広告

久留米のペット火葬・葬儀| おすすめの火葬・葬儀会社6選

久留米で猫、犬、ハムスター、うさぎ、インコなどの大型~小動物まで幅広く扱っているペット火葬・ペット葬儀社をご紹介します。今回は、久留米にある2件と久留米でサービスをおこなっている2件のおすすめ火葬・葬儀会社について、それぞれの特徴をわかりやすくまとめました。愛するペットとのお別れの時を飼い主さんが後悔することのないように、いろいろな方面から検討することが大切です。以前に利用した方からの口コミ評価や「安い・高い」または「わかりやすいかどうか」といった費用面、火葬の方法、ペット霊園の有無など、葬儀会社を選ぶ際に気になるポイントを押さえているので、ぜひ参考にしてください。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ペットが亡くなってしまったらするべきこと

長年愛するペットの死は突然やってくるものですが、亡くなってしまったら何をすれば良いかを把握している人は少ないです。自分で埋葬・火葬することも含めてどのようにしたら良いかを簡単に説明します。うっかり自分で火葬してしまうと、知らないうちに法律に触れることをしてしまっている可能性が大きいです。また、亡くなってしまった後に遺体をしっかりとケアしてあげることも大事です。亡くなって間もないですが、しっかりとやることを把握し綺麗な姿で愛するペットを天国に送り出してあげましょう。

遺体を清める

ペットが亡くなって最初にすることは、遺体を清めること。毛布やタオルなどを敷いて、その上に寝かせ、まぶたをそっと閉じてあげましょう。次に、手足を胸のところで折り曲げて、寝ている格好のようにしてください。ここで注意したいのが、硬直する前に行うことです。硬直して手足が突っ張った後では、棺に入れられなくなる場合もあるので気をつけたいところ。そして、ガーゼやタオルをぬるいお湯でぬらして、遺体を拭いてあげます。また、亡くなった後で、口や肛門から、体液や汚物が出ることもあります。そんな時は、ガーゼなどで拭き取りましょう。その他、遺体から体液がしみ出てくる可能性もあるので、毛布の下にビニールを敷いておくといいでしょう。

安置する

遺体を清めたら、今度は安置します。まず初めに、遺体が入るサイズの箱や段ボール箱を用意します。そして、遺体を清めた際に敷いていた毛布やタオルごと箱の中に入れて、寝かせてあげましょう。気をつけたいポイントは遺体の傷み。直射日光が当たると傷みを早めてしまうため、風通しのいい場所を選んで置くこと。その場合、保冷剤などを使って、腹部や頭部にあてておきましょう。凍らせたペットボトルでも代用できます。特に腸は傷みやすい部位なので、重点的に冷やしてあげるといいでしょう。気温が高い季節には、クーラーをつけた部屋に安置しておくのもおすすめ。また、安置が長時間に及ぶ時には、遺体全体をタオルなどでくるんでおくと、保冷の効果が持続します。

ご自身で埋葬、または火葬業者へ連絡する

ペットが亡くなったら、そのままの姿で、ペットとの思い出がある場所に埋葬してあげたいところ。しかし、違法行為にあたる場合もあるので気をつける必要があります。自宅の庭といった私有地であれば問題ありませんが、公園や河川敷などに埋葬すると、不法投棄と見なされることがあります。また、自分で犬を火葬するのも違法となるので行ってはいけません。もし火葬を希望する場合は、専門業者に依頼しましょう。犬が亡くなったら、まず遺体を保冷・安置してから、業者に連絡して火葬日を予約します。予約当日には、業者が自宅を訪問して、お別れのセレモニーなどをしてから火葬を行います。個別火葬であれば、遺骨を自宅に持ち帰ることも可能です。

ペットの火葬の種類

ペット火葬にはプランが複数あります。ざっくりと分けると、「どの程度の葬儀を行うか」で区別されます。ペットの葬儀も人の葬儀と同じように、出棺・火葬・お骨拾い(骨上げ)・納骨・法要が行われます。どこまで飼い主が立ち会うか、返骨は必要か、どこで火葬を行うのかなど、ご家庭に合ったプランを選びましょう。

