おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

海も火山もある大都会オークランドでおすすめの観光旅行スポット5選

みなさんは、ニュージーランド最大の都市オークランドについて、どんな印象を持っていますか。オークランドは、人口150万人のうち半数近くが移民という、南半球を代表する世界都市のひとつです。ニュージーランド航空が成田空港、関西空港との間でそれぞれ直行便を運行しており、日本人が行きやすい街でもあります。 洋服や家具、日用品など何でも手に入るショッピングストリートは飽きることなく見て回れますし、レストランでは多様な国の料理が楽しむことができます。少し郊外に行けば、丘の上から夜の街のきらめきを眺めることもできます。死火山や海などの自然と都会がうまく共存している点も、他国の大都市にはない特徴でしょう。星空やフィヨルド、氷河などの自然は言うまでもなくニュージーランドの大きな魅力ですが、都市部の面白さも負けていません。オークランドで行かないと後悔してしまいそうな見どころをまとめました。

続きを読む

更新日: 2024年3月5日

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

■スカイタワー(Sky Tower)

高さ328メートルの南半球で一番高いタワーで、1997年に完成しました。夜になるとライトアップされる、オークランドのシンボルです。主要駅のブリトマート(Britomart)駅からは徒歩20分程度で着きます。

186メートルのメイン展望台までは、ガラス張りの床のエレベーターが40秒で一気に運んでくれます。それだけでもスリルは十分ですが、もっとスリルがほしいという人は思い切って「スカイジャンプ」に挑戦してみてください。高さ192メートルの地点から、ハーネスをつけて空中にダイブし、最後はゆっくりと地面に着地するというアクティビティで、スカイタワーのウェブサイトから予約できます。バンジージャンプのように体が上下逆さになったり、バウンドしたりしない分、怖さは”まだマシ”です。展望デッキの周りを歩く「スカイウォーク」もいいですよ。タワーにはカフェやレストランが3店舗入っており、夜景を眺めながらの食事もおすすめです。またタワーの下に広がる「スカイ シティ」にも、レストランやカジノ、映画館などがあるので、オークランドに着いたら早速行くのもいいでしょう。

Expedia

スカイタワー(Sky Tower)

Victoria St W & Federal St Auckland 1010
64-9363-6000
5〜10月9:00〜22:00(21:30最終入場)/11〜4月の日〜木8:30〜22:30(22:00最終入場)/11〜4月の金・8:30〜23:30(23:00最終入場)
なし
天気により営業時間変更あり
https://www.skycityauckland.co.nz/attractions/sky-tower/

■クイーンストリート

ウォーターフロントのクイーンズワーフから南に向かって伸びる大通りで、常に大勢のビジネスマンや観光客らが行き交う約3キロの道です。高級ブランド店から飲食店、家電販売店、みやげ店、アウトドアショップ、スーパーマーケットなど何でもそろっているので、ウィンドウショッピングをするだけでも楽しめますよ。アーケード街もあるので雨の日でも楽しめます。休日をゆっくりと過ごしたいなら、カフェでニュージーランド名物のコーヒー「フラット ホワイト」をすすりながら、過ぎ行く人々を観察するのもおすすめです。さまざまな人種の人が入り混じる、国際色豊かなオークランドの日常を楽しめます。デモ行進やパレードなども頻繁に行われており、街の活気を感じられるでしょう。オークランド観光で困ったら、とりあえずク行ってみてください。何か新たな発見があるはずです。

■ポンソンビー(Ponsonby)

市中心部から西に約2キロ離れた郊外にあり、富裕層やアーティストたちが多く住むエリアです。20世紀初頭に建てられたバロック様式の郵便局(写真上)など、一体には19〜20世紀前半の建物が残っています。もともとはマオリや太平洋諸国出身の労働者が多く住んでいましたが、急速に中産階級化していきました。
レストランやカフェ、ギャラリー、ナイトクラブなどがポンソンビー通りに沿って並んでおり、どこか洗練された雰囲気が漂っています。中心部にある「ポンソンビー セントラル」は、洋服店や飲食店、マーケット(写真下)などがある複合施設のような場所で、散策してみるだけでも面白いですよ。ファッションショーなどのイベントも行われています。ブリトマート駅から15分間隔で出発する緑色のバスを使うと、ポンソンビーセントラルの目の前で停車するので便利です。有料駐車場もあります。

