おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

アメリカで使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

アメリカのWiFiについて

ニューヨークやロサンゼルスのような憧れの街歩きにグランドキャニオンなどの世界遺産巡りなど、見るべきスポットに事欠かないアメリカ。旅先で日本にいる時と同じようにiPhoneやAndroidスマホで観光情報や天気を調べたい、あるいはLINEやFacebookで写真を送りたいという人におすすめしたいのが海外レンタルWi-Fiルーターです。 インターネットで簡単に契約でき、空港のカウンターや宅配などで、受け取りも返却も簡単です。現地の携帯電話を借りたり、SIMカードを購入したりと、どうすればいいのかよくわからず日本の通信キャリアのサービスを何気なく使っている人も多いのではないでしょうか? レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターであれば、スイッチを入れればすぐにいつも使っている端末で海外でもインターネットを利用できます。空港やカフェなどで提供されているフリーWiFi(ワイファイ)と違って動きながらでも利用でき、旅の感動を共有したい瞬間に「遅い」「繋がらない」というガッカリもありません。ただ、グローバルWiFi(ワイファイ)やイモトのWiFi(ワイファイ)、Wi-Ho!などアメリカでは、レンタルWiFi(ワイファイ)を提供している会社が多く、どこを選べばいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 料金や使える通信量、1国だけでなくほかの国々でも使えるものなど、さまざまな視点からピッタリのWiFi(ワイファイ)ルーターが見つかるようにサポートします。どうしてもというときだけに使う保険のような感覚で持っておきたい人から、アメリカで写真をたくさん撮ってSNSにリアルタイムでアップしていきたいという人まで、最適なWiFi(ワイファイ)ルーターが見つかりますよ。もはや海外旅行の常識になったレンタルWi-Fiルーターで快適通信を楽しみましょう。

アメリカのWiFiレンタル最安値比較

  • 人気1位プラン


    アメリカ本土 4G LTE(300MB) 4G

    申込期限1~3日前まで 290円/日

  • 人気2位プラン


    アメリカ本土 4G LTE 大容量(600MB) 4G

    申込期限1~3日前まで 490円/日

  • 人気3位プラン


    アメリカWi-Ho!® 4G 通常プラン(250MB) 4G

    申込期限1~3日前まで 320円/日

ブランド プラン 申込期限 ご利用料金 詳細・予約

人気1位
アメリカ本土 4G LTE(300MB)
4G

1~3日前まで

290円/日


人気3位
アメリカWi-Ho!® 4G 通常プラン(250MB)
4G

1~3日前まで

320円/日


アメリカWi-Ho!® 4G 大容量プラン(500MB)
4G

1~3日前まで

370円/日


大容量プラン
3G

1~3日前まで

490円/日


人気2位
アメリカ本土 4G LTE 大容量(600MB)
4G

1~3日前まで

490円/日


アメリカ本土 4G LTE 超大容量(1.1GB)
4G

1~3日前まで

695円/日


アメリカWi-Ho!® 4G 1ギガプラン(1GB)
4G

1~3日前まで

740円/日


大容量プラン
4G

1~3日前まで

780円/日


ギガプラン
3G

1~3日前まで

840円/日


アメリカ特別エリア 4G LTE(300MB)
4G

1~3日前まで

970円/日


ギガプラン
4G

1~3日前まで

980円/日


レギュラープラン(500MB)
4G

1~3日前まで

1,000円/日


大容量プラン
4G

1~4日前まで

1,250円/日


アメリカ特別エリア 4G LTE 大容量(600MB)
4G

1~3日前まで

1,270円/日


アメリカ特別エリア 4G LTE 超大容量(1.1GB)
4G

1~3日前まで

1,470円/日


ギガプラン(1GB)
4G

1~3日前まで

1,500円/日


アメリカWi-Ho!® 4G 無制限プラン(無制限)
4G

1~3日前まで

1,665円/日

アメリカのWiFiレンタル日数別比較表

アメリカのWiFiお役立ち情報

旅行に役立つ!アメリカの基本情報

アメリカってどんな国?

北アメリカ大陸にある、アメリカ。アラスカ州やハワイ州を含め、50の州とワシントンD.Cからなる広大な国で、アメリカの星条旗の星の数が50あるのはこの州の数に由来しています。世界経済や文化の中心地ニューヨーク、ハリウッド映画で名を知られるロサンゼルス、カジノの華やかな世界が体感できるラスベガスなど、数々の魅力的な街はもちろん、グランドキャニオンやナイアガラの滝など、広大な自然を楽しむのもおすすめです。

アメリカの気候やシーズン

広大な国土を要するアメリカでは、気候も様々。ロサンゼルス、サンフランシスコがある西海岸南部は温暖な気候が特徴。年間を通しての降水量は少なめ。しかし、夜になると急に気温が下がるので羽織るものが必要です。一方、ニューヨークには四季があり、夏は高温多湿。冬は雪が降り、氷点下になる日もあります。特にマンハッタンはビル風でより寒さを感じます。春と秋は気温は安定しますが、にわか雨に注意しましょう。

詳しく

【アメリカ】旅行者必見! 日本とは違うサンフランシスコの気候

サンフランシスコ - 雑学

サンフランシスコはアメリカの西海岸に位置し、比較的日本からも近く交通の便もいいことから日本人にも人気の観光地の一つです。ガイドブックを見るとサンフランシスコの気候は“1年中温暖で過ごしやすい”って書いてあるものが多いですよね。確かにその通りですが、やはり日本とは全く違う気候なので注意したほうがことがたくさんあります。そんな事前に知っておきたいサンフランシスコの気候で注意したほうがいいことをご紹介します。旅行準備の参考にしてくださいね。

アメリカの平均気温や平均降水量

【ニューヨーク】

mm
1月 0.3 80.5
2月 1.5 76.7
3月 5.6 91.2
4月 11.2 99.1
5月 16.9 96.5
6月 21.9 92.7
7月 25.0 96.5
8月 24.3 86.6
9月 20.2 83.8
10月 14.2 73.2
11月 8.6 92.7
12月 3.2 86.9

【西海岸】

mm
1月 14.1 61.0
2月 14.8 63.8
3月 15.2 50.3
4月 16.8 18.3
5月 18.1 3.6
6月 20.2 0.8
7月 22.3 0.3
8月 23.0 3.8
9月 22.3 7.9
10月 20.1 8.6
11月 16.8 44.7
12月 14.2 42.2

