おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【タイ】秘密の楽園・ピピ島のビーチで見る、まるで別世界のような絶景

タイのプーケットから、東にあるサンゴ礁に囲まれたピピ島。エメラルドブルーを誇る海、想像以上にきれいなビーチは秘密の楽園といって言う名にふさわしい場所です。タイには遺跡やビーチ、様々な観光名所が点在していますが、ここビビ島は密かな人気スポットエリアとして急上昇しています。そんなピピ島をご紹介致しましょう!海の美しさもさる事ながらそのビーチや島の景観にもご注目を!映画「ザ・ビーチ」でもロケ地に選ばれ、深い入り江やスバメの巣がある洞窟など、まるで別世界のような風景が目白押しです!一生の思い出になることに間違いないビビ島を、ぜひご覧下さい。

続きを読む

https://ja.wikipedia.org

更新日: 2024年3月5日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

こっそりと教えましょう!タイの楽園

タイには、有名な寺院や、歴史ある建造物など観光名所として名高い所はたくさんありますが、楽園として密かに人気急上昇のエリアがあります。
それはピピ島!まるで、この世の物と思えないようなビーチと景色とエメラルドグリーンの海は、楽園と呼ぶにふさわしい場所!

ピピ島ってどんな島?

タイのプーケットから50kmほど東に行った所にあるサンゴ礁に囲まれた島、海の透明度はプーケットよりもかなり高くなっています。二つの島がメイン、無人島のピピレイ島と、船の発着するピピドン島からなっています。

ピピ島

タイ / ピピ島

Phi Phi Island

無人島に上陸!映画ザ・ビーチのロケ地「ピピ・レ島」

レオナルドディカプリオの主演映画「ザ・ビーチ」でロケ地になった事で有名なピピ・レ島のマヤベイ。その美しさは今も変わらずにいます。

ピーピー レイ島

タイ / ピピ島

Ko Phi Phi Lay

広告

海をおもいっきり、楽しんで!

無人島なので、宿泊はできませんが、それだけに美しい自然はそのままの形で残っています。ラグーナと呼ばれる深い入り江、ツバメの巣がある洞窟、そびえ立つ岩の奥には思わず歓声を上げたくなるようなビーチにつながっています!

ピピレイ島には魅惑のビーチが盛りだくさん!

ピピ・レ島には半日観光などので訪れるのがメインになっています。シュノーケルやダイビングなどが可能、熱帯魚が美しい!

のんびりしたい人におすすめ。タイの楽園ピピ島へ♪

タイの南部にあるピピ諸島は、映画『ザ・ビーチ』の舞台となったことで世界中から注目を集め、タイ国内の一大観光地として発展しました。島の周辺にはサンゴ礁が広がっていて、それによってできた浅い海が広がっています。それぞれの島はヤシの木などの植物が茂った自然豊かな風景が特徴であり、透き通った海はダイビングスポットとして人気です。中心となるピピ・ドーン島には森林と森林をつなぐ砂質の平地エリアに観光客向けの宿泊施設や飲食店などが営業しています。南国の美しい自然の中でゆったりと過ごしたい人にオススメのエリアであり、バカンスを過ごすのにぴったり。島へのアクセスは基本的に船を利用し、プーケットから2時間半ほどで到着します。

ピピ島現地観光ツアー

バンコクから日帰りで行ける世界遺産!アユタヤ遺跡を巡ろう

広告

タイの首都バンコクから北側に約80km離れた場所に位置しているアユタヤは、バンコクやプーケット、チェンマイに並び日本人に人気のあるタイ屈指の観光地です。
アユタヤは1350年から417年もの間、アユタヤ王朝の首都として栄えた街で、仏教寺院や寺院跡が多く残っており1991年にはユネスコ世界文化遺産に指定されています。バンコクから車で1時間30分ほど、長距離バスやミニバス、現地現地ツアーも多くあるのでアクセスも良好で日帰りでも楽しめます。

バンコク発アユタヤ現地現地ツアー

高級ホテルで、ビーチライフを楽しめる「ピピドン島」

自然もいいけれど、やっぱり高級感あるホテルで休みたいものです。ピピドン島北部にレームトンビーチには心地よいホテルが点在しているのと同時に、ホワイトパウダースノービーチが続くバンブー島に行くのも便利です。

ピピアニータリゾート

Agoda

ホワイトパウダースノービーチがある「バンブー島」

夜はバーでも楽しめるピピ島

アクティブとは反対に、夜はディナーやビーチのバーで楽しめます。昼と夜と両方楽しいピピ島です。

古き良きタイの原風景。タイの水上マーケットでお買い物!

水上マーケットへ行く現地ツアー

高級スパもリーズナブル!観光後は癒しのひと時を♪

タイ国内の人気スパランキング

観光のおすすめ記事

詳しく

【タイ】ピピ島にあるおすすめ観光スポット5選!情報はこちらから

ピピ島 - ビーチ・砂浜,海岸・海

タイの南部にあるピピ諸島は、映画『ザ・ビーチ』の舞台となったことで世界中から注目を集め、タイ国内の一大観光地として発展しました。島の周辺にはサンゴ礁が広がっていて、それによってできた浅い海が広がっています。それぞれの島はヤシの木などの植物が茂った自然豊かな風景が特徴であり、透き通った海はダイビングスポットとして人気です。中心となるピピ・ドーン島には森林と森林をつなぐ砂質の平地エリアに観光客向けの宿泊施設や飲食店などが営業しています。南国の美しい自然の中でゆったりと過ごしたい人にオススメのエリアであり、バカンスを過ごすのにぴったり。島へのアクセスは基本的に船を利用し、プーケットから2時間半ほどで到着します。

