おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【富山発】青森ツアー・青森旅行

提携旅行会社

【富山発】青森ツアー・青森旅行

出発地
目的地
出発日
旅行日数
1室の人数

子供の人数は
旅行会社サイト移動後に選択してください

キーワード
人気ワード
新幹線で行くツアーJALで行くツアーANAで行くツアーレンタカー付き

2024年06月

6月最安値12.98万円

2024年07月

7月最安値12.98万円

2024年08月

8月最安値12.98万円
当月最安値

1件〜3件 (全3件)

※ 類似ツアー込み 全3
並び順
大人1名料金
ホテルランク

青森の現地アクティビティ

現地アクティビティをもっと見る

出発地【富山空港】の空港情報

路線の特徴

富山県は日本の大手航空会社、全日本空輸(ANA)の中興の祖との言われる若狭得治氏の出身地です。そのため国内線がすべてANA便となっているのが特徴のひとつ。国内では各方面への乗り継ぎに便利な東京の羽田空港と、北海道の札幌空港との2か所へ就航しています。また海外便ではソウル・中国・上海・台北・大連をはじめとする近隣諸国の主要都市と繋がっており、多くの便が発着しています。

基本情報

富山きときと空港は富山市の中心部から南に7㎞ほどの場所に位置する国際空港です。富山県民のみならず、新潟の上越地方や岐阜の飛騨地方など、周辺地域からも利用しやすい立地にあります。河川敷に滑走路を設けているのが大きな特徴で、日本一長いボーディングブリッジは国内線・国際線合わせて3本あり、そのダイナミックな雄姿は展望デッキからも望めます。

正式空港名富山きときと空港
英語名Toyama Kitokito Airport
通称富山空港
IATA 3レターコードTOY
ICAO 4レターコードRJNT
就航航空会社★国内線
全日本空輸
★国際線
中国南方航空、中国東方航空、エアソウル、チャイナエアライン
最寄り駅JR西日本高山本線・あいの風とやか鉄道線「富山駅」
駐車場無料駐車場(1,531台):PA、PB、PC、PD、PE、PF、PG、PH
有料駐車場(111台)

行き方

電車富山空港の最寄り駅は、信越地域からのアクセスに便利な北陸新幹線が乗り入れている「富山駅」です。駅からは空港連絡バスやタクシーが出ており、約20分で行くことができます。
リムジンバス富山空港からは、「富山駅」「白川郷」「高山」方面からそれぞれ連絡バスが定期運航しています。現在運行中の連絡バスは富山駅前~富山空港までの約20分間のルートのみで、片道420円で走行。富山市内の主要地点と空港とを結びます。
タクシー富山空港の国内線到着ロビーを出てすぐの場所にタクシー乗り場があります。各方面へのアクセスに便利なメーター制のタクシーはもちろん、高岡市内・魚津市内・砺波(となみ)市内へのアクセスに便利な事前予約制の空港連絡乗り合いタクシー「そらタク」も利用可能。「そらタク」は富山空港を発着する航空便を利用する人1人から予約でき、エリア内ならどこへでも送り・迎えしてもらえます。空港から直接目的地を指定して行けるので、荷物が多い時も安心です。運賃は3,000円~5,000円で、人数や利用エリアによって異なります。
富山空港へは北陸自動車道「富山I.C」から車で約5分です。I.Cから国道41号線を進み、「空港口」という交差点を右折すると到着します。駐車場はターミナルビㇽの目の前に有料駐車場と送迎車専用のパーキングがあり、その周辺に無料駐車場A、B、C、Dを、ターミナルビルから徒歩10分の場所に24時間何泊でも利用できる無料駐車場E、F、G、Hを完備。長期旅行の際にも安心して駐車しておけます。繁忙期はターミナルビルに近いエリアが満車になるので、無料駐車場E~Hの利用がおすすめです。

国内線ターミナル情報(第1ターミナル)