アメリカの治安や物価情報

アメリカの中でも、比較的治安が良いと言われているのが、ニューヨークやロサンゼルス、ボストン、ラスベガスなどです。ただ、治安が良いと言ってもやはりアメリカ。銃社会でもあり、細心の注意は必要です。一方、デトロイトやセントルイス、アトランタなどはあまり治安が良いとは言えず、初心者にはおすすめできません。物価は日本との差を感じる事はあまりないですが、レストランやホテルではチップが必要なので、その分高く感じるかもしれません。

詳しく

【アメリカ】日本とは違う! 旅行時に頭に入れておくべきニューヨークの治安事情

ニューヨーク - 雑学

ニューヨークの治安は良くなったと言われることが多いですが、日本の治安に慣れている日本人が自国と同じような治安だと勘違いしてしまうと、簡単に事件に巻き込まれてしまいます。日本では身近ではないドラックや銃といったものが、ごく身近に存在するのかニューヨークなんです。日本では普通の光景がニューヨークでも普通ではないこともあります。楽しいニューヨーク旅行を満喫しつつも、常に日本とは違うということを忘れず、何か違う雰囲気を感じ取ったら直ぐにその場を離れる、危険といわれている場所には近づかないなどの自衛措置は忘れないでくださいね。

詳しく

【アメリカ】憧れのニューヨーク生活でビックリする前に!? 日本の物価と比較してみよう

ニューヨーク - 雑学

世界の中心地といっても過言ではない大都会のアメリカ・ニューヨーク。アメリカのテレビドラマを見て"住んでみたい"と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。ところで、実際にニューヨークの物価って知っていますか? アメリカの物価は日本よりも安いと思われるかもしれませんが、同じアメリカでも大都会ニューヨークは違います。東京の都心に住むよりも物価が高いものがたくさんあります。その中でも特に、日本に比べて物価が高いと思うものをご紹介します。将来ニューヨークに住みたい方は必読ですよ。

アメリカのグルメ情報

アメリカと言えば、ステーキにハンバーガー、ピザというイメージを持っている人も多いのでは?日本にはない大きなサイズにテンションが上がること間違いなし。もちろん、その他にもおいしいグルメがたくさん。朝食に人気の「エッグベネディクト」やアメリカ料理の定番「マカロニチーズ」、カラフルでかわいいカップケーキなど、アメリカならではの味を存分に堪能してみてくださいね。

■アメリカで利用できるレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを比較しよう!

グローバルWiFi(ワイファイ)

グローバルWiFi(ワイファイ) は24時間365日体制で安心のカスタマーサポートを行っており、現地通信会社の回線を利用するため、いつでもどこでも高速・高品質なインターネットを使えます。メールやSNSメッセージが主な用途の方におすすめの3Gプラン、データ通信量が3Gより最大21倍も速く繋がる4G LTE通常プラン、1GB使える超大容量プランは容量を気にすることなく使用できます。オプションで一日500円から補償パックへ加入でき、WiFi(ワイファイ)機器、スマートフォンなどの充電が可能な持ち運びができるモバイルバッテリーも付いてくるのでおすすめです。また一日500円でiPad 第4世代やiPad miniのレンタルも可能です。一か月以上前に予約するとさらに値引きされるので、早期予約がおすすめです。申し込みはWEBで受け付けています。受取・返却は、空港または宅配で、空港カウンターは全国で15か所あります。宅配料金は500円で、二日前の事前受け取りを希望する場合は、1000円(税抜)の事前受取料金がかかります。

イモトのWiFi(ワイファイ)

イモトのWiFi(ワイファイ)は現地の通信会社に直接アクセスすることで非常に安価な価格で提供しており、3G WiFi(ワイファイ)プランが最安です。4GLTEの高速データが可能なWiFi(ワイファイ)プランも勿論用意されています。受取方法は、空港カウンターまたは宅配で、空港利用料、宅配手数料がそれぞれ1台につき500円上乗せされます。(税抜)受取カウンターは、成田、羽田、関西、中部、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けています。宅配で返却する場合は、送料は自己負担で、発送が帰国後2日以降となった場合、1台あたりの延滞料2,000円/日(+税)が発生します。東京本社(渋谷区)で直接受取・返却をする場合は、手数料がかかりません。現地の携帯通信会社を選択し、その国専用の3GのWiFi(ワイファイ)ルーターを提供しています。

Wi-Ho!(ワイホー)

各地域をまたいで活用できる周遊ワイホープランでは、レンタルWiFi(ワイファイ)会社の中でも最安値クラスです。最大接続台数は5台なので、大人数で旅行へ行った際はみんなとシェアでき便利です。申し込みはWEBで受け付けており、申し込み期限は成田・羽田・関西空港以外は三日前までです。受取・返却は空港カウンターまたは宅配で、空港カウンターは成田・羽田・関西空港にあり、宅配の場合は受取の送料は無料で、返却時は自己負担です。オプションでは、モバイルバッテリーのレンタルが一日一台216円、盗難や事故などで免責額が割引となるあんしん補償が日額216円で加入できます。

Telecom Square(テレコムスクエア)

Telecom Square(テレコムスクエア)では、急な海外出張時や急ぎで商品を受け取りたい場合に便利なWEB当日申し込みサービスがあり、1回540円で申し込み3時間後に空港カウンターで商品の受け取りが可能です。受取カウンターは、新千歳、成田、羽田、関西、中部、高松、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けており、有料で宅配での受け取りも可能です。返却は受付カウンターまたは返却ボックスで返却できます。受取予定日の2日前からキャンセル料が発生し、申込確認書が送付済みの場合は、キャンセル料金がかかります。オプションでは、WiFi(ワイファイ)ルーターとスマートフォンが約1回フル充電可能なモバイルバッテリーライトが216円(不課税)でレンタルできます。安心補償プラスと旅行先からの電話通訳や相談サービスを受けることができるコンシェルコールがセットになった補償プランが一日432円で加入でき、盗難や紛失などに関しては負担金が実質0円なのでおすすめです。

JAL ABC

JALマイレージ、デルタスカイマイル、UAマイレージのマイレージが貯めれるJAL ABCは、空港手数料、引渡し手数料等は一切なく、空港の出発・到着階それぞれにカウンターがあるので、受取りも返却もスムーズです。おもな空港カウンターは成田・羽田・関西空港で、インターネットもしくは電話で申し込みできます。申し込み締切は、成田空港が受取日の前日18時まで、羽田・関西空港が受取日二日前の18時までです。在庫がある場合は、当日レンタルも可能です。料金はデータ通信料無制限で、最安で一日定額1150円です。短期間に大量のデータ通信を行った場合は、通信量の制限が行われる場合もあります。盗難や事故などで免責額が割引となる安心補償が日額216円で加入できます。

