おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カナダで使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

カナダのWiFiについて

世界的にも有名なナイアガラの滝やロッキー山脈を擁し、大自然が豊富なカナダ。ヨーロッパのような街並みが広がるケベックをはじめ、都市観光も楽しい場所です。その旅先で日本にいる時と同じようにiPhoneやAndroidスマホで観光情報や天気を調べたい、あるいはLINEやFacebookで写真を送りたいという人におすすめしたいのが海外レンタルWi-Fiルーターです。 インターネットで簡単に契約でき、空港のカウンターや宅配などで、受け取りも返却も簡単です。現地の携帯電話を借りたり、SIMカードを購入したりと、どうすればいいのかよくわからず日本の通信キャリアのサービスを何気なく使っている人も多いのではないでしょうか? レンタルWiFIルーターであれば、スイッチを入れればすぐに、いつも使っている端末で海外でもインターネットを利用できます。 空港やカフェなどで提供されているフリーWiFiと違って動きながらでも利用でき、旅の感動を共有したい瞬間に「遅い」「繋がらない」というガッカリもありません。ただ、グローバルWiFiやイモトのWIFI、Wi-Ho!など、カナダではレンタルWiFiを提供している会社が多く、どこを選べばいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 料金や使える通信量、1国だけでなくほかの国々でも使えるものなど、さまざまな視点からピッタリのWiFiルーターが見つかるようにサポートします。どうしてもというときだけに使う保険のような感覚で持っておきたい人から、カナダで写真をたくさん撮ってSNSにリアルタイムでアップしていきたいという人まで、最適なWiFiルーターが見つかりますよ。もはや海外旅行の常識になったレンタルWi-Fiルーターで快適通信を楽しみましょう。

広告

カナダのWiFiレンタル最安値比較

ブランド ご利用料金 プラン 申込期限 詳細・予約

444円/日

カナダ 3G(250MB)
3G
1~3日前まで

494円/日

カナダ 4G LTE(250MB)
4G
1~3日前まで

670円/日

大容量プラン
3G
1~3日前まで

910円/日

ギガプラン
3G
1~3日前まで

765円/日

通常プラン
3G
1~3日前まで

765円/日

通常プラン
4G
1~3日前まで

920円/日

大容量プラン
4G
1~3日前まで

1,000円/日

レギュラープラン(500MB)
4G
1~3日前まで

1,150円/日

大容量プラン
3G
1~4日前まで

1,250円/日

大容量プラン
4G
1~4日前まで

カナダのWiFiレンタル日数別比較表

カナダのWiFiお役立ち情報

■カナダで利用できるレンタルWiFiルーターを比較しよう!

グローバルWiFi

グローバルWiFi は24時間365日体制で安心のカスタマーサポートを行っており、現地通信会社の回線を利用するため、いつでもどこでも高速・高品質なインターネットを使えます。メールやSNSメッセージが主な用途の方におすすめの3Gプランは、データ通信量が250MBの通常プランで一日定額わずか970円で、最安値です。データ通信量が250MBの3Gより最大21倍も速く繋がる4G LTE通常プランでは、一日定額1270円です。オプションで一日500円から保障パックへ加入でき、WiFi機器、スマートフォンなどの充電が可能な持ち運びができるモバイルバッテリーも付いてくるのでおすすめです。また一日500円でiPad 第4世代や iPad miniのレンタルも可能です。一か月以上前に予約するとさらに値引きされるので、早期予約がおすすめです。申し込みはWEBで受け付けています。受取・返却は、空港または宅配で、空港カウンターは全国で15か所あります。宅配料金は500円で、二日前の事前受け取りを希望する場合は、1000円(税抜)の事前受取料金がかかります。

イモトのWiFi

イモトのWiFiは現地の通信会社に直接アクセスすることで非常に安価な価格で提供しており、3G WiFiプランが最安で一日680円でレンタルできます。受取方法は、空港カウンターまたは宅配で、空港利用料、宅配手数料がそれぞれ1台につき500円上乗せされます。(税抜)受取カウンターは、成田、羽田、関西、中部、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けています。宅配で返却する場合は、送料は自己負担で、発送が帰国後2日以降となった場合、1台あたりの延滞料2,000円/日(+税)が発生します。東京本社(渋谷区)で直接受取・返却をする場合は、手数料がかかりません。オプションで付けられる盗難や紛失に関する保障パックは、日額300円のあんしんパックフルが100%保障です。

