おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

日本とタイの歴史をたどる旅へ『日タイ修好135周年の歩みとタイの魅力や文化』を紹介

1887年9月26日の「日タイ修好宣言」によって正式に開かれることとなった、日本とタイとの国交。そんな日タイ修好は、なんと今年で135周年を迎えます。これほどの長い歴史を作りあげられたのは、皇室と王室の親密な関係によるものであると言っても過言ではありません。また、政府関係者の往来が頻繁に行われているのも、友好関係を継続できている理由のひとつです。 日本とタイの間にはこれほどの交流があるのですが、その関係についてはあまり知られていないのではないのでしょうか。この記事では日タイの歴史やタイの魅力について詳しく解説していきます。

続きを読む

更新日: 2022年8月11日

日本とタイの交流の歩みについて

実は、日本とタイの交流はおよそ600年に及ぶと言われています。近世初期、豊臣秀吉や徳川家康の時代にはすでに、アジア諸国と貿易をするため御朱印船が往来していました。アユタヤには3,000人以上もの日本人が住んでいたという事実もあります。
ここからは日本とタイにおける歴史的視点を交えながら、タイの有名な観光地をご紹介します。

アユタヤってどんなところ?

首都バンコクから北に約76km、タイの中部にあるのがアユタヤです。1351年にウートン王が即位してから、1767年にビルマ(現在のミャンマー)軍によって攻略されるまで、アユタヤ朝は417年間強国として栄えました。
現在でも遺跡が数多く残り国立博物館もあるこの地は、1991年に周辺の古都とともに世界文化遺産にも登録されています。

アユタヤと日本の関係について

アジア最大の日本人村(アユタヤ日本人町の跡)

御朱印船が往来していた頃に作られた日本人村には、貿易商人のほか、ビルマからの軍事的圧力を阻止する目的で雇われた傭兵、幕府の禁教から逃げたキリシタンなども住んでいました。現在では記念公園となり、日本人村の記念碑が立っています。

アユタヤの楽しみ方

世界遺産にも登録されているアユタヤ遺跡巡り

ワット・マハタート

「ワット・マハタート」で有名なのは木の根の中にある仏像の頭です。これは寺院がビルマからの攻撃を受けて破壊されたときに、仏頭の一つが木の根に守られる形で残ったというもの。
「ワット・プラシーサンペット」も外せない観光スポット。3人の王が眠る3つの仏塔がそびえ立ち、日没後のライトアップでは幻想的な雰囲気に包まれます。

水上マーケット&ナイトマーケットでローカル体験

アユタヤ・ナイトマーケット

2010年にオープンした「アヨタヤ水上マーケット」は、タイの古い街並みを再現したレトロ調のテーマパークで、お土産探しにぴったりのマーケットです。

「アユタヤ・ナイトマーケット」は、幻想的な景色がフォトジェニックと地元の人達にも人気。ローカルフードやスイーツが味わえます。

さらに「かがむ」という名が付けられた「ゴンコーン市場」もおすすめ。フードのほか伝統工芸品などの雑貨も売られていて、お土産選びにも最適です。

「ミシュラン・ガイド2022年版」(Michelin Guide Selection 2022)のビブグルマンに登録されたローカルグルメを紹介!

プラノームさんのチキンヌードル 本店

まずは「プラノームさんのチキンヌードル 本店」です。鶏肉を煮込んで作ったやさしい味のスープは、あっさりとしていて日本人の舌にも合い、調味料やトッピングで自分好みの味にもできます。

デザートには、パームシュガーから作られた糸状の飴をクレープ生地に包んだローティ・サーイマイはいかがでしょうか。アユタヤ歴史公園近くにある「ローティ・サーイマイ・アビーディン」は人気のご当地スイーツ店です。

カンチャナブリーってどんなところ?

カンチャナブリーは、首都バンコクから西に約130kmに位置する緑豊かな国境の地。先史時代から人が住むなど歴史も古く、多くの国立公園を擁するタイで3番目に大きな県には美しい自然が数多く残されています。観光スポットが郊外にまで幅広く点在しているので、ゆっくり滞在してミャンマーとの国境の町サンクラブリーまで足をのばしてみるのもおすすめです。

カンチャナブリーと日本の関係について

泰緬鉄道の象徴 クウェー川鉄橋

旧日本軍が敷設した全長330mのクウェー川鉄橋は、タイ西部にある「クウェー・ヤイ川」に架けられた鉄道橋。旧来の名称は「メークローン川」でしたが、第二次世界大戦を描いた映画『戦場にかける橋』により「クウェー川」が有名になったため改名されました。今も列車が運行しており、徒歩でも渡れます。