■WiFi(ワイファイ)ルーターのメリット

写真を送る、現在地を調べる、無料電話をかける、WiFi(ワイファイ)ルーターがあればどこでもOK

海外でスマホが自由自在に使えれば、旅行時のちょっとした不自由を解消してくれます。例えば、高額な通話料がかかる携帯電話間の国際電話もLINEアプリを使えば無料で通話可能。出張旅行中の突然のメールなどにもすぐに対応できます。移動した先でその都度WiFi(ワイファイ)環境を探さなくていいのが気楽ですし、移動中の暇な時間にインターネットが使えます。フリーWiFi(ワイファイ)スポットでは、その場から動くとすぐに接続が切れてしまうので、動き回りながら見られるのは大きなメリットです。もちろんトラベルブックも現地で見られるので、観光情報のチェックにぜひ活用して下さいね。

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターと海外パケット使い放題の料金比較

頻繁に海外旅行をしている人の中には、携帯キャリアが提供する「海外パケット使い放題」を利用されている人がいるかもしれません。しかし、携帯各社のサービスと海外レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターと比べると、後者の方が断然お得です。料金のリーズナブルさに加えて、何より使えるデータ容量の大きさが魅力。海外パケット使い放題の約10倍近い容量が使えます。多くのレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターに用意されているプランの1日250MBの定額通信では、一般的な目安としてスマホなら最大約140分程度の動画閲覧、約1700ページのウェブページが閲覧可能です。

■レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの借り方・プランの選び方

用途に合った通信速度、容量のレンタルプランを選ぼう

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターは、通信速度や通信量、バッテリー容量などでいくつかのプランに分かれています。それぞれのプランの違いを知って、用途や使用人数に合わせたプランを選ぶのが、賢く海外レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを利用するコツです。例えば、4G-LTEと3Gとでは通信速度が異なり、4G-LTEの方がより高速通信が可能。データ量の大きい動画や写真をたくさん送受信する方ならば、4G−LTEに対応しており大容量のものがおすすめです。とにかく節約第一の方には3Gで、容量も少なめのものを選ぶといいでしょう。

大容量プランって?

お友達や家族など複数人でレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを使うなら大容量プランがおすすめです。レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターは複数端末で同時に利用できるので、一台で複数人が利用できます。1日の使用量は最大500MBのところもあれば、1GBやそれ以上のところもあります。使用可能容量の大きいものを選べば、一人ずつで借りるよりも節約できます。

複数エリア利用可のプランも

2か国以上をまたいで旅行する方のために、複数の国に対応している万能なWiFi(ワイファイ)ルーターもあります。たいていは「周遊プラン」という名前がついているものがそれに当たります。ヨーロッパ周遊プランや東南アジア周遊プランなど、複数国回ることも多いエリアでは、借りて返してを繰り返さなくていいので、旅行中楽に過ごせます。

■レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターのレンタル&返却手順

申し込み

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを利用する場合、主な申し込みの窓口はインターネットか空港、各会社の店舗です。インターネットからであれば事前に申し込みができ、料金やオプションなどをじっくり考えられるのでおすすめです。空港か店舗で当日借りようとしても、在庫がないということもありますので、事前に申し込んでおくのが安心ですね。渡航先、希望プラン、旅行の日程を入れて簡単に料金見積もりができます。問題なければ申し込みを行いましょう。支払いはクレジットカードでのWEB決済が一般的ですが、会社によっては受取や返却の際に現金払いができるところもあります。

受取

受取に関しては空港か各店舗に加えて、自宅への宅配を行っているところもあります。宅配の場合は配送料がかかりますが、旅行前に物品の確認ができ空港や現地店舗に寄る必要がないので、移動時間を節約したい人におすすめです。

返却

返却も空港の専用カウンターや店舗などで簡単にできます。会社によっては、レンタルCDを返すように返却ボックスに入れるだけのところもあります。帰り際に返すのが面倒という人には、後日配送で返却できるところもありますので、自分のやりやすい方法で簡単に返せます。

■WiFi(ワイファイ)ルーターの使い方

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの使い方はとっても簡単です。WiFi(ワイファイ)端末のスイッチを入れ、表示されたパスワードをお手持ちのスマホやタブレットに入力するだけで接続できます。使用するうえで最初に見つけてほしいのは、「SSID」と「Key」という2つの項目です。レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの電源を入れた時に画面に表示されるものや、端末にシールで張り付いているものがありますので、最初にどちらのタイプのレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターなのか確認しておきましょう。「SSID」はルーター固有の電波番号のようなもので、どこから来ている電波なのかを表しています。「Key」はパスワードのことで、接続する際に入力するのはこちらです。

接続する際には、まずレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの電源を入れましょう。次に、スマホやタブレットでWiFi(ワイファイ)設定の画面を開くと、近くに飛んでいるSSIDの一覧が表示されますので、一致するものを選択します。すると、パスワードを入力する画面が出ますので、該当のパスワードを入力したら接続ボタンをタップしましょう。SSIDとパスワードがちゃんと合っていればインターネットにつながるようになります。

■レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターとセットで便利なオプションの数々

グローバルWiFi(ワイファイ)の海外レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターには、充電用のACアダプターとUSBケーブル、接続マニュアル、該当国で使える変換プラグがセットでレンタルされます。その他、以下のオプションを追加すれば、さらに便利で安心です。

あんしん補償

思わぬトラブルに遭遇することもある海外旅行。もしもに備えて加入しておきたいのがほとんどの会社に用意されている「補償制度」です。WiFi(ワイファイ)ルーターの紛失や盗難、故障や水没の際に、修理代金や再調達代金が減免されます。概ね日額200円〜300円となっており、被害にあっても支払いが100%免除されるものや80%免除のもの、パスポート紛失の際の再発行手続きにかかる費用の補償までしてくれるものまであります。補償制度に入っていないと、全損や盗難の場合3〜5万円もの支払いとなってしまいます。自分は大丈夫と過信せず、必ず申し込んでおきましょう。

モバイルバッテリー

移動の多い旅先で起こりやすいWiFi(ワイファイ)ルーターの電池切れ。モバイルバッテリーがあればスマホやタブレットも一緒に充電可能です。バッテリーの容量や一度に充電できる端末の数など各社違うものを用意しています。スマホやタブレットのヘビーユーザーなら必須のアイテムですよ。現地の充電方式に対応したものをレンタルできる場合や、専用の変圧器がセットになることが多いので、普段からモバイルバッテリーを使っている人は、こちらのほうが安心かも。

マルチ変換プラグ

複数国対応型の変換プラグは数か国を旅する際に便利です。レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターには、渡航国に対応した電源プラグがセットになっていることもありますが、そうでない場合はレンタルしておくと安心です。