航空会社全日本空輸
フロアガイド富山空港のターミナルビルは1階~4階まであり、レストランやショップ、展望台など飛行機に乗らない人も楽しめるスポットが豊富です。1階は国内線・国際線のチェックインカウンターが、2階にはレストランや免税店、売店が、4階には展望デッキがあります。2階にはラウンジや有料待合室などもあり、仕事をしたい人からゆったり過ごしたい人まで幅広く利用可能です。
展望台富山空港のターミナルビル4階には、日本一の長さを誇るボーディングブリッジや飛行機を間近に臨む展望デッキがあり、天気が良ければ立山連峰のパノラマビューを楽しむことも。入場無料なので、旅行者でなくても気軽に立ち寄れます。
レストラン富山空港1階には、富山湾でとれる海の幸を地酒とともに堪能できる「とやま鮨 空港店 たねや」があります。日本らしい味に触れられるおすすめスポットです。また2階には飛行機を見ながらゆったり過ごせる「喫茶Wing」や、銀座で人気の窯焼き本格ピザを味わえる「エアポートキッチン」もあります。どの店も富山の名産品を使用した料理を提供しており、出発前に地域の味を楽しみたい人に最適です。
お土産富山空港の2階には、富山ならではの名産品をバラエティ豊かに取りそろえたショップ「まいどは屋」「まいどは屋 ゲート店」があります。また国際線搭乗待合室には免税店ショップ「免税売店 Duty Free Shop」も。日本各地の名物や、ここでしか手に入らない限定商品がそろっており、お土産にも最適です。

第1ターミナルのラウンジ情報

ラウンジ名ラウンジらいちょう
営業時間6:20~13:30、16:00~18:10
※運航状況により変更します。
料金(税込)大人(12歳以上)…1,050円、小人(3才以上12才未満)…520円
サービス内容ソフトドリンク(フリードリンク)
新聞・雑誌閲覧
テレビの視聴
携帯電話用充電器
ビジネスデスク
無線LANの接続
パウダールーム
利用対象者当日の富山きときと空港発着便利用者およびその同伴者に限り利用できます。

エリアからツアーを探す



青森のおすすめ観光スポット

青森のおすすめグルメ

青森のお土産

青森の気候

旅のお役立ち情報 Travel News

旅のお得情報 Sale & Coupon

青森旅行・青森ツアーのよくある質問

  • 青森旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    青森旅行のベストシーズンは、春、夏、秋です。本州の最北端に位置している青森は、東京などと比べて気温が低く、夏でも涼しいのが特徴。特に八甲田などは、夏のリゾート地として人気があります。一方冬は、厳しい寒さになっており、観光を楽しむのには向いていませんが、スキーなどのウィンタースポーツが目的であればおすすめです。

  • 青森旅行は何泊何日が人気ですか?

    青森旅行を楽しむのであれば、2泊3日はほしいところ。津軽海峡や青森市内、弘前などの中心部のほか、十和田湖や奥入瀬などの内陸部の大自然もあり、どちらもしっかりと楽しみたいというのであれば、3泊4日がおすすめです。交通の便が悪いところも多く、効率よく巡るのであれば、レンタカーを借りるのがおすすめになっています。

  • 青森旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    青森旅行で比較的人が少ないシーズンを狙うのであれば、7月初めの梅雨のシーズンや、冬休み開けの1月中旬から2月ごろになっています。梅雨のシーズンは、雨が降ることが多く雨傘が手放せないですが、雨に濡れて色鮮やかな新緑を楽しむことができるのでおすすめです。まだ暑くないので、温泉が気持ち良い季節でもあります。

  • 青森への交通手段・所要時間は?

    青森への交通手段は、飛行機や鉄道、フェリー、高速バスなどがあります。東京から青森へは、飛行機を利用して約1時間15分のフライトでアクセスすることができます。東京から新幹線を利用すると、約3時間30分でアクセスが可能です。大阪から青森へは飛行機を利用して約1時間40分のフライトでアクセスすることができます。