おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

沖縄ツアー・沖縄旅行

提携旅行会社

沖縄ツアー・沖縄旅行

出発地
出発地を設定してください
目的地
出発日
旅行日数
1室の人数

子供の人数は
旅行会社サイト移動後に選択してください

キーワード
人気ワード
新幹線で行くツアーJALで行くツアーANAで行くツアーレンタカー付き

2024年07月

7月最安値1.81万円

2024年08月

8月最安値1.81万円

2024年09月

9月最安値1.81万円
当月最安値

エアラインの選び方

あなたの旅に最適な航空会社はどこ?大手・中堅・LCCの3つに分けて特徴を紹介します。

1件〜20件 (全8590件)

※ 類似ツアー込み 全42019
並び順
大人1名料金
ホテルランク

沖縄の現地アクティビティ

現地アクティビティをもっと見る

エリアからホテル・ツアーを探す



沖縄ツアー 現地交通・体験などセットプラン

沖縄 シュノーケリング体験

沖縄 ダイビング体験

沖縄の人気ホテルランキング

沖縄のおすすめ観光スポット 50選

沖縄観光のモデルコース

沖縄のお土産

沖縄のおすすめグルメ

沖縄のお土産

時期で選ぶ沖縄ツアー

沖縄のおすすめカフェ

  • And shake Okinawa
    (那覇/瀬長島)

    And shake Okinawaは瀬長島のウミカジテラスにある、シェイクとたい焼きパフェ、惣菜たい焼きのお店です。メニューの中でも沖縄らしさを感じる塩ちんすこうやシークヮーサースロトベリー味のシェイクがおすすめ。写真映えする店内やドラム缶を使用したテラス席からは海が眺められます。

  • Guilty's
    (那覇)

    国際通りの近くに位置するGuilty'sは、「ワルイコトって、刺激的。美味しいモノって、幸せ」というユニークなコンセプトのバタートースト専門店です。トーストメニューと一緒に果肉感が特徴的なレモネードもおすすめ。コンセプト通りの背徳感溢れるチートスイーツを堪能できます。

  • TRIP CAFE OKINAWA
    (恩納村)

    TRIP CAFE OKINAWAは恩納村にあるカフェで、他では味わえない美味しいパンケーキが食べられます。季節のフルーツを使った季節限定のパンケーキは必食。テイクアウトメニューのパンケーキフルーツサンドは、ドライブやピクニックはもちろん、お土産にも最適です。

  • 花人逢
    (本部町)

    花人逢は本部町にある沖縄の古民家カフェで、海と伊江島タッチューの美しい景色を眺めることができます。カフェの食事はピザのみですが、もっちりとした生地が絶品です。人気の縁側の座席からは、食事をしながら伊江島や瀬底島、水納島が一望できます。

  • 琉果
    (本部町)

    備瀬のフクギ並木の海沿いにある琉果は、伊江島を見渡せるCAFE&BARです。カレーやカオマンガイ、軽食やサンドイッチなどもあり、絶景を眺めながら食事を楽しむのに最適。フルーツジュースの店も併設されており、契約農家から仕入れて作ったドリンクを販売しています。

  • Mondoor
    (糸満)

    ティラミスが美味しいと有名なMondoor。糸満の隠れ家カフェで、世界中のカフェを巡ったオーナーさんが作る珈琲は格別です。店内の雰囲気も懐かしさを感じる心地のよい空間となっています。

  • 天空のレストラン 大宜味スカイテラス
    (大宜味村)

    天空のレストラン 大宜味スカイテラスは大宜味村にあり、ランチとカフェメニューが楽しめるカジュアルなレストランです。沖縄の食材を中心に調理された料理の数々は、シェフの創意工夫が感じられます。テラス席からは沖縄北部のやんばるの絶景を望むことができ、海・山・空の美しさを満喫できます。

沖縄のおすすめ沖縄そばの店

  • 浜屋
    (北谷)

    北谷にある浜屋は、沖縄そばといえば浜屋と言われるほど人気なお店です。お店の看板メニューである「浜屋そば」は、歯ごたえのある柔らかいソーキ(豚のあばら肉)を絶妙な焼き加減で使用しています。連日多くの観光客が訪れる人気店のため、お昼時を避けた時間帯がおすすめです。