その他の便利なオプションアイテム

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを提供している会社によって用意しているものが違いますが、現地用のスマホやタブレットも合わせてレンタルしてくれるところもあります。普段はスマホしか使っていないけれども、旅行中は大きな画面のタブレットを使ってみたいという人や、普段の端末を海外で使うのは心配という場合などに便利です。その他、旅行中の思い出作りをより楽しくしてくれる、特殊なカメラのレンタルもおすすめです。自分で買うほどでは…という最新アイテムがレンタルで使えるので、新しもの好きな人は各社のオプション品をよくチェックしてみてください。

■アメリカ観光で覚えておきたいフリーWiFi(ワイファイ)スポットと使い方ガイド

ニューヨークで使える公共WiFi(ワイファイ)について

マンハッタン内では、LinkNYCというプロジェクトが開始され、Linkと呼ばれるWiFi(ワイファイ)用のキオスク(ステーション)がマンハッタン内に設置されたことによりフリーWiFi(ワイファイ)が利用できるようになりました。今後12年間で7,500台の設置を目指していますが、まだ設置作業中の場所も多く、全域で使用できるわけではないので、常に接続が必要な場合は不向きです。このキオスクではUSBポートがあり、各デバイスの充電も可能です。接続方法は、WiFi(ワイファイ)設定画面で「LinkNYC Free Wi-Fi」をタップし、接続画面にEメールアドレスを入力しConnectを押すと繋がります。

ロサンゼルスで使える公共WiFi(ワイファイ)について

ロサンゼルス国際空港では多くの場所で無料で提供され、ハイスピードを求める方に1時間$4.95や24時間$7.95というプランがあります。ホテルは客室から公共ロビーまでほとんどのホテルで無料WiFi(ワイファイ)を提供しています。ダウンタウンLAはパーシングスクエア、ヒストリックコア、ファイナンシャル街、バンカーヒルやリトル東京まで無料でWiFi(ワイファイ)が繋がる場所がたくさあります。ドジャ・スタジアムとステイプルズ・センターは、ステイプルズセンター内の全席でWiFi(ワイファイ)にアクセスでき、ネットワーク名は「VerizonWiFi(ワイファイ)」で隣のNokia Plaza L.A LIVEまでネットワークが広がっています。しかしどれも場所によっては電波が不安定になることも多いので、レンタルWiFi(ワイファイ)がおすすめです。

アメリカのスターバックスのフリーWiFi(ワイファイ)について

アメリカの全米チェーンのスターバックスではWiFi(ワイファイ)が無料で使用できます。また、別にお店の中に入らなくとも、その店のすぐ外でも電波が掴まります。スマートフォンで付近の情報を知りたいというときは、店の中に入ってコーヒーなどを注文しなくとも、出来るだけ店の建物に近い駐車スポットに車を止めて、そこで車の中から無料WiFi(ワイファイ)に接続することが出来ます。スターバックスで無料WiFi(ワイファイ)に接続する方法は、スターバックスのSSIDをタップしますが、SSIDが必ずしも「Starbucks」とは限らず、お店や州によって違います。

アメリカのマクドナルドのフリーWiFi(ワイファイ)について

アメリカの全米チェーンのマクドナルドではWiFi(ワイファイ)が無料で使用できます。また、別にお店の中に入らなくとも、その店のすぐ外でも電波が掴まります。スマートフォンで付近の情報を知りたいというときは、店の中に入ってハンバーガーなどを注文しなくとも、出来るだけ店の建物に近い駐車スポットに車を止めて、そこで車の中から無料WiFi(ワイファイ)に接続することが出来ます。マクドナルドで無料WiFi(ワイファイ)に接続する方法は、マクドナルドのSSIDをタップして接続しますが、SSIDは必ずしも「McDonald」という名にはなっておらず、お店や州によって違います。

アメリカのカフェやレストランのフリーWiFi(ワイファイ)について

カフェやレストランは、ほとんどのところでWiFi(ワイファイ)あり、ロックがかかっていることが多いですが、パスワードは、お店に掲示されていたりレシートに書かれているので、その都度アクセスすることが必要です。接続画面はすべて英語で、もしパスワードが見つからない場合は、店員さんに聞けば教えてくれるので、英語が得意な方は簡単に接続できます。WiFi(ワイファイ)がある場合は、必ずお店の外に見えるように「WiFi(ワイファイ)」と掲示されています。

アメリカの公園で提供されるフリーWiFi(ワイファイ)について

シティ全体で無料のWiFi(ワイファイ)が使えるところが近日増えてきました。例えば、ロサンゼルスのサンタモニカ、ショッピングストリートであるサードストリートプロムナードでは、どこでもWiFi(ワイファイ)が使えます。また、ニューヨークでは、セントラルパーク、バッテリーパーク、タイムズスクエアなどが使えます。ただ、使える範囲が限定的だったり、通信が不安定なところもあるので、事前にレンタルWiFi(ワイファイ)などを用意していくことがおすすめです。

アメリカの公共交通機関のフリーWiFi(ワイファイ)について

国土が広いアメリカは陸路での都市から都市への移動にかなりの時間を費やすため、長距離バスのMegabus、高速鉄道Aceraなどの交通機関でもWiFi(ワイファイ)を利用できます。バスはWiFi(ワイファイ)が完備されているとのことですが、街中を離れると通信がうまくできないことが多いそうなので、あまり期待をしない方がいいかもしれません。また電車(地下鉄)などの公共交通機関でも無料WiFi(ワイファイ)スポットが使用可能です。しかし無料WiFi(ワイファイ)スポットはあくまでも無料のサービスで大勢の人が使うものなので、セキュリティー面が気になったり通信速度が不安定といったデメリットもあります。

アメリカの空港で利用できるフリーWiFi(ワイファイ)について

大きな国際空港は、ほとんどのところでWiFi(ワイファイ)があり、場所によっては無料で使えます。日本人旅行者がよく利用する空港の中で無料WiFi(ワイファイ)が使えるところは、ロサンゼルス国際空港、サンフランシスコ国際空港、オーランド国際空港、マッキャラン国際空港(ラスベガス)、ダラス・フォートワース国際空港などです。接続方法は、SSIDに「AIRPORT FREE」となっているのをタップして接続する場合が多いですが、すべて英語表記です。その他の空港は、有料のWiFi(ワイファイ)の場合が多いです。

ホテルなど宿泊施設のWiFi(ワイファイ)について

基本的には、アメリカにホテルのように多く存在する宿泊施設のモーテルは無料でWiFi(ワイファイ)が入っているところがほとんどです。30ドル代の安いモーテルでも、ほぼWiFi(ワイファイ)がありますが、安いモーテルは設備面であまりおすすめできません。ホテルの場合は基本的に無料ですが、有料のところもたくさんあります。そして、ホテルやモーテルは部屋でWiFi(ワイファイ)が使えるのが一般的ですが、ロビーやプールなど公共の施設内のみのところもあります。

海外用レンタルWi-FiルーターQ&A〜よくある質問と回答〜

Q:Wi-Fiルーターとはどんなもの?