Wi-Ho!(ワイホー)

ワイホーは現地の携帯通信会社を選択し、その国専用の3GのWiFiルーターを提供しています。データ通信量が250MBの3G通常プランが最安で、一日定額850円(税抜)です。カナダを含む世界90カ国以上を1台で使える世界周遊ワイホー 3Gプランでは、250MBの3Gが一日定額わずか1380円で利用でき、レンタルWiFi会社の中でも最安値クラスです。最大接続台数は5台なので、大人数で旅行へ行った際はみんなとシェアでき便利です。申し込みはWEBで受け付けており、申し込み期限は成田・羽田・関西空港以外は三日前までです。受取・返却は空港カウンターまたは宅配で、空港カウンターは成田・羽田・関西空港にあり、宅配の場合は受取の送料は無料で、返却時は自己負担です。オプションでは、モバイルバッテリーのレンタルが一日一台216円、盗難や事故などで免責額が割引となるあんしん補償が日額216円で加入できます。

Telecom Square(テレコムスクエア)

テレコムスクエアでは、急な海外出張時や急ぎで商品を受け取りたい場合に便利なWEB当日申し込みサービスがあり、1回540円で申し込み3時間後に空港カウンターで商品の受け取りが可能です。受取カウンターは、新千歳、成田、羽田、関西、中部、高松、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けており、有料で宅配での受け取りも可能です。返却は受付カウンターまたは返却ボックスで返却できます。受取予定日の2日前からキャンセル料が発生し、申込確認書が送付済みの場合は、キャンセル料金がかかります。最安のプランは、データ通信量が500MBの4Gのレギュラープランで、一日1000円(税抜)です。オプションでは、WiFiルーターとスマートフォンが約1回フル充電可能なモバイルバッテリーライトが216円(不課税)でレンタルできます。安心補償プラスと旅行先からの電話通訳や相談サービスを受けることができるコンシェルコールがセットになった保障プランが一日432円で加入でき、盗難や紛失などに関しては負担金が実質0円なのでおすすめです。

JAL ABC

JALマイレージ、デルタスカイマイル、UAマイレージのマイレージが貯めれるJAL ABCは、空港手数料、引渡し手数料等は一切なく、空港の出発・到着階それぞれにカウンターがあるので、受取りも返却もスムーズです。おもな空港カウンターは成田・羽田・関西空港で、インターネットもしくは電話で申し込みできます。申し込み締切は、成田空港が受取日の前日18時まで、羽田・関西空港が受取日二日前の18時までです。在庫がある場合は、当日レンタルも可能です。料金はデータ通信料無制限で、最安で一日定額1150円です。カナダでは高速通信が可能な4G LTEプランも日額1250円であります。短期間に大量のデータ通信を行った場合は、通信量の制限が行われる場合もあります。盗難や事故などで免責額が割引となる安心補償が日額216円で加入できます。

■WiFiルーターのメリット

写真を送る、現在地を調べる、無料電話をかける、WiFiルーターがあればどこでもOK

海外でスマホが自由自在に使えれば、旅行時のちょっとした不自由を解消してくれます。例えば、高額な通話料がかかる携帯電話間の国際電話もLINEアプリを使えば無料で通話可能。出張旅行中の突然のメールなどにもすぐに対応できます。移動した先でその都度WiFi環境を探さなくていいのが気楽ですし、移動中の暇な時間にインターネットが使えます。フリーWiFiスポットでは、その場から動くとすぐに接続が切れてしまうので、動き回りながら見られるのは大きなメリットです。もちろんトラベルブックも現地で見られるので、観光情報のチェックにぜひ活用して下さいね。

レンタルWiFiルーターと海外パケット使い放題の料金比較

頻繁に海外旅行をしている人の中には、携帯キャリアが提供する「海外パケット使い放題」を利用されている人がいるかもしれません。しかし、携帯各社のサービスと海外レンタルWiFiルーターと比べると、後者の方が断然お得です。料金のリーズナブルさに加えて、何より使えるデータ容量の大きさが魅力。海外パケット使い放題の約10倍近い容量が使えます。多くのレンタルWiFiルーターに用意されているプランの1日250MBの定額通信では、一般的な目安としてスマホなら最大約140分程度の動画閲覧、約1700ページのウェブページが閲覧可能です。