今も走る鉄道の博物館 泰緬鉄道博物館

2003年に建てられた泰緬鉄道博物館には、タイとミャンマーを結ぶ鉄道建設の歴史と劣悪な環境で建設にあたった捕虜や労働者の生活に関する資料などが展示されています。この工事では非常に多くの犠牲者が出たため、「死の鉄道」とも呼ばれていました。また、日本人が建設した慰霊塔もあります。

カンチャナブリーの楽しみ方

美しい寺院を巡る

丘の上にある「ワット・タムスア」には、カンチャナブリーで一番大きな黄金の仏像があります。157段の階段を上って参拝するのも爽快感があり、体力に自信のない方にはケーブルカーもあるので安心です。

全身で自然のパワーを吸収する

「エラワン国立公園」内にあるタイで最も美しいと言われている「エラワン滝」は外国人観光客にも人気。水質も綺麗で水遊びができ、全長1,500mの周遊コースでは7段階に分かれている美しい滝の風景をハイキングしながら楽しめます。

サンクラブリーへ足をのばす

サンクラブリーはタイとミャンマーの国境にある町。山岳に住む東南アジアの少数民族「モーン族」は、昔ながらの独自のスタイルを守り生活を営んでいます。あまり人の手が入っていないため、のどかな自然の風景が楽しめます。

メーホンソーンってどんなところ?

メーホンソーンはタイの北西部に位置する、ミャンマーとの国境の町です。かつてビルマに占領されていたため、食事や寺院の建築などが影響を受けています。カレン族などの山岳民族が住んでいるのも特徴。山岳地帯に広がる美しい自然が見られる「パーイ」は、映画やドラマの舞台にもなっており、多くの観光客が訪れています。

メーホンソーンと日本の関係について

友情の証 タイ日友好記念館

メーホンソーンの南にあるクンユアムには「タイ日友好記念館」があります。「タイ日友好記念館」は、タイと日本の歴史を伝えるべく、2006年にゆかりの地であるメーホンソーンから南方面のクンユアム郡に建てられた記念館です。

第二次世界大戦時、約6,000人ともいわれる旧日本軍はビルマ戦線へ向けた拠点として、クンユアムにて食料調達や道路開拓などに従事していました。日本軍はクンユアムの人々から歓迎され、道路整備などにも尽力し、町の活性化にも一役買いました。

地元への貢献にもなった パーイ・メモリアルブリッジ

第二次世界大戦中、チェンマイからビルマへの物資を運搬するために日本軍が建設した橋。パーイ川にかかるこの橋には、近隣住民も建設に動員させられたという辛い歴史がありますが、結果的に交通の便がよくなり、地元に貢献した形になりました。現在では雰囲気のいいレストランもあって、観光客の撮影スポットとしても人気です。

日本兵が収容された ワット・クラーン

パーイ市内にあるミャンマー様式の寺院です。対ビルマ戦で負傷した日本兵を収容する病院として使われていたため、当時の日本軍兵の遺品も展示されています。

メーホンソーンの楽しみ方

ミャンマー様式の仏教寺院を巡る

ワット・プラタート・ドイ・コンムー

コン・ムーの山頂に建つ、ミャンマー様式の寺院「ワット・プラタート・ドイ・コンムー」。白い塔が美しい寺院からは、メーホンソーンのパノラマの景色を堪能できます。

また南東部にある「ワット・チョン・クラーン」「ワット・チョン・カム」は、カラフルな装飾や何層にも重なった銀色の屋根が特徴的な寺院です。夕暮れ時にはチョン・カム湖周辺でナイトマーケットも開かれます。

パーイへ足をのばす

パーイ・キャニオン

パーイは、ノスタルジックな雰囲気の自然あふれるスポットで、ゆったりとした時間が流れています。タイ映画のロケ地になったことで多くの人が訪れる場所となりました。パーイの景色を一望できるカフェ「Coffee In Love」は外せません。

「パーイ・キャニオン」はまさに断崖絶壁の渓谷でスリル満点。手すりも柵もないので、歩きやすく滑りにくい格好で行くことをおすすめします。「フアイナムダン国立公園」は、乾期(11〜2月頃)の早朝に幻想的な雲海が現れることで人気の公園です。またパーイには、温泉や宿泊施設もあります。

新しい旅の提案

今までにないタイの楽しみ方として、新しい旅の提案をいたします。ぜひ参考にしてください。

ガストロノミー・ツーリズム

その土地の食材や習慣、伝統、歴史などによって生み出された郷土料理。それを味わうことを目的とした旅の体験が「ガストロノミー・ツーリズム」です。タイには77もの都県があり、地のものを使った興味深い料理がたくさんあります。
詳しくは、 タイ国政府観光庁の公式サイト のこちらのページをご覧ください。

