職人の技を間近で見ることができると人気です。ここでは、そんなおきなわワールドの魅力をお伝えします。

  • 【沖縄】平和への願いを胸に平和祈念公園と本島南部をめぐる旅

    本島南部(糸満・知念) - 観光

    美しい大自然と美味しいお料理、世界遺産、ゆったり穏やかな沖縄の地は国内外からの観光客で賑わっています。沖縄の文化は、中国・アメリカ・そして日本文化の融合で独自の文化を持っていますが、それまでの歴史を紐解くととてもつらい現実がみえてきます。第二次世界大戦・太平洋戦争で沖縄が地上戦の地となり、大多数の住民が犠牲となり築き上げた沖縄の街も一変させてしまいました。そこから現在まで、復興し、また美しい沖縄を取り戻し、同じ過ちを犯さぬよう世界の恒久平和を願い、後世に想いを伝えようと沢山の慰霊碑・資料館などが建てられました。日本や世界の人々に「沖縄のこころ」・歴史が伝わる、おすすめの地を取り上げてみました。

那覇空港の観光情報をもっと見る

那覇空港のレンタカーに関連する交通情報

  • 那覇空港の基本情報から楽しみ方までを徹底解説!

    那覇 - 空港

    那覇空港は、コンパクトながら沖縄らしい魅力の溢れる空港です。那覇市から西南西に約6kmの位置にあり、一大リゾート地である沖縄へ全国から訪れる人々を迎えています。さらに、国内だけでなく近隣のアジア諸国にも就航している国際空港でもあります。 そんな那覇空港は、日本の南端の玄関口として、また観光地としても年々需要が高まっています。そのため、特に観光シーズンには混雑や便数不足が問題になっていますが、対策として2014年より2本目の滑走路の建設が始まりました。国際線ターミナルもリニューアルしたうえ、今後もさらに使いやすい空港を目指して整備が続けられています。 こちらの記事では、観光や仕事で那覇空港を訪れる人のために、アクセス情報やターミナル案内などをまとめました。ぜひ、スムーズな沖縄滞在を実現させるための参考にしてください。

  • 【那覇空港】新ラウンジオープン! ラウンジの場所や使い方、サービス情報を徹底解説!

    那覇 - 空港

    那覇空港は、沖縄の空の玄関口として国内各地と結ばれています。沖縄本島への観光はもちろん、周辺の宮古島や石垣島などへ行く際の乗り換えに利用されることも多いです。また、国際線は中国や台湾などアジアの国々にも就航しており、日本の最西端の入り口としての顔も持っています。 そんな那覇空港にあるラウンジは、数は少ないながら沖縄の特色を生かした作りと沖縄の名産品や食べ物、飲み物等が充実しています。そのため、空港全体に流れる南国リゾートのイメージと合わせて、搭乗の直前まで沖縄を堪能することができるのが特色です。 こちらの記事では、那覇空港のラウンジの種類や利用方法、サービス内容までまとめています。誰でも使える有料ラウンジの情報もありますので、沖縄旅行の際にはぜひご活用ください。

那覇空港の交通情報をもっと見る
運営会社