■レンタルWiFiルーターの借り方・プランの選び方

用途に合った通信速度、容量のレンタルプランを選ぼう

レンタルWiFIルーターは、通信速度や通信量、バッテリー容量などでいくつかのプランに分かれています。それぞれのプランの違いを知って、用途や使用人数に合わせたプランを選ぶのが、賢く海外レンタルWiFiルーターを利用するコツです。例えば、4G-LTEと3Gとでは通信速度が異なり、4G-LTEの方がより高速通信が可能。データ量の大きい動画や写真をたくさん送受信する方ならば、4G−LTEに対応しており大容量のものがおすすめです。とにかく節約第一の方には3Gで、容量も少なめのものを選ぶといいでしょう。

大容量プランって?

お友達や家族など複数人でレンタルWiFiルーターを使うなら大容量プランがおすすめです。レンタルWiFiルーターは複数端末で同時に利用できるので、一台で複数人が利用できます。1日の使用量は最大500MBのところもあれば、1GBやそれ以上のところもあります。使用可能容量の大きいものを選べば、一人ずつで借りるよりも節約できます。

複数エリア利用可のプランも

2か国以上をまたいで旅行する方のために、複数の国に対応している万能なWiFiルーターもあります。たいていは「周遊プラン」という名前がついているものがそれに当たります。ヨーロッパ周遊プランや東南アジア周遊プランなど、複数国回ることも多いエリアでは、借りて返してを繰り返さなくていいので、旅行中楽に過ごせます。

■レンタルWiFiルーターのレンタル&返却手順

申し込み

レンタルWIFIルーターを利用する場合、主な申し込みの窓口はインターネットか空港、各会社の店舗です。インターネットからであれば事前に申し込みができ、料金やオプションなどをじっくり考えられるのでおすすめです。空港か店舗で当日借りようとしても、在庫がないということもありますので、事前に申し込んでおくのが安心ですね。渡航先、希望プラン、旅行の日程を入れて簡単に料金見積もりができます。問題なければ申し込みを行いましょう。支払いはクレジットカードでのWEB決済が一般的ですが、会社によっては受取や返却の際に現金払いができるところもあります。

受取

受取に関しては空港か各店舗に加えて、自宅への宅配を行っているところもあります。宅配の場合は配送料がかかりますが、旅行前に物品の確認ができ空港や現地店舗に寄る必要がないので、移動時間を節約したい人におすすめです。

返却

返却も空港の専用カウンターや店舗などで簡単にできます。会社によっては、レンタルCDを返すように返却ボックスに入れるだけのところもあります。帰り際に返すのが面倒という人には、後日配送で返却できるところもありますので、自分のやりやすい方法で簡単に返せます。

■WiFiルーターの使い方

レンタルWiFiルーターの使い方はとっても簡単です。WiFi端末のスイッチを入れ、表示されたパスワードをお手持ちのスマホやタブレットに入力するだけで接続できます。使用するうえで最初に見つけてほしいのは、「SSID」と「Key」という2つの項目です。レンタルWIFIルーターの電源を入れた時に画面に表示されるものや、端末にシールで張り付いているものがありますので、最初にどちらのタイプのレンタルWIFIルーターなのか確認しておきましょう。「SSID」はルーター固有の電波番号のようなもので、どこから来ている電波なのかを表しています。「Key」はパスワードのことで、接続する際に入力するのはこちらです。

接続する際には、まずレンタルWiFIルーターの電源を入れましょう。次に、スマホやタブレットでWiFI設定の画面を開くと、近くに飛んでいるSSIDの一覧が表示されますので、一致するものを選択します。すると、パスワードを入力する画面が出ますので、該当のパスワードを入力したら接続ボタンをタップしましょう。SSIDとパスワードがちゃんと合っていればインターネットにつながるようになります。

■レンタルWiFiルーターとセットで便利なオプションの数々

グローバルWiFiの海外レンタルWiFiルーターには、充電用のACアダプターとUSBケーブル、接続マニュアル、該当国で使える変換プラグがセットでレンタルされます。その他、以下のオプションを追加すれば、さらに便利で安心です。