A:無線でインターネットに接続するためのコンパクトサイズの機器です。WiFiルーターに電源を入れパスワードを入力をするだけで、海外でもインターネットが利用可能になります。普段お使いのスマートフォンやPCをインターネットに接続するためには、それぞれ通信会社との契約が必要になりますが、Wi-Fiルーターを使うことで、契約していない端末でもインターネットに接続し、メールやSNS、調べ物などができるようになります。

Q:Wi-Fiルーターのレンタルセットは何が含まれていますか?

A:会社によって異なりますが、基本的にWi-Fiルーターと充電用のACアダプタ・USBケーブル、日本語の取り扱い説明書が付きます。1つのポーチにまとまっているので、持ち運びに便利です。また、渡航先の国によっては、コンセントの変換プラグも加わります。その他オプションで付けられる、モバイルバッテリーやカーチャージャー、タブレットなど選択に応じてセットになります。

Q:Wi-Fiルーターはパケット使い放題なのでしょうか?

A:申し込み時に選択するプランによって、パケット容量は異なります。使い放題ではありません。1日のパケット上限が決まっているところや、利用期間中の総計で上限が決まっているところなど、容量は各社で異なります。目安として100MBのプランの場合、グーグルマップで約27回くらい調べると上限に達します。

Q:利用上限を越えたらどうなりますか?

A:使いすぎで申し込んでいるプランの上限に達した場合、プランや会社によって対応は変わりますが、速度制限がかかるか回線停止措置がとられます。上限に達した場合、各社からその旨を記載したメールが届き、その後の利用についてはメールに記載のカスタマーセンターに問い合わせて、対応を確認することになります。

Q:「3G」と「LTE(4G)」の違いは?なぜ値段が違うの?

A:通信する回線が異なり、通信速度やレンタル料金に違いがあります。「3G」の場合、通信速度が遅く感じる場合がありますが、レンタル料金は比較的お得です。一方「LTE (4G)」の場合、3Gに比べて通信速度が早く、海外でも快適なインターネット通信が可能です。国によっては3G回線しかない場合もありますが、大きな画像や動画閲覧などをしない、メッセージ利用程度であればあまり気にならないでしょう。また、レンタル料金はそれぞれの通信速度以外に、1日に使える容量の違いも関係してきます。家族やグループでシェアする場合には、大容量タイプを選んでシェアして使うとお得です。

Q:Wi-FiタイプとUSBタイプの違いは?

A:Wi-FiタイプはWi-Fi(無線LAN)に対応していて、ポケットやバッグに入れたままでも複数人でインターネットに同時接続ができます。USBタイプはUSBポートがある機器(ノートパソコンなど)でのみ利用可能です。有線接続になるので、ケーブルで直接繋がないとインターネットが利用できず、複数人で同時接続したい場合には同時接続用の専用ケーブルを別途用意する必要があります。

Q:レンタルWi-Fiルーターの機種は選べますか?

A:各レンタル会社で用意している機種のなかから、渡航先や利用プランに応じて最適なものになるため、レンタル機種の選択はできません。

Q:レンタルの申込みはいつまでにすればいい?

A:レンタル会社や選択した端末受取方法によって異なりますが、海外渡航日の4日前までに申込めば間に合うケースが多いです。一部の空港カウンターやレンタル会社に直接取りに行く場合、そのときの在庫があれば前日の申し込みでも間に合う場合もあります。ただし、Wi-Fiルーターの在庫状況やレンタル会社によって状況は異なるので、余裕を持って早めに申し込むのがおすすめです。

Q:レンタルの申込みは空港カウンターでもできますか?

A:空港カウンターでは、各社とも受付対応は行っていません。インターネットか電話にて事前に申し込み手続きを済ませておき、カウンターでは受け取るか返却のみの対応となります。

Q:レンタルの申込みは電話でもできますか?

A:レンタル会社によって異なりますが、弊社で案内しているレンタル会社では、グローバルWiFi、JAL ABC以外では電話申し込みには対応していません。

グローバルWiFi・海外携帯比較ナビ専用受付センター
電話番号:0120-580-975(24時間受付/携帯・PHSからOK)

JAL ABC申し込み受付コールセンター
電話番号:0120-919-120(平日9:00~18:00/土日祝9:00~17:00受付)携帯からはこちら03-3545-1131

Q:レンタルの申込み後のキャンセルはできますか?

A:各レンタル会社によって対応方法は異なりますが、基本的にキャンセル可能です。レンタル予定日の直前や、配送してもらった後のキャンセルなどの際は、キャンセル料が発生することがあるので、各社にお問い合わせください。キャンセル料が発生する場合、申込時のクレジットカードから引き落とされるので特別な手続きは基本的に発生しません。

Q:Wi-Fiルーターレンタル料金の支払方法は?

A:レンタル会社によって異なりますが、料金のお支払いは原則クレジットカード(本人・法人名義)での精算となっています。クレジットカードを持っていない未成年などの場合は、銀行振込や現金振込にも対応してもらえる場合もあります。その場合、事前支払いになるのが一般的です。

Q:Wi-Fiルーターレンタルの利用料に領収書はもらえますか?

A:領収書の発行に関しては、レンタル会社によって対応が異なります。希望に応じて領収書を発行してくれるところもあるので、申し込み前に直接問い合わせるか、予約の際に領収書発行の希望を申し込んでおきましょう。

Q:レンタルWi-Fiルーターの受取方法は?

A:日本の主要国際空港のカウンターや宅配便などで受取が一般的です。空港のカウンターを使う場合、ご自身が利用するターミナルをきちんと確認して置かないと、受け取り場所を間違えて現場で慌ただしくなることがあるので要注意です。宅配便であれば好きな場所への配送を指定できます。そのほかレンタル会社の東京本社や、海外現地オフィスがある場合は、そちらでの受渡に対応していることもあります。

Q:空港受取の際、申し込みと違う人が取りに行っても大丈夫ですか?

A:大丈夫です。受注確認書と受け取る本人の身分証明書を用意して受取に行ってください。

Q:レンタルWi-Fiルーターを勤務先の会社に届けてもらうことはできますか?

A:レンタルWi-Fiルーターは勤務先や自宅など日本全国お好きなところに配送可能です。どのレンタル会社も対応しているのでご安心ください。予約の際に配送先を指定できます。

Q:レンタル端末の配達時間帯指定はできますか?