  • なかむらそば
    (恩納村)

    国道58号線沿いに位置する、なかむらそば。沖縄特産のアーサ(一重草)をメインにした「アーサーそば」は、あっさりとした沖縄そばで一番人気のメニューです。鰹をたっぷり使った特製スープに自家製麺を使用しており、こだわりの沖縄そばを堪能できます。

  • OKINAWA SOBA EIBUN
    (那覇)

    OKINAWA SOBA EIBUNは、壺屋やちむん通りの近くに位置する沖縄そば屋。自分なりの沖縄そばをカスタマイズできるこの店で一番人気のメニューは「BUNBUNそば」。三枚肉、軟骨ソーキ、炙り軟骨ソーキなど4種類の肉をトッピングした、食べ応えのある沖縄そばです。

  • なかざ家
    (那覇)

    なかざ家は、沖縄観光コンベンションビューローの近くにある沖縄そばのお店。とんこつラーメンのようなスープは超濃厚で、オリジナル調味料「豚(トン)グース」を数滴入れると、さらに濃厚なスープになります。オリジナルの麺は、スープに絡むように程よく太麺でツルッとした喉越しや食感が堪能できます。

  • 沖縄そば 峰
    (南城)

    沖縄そば 峰は南城市の見晴らしの良い高台に位置し、絶景の海を眺めながら沖縄そばを堪能できるお店です。国産の食材と小麦にこだわり、美味しい2種類の自家製麺を堪能できます。すべての具材がのったボリュームたっぷりの「峰そば」がおすすめです。

沖縄 おすすめ観光情報

日本にいながら南国リゾート気分を満喫できる沖縄。エメラルドグリーンの美しい海や白い砂浜のビーチがたくさんあり、多くの観光客が訪れます。首里城や斎場御嶽などの世界遺産をはじめ、国際通りやアメリカンビレッジ、沖縄美ら海水族館など魅力的な観光スポットが満載です。

沖縄へのアクセス沖縄の玄関口「那覇空港」には日本各地を結ぶ路線が就航しています。国内の就航地は30を超え、日本各地の様々な場所からアクセス可能。中でも羽田空港からは1日に16便運行しています。

羽田→那覇(直行便で約2時間50分)、関西→那覇(直行便で約2時間20分)、名古屋→那覇(直行便で約2時間30分)、福岡→那覇(直行便で約1時間45分)
沖縄の人気エリア沖縄本島の人気エリアは、那覇空港からも近くショッピングを楽しめる那覇や、ビーチリゾート感を満喫できる恩納村、名護、北谷、読谷です。沖縄の離島では、「宮古ブルー」と呼ばれるほど美しい青い海が望める宮古島や離島めぐりに最適な八重山諸島の中心地である石垣島、手つかずの亜熱帯ジャングルに珍しい動植物が生息する西表島が人気です。
沖縄本島周辺の離島ゆるやかな時間が流れる沖縄を訪れた際に外せないのが、離島。本島周辺に57もの離島があり、本島とは全く違う魅力がたくさんあります。中でもおすすめの離島は「古宇利島」です。全長1,960mの「古宇利大橋」で本島から簡単に行けます。

古宇利島、渡嘉敷島、瀬長島、水納島、伊江島、久高島、ナガンヌ島、伊計島、瀬底島、伊是名島、浜比嘉島
沖縄のおすすめビーチ沖縄と言えばやっぱり海。ぐるりと海に囲まれた沖縄には、美しい海が楽しめるビーチや海水浴場がたくさんあります。中でも人気のビーチは、「古宇利ビーチ」です。海の濃淡が鮮やかで本島随一の美しさを誇ります。

万座ビーチ、瀬底ビーチ、エメラルドビーチ、オクマビーチ、備瀬のワルミ、あざまサンサンビーチ、新原ビーチ、ニライビーチ、残波ビーチ、百名ビーチ、ブセナビーチ、ダイヤモンドビーチ、サンマリーナビーチ、西原きらきらビーチ
沖縄のおすすめイベント琉球文化やアメリカ文化などが入り混じる沖縄では、1年を通して様々なお祭りが開催されています。中でも賑わうお祭りは、8月に開催される「沖縄全島エイサー祭り」。沖縄各地で行われるエイサーの踊り手や歌い手が集まり、地域ごとに違ったエイサーが楽しめます。