あんしん補償

思わぬトラブルに遭遇することもある海外旅行。もしもに備えて加入しておきたいのがほとんどの会社に用意されている「補償制度」です。WiFiルーターの紛失や盗難、故障や水没の際に、修理代金や再調達代金が減免されます。概ね日額200円〜300円となっており、被害にあっても支払いが100%免除されるものや80%免除のもの、パスポート紛失の際の再発行手続きにかかる費用の補償までしてくれるものまであります。保障制度に入っていないと、全損や盗難の場合3〜5万円もの支払いとなってしまいます。自分は大丈夫と過信せず、必ず申し込んでおきましょう。

モバイルバッテリー

移動の多い旅先で起こりやすいWiFiルーターの電池切れ。モバイルバッテリーがあればスマホやタブレットも一緒に充電可能です。バッテリーの容量や一度に充電できる端末の数など各社違うものを用意しています。スマホやタブレットのヘビーユーザーなら必須のアイテムですよ。現地の充電方式に対応したものをレンタルできる場合や、専用の変圧器がセットになることが多いので、普段からモバイルバッテリーを使っている人は、こちらのほうが安心かも。

マルチ変換プラグ

複数国対応型の変換プラグは数か国を旅する際に便利です。レンタルWiFiルーターには、渡航国に対応した電源プラグがセットになっていることもありますが、そうでない場合はレンタルしておくと安心です。

その他の便利なオプションアイテム

レンタルWiFiルーターを提供している会社によって用意しているものが違いますが、現地用のスマホやタブレットも合わせてレンタルしてくれるところもあります。普段はスマホしか使っていないけれども、旅行中は大きな画面のタブレットを使ってみたいという人や、普段の端末を海外で使うのは心配という場合などに便利です。その他、旅行中の思い出作りをより楽しくしてくれる、特殊なカメラのレンタルもおすすめです。自分で買うほどでは…という最新アイテムがレンタルで使えるので、新しもの好きな人は各社のオプション品をよくチェックしてみてください。

■カナダ観光で覚えておきたいフリーWiFiスポットと使い方ガイド

カナダのスターバックスのフリーWiFiについて

日本でもWifiが使えるスターバックスでは、カナダでも同じように無料WiFiが使えます。カナダのスターバックスは敷地内に入り、ワンクリックするだけで、無制限のWi-Fiが利用できます。登録などもとくに必要なく、Wi-fiのSSIDは「Starbucks WiFi」です。しかし場所によっては接続状況が不安定なところもあり、快適にインターネットを利用したい方は、WiFiルーターなどを借りて渡航することがおすすめです。

カナダのマクドナルドのフリーWiFiについて

日本ではemailアドレスなどの事前登録が必要なこともありますが、カナダのマクドナルドでの無料WiFiは、SSIDで「BELLWIFI@MCDONALDS」に接続し、「Connect」ボタンをクリックするだけでインターネットが利用できます。カナダでは簡単な作業で気軽にWiFiへ繋ぐことができるので、利用する客も多く、回線が混み合う場合は、速度が遅くなったりつながらないこともあるので、安定したネット環境を望む方は不向きです。

カナダのカフェやレストランのフリーWiFiについて

カナダでは、多くのカフェやレストランで無料WiFiが利用できます。大手チェーンのカフェ・レストランから小さな個人経営のお店まで、幅広く無料WiFiを提供している都市が多いです。無料WiFiを利用する方法は、簡単な場合が多く、お店にもよりますがパスワードも入力しないで利用できる場所もあります。WiFiのパスワードが必要な場合は、レシートにパスワードが記載されてあったり、店員さんに聞くと教えて貰えます。

カナダの公共交通機関のフリーWiFiについて

カナダの地下鉄やVIA鉄道でも無料WiFiが使用可能です。しかし、VIA鉄道では利用できる区域が限られていたり、一部の駅ではサービスが利用できない場合もあり、安定したネット環境を望む方には不向きです。またカナダの公共交通機関のWiFiは区間によっては接続速度が安定しない場合もあるため、必ずWiFiが使えるとは限りません。トロントに限られますが、トロント市地下鉄(TTC)でも無料WiFiが実施されています。

