おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

フィリピンで使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

フィリピンのWiFiについて

太平洋に浮かぶ島国のフィリピンには、大都市マニラやビーチリゾートで有名なセブなどをはじめとして魅力的な観光地がたくさんあります。日本からも近く、物価も安いことから、観光人気が高く手軽な海外旅行先に選ぶ人も多いでしょう。ビーチでのんびりと休暇を取るのもいいですね。その旅先で日本にいる時と同じようにiPhoneやAndroidスマホで観光情報や天気を調べたい、あるいはLINEやFacebookで写真を送りたいという人におすすめしたいのが海外レンタルWiFiルーターです。 インターネットで簡単に契約でき、空港のカウンターや宅配などで、受け取りも返却も簡単です。現地の携帯電話を借りたり、SIMカードを購入したりと、どうすればいいのかよくわからず日本の通信キャリアのサービスを何気なく使っている人も多いのではないでしょうか? レンタルWiFIルーターであれば、スイッチを入れればすぐに、いつも使っている端末で海外でもインターネットを利用できます。 空港やカフェなどで提供されているフリーWiFiと違って動きながらでも利用でき、旅の感動を共有したい瞬間に「遅い」「繋がらない」というガッカリもありません。ただ、グローバルWiFiやイモトのWIFI、Wi-Ho!など、フィリピンではレンタルWiFiを提供している会社が多く、どこを選べばいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 料金や使える通信量、1国だけでなくほかの国々でも使えるものなど、さまざまな視点からピッタリのWiFiルーターが見つかるようにサポートします。どうしてもというときだけに使う保険のような感覚で持っておきたい人から、フィリピンで写真をたくさん撮ってSNSにリアルタイムでアップしていきたいという人まで、最適なWiFiルーターが見つかりますよ。もはや海外旅行の常識になったレンタルWiFiルーターで快適通信を楽しみましょう。

広告

フィリピンのWiFiレンタル最安値比較

ブランド ご利用料金 プラン 申込期限 詳細・予約

299円/日

フィリピン 3G(250MB)
3G
1~3日前まで

314円/日

フィリピン 4G LTE(250MB)
4G
1~3日前まで

362円/日

フィリピン 3G 大容量(500MB)
3G
1~3日前まで

392円/日

フィリピン 4G LTE 大容量(500MB)
4G
1~3日前まで

1,190円/日

フィリピン 4G LTE 超大容量(1GB)
4G
1~3日前まで

520円/日

大容量プラン
3G
1~3日前まで

980円/日

大容量プラン
4G
1~3日前まで

612円/日

通常プラン
4G
1~3日前まで

784円/日

大容量プラン
4G
1~3日前まで

700円/日

レギュラープラン(500MB)
4G
1~3日前まで

1,150円/日

大容量プラン
3G
1~4日前まで

1,250円/日

大容量プラン
4G
1~4日前まで

フィリピンのWiFiレンタル日数別比較表

フィリピンのWiFiお役立ち情報

■フィリピンで利用できるレンタルWiFiルーターを比較しよう!

グローバルWiFi

グローバルWiFiは、200ヶ国以上の国と地域で使える、ビジョンが運営している海外用WiFiのレンタルサービスです。パケット定額制ですので、追加料金などの心配なく利用できます。日本国内の主要空港・港(14空港、1港)で、受取・返却が可能です。フィリピンでは3Gより最大21倍も速く繋がる4G LTEに対応しており、最安プランでは1日1170円で250MBまでのデータ通信が可能です。事務手数料は500円(税抜)、空港受取料金・空港返却料金は無料です。WiFiルーターを宅配受取にする場合は、宅配料金が別途500円(税抜)かかります。1日300円でWiFi機器の水没・部分破損・故障・全損・紛失・盗難100%補償。24時間365日のお客様サポート体制があり、海外拠点の現地スタッフなどによる現地対応も可能で、安心して利用できます。

イモトのWiFi

イモトのWiFiは200ヶ国以上で使える、エクスコムグローバルが運営する海外用WiFiレンタルサービスです。各国の現地の通信会社に直接アクセスすることで格安の価格体系を実現しています。WiFiルーターの機器レンタル料は無料、支払いは日額定額のデータ通信料のみです。フィリピンでは4G LTEに対応しており、1日1280円の定額で、500MBの大容量プランも追加料金なしで利用できます。1日300円の「あんしんパックフル」は、盗難・紛失や損壊など万一の際の弁償代金を100%免除。渡航中のWiFiルーターのトラブルは24時間対応のテクニカルサポートセンターが対応しています。空港受取手数料500 円(税抜)、宅配送料は全国一律 500 円/台(税抜)です。