A:各レンタル会社によって対応は異なりますが、一部対応しているレンタル会社があります。Web予約フォームに、希望配達時間の項目を設けている場合は、そこに受取可能な時間を設定して申し込んでください。

Q:レンタル端末の返却方法はどのようにするのでしょうか?

A:受取時と同様の方法で返却可能です。空港カウンターや宅配便での発送、レンタル会社の本社や現地オフィスでの直接返却ができます。

Q:レンタル端末の受取と返却方法は違う方法(空港・宅配)でも大丈夫ですか?

A:受取も返却も違う方法を利用できます。申し込みフォームにそれぞれ、受取と返却方法を入力する項目があるので、そちらに入力してください。違う空港窓口を選択することや、片方は宅配で、片方は空港カウンターでも可能です。

Q:空港での返却を忘れてしまった場合どうすれば良いでしょうか?

A:宅配で返却をお願いします。各社状況は異なりますが、一定の期間を越えて返却されない場合には、延長料金がかかる場合があります。詳しい方法は各社にお問い合わせください。

Q:レンタル期間はいつからいつまでですか?

A:基本的には出発日から帰国日まで間、1日単位での契約となります。利用期間の設定は、ご自身の使いたい日数に応じて自由に申し込みができます。レンタル会社によって、使う日数ごとのお得なプランが異なるので、中・長期プランや複数の国をまたいで利用したい場合はよく検討したほうがいいでしょう。

Q:Wi-Fiルーターの電源は入れたままでも大丈夫?

A:Wi-Fiルーターの電池は消耗しやすいため、使用しないときは電源をオフにしておきましょう。電源を入れたままでも問題ありませんが、いざというときに電池がなくて使えないということを避ける意味で、こまめに電源を切ることをおすすめします。

Q:Wi-Fiルーターの電池の持ち時間はどれくらい?

A:Wi-Fiルーター利用環境(接続台数や通信容量)によって異なりますが、3~5時間が目安で、1日電源を入れたままではすぐに電池がなくなってしまいます。利用するときだけ電源を入れるようにするといいでしょう。長時間利用する際は、予備バッテリーのオプションを追加するのがおすすめです。

Q:海外で充電はできますか?国によって違うコンセントの形に対応しているのでしょうか?

A:各社のレンタルWi-Fiセットに、渡航先で使える変換プラグが含まれています。別途変圧器が付く場合や変圧できるモバイルバッテリーが付く場合があるので、利用開始前に取り扱い説明書に一度目を通しておくことをおすすめします。基本的に充電に関しては、基本セットに必要なものがすべてついてきます。

Q:渡航先でレンタル端末や、セット品を紛失・破損した場合どうすれば良いでしょうか?

A:レンタル各社に用意されている、お客様サポートセンターにご連絡をお願いします。セット品にサポートセンターの連絡先が記載されているので、そちらをご確認ください。それも無くしてしまうときのために、もしものときの連絡先をまとめておくのも良いでしょう。現地オフィスが近ければ、新しい端末に取り替えることができる場合もあります。紛失・破損時には、それに応じた弁償代金がかかるので、端末補償サービス(任意加入)に入っておくことをおすすめします。

失敗しないための持ち物リストはこちらから!

これは持って行こう!香港旅行の必需品

パスポート

これは当然ですよね!でも実際空港で忘れていたことに気付くなんて人が少なくないのも事実。また有効期限などにも事前チェックを!
パスポートを忘れないように、こんなアイテムもありますよ。

楽天市場

パスポートケース

参考価格:1,500円

航空券

今はネット予約が多い時代ですが印刷しておいて損はありません!予備と二枚あるといいでしょう。
航空券をなくさないためにこのアイテムがおすすめ!

楽天市場

紙和(シワ) パスケース

参考価格:3,780円

日本円

空港内での買い物、そして帰国後の移動など最小限は持っていきましょう。
また、日本円は旅行先では使いませんが、スーツケースなどには入れずに手荷物の中に入れて肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

楽天市場

イタリア本革 極小財布

参考価格:7,500円

現地通貨

現地で両替するよりも国内で両替した方がレートが良い場合があるので、事前にチェックしましょう!旅行先でお金を持ち歩く際は、かさばらないのがいいですよね。
そんなあなたにおすすめの財布はこちら!

楽天市場

abrAsus(アブラサス)×Orobianco(オロビアンコ) 薄い財布

参考価格:16,950円

海外旅行傷害保険

何が起きるかわかりません!怪我だけでなく荷物紛失なども対象になっているタイプもあるので安心です。しかし、それぞれの保険の特徴って比べるのに時間がかかりますよね。そんな人のために、人気の保険の特徴をピックアップ!

・エイチ・エス損保「たびとも」
海外旅行会社大手のH.I.Sのグループ会社で安心!個人・ファミリー・グループと目的に合わせて選ぶことができ、ネット専用保険。世界各地から日本語でつながる安心のサポート体制で、旅行中も安心して過ごせます。
・損保ジャパン日本興亜の「off!(オフ)」
満足度ランキングなどで1位になっている人気の保険。旅行行先や、旅行日数に合わせて合理的なプラン設計が可能。契約者名義のクレジットカードがあれば、ネットで簡単に申し込みができます!3ヶ月間まで契約できるのも魅力のひとつです。
・三井住友海上の「@とらべる」
ネットの保険で、書面での契約より割安な価格設定が魅力です。行く先や内容にもよりますが、46%とおよそ半額近く安くなるケースもあります。またリピーター割引もあるので、よく海外に行く人にはお得になります。
・au損保「海外旅行の保険」
海外でもしも病院のお世話になることがあっても、提携医療機関なら高額な医療費を払わずに帰国できます。「海外サポート」アプリで簡単に検索でき、慌てることもありません。日本語で対応してくれる「海外サポートデスク」には24時間いつでも電話をかけることができます。

携帯電話

近年よく耳にするようになったSIMフリー。SIMカードって携帯会社の店舗などに行かないと変えないイメージありませんか?実は楽天市場やアマゾンで買えちゃうんです!
そんなSIMカードはこちら!