カナダの空港で利用できるフリーWiFiについて

バンクーバー国際空港、トロント・ピアソン国際空港、カルガリー国際空港で無料WiFiが利用できます。待合室や出発ロビーなど、さまざまな場所にコンセントもあるので、携帯機器などを充電することもできます。しかし場所によってはアクセスがしずらいところもあり、安定したネット環境を望む方には空港の無料WiFiはおすすめできません。空港内のラウンジ内では、WiFi環境が整っていますが、専用のクレジットカードが必要です。

ホテルなど宿泊施設のWiFiについて

カナダのホテルは無料でWiFiが利用できるところも増えてきましたが、高級ホテルになればなるほどWiFi使用料が高額になるという場合もあります。またホテルによってはネット環境が不安定なこともあるので、快適に使用したい方には不向きです。また、ホテルによってはWi-Fiではなく、有線LANケーブルのみ対応の場合もあり、スマホやタブレットでは接続できない場合もあります。ホテルでWiFiを利用したい場合は公式サイトなどで事前に確認することがおすすめです。

■カナダに関する観光情報

詳しく

【カナダ】オタワに行くなら絶対行きたい観光地5選

オタワ - 観光名所

カナダの首都、オンタリオ州にあるオタワ市は日本からの直行便がないため、日本人にはあまり馴染みが薄いですが、自然豊かで四季の美しい街です。国会議事堂が街の中心にあり、首都でありながらさほど大きな街ではなく、観光名所も比較的近い場所に位置しているので、観光客にとっては行動しやすい街のつくりになってます。 今回は、世界遺産のリドー運河やイギリス統治下時代に作られた美しい教会など、オタワの見所をご紹介します。オタワ観光の時にはぜひ参考にしてくださいね。

詳しく

【カナダ】世界遺産の町・ケベックでおすすめしたい定番観光スポット10選

ケベック - 世界遺産 ,観光名所

世界遺産にも登録された旧市街の景観で知られるカナダのケベック。この地は中世ヨーロッパの雰囲気がそのまま残っている、カナダにいながらヨーロッパの雰囲気が感じられる不思議な場所です。切っても切り離せない英仏戦争の歴史を感じられる観光地も多く、代表的なのは「戦場公園」「勝利のノートルダム教会」です。 旧市街地と新市街地が融合しているからこそ歴史を感じることができ、またセントローレンス川をはじめ自然に囲まれているのも人気の秘訣です。ショッピングやレストランも充実していて、それだけでも一日中楽しめます。ここではケベックでおすすめしたい定番観光スポットをご紹介します。

詳しく

【カナダ】トロントのおすすめカフェ:地元カナディアンに大人気の評判店20選

トロント - カフェ・茶館

カナダ東部オンタリオ州に位置する国内最大の都市トロントには、移民が多く、街は様々な言語や文語が行き交っています。コミュニティも多く、チャイナタウンやポルトガルタウン、グリーンタウンなどがあり、各国の雰囲気、文化、食事などさまざまなものが入り交じった面白い街です。 トロントには魅力的なカフェがたくさんあり、特にQueen Street Westは、カフェの激戦区と言われていて人気のお店が集っています。コーヒーと一緒にクッキーやブレッドを味わったり、パソコンや読書などをしたり、インテリアを楽しんだりと様々なシーンにピッタリのお店を紹介しましょう。観光の休憩やカフェ巡りで、ぜひ地元のカナディアンに大人気のトロントの評判のカフェを訪れてみてください。

詳しく

【カナダ】ビクトリアの街歩きはインナー・ハーバー周辺から! おすすめ観光地5選

ビクトリア - 観光

カナダの南西部にあるビクトリアはバンクーバーからもほど近く、小旅行の目的地となっています。ブッチャート・ガーデンなど数多くの見どころがありますが、ビクトリアを訪れるのが初めてであれば、街歩きのスタートはインナー・ハーバーから始めるのがおすすめです。 シンボル的なフェアモント・エンプレスホテルや州議事堂などの見逃せない建物もありますので、アフタヌーンティーをはさみつつ、半日程度の時間をとって、しっかりと見て回りたいですね♪ ここではおすすめの観光地を5ヶ所をご紹介します!