合同火葬

合同葬儀は、ほかのペットと一緒に火葬を行うプランです。このプランでは、いっしょに火葬されたペットたちと一緒に合同墓地に埋葬されます。
飼い主は遺体を火葬業者に引き渡すところでお別れとなり、お骨も戻ってくることはありません。そのため比較的リーズナブルに火葬を行うことができます。火葬に立ち会う時間がない場合や、返骨を希望しない方にもおすすめです。

個別火葬

個別火葬は1頭ずつ個別に火葬してもらうプランです。飼い主は遺体引き渡しの後、火葬に立ち会うことはできません。
その後は業者スタッフに一任して火葬・お骨拾いを行ってもらい、数日後にお骨を返してもらうことができます。火葬に立ち会えないが、返骨はしてほしい人におすすめのプランです。

立ち会い火葬

このプランでは飼い主が火葬に立ち会い、お骨拾いまで行うことができます。人間の葬儀の形式に最も近く、より手厚くペットを送ることができます。
家族でしっかりと供養をしてあげたい人におすすめです。立ち会い葬儀の場合は、他のプランと比べて費用が高くなります。また、読経や祭壇の有無などによっても金額が変動します。

訪問葬儀

火葬車が自宅、もしくは指定の場所に訪問し、安全な場所で火葬を行うプランです。「出張火葬」と呼ばれる場合もあります。
霊園や火葬場に行けない場合でも、立ち合いやお骨拾いをすることが可能です。火葬車はワゴン型もしくはバン型で、名前などの明記がないので目立つことはありません。
24時間受付している会社もあり、夜間や急ぎの場合にも対応してもらえます。ただし、天候によっては火葬が行えない場合もあるので理解しておきましょう。費用としては個別火葬と近い額となります。

ペット火葬の費用相場

ペット火葬費用の決めるポイントは、一般的にペットのサイズ・体重・火葬方法によって設定されています。

体重 合同火葬 個別火葬 立会火葬 訪問火葬
~2kg 12,000円 17,000円 19,000円 15,000円
~5kg 16,000円 21,000円 23,000円 18,000円
~10kg 20,000円 25,000円 27,000円 22,000円
~25kg 30,000円 35,000円 37,000円 32,000円
~40kg 40,000円 45,000円 47,000円 42,000円

2kgまでの小動物の場合

小鳥やハムスター、モルモットなどの小動物もペット火葬が可能です。両生類や爬虫類、魚、昆虫を受け付けている業者もあります。
ただし火葬炉の性能によっては、小型サイズの生き物の遺骨は残らない場合がありますので、事前に業者に確認するようにしましょう。
・合同火葬で12,000円〜
・個別火葬で17,000円〜
・立会火葬で19,000円〜
・訪問火葬で15,000円〜

5kgまでの動物の場合

猫やうさぎ、小型犬のなかでも小柄なチワワやトイプードルなどの犬種が当てはまります。
・合同火葬で16,000円〜
・個別火葬で21,000円〜
・立会火葬で23,000円〜
・訪問火葬で18,000円〜

10kgまでの動物の場合

コーギーやミニチュアダックスフンド、ビーグルなどの小型犬などが該当します。
・20,000円〜
・個別火葬で25,000円〜
・立会火葬で27,000円〜
・訪問火葬で22,000円〜

10~25kgの動物の場合

柴犬やフレンチブルドッグ、ダルメシアンなどの中型犬などが該当します。
・合同火葬で30,000円〜
・個別火葬で35,000円〜
・立会火葬で37,000円〜
・訪問火葬で32,000円〜

25~40kgの動物の場合

ラブラドールレトリーバーや秋田犬、ハスキーなどの大型犬などが該当します。
大型のペットの場合、火葬車では対応できない場合もあります。訪問火葬を選びたい場合は一度問い合わせをしておきましょう。
・合同火葬で40,000円〜
・個別火葬で45,000円〜
・立会火葬で47,000円〜
・訪問火葬で42,000円〜