街の活気を体感しよう

ニュージーランド航空の直行便で日本から10時間半
http://v6.advg.jp/adpv6/r/tW_4Bgj

■マウント イーデン

市中心部からバスで南に10分の場所にある標高196メートルの死火山で、頂上にはすり鉢状の噴火口がきれいに残っています。夜景スポットとして有名で、展望エリアが3か所もあります。以前はバスや車で上っていく人が多かったのですが、マオリの人々にとっての聖地でもあることを尊重し、2016年1月から車の乗り入れが原則禁止になりました。それにより、車を気にせずにハイキングをすることも可能になり、体力作りで訪れる地元の人たちも増えました。20分ほど森林を散策すると頂上に着きます。オークランドの街並みを見渡しながら浴びる風の気持ち良さは格別です。

■ティリティリマタンギ島(Tiritiri Matangi Island)

オークランドから北東に30キロ、船で1時間15分の場所にある、豊かな野鳥が生息する島です。島全体が国の野鳥保護区に指定されており、ニュージーランド原産の鳥約80種が生息。丸ごと鳥園の中に入っていくような体験ができるのは、地球上でここだけかもしれません。絶滅危惧種で、赤い花とくちばしが特徴のタカへや、人懐っこいファンテイル、鮮やかな緑の羽毛が目を引くカカリキなどが棲んでいます。より楽しむために、あらかじめニュージーランドの鳥類について少し勉強しておくといいかもしれません。また知識を深めるためにも、ぜひガイドウォークを利用しましょう。
入場客は1日150人までに制限されており、フェリーは水〜日曜の一日1往復のみ。島までは、オークランド港4番ふ頭から出ているフェリーで行きます。個人でも行けますが、必ずフェリーの予約はしておきましょう。また島内は自然保護の観点から飲食店などもありませんのでご注意を。

タカへ

ファンテイル

カカリキ

ティリティリ マタンギ島(Tiritiri Matangi Island)

現地ツアー会社「Fullers」09-307-8005
https://www.fullers.co.nz/tours/tiritiri-matangi-island-guided-walks/

いざ、世界有数の国際都市へ。

ニュージーランド航空の直行便で日本から10時間半
http://v6.advg.jp/adpv6/r/tW_4Bgj

ニュージーランド特集ページに戻る

■都会以外にも見どころはたくさん

クイーンズタウンでおすすめの観光地14選:国内最長であるワカティプ湖畔の街

クイーンズタウン - 観光名所

ニュージーランド南部の都市クイーンズタウンは、のどかな山々と湖に囲まれた世界屈指の保養リゾート地です。コンパクトな街は素朴な雰囲気に包まれており、郊外にはワイン畑が広がります。ニュージーランド南島の北岸に連なる世界遺産のフィヨルド「ミルフォード サウンド」旅行への拠点となる街としても知られています。街と自然の美しさから、旧宗主国イギリスのエリザベス女王(Queen)にふさわしい街として、クイーンズタウンという名が付けられました。 街は大きくはないものの、ショッピングスポットやサイクリングロード、歴史的建造物など、さまざまな表情を併せ持ち、毎年多くの観光客を魅了しています。野外に出向けば、スキー、パラグライディング、バンジージャンプ、釣り、ラフティング、ボートなど、季節を問わず楽しめるアクティビティが盛りだくさん。 クイーンズタウン空港から市中心部まではバスで約30分、シャトルバスで約20分で行けます。オークランドとクライストチャーチからは毎日定期便も出ていますし、長距離バスを使って訪れることも可能です。市内の移動手段はバスのみですが、コンパクトな街なので、それで十分。家族連れで行っても、友人同士で行っても間違いなく損はしない街と言えます。市内で行ってほしいおすすめの観光スポットを紹介します。

オークランドのおすすめ人気ホテル20選:空港近くの便利宿もご紹介

オークランド - ホテル

ニュージーランド北島に位置する最大都市オークランドは、大都会と大自然という対照的な2つの要素を兼ね備えるユニークな街です。高層ビルやショッピングストリートなどの華やかで洗練された都市部から少し離れると、美しい海や、迫力ある死火山などが広がる豊かな自然風景へと変わります。グルメ、買い物、野外アクティビティなどあらゆるものが楽しめることから、観光地としては世界トップクラスの人気を誇ります。ニュージーランド航空の直行便が日本とオークランドをつないでいるので、日本人にとっても興味をそそられる街のひとつですよね。 観光地で慎重に見極めたいのが、宿泊施設です。オークランドは観光都市なだけに、宿の数は豊富。立地や価格もさまざまで、選ぶのが難しいかもしれません。効率良く多くのものを見たいなら、何をするにも便利な、街のど真ん中に泊まってしまうのをおすすめします。さまざまな店が近くにあり、観光名所への交通手段にも恵まれているようなオークランド中心部のホテルをランキング形式でご紹介します。

のおすすめホテル

ニュージーランドへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ニュージーランドの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社