ホエールウォッチング(12月~4月)、桜まつり(1~2月)、おきなわマラソン(2月)、島ぜんぶでおーきな祭(3~4月)、琉球海炎祭(4月)、那覇ハーリー(5月)、糸満ハーレー(6月)、名護夏祭り(7月)、うんなまつり(7月)、ピースフルラブ・ロックフェスティバル(7月)、海洋博公園サマーフェスティバル(7月)、与那原大綱曳まつり(8月)、沖縄全島エイサーまつり(8月)、夏祭りin那覇 一万人のエイサー踊り隊(8月)、糸満大綱引き(9月)、首里城公園「中秋の宴」(9月)、那覇大綱挽まつり(10月)、沖縄国際カーニバル(11月)、NAHAマラソン(12月)、いとまんピースフルイルミネーション(12月)
沖縄のおすすめホテル沖縄にはプライベートビーチやプール、アクティビティが楽しめるリゾートホテルや、絶景を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすプライベートヴィラなど、一度は泊まりたいホテルがたくさんあります。中でも人気のおすすめホテルをご紹介します。

  • リザンシーパークホテル谷茶ベイ
  • ルネッサンスリゾートオキナワ
  • ロワジールホテル 那覇
  • ラグナガーデンホテル
  • ホテル日航アリビラ

人気の沖縄ツアーを見る

旅のお役立ち情報 Travel News

旅のお得情報 Sale & Coupon

沖縄旅行・沖縄ツアーのよくある質問

  • 沖縄旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか?

    ビーチやマリンアクティビティなど海を満喫したいなら、7~8月がおすすめ。本島・離島共に一般的に6月下旬〜8月中旬が降水量も少なく、晴れの日が多いといわれています。沖縄は一年を通して温暖な気候なので、春や秋もマリンアクティビティが楽しめます!

  • 沖縄旅行の費用はどのぐらいかかりますか?

    往復航空券+宿泊、レンタカー付きの沖縄ツアーの場合、大人1人あたり4万円台が相場。オフシーズンや格安航空会社(LCC)の利用で那覇エリアの格安ホテルにした場合、更にお得になります。

  • 沖縄旅行は何泊何日が人気ですか?

    沖縄旅行は、期間的にも価格的にもお手頃な2泊3日のツアーと、少しのんびりできる3泊4日のツアーが人気です。

  • 沖縄旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか?

    沖縄旅行は一年を通して人気がありますが、オフシーズンの10月から2月が比較的空いている穴場の時期。お手軽に行きたい方にもおすすめ。雨も少なく平均気温15度以上なので快適に過ごせます。

  • 沖縄への交通手段・所要時間は?

    羽田から那覇までは飛行機で2時間40分~3時間。成田から那覇までは直行便で3時間~3時間半。関西から那覇までは直行便で2時間~2時間半。福岡空港からは約1時間30分で到着します。また、沖縄の離島へは、那覇空港で飛行機を乗り継いで行く場合が多く、那覇空港から、宮古島の宮古空港までは約50分、石垣島の南ぬ島石垣空港までは約1時間で到着します。宮古島、石垣島は直行便の利用もおすすめです。

  • 沖縄ってどんなところ?

    大小さまざまな150以上もの島で構成されている沖縄県。那覇市のある本島では琉球文化を肌で感じるグスク(城)や美ら海水族館などがあります。沖縄、宮古島などの離島では、透明度の高い海を眺めながら、昔からの風景が残る村でのんびりと。沖縄は様々な魅力がつまったリゾートアイランドです。

  • 沖縄で台風が少ない時期は?

    沖縄といえば台風が心配ですが、1969年~2018年の過去50年間で、1月・2月・3月に接近した台風は1つもありませんでした。また12月と4月も台風の接近数が非常に少ないので、12月から4月の沖縄旅行は、台風の心配がほとんどありません。7月・8月・9月は、台風が沖縄に接近する可能性が高い時期。沖縄旅行に行くと決めたら、台風が来ないことを願いましょう!

  • 沖縄で泳ぐことができる時期はいつ?

    例年海開きが行われる3月から10月頃まで海水浴を楽しむことができます。中でも、平均最高気温が30度近くになる6月から9月頃が、海水浴におすすめの時期です。

  • 沖縄の現地での交通手段は?

