おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【茨城発】青森ツアー・青森旅行

提携旅行会社

【茨城発】青森ツアー・青森旅行

出発地
目的地
出発日
旅行日数
1室の人数

子供の人数は
旅行会社サイト移動後に選択してください

キーワード
人気ワード
新幹線で行くツアーJALで行くツアーANAで行くツアーレンタカー付き

2024年07月

7月最安値8.99万円

2024年08月

8月最安値8.99万円

2024年09月

9月最安値8.99万円
当月最安値

1件〜7件 (全7件)

※ 類似ツアー込み 全7
並び順
大人1名料金
ホテルランク

青森の現地アクティビティ

現地アクティビティをもっと見る

出発地【茨城空港】の空港情報

路線の特徴

国内線は4路線で神戸、新千歳、那覇、福岡の路線があり、いずれもスカイマークによって運航されています。また国際線は上海(浦東)に週6往復ほど運航しておりアジアの入り口にも繋がっています。

基本情報

茨城空港は航空自衛隊の百里飛行場を民間共用化した空港で国内線4路線、国際線1路線を運行している空港です。関東圏の空港で軍事用と民間共用している空港は茨城空港のみで、展望デッキからは戦闘機も見られます。茨城県はもちろん、高速道路のインターチェンジからも近いので北関東圏の方にはアクセスしやすいのが特徴です。羽田空港、成田空港に次ぐ首都圏3番目の空港であり、首都圏のセカンダリ空港として活用されています。

正式空港名茨城空港
英語名Ibaraki Airport
通称茨城国際空港(Ibaraki International Airport)
IATA 3レターコードIBR
ICAO 4レターコードRJAH
就航航空会社★国内線
スカイマーク
★国際線
春秋航空、タイガーエア台湾
最寄り駅JR石岡駅
駐車場P1:搭乗者・送迎車専用(身体障害者スペースあり)約680台収容
P2:搭乗者・送迎車専用 約640台収容
P3:見学者・バス利用者専用 約190台収容(他に臨時駐車場2,100台スペースあり)

行き方

電車空港直結の鉄道駅はないため、JR石岡駅やJR水戸駅からバスやタクシーの利用が一般的です。
リムジンバス近郊の都市から茨城空港まではバスが頻繁に運行しており、JR水戸駅からは片道で大人1,050円、小人550円で利用できます。またICカードを利用するとディスカウントがあるのでお持ちの方は忘れずに。
タクシー一番近いJR石岡駅から茨城空港までは所要時間約30分、片道約5,500円です。またJR水戸駅からは所要時間約45分、片道約9,000円。定額タクシーではないので注意が必要です。上田タクシー、美野里タクシー、関鉄ハイヤーの各社が運行しています。
茨城空港へは東関東自動車道・水戸線に乗り、茨城空港北ICを出て県道を進むと到着します。東関東自動車道までは常磐自動車道や北関東自動車道、首都圏中央連絡自動車道などが交差しているので、関東近郊からは自動車道の乗り換えが必要となります。

国内線ターミナル情報(第1ターミナル)

航空会社★国内線
スカイマーク
★国際線
春秋航空、タイガーエア台湾
フロアガイドターミナルビルは2階建てで1階はチェックインカウンターと出発口、到着口のフロアがあります。就航航空会社の数が少ないため、ワンフロアにほとんどの機能が収まっているのでわかりやすくなっています。2階は送迎デッキ(展望台)とレストランおよび休憩スペースのフロアです。
展望台茨城空港は航空自衛隊との併用空港でもあるため、関東では唯一デッキから戦闘機が見れるところとして有名です。デッキはガラス張りになっているので食事をしながら見学できるのでゆっくり過ごせます。
レストラン2階にあるレストランは地元の食材を使った「すぎのや本陣」とコーヒーや軽食を提供する「SKY LIGHT CAFE」があります。「すぎのや本陣」は茨城県や北関東を中心に人気の和風レストランでうどん、そば、肉料理、魚料理など様々な和食が楽しめます。
お土産茨城を代表する菓子処「亀印製菓」が運営するお菓子専門ショップや、茨城県の特産物や就航先のお土産を取り揃えている「SKY ARENA」などのお店が揃っています。茨城ならではのお土産を購入したい人にはおすすめです。

エリアからツアーを探す



青森のおすすめ観光スポット

青森のおすすめグルメ

青森のお土産

青森の気候

旅のお役立ち情報 Travel News

旅のお得情報 Sale & Coupon

青森旅行・青森ツアーのよくある質問

  • 青森旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    青森旅行のベストシーズンは、春、夏、秋です。本州の最北端に位置している青森は、東京などと比べて気温が低く、夏でも涼しいのが特徴。特に八甲田などは、夏のリゾート地として人気があります。一方冬は、厳しい寒さになっており、観光を楽しむのには向いていませんが、スキーなどのウィンタースポーツが目的であればおすすめです。

  • 青森旅行は何泊何日が人気ですか?

    青森旅行を楽しむのであれば、2泊3日はほしいところ。津軽海峡や青森市内、弘前などの中心部のほか、十和田湖や奥入瀬などの内陸部の大自然もあり、どちらもしっかりと楽しみたいというのであれば、3泊4日がおすすめです。交通の便が悪いところも多く、効率よく巡るのであれば、レンタカーを借りるのがおすすめになっています。

  • 青森旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    青森旅行で比較的人が少ないシーズンを狙うのであれば、7月初めの梅雨のシーズンや、冬休み開けの1月中旬から2月ごろになっています。梅雨のシーズンは、雨が降ることが多く雨傘が手放せないですが、雨に濡れて色鮮やかな新緑を楽しむことができるのでおすすめです。まだ暑くないので、温泉が気持ち良い季節でもあります。

  • 青森への交通手段・所要時間は?

    青森への交通手段は、飛行機や鉄道、フェリー、高速バスなどがあります。東京から青森へは、飛行機を利用して約1時間15分のフライトでアクセスすることができます。東京から新幹線を利用すると、約3時間30分でアクセスが可能です。大阪から青森へは飛行機を利用して約1時間40分のフライトでアクセスすることができます。