ペット火葬(葬儀)の流れ

大事なペットが亡くなった時はとてもつらいですが、同時にお別れの準備も進めていかなければなくてはいけません。
大事な家族をしっかりと供養してあげられるように、ペット火葬を行う際の流れを知っておきましょう。

久留米でおすすめのペット火葬・葬儀会社をご紹介

ペット葬儀110番

東証上場企業が運営している信頼度の高いペット葬儀サービス。24時間365日受付しており、専門の相談員が豊富な知識を生かして親切・丁寧に応対してくれます。プランは「霊園供養プラン」「個別一任プラン」「家族立ち合いプラン」の3種類。霊園供養は合同火葬、それ以外は専用のセレモニーカーにて火葬を行います。火葬はロゴなどが入らない専用のセレモニーカーで自宅まで来てくれるので、近所の目を気にする必要もありません。ペット葬儀はハムスターのような小動物にも対応しており、深夜や早朝の火葬も可能。また生前見積もりでもしもの時に備えることもできます。

ペット葬儀110番

全国各地に営業所あり
0120-673-025
年中無休・24時間受付 / 対応エリア:全国各地/対応ペット:犬、猫、ハムスター・フェレットなどの小動物等、その他問い合わせ

広告

■つつじ動物霊園

「つつじ動物霊園」には、園舎に併設された火葬場があり、飼い主さんの立会いのもとにお別れをおこない、個別火葬でお見送りをします。お子様や他のペットを連れての見送りもできるので、家族全員でお別れの場に立ち会えます。もちろん、立ち会えない場合もスタッフが丁寧に弔ってくれるので安心。「負担が少なく、誰でも葬儀に出せる料金を」とのことで、料金もかなり抑えているのがポイントです。「過剰なサービスや営業がなく、安心しておすすめできる」と、利用者さんからの口コミ評価も高く、正源寺付属のお寺ということで信頼性も抜群です。

つつじ動物霊園

福岡県久留米市野中町30
0120-134-888、0942-43-4949
電話受付24時間 / 対応ペット:犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、小鳥、その他問い合わせ

■久留米ペット霊園 秋光の園

「久留米ペット霊園 秋光の園」は、市の中心部から程近く、自然が多い環境の良さもポイントとなっています。電話受付は24時間365日対応しているので、安心。すべてが個別火葬となっており、スタッフに一任する「一任火葬」か家族が立ち会う「立会い火葬」かを選ぶことができます(どちらも同費用)。納骨は「個別個室納骨」「個別共同棚納骨」「合同納骨」の3タイプあり、遺骨を持ち帰ることも可能です。納骨堂は大変明るく清潔感があり、気持ち良くお参りできます。他にも、待合室や50台駐車可能な駐車場など設備が整っています。

久留米ペット霊園 秋光の園

福岡県久留米市高良内町釜口4069-1
0942-51-8889
開園時間 9:00 ~ 18:30 / 対応ペット:犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、小鳥、その他問い合わせ

福岡県久留米市へお迎え&訪問できるペット葬儀社

■ペトリィ 小さな家族のセレモニー

「ペトリィ 小さな家族のセレモニー」は、一部地域を除き、全国のエリアに対応しているペット葬儀会社です。もちろん、久留米市にも対応しており、安心してサービスを受けられます。顧客満足度は96%と高く、口コミ評価の高さからしても安心しておすすめできる会社です。24時間365日、全国から電話で受け付け対応しており、ペット葬儀の専門員がしっかり相談に乗ってくれるので、不安な方も安心です。場合によっては当日葬儀も可能で、見積もりも無料でおこなってくれます。合同火葬からセレモニー火葬まで4つのプランがあり、希望にあわせて選べます。クレジットカードも利用できます。

ペトリィ 小さな家族のセレモニー

愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1−1 JPタワー名古屋19F
0120-450-362
電話受付:24時間対応 / 対応ペット:犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、小鳥、その他問い合わせ