さらにタイには、『タイ12の秘宝』と呼ばれている隠れた名所が数多くあるのです。例えば、世界で5つしかない黒い砂浜のビーチ「ハート・サイダム(ブラックサンド・ビーチ)」がある「トラート」や、「タイのスイス」と呼ばれている避暑地としても人気の「ペッチャブーン」など、知られざる魅力が満載。タイ初心者もリピーターも、ぜひチェックしてみてください。

安全に旅しよう!タイ旅行の新常識

タイへの入国について

2022年7月1日よりワクチン接種状況によらず、全てのタイ国籍を有しない渡航者に対してタイランドパスの申請が廃止されます。
※詳細は、 タイ国政府観光庁の公式サイト をご確認ください。

安心な旅行への取り組み

厳しい衛生基準と認証制度を設け、国内外の旅行者からの信頼を高めることで、安心してタイへ旅行できるようにしようという新しい取り組みが『アメージングタイランド健康安全基準(SHA)』です。「SHA」で認定されているホテルや店に行くことや、ソーシャルディスタンスの確保など徹底している場所を選択するようにしましょう。
※詳細は、 タイ国政府観光庁の公式サイト をご確認ください。

チェックしたいおすすめ商品

タイへの旅行が決まったら、航空券やホテル、現地でのアクティビティなど、用意したいものはたくさんあります。ツアーを選ぶか、ホテルと航空券を別々に購入するか。また、ホテルと航空券の組み合わせを指定できるダイナミックパッケージもあります。自分の旅のスタイルに最適なチケットをここから探してみてください。

ホテルを探す
航空券を探す
ダイナミックパッケージを探す
パッケージツアーを探す
現地アクティビティーを探す

まとめ

長い歴史とともに育まれてきた日タイの友好関係。その繋がりの裏には悲しい出来事も存在しますが、今もその形を大切に残し後世に語り継いでいるのも事実です。

今では、タイへの日本人観光客も年間で180万人を超えるほどにもなり、タイからの来訪者数も増えています。互いの文化や歴史を知ることでさらに理解と関心が高まり、友好関係はより強いものとなるでしょう。ぜひ一度「微笑みの国タイ」を訪れてみてくださいね。

「タイファンクラブ」無料メルマガ会員募集中

【PR】タイ国政府観光庁

タイの観光情報はこちら

写真提供:タイ国政府観光庁

※本サイトに掲載した内容は、予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

※2022年6月30日現在、タイ国内のいくつかのホテルやレストラン、商業施設は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部クローズしています。
詳細は、 タイ国政府観光庁の公式サイト をご確認ください。

Sponsored by
タイ国政府観光庁

タイの観光でおすすめの記事

詳しく

【タイ】プーケットのおすすめの観光スポット14選|美しいビーチと透き通った海のあるエリア

プーケット - 観光名所

タイ南部の島に位置しているプーケットは、タイの代表的な観光地として年間を通して多くの観光客が訪れます。プーケットの最大の特徴は、アンダマン海という美しい海に囲まれた環境にあるということ。美しいビーチと透き通った海水が魅力的な景観を作り出し、マリンアクティビティなどが盛んに行われています。 ダイビングでは、アンダマン海のみに生息している生き物たちと触れ合うことも可能。もちろん海以外にも観光するのに魅力的なスポットは多く、ゾウの背中に乗って散策したり、レベル別に存在するコースでゴルフを楽しんだりできます。繁華街であるパトンビーチでは、グリーンカレーやトムヤムクン、パッタイといった本格派のタイ料理を味わえるのも魅力です。

詳しく

サムイ島でおすすめの観光地9選:タイ屈指のビーチリゾート

ボプート - 観光名所

日本から約7時間半のフライト、バンコクで乗り継いで約1時間で到着するサムイ島はアクセス良好なタイのビーチリゾートです。日本との時差も2時間ほどしかなく、訪れやすい人気の観光地になっています。年間を通して日差しが強く、高温多湿の気候です。 大自然ときれいなビーチに囲まれて、ダイビングなどのマリンスポーツをするのも良いですし、近くの島々を訪れるのも楽しいですよ。海を望む抜群のロケーションにリゾートホテルが建ち、のんびりと優雅なリゾートライフを過ごすことができます。こちらではそんなサムイ島を満喫できるおすすめのスポットを紹介します。