楽天市場

ヨーロッパ周遊 アジア周遊 プリペイドSIMカード

参考価格:4,180円

洋服

アメリカの気候は都市によって様々の為、目的地によって準備する服装が変わります。例えばハリウッドがあるロサンゼルスでは1年のうちほとんどが晴れ、冬の平均気温も15度前後と温暖で、なおかつ湿度が低いので、カラっとしたすがすがしい日が続きます。その為、服装も基本的には半袖で問題ありません。また冬でもパーカーなど、簡単に羽織れるものがあればよいでしょう。一方、ニューヨークでは夏に気温が30度を超え、湿度も高くなる一方、冬は急激に気温が下がり、雪の降る日もあります。またせっかくおしゃれな街ニューヨークに来たからには服装も楽しみたいですよね。機能重視や、全身ダークカラー、のような地味な恰好ではなく、カラフルな服装など、周りのニューヨーカーに合わせたおしゃれにチャレンジするのもおすすめですよ。

そんなアメリカ旅行におすすめの洋服はこちら!

そんな香港旅行におすすめの洋服はこちら!

楽天市場

トラベルコート

参考価格:14,040円

化粧品

スキンケア商品は旅行の持ち物に欠かせません。現地調達で肌に合わないなどのトラブルがないよう、しっかりと準備しましょう。
おすすめのトラベル用スキンケア商品はこちら。

楽天市場

SK-Ⅱ(エスケーツー)エッセンシャル トラベルキット

参考価格:5,780円

楽天市場

クリニーク 3ステップ ビギナーズセット

参考価格:1,620円

医薬品

整腸薬、下痢止め、風邪薬など、普段使い慣れた常備薬を持参すると安心。女性の方は生理用品なども!

楽天市場

【大正製薬】 パブロンゴールドA微粒

参考価格:1,022円

楽天市場

パンラクミン錠

参考価格:1,550円

楽天市場

アネロン ニスキャップ

参考価格:652円

楽天市場

ライオン バファリンルナi

参考価格:818円

楽天市場

ソフィ シンクロフィット

参考価格:268円

クレジットカード

海外旅行には欠かせない必需品です。海外旅行用にオプション充実したクレジットカードもあります。しかし、どのクレジットカードがいいのか悩みますよね。
そんなあなたにおすすめのトラベルブックがまとめたクレジットカード比較はこちら!

詳しく

【クレジットカード比較】旅行者に嬉しい!旅先で便利なカード4選

雑学

旅行に先立って準備しておきたいアイテムはいろいろありますが、大事なもののひとつがクレジットカードではないでしょうか。小銭で財布を膨らませる機会を減らせるだけでなく、とくに海外では手元に現金がなくなった際の保険的な意味合いでも、いくつか持っておくと安心です。また海外旅行保険付帯のカードを持っておけば、万一病気や盗難・紛失にあったときにも補償をうけることができます。 とはいえ、クレジットカードにもたくさんの種類があって、どれを選べばいいか悩んでしまうものですよね。こちらでは数あるカード会社やブランドのなかから、旅行シーンで活躍するクレジットカードを厳選してご紹介します。【1枚持っていて損はない、旅行者向きの特典が充実したカード】。ぜひ参考にしてみてくださいね。

これを持っていけばさらに安心!旅慣れた人が必ず持っているアイテム

暑いシーズンは日差し除けを、寒いシーズンはニット帽など保温性の高いものでしっかりと対策をしましょう。

楽天市場

ラフィアハット

参考価格:2,980円

楽天市場

ニット帽

参考価格:1,380円

ストール

暑さ寒さにも、日よけ対策にもなります。クーラーの効きすぎなどにも対応できるので、どんな場所でも活躍してくれます。
トラベルブックが香港旅行におすすめするストールはこちら!

楽天市場

大判無地ストール 全20色

参考価格:1,980円

サングラス

リゾート地や暑い国では、紫外線が気になりますよね。また、国によっては日本より紫外線が多いところもあるんです。肌のケアはもちろん、目もしっかりとサングラスで紫外線から守りましょう。
トラベルブックが香港旅行におすすめするサングラスはこちら。

楽天市場

VANS メンズサングラス

参考価格:1,728円

楽天市場

ウエリントン レディースサングラス

参考価格:348円

雨具

旅行先で急な雨に振られたとき、日本のようにビニール傘が手に入る国はなかなかありません。そのため、軽量の折りたたみ傘やレインコートがあるととても便利です。
トラベルブックがおすすめしたい雨具はこちら!

楽天市場

ドップラー 折り畳み傘

参考価格:2,480円

楽天市場

トレンチコートのようなレインコート

参考価格:5,076円

歯ブラシ・歯磨き粉

現地調達もできますが、朝のルーティーンの一部となっている歯磨きですから使い慣れたものがいいかもしれません。旅行前にしっかりと準備していくのをおすすめします。

楽天市場

ガムケアデンタルペースト ドゥスリムハブラシ

参考価格:360円

携帯用ウォシュレット

ウォシュレット派の方はこれが本当に便利です!
トラベルブックが香港旅行におすすめする携帯用ウォシュレットはこちら。

楽天市場

携帯おしりウォッシャー

参考価格:1,380円

機内で寝たい時にこれがあると便利です!
100均などでも手軽にゲットできるアイテムですが、今回紹介するアイマスクは楽天市場で1000件以上のレビューがある大人気商品。ぜひお試しください!

楽天市場

ベネクス アイマスク

参考価格:3,132円

その他のアイマスクも検討したい方はこちらから!

耳栓

耳栓は移動中に寝るときはもちろん、読書をしたいときなど色々な場面で活躍してくれます。そんな香港旅行におすすめの耳栓はこちら。

楽天市場

モルデックス 耳栓

参考価格:724円

ネックピロー
移動中にゆったりと休みたい方も多いのではないでしょうか?そんなときは、ネックピローがあると便利ですよ。
トラベルブックが香港旅行におすすめするネックピローはこちら。

楽天市場

スリーピーピロー

参考価格:3,456円

いかがでしたか?事前準備をしっかりして是非素敵な旅行を!

■アメリカに関する観光情報

詳しく

ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

ニューヨーク - 観光名所

アメリカのニューヨーク、海外旅行先としても、大人気の都市。そんなニューヨークの街を、おしゃれに観光できたら素敵ですね。しかし、いざ観光となったら、どこに行こうか迷ったりしていませんか? 今回はそんな時に役立つ、絶対に行きたいニューヨークの観光スポットを紹介します。定番の自由の女神やメトロポリタン美術館、タイムズスクエアなどをはじめ、広々とした公園や素晴らしい展望スポットなど、ニューヨーク初心者の方にも必見のポイントとなっているおすすめの所ばかりです。映画にも登場するような定番スポットだからこそ、行ってみる価値あり! ニューヨークの街を楽しんで下さいね。