■ジャパンペットセレモニー

広告

「ジャパンペットセレモニー」は、全国30都道府県24時間365日対応しているペット火葬・葬儀会社。福岡県にも対応しています。「お引取り供養プラン」「一任個別火葬プラン」「立会い個別火葬プラン」の3つが用意されており、飼い主さんの要望や予算に合わせて選択できます。「個別火葬プラン」の2つは、希望の時間に訪問火葬車にて自宅に伺い、自宅もしくは近隣の迷惑にならない場所で火葬。「お引取り供養プラン」の場合は、スタッフがご遺体を引き取って丁寧に火葬後、提携寺院または霊園の合同供養塔に埋葬となります。プラン別に料金も明確に提示されており、安心できます。

ジャパンペットセレモニー

東京都世田谷区上馬4-30-1
0120-963-940
対応エリア:北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県 / 対応ペット:犬、猫、うさぎ、ハムスター、フェレット、小鳥、その他問い合わせ

ペットを火葬するときに注意しておきたいこと

ペットを火葬する時に、考えておきたいことや注意したいことがあります。
愛するペットが安らかに眠れるように、安置や棺の中身に気を配ってあげましょう。また、火葬の日取りやその後の供養についても少しずつ考えていきましょう。市町村にペット登録している場合は死亡届の提出が必要です。

遺体の状態が悪くならないように気を配る

死後すぐに死後硬直がはじまってしまうので、まずはまぶたや口を閉じて、リラックスしている状態のように体を丸めた体勢に整えてあげます。遺体は箱などに入れて安置しておきましょう。タオルやペットシーツなどを敷き、保冷剤をお腹の近くに入れてあげます。
なるべく直射日光などが当たらない涼しい場所に安置してあげましょう。出血や体液が出る場合にはガーゼなどで押さえて適宜交換をします。ブラシなどで毛並みを整えたり、体の汚れをふき取ってきれいな状態にしてあげましょう。

ペットのお葬式も日取りを見る

「葬式をしない日」があるのをご存知でしょうか?カレンダーに書かれていることがある六曜で「友引」に当たる日は、一般的に葬儀や火葬を行いません。(お通夜は執り行う場合があります)これは、友引の日に葬儀をすると「冥途に引き寄せられる」と言われているためです。
これはあくまで人の葬儀の場合ではありますが、気になるならばペットの火葬・葬儀でも友引の日は避けておきましょう。

納められるものを確認する

ペットの火葬を行う場合、棺に入れることができるものが決まっている場合がありますので業者に確認をとっておきましょう。多くの業者はお花や少量のおやつ、少しの写真など燃え尽きるものであれば入れても大丈夫としています。
一方で棺に入れられないものの代表として首輪や服が挙げられます。首輪や服は、材質やパーツが燃え尽きない場合があるためです。棺にいれず、思い出として残しておきましょう。

火葬後の供養先を考える

ペットの位牌やメモリアルグッズを作成するケースも増えています。今後どのように亡くなったペットを供養するのかも考えていきましょう。
返骨されたお骨をどのように扱うかも考える必要があります。骨壺ごと飾っておくのか、自宅の庭に埋葬するのか、ペット霊園へ持っていくのかなど選択肢が複数あります。火葬業者に提携の霊園がある場合もあるので話を聞いてみるのもよいでしょう。

ペット火葬業者の選び方

いっしょに暮したペットとの最期の時間に後悔を残さないように、親切・丁寧に扱ってくれる業者にお願いしたいものです。一方で、ペット火葬・葬儀の業者とのトラブルや悪徳業者の噂を聞くことも少なくありません。慌てて選んだがために良くない業者に当たってしまうことが無いように、慎重に選びましょう。気になることは詳しく話を聞いて、誠実な対応をしてくれる業者を選ぶことが大切です。

プラン・料金の説明が明確になっている

悪徳業者の被害で多いのは「法外な金額の請求をされること」です。電話やインターネットの見積もりから納得して予約をしたにも関わらず、当日になって金額が上乗せされるといったトラブルが散見されます。こういった業者を選ばないためにも、書面などで明確な見積もりを出してもらうことが大切です。不明な点があればこの時点で質問をし、納得するよう打ち合わせを行いましょう。
また、予約時には総額が提示されて、これ以上変動しないことを確認しましょう。また、高額なプランやグッズを無理に押し付けるような業者はおすすめできません。