詳しく

【カナダ】見れたらラッキー!イエローナイフの“オーロラ爆発”

イエローナイフ - 自然遺産

夜空に神秘的に輝くオーロラは一生に一度は見てみたいものの一つではないでしょうか。世界中でオーロラが見られる場所はいくつかありますが、中でも有名なのがカナダのイエローナイフです。 イエローナイフはオーロラの発生率も高くオーロラの鑑賞施設が充実していることでも知られていて、オーロラの見えない昼間に遊べるアクティビティーも多いためオーロラ鑑賞が目的の旅行者に大変人気があります。そんなイエローナイフの幻想的なオーロラについてご紹介します。

カナダに関連するまとめ

  • まとめ

    【カナダ】オタワに行くなら絶対行きたい観光地5選

    オタワ - 観光名所

    カナダの首都、オンタリオ州にあるオタワ市は日本からの直行便がないため、日本人にはあまり馴染みが薄いですが、自然豊かで四季の美しい街です。国会議事堂が街の中心にあり、首都でありながらさほど大きな街ではなく、観光名所も比較的近い場所に位置しているので、観光客にとっては行動しやすい街のつくりになってます。 今回は、世界遺産のリドー運河やイギリス統治下時代に作られた美しい教会など、オタワの見所をご紹介します。オタワ観光の時にはぜひ参考にしてくださいね。

  • まとめ

    【カナダ】トロントで食べたい美味しいレストラン5選

    トロント - グルメ

    カナダで一番大きな都市のトロントは移民が多い都市でチャイナタウン、コリアタウン、ギリシャタウン、リトルイタリーがあり、様々な文化が融合した都市です。それに伴って、トロントでの食事はバラエティーに富んでいて、トロント市内ではいろいろな国のレストランを見かけます。そのため、旅行中にレストランが見つからないということはまず起こらないんですが、できるなら美味しい食事がしたいですよね。 そこで、トロント市内で美味しいと評判のお店を5つご紹介します。お店選びに困ったら参考にしてくださいね。

  • まとめ

    【カナダ】モントリオールでぜひ観ておきたい観光スポット20選

    モントリオール - 観光名所

    カナダ第二の都市と言われるケベック州モントリオール。別名「北米のパリ」の名を持つこの街は、カナダで唯一フランス語を公用語としており、建物や街並みもヨーロッパの雰囲気が漂っています。観光地としても人気の高いモントリオールは、ダウンタウンから旧市街、郊外など、たくさんの見どころが点在する魅力的な街です。ショッピング、食、美術、建物、全てにおいて充実している都市とも言われています。 そんな素敵なモントリオール旅行の際に訪れておきたい、おすすめの観光スポットを紹介します。歴史やモントリオールの文化を感じられるスポットばかりなので、旅の参考にぜひご活用ください。

  • まとめ

    【カナダ】オンタリオ・ナイアガラの滝周辺のおすすめグルメ10選

    ナイアガラ・フォールズ - グルメ

    アメリカとの国境、カナダのオンタリオ州の西側にあるナイアガラの滝は、その壮大なスケールから世界中から観光客が集まる観光地の一つです。そして、その滝と川沿いは観光客用のレストランがいっぱいあるんです。料理のジャンルもアメリカンなものから日本人シェフの作る和食レストランまで様々で、どこで食事をするか迷ってしまう人が多いと思います。 そこで、オンタリオ州のナイアガラの滝周辺で評判のいいレストランを集めてみました。お腹の空き具合や予算と相談して、レストランを決めるときの参考にしてくださいね。

  • まとめ

    【カナダ】世界遺産の町・ケベックでおすすめしたい定番観光スポット10選

    ケベック - 世界遺産 ,観光名所

    世界遺産にも登録された旧市街の景観で知られるカナダのケベック。この地は中世ヨーロッパの雰囲気がそのまま残っている、カナダにいながらヨーロッパの雰囲気が感じられる不思議な場所です。切っても切り離せない英仏戦争の歴史を感じられる観光地も多く、代表的なのは「戦場公園」「勝利のノートルダム教会」です。 旧市街地と新市街地が融合しているからこそ歴史を感じることができ、またセントローレンス川をはじめ自然に囲まれているのも人気の秘訣です。ショッピングやレストランも充実していて、それだけでも一日中楽しめます。ここではケベックでおすすめしたい定番観光スポットをご紹介します。

広告

カナダに関連するまとめ