詳しく

穴場発見!気軽に入れるニューヨークおすすめレストラン10選

ニューヨーク - 大衆料理・ローカルフード,イタリアン,中華料理,海鮮・シーフード,ベジタリアン・オーガニック,フュージョン・創作料理

ニューヨークはショッピングや美術館、カフェ巡りなど楽しみが尽きないエリアです。絶品の料理が味わえるレストランがずらりと並ぶニューヨークで、穴場のレストランに出かけてみませんか? 今回は気軽に立ち寄れる、ニューヨーカーたちに人気のレストランを紹介します。絶品パスタがおしゃれな空間で召し上がれる「スカルぺッタ」や新鮮な魚介類がメインのお店など、気軽に頂けるフレンチやイタリアンのお店が揃っています。イタリアンからチャイニーズまで、お好みに合ったレストランがきっと見つかりますよ。

詳しく

【ロサンゼルス】サンタモニカ・べニス周辺のおすすめ観光地:海風が心地良い5の名所

サンタモニカ - 観光

ロサンゼルスの西側の太平洋に接している場所がサンタモニカ・ベニス地区です。この地区でのお勧めは何といっても、太平洋に沈むきれいな夕日です。日本にいたら絶対見ることのできないものですよね。また、サード ストリート プロムナードやオーシャン・フロント・ウォークでのショッピングも個性的なたくさんのお店が並んでいて時間のたつのを忘れてしまいます。 さわやかな海風を感じながら1日中楽しめるサンタモニカ・ベニス地区のおすすめスポットをご紹介します。

詳しく

【ロサンゼルス】魅惑のLAスイーツ!カップケーキ&ドーナツの名店6選

ロサンゼルス - グルメ

ロサンゼルスでは、魅惑のスイーツがあるのを知っていますか?素材や味にこだわったスイーツは見た目も鮮やか!LAっ子を夢中にさせる人気のスイーツは、甘い甘い幸せタイムを運んできてくれます。 今回はカップケーキ&ドーナツ編ということで、誰もが知っている超有名店から、地元の人に愛されている隠れた人気店まで、6店をご紹介します。海外とラマで有名になったスイーツのお店や、カラフルで種類が楽しいカップケーキ&ドーナッツの名店まで!ぜひ、ご覧になって見て下さい。

詳しく

こんなに違う!?本場アメリカの2大ディズニーリゾートに行ってみよう!

アメリカ - 観光名所

日本のディズニーリゾートも人気ですが、アメリカに行ったら、本物のディズニーリゾートで思いっきり遊びたいと思いませんか?実はアメリカには、二つのリゾートが存在しています。それぞれ違った顔を持つディズニーリゾートを紹介しましょう!カルフォルニア州の「ディズニーランド・リゾート」は日本と作りが似ているタイプと、見た事のないリゾートがあります。せっかくなら「カルフォルニア・アドベンチャー」がおすすめ!見た事のないリゾートが楽しめます。その他にもお城や、アトラクション、パレードなど日本との違いを比べてみて下さいね!

アメリカに関連するまとめ

  • まとめ

    穴場発見!気軽に入れるニューヨークおすすめレストラン10選

    ニューヨーク - 大衆料理・ローカルフード,イタリアン,中華料理,海鮮・シーフード,ベジタリアン・オーガニック,フュージョン・創作料理

    ニューヨークはショッピングや美術館、カフェ巡りなど楽しみが尽きないエリアです。絶品の料理が味わえるレストランがずらりと並ぶニューヨークで、穴場のレストランに出かけてみませんか? 今回は気軽に立ち寄れる、ニューヨーカーたちに人気のレストランを紹介します。絶品パスタがおしゃれな空間で召し上がれる「スカルぺッタ」や新鮮な魚介類がメインのお店など、気軽に頂けるフレンチやイタリアンのお店が揃っています。イタリアンからチャイニーズまで、お好みに合ったレストランがきっと見つかりますよ。

  • まとめ

    こんなに違う!?本場アメリカの2大ディズニーリゾートに行ってみよう!

    アメリカ - 観光名所

    日本のディズニーリゾートも人気ですが、アメリカに行ったら、本物のディズニーリゾートで思いっきり遊びたいと思いませんか?実はアメリカには、二つのリゾートが存在しています。それぞれ違った顔を持つディズニーリゾートを紹介しましょう!カルフォルニア州の「ディズニーランド・リゾート」は日本と作りが似ているタイプと、見た事のないリゾートがあります。せっかくなら「カルフォルニア・アドベンチャー」がおすすめ!見た事のないリゾートが楽しめます。その他にもお城や、アトラクション、パレードなど日本との違いを比べてみて下さいね!

  • まとめ

    ニューヨーク観光でおすすめの名所&スポット一覧(40件)

    ニューヨーク - 観光名所

    アメリカのニューヨーク、海外旅行先としても、大人気の都市。そんなニューヨークの街を、おしゃれに観光できたら素敵ですね。しかし、いざ観光となったら、どこに行こうか迷ったりしていませんか? 今回はそんな時に役立つ、絶対に行きたいニューヨークの観光スポットを紹介します。定番の自由の女神やメトロポリタン美術館、タイムズスクエアなどをはじめ、広々とした公園や素晴らしい展望スポットなど、ニューヨーク初心者の方にも必見のポイントとなっているおすすめの所ばかりです。映画にも登場するような定番スポットだからこそ、行ってみる価値あり! ニューヨークの街を楽しんで下さいね。

  • まとめ

    【ロサンゼルス】ハリウッド観光で絶対行くべき名所40選

    ハリウッド - 観光名所

    世界有数のエンターテインメントの聖地として知られるハリウッドはロサンゼルスきっての観光スポットが集まっています。パワーアップし続けるエンタメ施設・ハリウッド&ハイランドを中心に、アカデミー賞の授賞式会場のドルビー・シアターやマダム・タッソー蝋人形館など、映画マニアでなくてもわかるような楽しいアトラクションが勢揃い。ハリウッドの観光ならば、歩いても十分見て回ることができますよ。 周辺にはちょっとしたトレッキングができる場所もあったり、変わった美術館や博物館も多く、映画関係だけでなく、さまざまな楽しみを満喫できます。そうしたハリウッドの魅力的な観光名所を紹介します。ぜひ次の旅行計画の参考にしてくださいね。

  • まとめ

    買い物天国ニューヨーク・ミッドタウン「5番街」でお得なショピング!

    ニューヨーク - ショッピング

    ニューヨークに行ったらもちろん観光もしたいけど、ショッピングだって楽しみたい人が多いのではないでしょうか。日本では高いアメリカのブランド品や日本では売ってないアメリカならではの物など、見ていると全部買いたくなって困ってしまいますよね。 そこで日本人に人気の高級ブランド店や、デスカウント店、雑貨屋などありとあらゆる種類のそろう5番街を中心にミッドタウンのおすすめのショッピングエリアをご紹介します。ショッピングのお得情報もありますよ。

広告

アメリカに関連するまとめ