Wi-Ho!(ワイホー)

Wi-Ho!(ワイホー)は、130ヶ国以上で使えるテレコムスクエア社の海外用WiFiレンタルサービスです。現地の通信会社の回線を利用するので、つながりやすさが違います。フィリピンでは3Gより最大21倍も速くつながる4Gに対応しており、1日定額680円(不課税)で250MBまでデータ通信が利用できます。ワイホー1台でWiFi対応機器を最大5台まで接続できるので、数人で利用するとさらにお得です。宅配送料は無料なので、出発前に受け取りができます。羽田空港、成田空港、関西国際空港での受取・返却も可能です。1日216円で盗難・紛失や破損時に発生する弁償代金を100%補償。充電器・変換プラグもセットされているので便利です。

Telecom Square(テレコムスクエア)

Telecom Square(テレコムスクエア)は専業24年、年間50万人以上が利用する日本最大級の通信レンタルの会社です。フィリピンでは、3Gより最大21倍も速く繋がる4G LTEに対応しており、1日700円で500MBまでのデータ通信が可能です。完全定額制なので、いくら使っても安心。成田空港や関西国際空港をはじめ、日本の主要空港にあるカウンターで受取・返却できます。受取と返却が別の空港でも手数料はありません。申し込み3時間後には空港で受取が可能です。スマホやタブレットなどを、5~10台まで接続できます。1日324円で紛失・破損・全損を100%補償。宅配料は本州で821円(税込)です。24時間365日対応の日本語サポートデスクがあり、利用中のトラブルにも安心の体制が整っています。

JAL ABC

JAL ABCでは、世界220ヶ国以上で使える海外用WiFiルーターのレンタルサービスを行っています。羽田空港、成田空港、関西国際空港にカウンターがあり、受取・返却ができます。引き渡し手数料は無料で、宅配での受取も選択できます。事前予約なしでも、在庫がある限りABCカウンターにて貸し出しが可能です。WiFiルーターのレンタル料金は無料で、事務手数料などその他の料金は一切かかりません。JALマイレージなら1台レンタルから、ショッピングマイルがたまります。フィリピンでは高速の4G LTE対応しており、1日1250円の料金定額で、データ通信量が無制限で利用できます。安心補償料1日210円で、盗難・紛失における端末代が15700円のみの支払いになります。

■WiFiルーターのメリット

写真を送る、現在地を調べる、無料電話をかける、WiFiルーターがあればどこでもOK

海外でスマホが自由自在に使えれば、旅行時のちょっとした不自由を解消してくれます。例えば、高額な通話料がかかる携帯電話間の国際電話もLINEアプリを使えば無料で通話可能。出張旅行中の突然のメールなどにもすぐに対応できます。移動した先でその都度WiFi環境を探さなくていいのが気楽ですし、移動中の暇な時間にインターネットが使えます。フリーWiFiスポットでは、その場から動くとすぐに接続が切れてしまうので、動き回りながら見られるのは大きなメリットです。もちろんトラベルブックも現地で見られるので、観光情報のチェックにぜひ活用して下さいね。

レンタルWiFiルーターと海外パケット使い放題の料金比較

頻繁に海外旅行をしている人の中には、携帯キャリアが提供する「海外パケット使い放題」を利用されている人がいるかもしれません。しかし、携帯各社のサービスと海外レンタルWiFiルーターと比べると、後者の方が断然お得です。料金のリーズナブルさに加えて、何より使えるデータ容量の大きさが魅力。海外パケット使い放題の約10倍近い容量が使えます。多くのレンタルWiFiルーターに用意されているプランの1日250MBの定額通信では、一般的な目安としてスマホなら最大約140分程度の動画閲覧、約1700ページのウェブページが閲覧可能です。

■レンタルWiFiルーターの借り方・プランの選び方

用途に合った通信速度、容量のレンタルプランを選ぼう

レンタルWiFIルーターは、通信速度や通信量、バッテリー容量などでいくつかのプランに分かれています。それぞれのプランの違いを知って、用途や使用人数に合わせたプランを選ぶのが、賢く海外レンタルWiFiルーターを利用するコツです。例えば、4G-LTEと3Gとでは通信速度が異なり、4G-LTEの方がより高速通信が可能。データ量の大きい動画や写真をたくさん送受信する方ならば、4G−LTEに対応しており大容量のものがおすすめです。とにかく節約第一の方には3Gで、容量も少なめのものを選ぶといいでしょう。

大容量プランって?