    沖縄には昔々電車が走っていましたが、今では那覇空港~首里のゆいレールのみしか走っていません。路線バス・高速バスも走っていますが、沖縄を縦横無尽に楽しみたい方はレンタカーがおすすめ。那覇空港付近の営業所は混雑するため、事前に予約をしていきましょう。

  • 沖縄でレンタカーをお得に借りる方法は?

    レンタカーを借りる場合は、「レンタカー付きパッケージツアー」で予約するのが1番お得です。

  • 沖縄旅行の服装は?

    夏は半そででも大丈夫ですが、雨や冷房などで思った以上に寒くなる場合がありますので、一枚羽織るものがあった方が安心。冬は沖縄といえども肌寒くなるので、長そでを着て、暑いと思ったときに備えて半そでを荷物に入れておくことをおすすめします。

  • 沖縄旅行に必要な持ち物は?

    南国の沖縄旅行には、日焼け対策が必須です。日焼け止めはもちろん、帽子やサングラスなど準備は怠らず。日傘があれば、急な雨にも対応できます。現地購入も可能ですが、虫よけやかゆみ止めも一年中必要。レンタカーを利用する方は、免許証やETCカードも忘れずに!

  • 沖縄旅行のおすすめ観光プラン・ルートは?

    沖縄旅行はフリープランで楽しめる航空券+ホテルのセットがお得。また、沖縄本島のホテルに宿泊し、レンタカーで観光をするのが一般的。那覇空港近くでレンタカーを借り、国道58号線を北上しながら点在する観光スポットをめぐるルートがおすすめです。

  • 沖縄旅行で子連れにおすすめのスポットは?

    子連れの沖縄旅行で外せない、一番人気のスポットは「美ら海水族館」。混雑が予想されるので、朝一で行くのがおすすめです。

  • 沖縄旅行のおすすめアクティビティは?

    沖縄といえばマリンアクティビティが人気!「ダイビング」や「シュノーケリング」など人気のアクティビティは事前に予約しておくと安心。お持ちの方は、ダイビングライセンスカードを忘れずに持参しましょう。ビーチや民間施設だけでなく、リゾートホテル内で楽しめるアクティビティサービスもおすすめです。冬は遭遇率98%の高確率を誇るザトウクジラのホエールウォッチングが楽しめます。

  • 沖縄周辺の離島情報は?

    離島と言うと遠いイメージがありますが、沖縄本島から日帰りで行ける離島もあります。大小20の島からなる慶良間諸島なら、那覇から高速船で最短20分。「ケラマブルー」と言われる青い海は絶景です。ウミガメの産卵地としても有名なので、運が良ければ遭遇できるかもしれません。

  • 沖縄のイベント情報は?

    夏には沖縄県唯一の水中花火が見られるシーポートちゃたんカーニバルや、県内最大規模の花火大会が行われる海洋博公園サマーフェスティバルなど。リゾートエリアでは、花火が打ち上がる場所もあります。冬には、プロ野球キャンプやイルミネーション、年々人気が出てきているNAHAマラソンなど、季節を通して様々なイベントが行われています。各イベント公式サイトで時期やエリア情報を確認してからご旅行しましょう。

  • 沖縄で外せないグルメは?

    沖縄では、昔から節目の年間行事に豚肉料理は外せない存在。そのために沖縄では豚肉料理が発展し、そこから生まれたソーキやラフテーを代表として、ミミガーなどおつまみになるものなど多様な沖縄ならではの豚肉料理がおすすめです。沖縄という立地や歴史、文化ならではで発達してきた「沖縄料理」をぜひ現地で味わってみてください。

  • 沖縄で買いたいおすすめお土産は?

    沖縄ならではの雑貨やお菓子はたくさんあるのでお土産選びに困ることはありません。お菓子は、ちんすこうや紅芋タルトが定番。家族や大切な人、または自分用に、琉球ガラスを使った雑貨や、沖縄ならではのかりゆしウェアもおすすめです。

  • 沖縄旅行でコロナ対策など気を付けることは?

    沖縄県では、引き続き新型コロナウイルス感染症の拡大防止策を進めております。観光地や観光施設等では、3密を避けるため、人数制限や時間制限を設けていることがあります。お出かけ前に必ず公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。