詳しく

【タイ】チェンマイでおすすめの観光スポット20選|タイで随一の自然と王朝時代の建築物が溢れるエリア

チェンマイ - 観光名所

タイの北部にあるチェンマイは、山岳が多く自然豊かなエリアとして知られています。 かつてラーンナータイ王国の都であったという歴史を持ち、チェンマイ旧市街にはかつての王朝時代の建築物などが数多く存在。ワット・プラシンという寺院は礼拝堂に描かれた壁画が有名であり、伝統的な格式高い寺院として多くの人が訪れます。旧市街エリア以外にも魅力的な観光スポットは数多くあり、高い山の頂上に建てられているワット・プラ・タート・ドイ・ステープという寺院はきらびやかな仏塔が特徴で、チェンマイの街を一望できるスポットとしても人気です。 山岳部などには多くの民族が暮らしていますので、その集落を巡るツアーなども開催されています。

詳しく

多国籍でカオス!バックパッカーの聖地!バンコク・カオサン通り見所9選

バンコク - 観光

バックパッカーの聖地と呼ばれる「カオサン通り」は、たった300mほどの通りに、多彩なお店や屋台に安宿、そして多国籍な旅行者が行き交うカオティックなストリートです。カオサンという名が「精米したお米(タイ語)」に由来するように、この界隈はもともと米問屋街でした。それが、タイ王宮やワットポーなど観光スポットに近いため、以前より旅行者が多く、空き部屋を安く貸すようになったことから安宿街として世界中のバックパッカーに注目されるようになりました。 そんな、バックパッカーたちが憧れてやまないこの通りならではの過ごし方をちょっと味わってみませんか。

詳しく

【プーケット】パトンビーチ周辺の観光スポット5選!ビーチリゾートで優雅なひと時を

パトン・ビーチ - 自然・景勝地 ,観光名所

タイを代表する世界的リゾートのプーケットの中でも、ビーチリゾートの中心地となっているのがパトンビーチです。3キロメートル弱の広いビーチが存在し、ビーチ周辺には繁華街が形成されています。遠浅の海ですので基本的には小さい子供から大人まで安心して遊ぶことができ、海水浴以外にもパラセーリングやジェットスキーなどのマリンアクティビティが盛んです。 ビーチ周辺のタビウォンロードやラチュティットソンロイピーロードなどではショッピングやシーフード料理を提供するレストラン、バーなど様々な商業施設が軒を連ねていて思う存分に遊ぶことができます。映画館をはじめとした施設も多く、ビーチに行かなくても十分に娯楽を楽しめるエリアです。

詳しく

【プーケット】観光・グルメ・ショッピングを楽しめるモデルコース5選

プーケット - 観光

タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地として知られるプーケット。島内で最も賑やかなパトン・ビーチでは、タイならではのエンターテイメントやショッピングなどが楽しめる新たな施設が次々とオープンし、話題になっています。個性的で表情豊かなプーレットのビーチをメインに、アクティビティやスパを楽しめる様々なプランをご紹介します。タクシーの代わりにトゥクトゥクを一日利用し、値段交渉によってはかなり安く移動ことができます。運転手に一日料金を提示し、ハイヤーを利用することもお勧めですよ。 「アンダマン海の真珠」とよばれたプーケットを満喫してくださいね。

詳しく

【タイ】ピンクの巨大な象が寝そべる「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」って?

タイ - 観光

豪快に寝そべるピンクの巨大象。タイのワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院を訪れた人は、その大きな像の迫力とインパクトに誰もが驚きを隠せないでしょう。日本の寺といえば、落ち着いた雰囲気の寺院や仏像、厳格なイメージですが、ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院ではびっくりすることばかり。確かに、海外の寺には色彩が豊かな寺が多々ありますが、寝そべっているピンクの巨大象が安置されている不思議な光景はなかなか見られません。しかも像は、タイ最大級。タイ旅行では絶対に見ておくべきスポットです。ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院を紹介しています。読み終わったら、ぜひ旅のチェックリストに入れておいてください。

詳しく

【プーケット】日本人インストラクター在籍のダイビング・ショップおすすめ6選

プーケット - 自然・景勝地

日本人観光客だけではなく、欧米からの旅行者も多いタイでは、様々な国の言葉が飛び交い、数多くのダイビングスポットには、いつも元気なダイバー達で賑わっています。そんなプーケット島に来たのなら、日本語が話せるインストラクターが必要になりませんか? もしも日本語が通じるインストラクターがいたら心強い味方になること、間違いありません。さっそく日本人スタッフの居るダイブショップをご紹介してみたいと思います。日本人インストラクターが在住するダイブショップ、プーケットでおすすめのお店です。

のおすすめホテル

タイへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

タイの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社