対応が丁寧な業社を選ぶ

大切なペットとの最期の時間なので、業者の対応で嫌な思いはしたくありません。見積もりや問い合わせの際には担当者の人柄や雰囲気も良く見ておきましょう。
質問への返答の早さや明確さなど、誠実な対応をしてくれる業者を選びましょう。

信用できる業者かどうかを見極める

ホームページや口コミをみて、過去の対応についてリサーチしておきましょう。また、業者の開示している情報も要チェックです。施設の所在地や固定番号が明確になっているか、施設の見学が可能かなどは安心できるひとつの目安になるでしょう。
訪問火葬の場合は、火葬車の設備が整っており構造基準などをクリアしている表記があるかを確認します。また、ペット火葬・葬儀業界の協会や団体も複数存在しています。こうした団体に加盟する際には条件があるので、悪質な業者を避ける一つの指標になるでしょう。

ペット火葬Q&A

  • Q:ペットが亡くなってしまった。今すぐ手配できる業者はある?

    ペットがなくなってから、時間がたつと腐敗してしまうのが心配ですよね。でも心配はいりません。ペット火葬では24時間365日対応している業者が多く、車でご自宅まで来てもらうことができます。火葬炉が積まれている車がある場合が多く、その場で最後までお別れをすることが可能です。

  • Q:マンション、庭がないのですが火葬することはできますか?

    お庭がなくて火葬できない、マンションなどに住んでいるから火葬する場所がないなど心配している方も多いのではないでしょうか。でも、心配は無用です。火葬業者によってですが、車でご自宅までお向かいにいき車内に搭載した火葬炉で火葬してもらうことができます。できるだけ煙や臭いの出ない作りになっているためご近所迷惑にもなりにくいです。それでも心配な方は、自宅から少し移動した場所でも火葬してもらうことができます。

  • Q:火葬にはどのくらい時間を要しますか?

    ペット火葬にかかる時間は、ペットの大きさによって異なります。小動物の場合ですと約30分、猫や小型犬は約45分〜60分かかります。中型犬や大型犬は、60分〜120分かかる場合もあります。同じ種類であっても、体脂肪が多いと火葬時間が早まることもあるようです。

  • Q:料金目安をはどのくらいですか?

    ペット火葬は種類ではなく、重さで料金が決まります。2kgまでのペットは、合同火葬で12,000円〜、個別火葬で17,000円〜、立会火葬で19,000円〜、訪問火葬で15,000円。超5kgまでの場合は、合同火葬で16,000円〜、個別火葬で21,000円〜、立会火葬で23,000円〜、訪問火葬で18,000円。10kgまでの場合は、合同火葬で20,000円〜、個別火葬で25,000円〜、立会火葬で27,000円〜、訪問火葬で22,000円〜がペット火葬費用相場となっています。

  • Q:愛用していたものなど、一緒に火葬できますか?

    大事なペットが生前に一緒に遊んでいたぬいぐるみなどの玩具を一緒に燃やしてあげたいという方もいるかもしれません。おもちゃなど一緒に火葬すると遺骨が黒くなってしまう、黒煙がでてしまうなどがあるためできない場合が多いです。手紙、写真、お洋服などは一緒に火葬できることが多くあります。

まとめ

飼い主にとって、ペットは単なる生き物ではなく、家族と変わらない存在。それだけに、ペットが亡くなった場合には、手厚く見送ってあげたと誰でも思うのではないでしょうか。その点、ここで紹介したペット火葬・葬儀会社は信頼できるところばかりなので、ぜひ参考にしください。

福岡のエリアからペット火葬業者を探す

全国のペット火葬業者を探す

北海道・東北

関東

北陸・中部

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

久留米 ペット火葬に関連する記事

ペット火葬に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社