詳しく

【タイ】プーケットのおすすめの観光スポット14選|美しいビーチと透き通った海のあるエリア

プーケット - 観光名所

タイ南部の島に位置しているプーケットは、タイの代表的な観光地として年間を通して多くの観光客が訪れます。プーケットの最大の特徴は、アンダマン海という美しい海に囲まれた環境にあるということ。美しいビーチと透き通った海水が魅力的な景観を作り出し、マリンアクティビティなどが盛んに行われています。 ダイビングでは、アンダマン海のみに生息している生き物たちと触れ合うことも可能。もちろん海以外にも観光するのに魅力的なスポットは多く、ゾウの背中に乗って散策したり、レベル別に存在するコースでゴルフを楽しんだりできます。繁華街であるパトンビーチでは、グリーンカレーやトムヤムクン、パッタイといった本格派のタイ料理を味わえるのも魅力です。

詳しく

サムイ島でおすすめの観光地9選:タイ屈指のビーチリゾート

ボプート - 観光名所

日本から約7時間半のフライト、バンコクで乗り継いで約1時間で到着するサムイ島はアクセス良好なタイのビーチリゾートです。日本との時差も2時間ほどしかなく、訪れやすい人気の観光地になっています。年間を通して日差しが強く、高温多湿の気候です。 大自然ときれいなビーチに囲まれて、ダイビングなどのマリンスポーツをするのも良いですし、近くの島々を訪れるのも楽しいですよ。海を望む抜群のロケーションにリゾートホテルが建ち、のんびりと優雅なリゾートライフを過ごすことができます。こちらではそんなサムイ島を満喫できるおすすめのスポットを紹介します。

詳しく

【タイ】チェンマイでおすすめの観光スポット20選|タイで随一の自然と王朝時代の建築物が溢れるエリア

チェンマイ - 観光名所

タイの北部にあるチェンマイは、山岳が多く自然豊かなエリアとして知られています。 かつてラーンナータイ王国の都であったという歴史を持ち、チェンマイ旧市街にはかつての王朝時代の建築物などが数多く存在。ワット・プラシンという寺院は礼拝堂に描かれた壁画が有名であり、伝統的な格式高い寺院として多くの人が訪れます。旧市街エリア以外にも魅力的な観光スポットは数多くあり、高い山の頂上に建てられているワット・プラ・タート・ドイ・ステープという寺院はきらびやかな仏塔が特徴で、チェンマイの街を一望できるスポットとしても人気です。 山岳部などには多くの民族が暮らしていますので、その集落を巡るツアーなども開催されています。

詳しく

多国籍でカオス!バックパッカーの聖地!バンコク・カオサン通り見所9選

バンコク - 観光

バックパッカーの聖地と呼ばれる「カオサン通り」は、たった300mほどの通りに、多彩なお店や屋台に安宿、そして多国籍な旅行者が行き交うカオティックなストリートです。カオサンという名が「精米したお米(タイ語)」に由来するように、この界隈はもともと米問屋街でした。それが、タイ王宮やワットポーなど観光スポットに近いため、以前より旅行者が多く、空き部屋を安く貸すようになったことから安宿街として世界中のバックパッカーに注目されるようになりました。 そんな、バックパッカーたちが憧れてやまないこの通りならではの過ごし方をちょっと味わってみませんか。

詳しく

【プーケット】パトンビーチ周辺の観光スポット5選!ビーチリゾートで優雅なひと時を

パトン・ビーチ - 自然・景勝地 ,観光名所

タイを代表する世界的リゾートのプーケットの中でも、ビーチリゾートの中心地となっているのがパトンビーチです。3キロメートル弱の広いビーチが存在し、ビーチ周辺には繁華街が形成されています。遠浅の海ですので基本的には小さい子供から大人まで安心して遊ぶことができ、海水浴以外にもパラセーリングやジェットスキーなどのマリンアクティビティが盛んです。 ビーチ周辺のタビウォンロードやラチュティットソンロイピーロードなどではショッピングやシーフード料理を提供するレストラン、バーなど様々な商業施設が軒を連ねていて思う存分に遊ぶことができます。映画館をはじめとした施設も多く、ビーチに行かなくても十分に娯楽を楽しめるエリアです。

詳しく

【プーケット】観光・グルメ・ショッピングを楽しめるモデルコース5選

プーケット - 観光

タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地として知られるプーケット。島内で最も賑やかなパトン・ビーチでは、タイならではのエンターテイメントやショッピングなどが楽しめる新たな施設が次々とオープンし、話題になっています。個性的で表情豊かなプーレットのビーチをメインに、アクティビティやスパを楽しめる様々なプランをご紹介します。タクシーの代わりにトゥクトゥクを一日利用し、値段交渉によってはかなり安く移動ことができます。運転手に一日料金を提示し、ハイヤーを利用することもお勧めですよ。 「アンダマン海の真珠」とよばれたプーケットを満喫してくださいね。

詳しく

【タイ】ピンクの巨大な象が寝そべる「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」って?

タイ - 観光

豪快に寝そべるピンクの巨大象。タイのワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院を訪れた人は、その大きな像の迫力とインパクトに誰もが驚きを隠せないでしょう。日本の寺といえば、落ち着いた雰囲気の寺院や仏像、厳格なイメージですが、ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院ではびっくりすることばかり。確かに、海外の寺には色彩が豊かな寺が多々ありますが、寝そべっているピンクの巨大象が安置されている不思議な光景はなかなか見られません。しかも像は、タイ最大級。タイ旅行では絶対に見ておくべきスポットです。ワット・サマーン・ラッタナーラーム寺院を紹介しています。読み終わったら、ぜひ旅のチェックリストに入れておいてください。

広告

広告

のおすすめホテル

タイへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

タイの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社