お友達や家族など複数人でレンタルWiFiルーターを使うなら大容量プランがおすすめです。レンタルWiFiルーターは複数端末で同時に利用できるので、一台で複数人が利用できます。1日の使用量は最大500MBのところもあれば、1GBやそれ以上のところもあります。使用可能容量の大きいものを選べば、一人ずつで借りるよりも節約できます。

複数エリア利用可のプランも

2か国以上をまたいで旅行する方のために、複数の国に対応している万能なWiFiルーターもあります。たいていは「周遊プラン」という名前がついているものがそれに当たります。ヨーロッパ周遊プランや東南アジア周遊プランなど、複数国回ることも多いエリアでは、借りて返してを繰り返さなくていいので、旅行中楽に過ごせます。

■レンタルWiFiルーターのレンタル&返却手順

申し込み

レンタルWIFIルーターを利用する場合、主な申し込みの窓口はインターネットか空港、各会社の店舗です。インターネットからであれば事前に申し込みができ、料金やオプションなどをじっくり考えられるのでおすすめです。空港か店舗で当日借りようとしても、在庫がないということもありますので、事前に申し込んでおくのが安心ですね。渡航先、希望プラン、旅行の日程を入れて簡単に料金見積もりができます。問題なければ申し込みを行いましょう。支払いはクレジットカードでのWEB決済が一般的ですが、会社によっては受取や返却の際に現金払いができるところもあります。

受取

受取に関しては空港か各店舗に加えて、自宅への宅配を行っているところもあります。宅配の場合は配送料がかかりますが、旅行前に物品の確認ができ空港や現地店舗に寄る必要がないので、移動時間を節約したい人におすすめです。

返却

返却も空港の専用カウンターや店舗などで簡単にできます。会社によっては、レンタルCDを返すように返却ボックスに入れるだけのところもあります。帰り際に返すのが面倒という人には、後日配送で返却できるところもありますので、自分のやりやすい方法で簡単に返せます。

■WiFiルーターの使い方

レンタルWiFiルーターの使い方はとっても簡単です。WiFi端末のスイッチを入れ、表示されたパスワードをお手持ちのスマホやタブレットに入力するだけで接続できます。使用するうえで最初に見つけてほしいのは、「SSID」と「Key」という2つの項目です。レンタルWIFIルーターの電源を入れた時に画面に表示されるものや、端末にシールで張り付いているものがありますので、最初にどちらのタイプのレンタルWIFIルーターなのか確認しておきましょう。「SSID」はルーター固有の電波番号のようなもので、どこから来ている電波なのかを表しています。「Key」はパスワードのことで、接続する際に入力するのはこちらです。

接続する際には、まずレンタルWiFIルーターの電源を入れましょう。次に、スマホやタブレットでWiFI設定の画面を開くと、近くに飛んでいるSSIDの一覧が表示されますので、一致するものを選択します。すると、パスワードを入力する画面が出ますので、該当のパスワードを入力したら接続ボタンをタップしましょう。SSIDとパスワードがちゃんと合っていればインターネットにつながるようになります。

■レンタルWiFiルーターとセットで便利なオプションの数々

グローバルWiFiの海外レンタルWiFiルーターには、充電用のACアダプターとUSBケーブル、接続マニュアル、該当国で使える変換プラグがセットでレンタルされます。その他、以下のオプションを追加すれば、さらに便利で安心です。

あんしん補償

思わぬトラブルに遭遇することもある海外旅行。もしもに備えて加入しておきたいのがほとんどの会社に用意されている「補償制度」です。WiFiルーターの紛失や盗難、故障や水没の際に、修理代金や再調達代金が減免されます。概ね日額200円〜300円となっており、被害にあっても支払いが100%免除されるものや80%免除のもの、パスポート紛失の際の再発行手続きにかかる費用の補償までしてくれるものまであります。保障制度に入っていないと、全損や盗難の場合3〜5万円もの支払いとなってしまいます。自分は大丈夫と過信せず、必ず申し込んでおきましょう。

モバイルバッテリー

移動の多い旅先で起こりやすいWiFiルーターの電池切れ。モバイルバッテリーがあればスマホやタブレットも一緒に充電可能です。バッテリーの容量や一度に充電できる端末の数など各社違うものを用意しています。スマホやタブレットのヘビーユーザーなら必須のアイテムですよ。現地の充電方式に対応したものをレンタルできる場合や、専用の変圧器がセットになることが多いので、普段からモバイルバッテリーを使っている人は、こちらのほうが安心かも。

マルチ変換プラグ

複数国対応型の変換プラグは数か国を旅する際に便利です。レンタルWiFiルーターには、渡航国に対応した電源プラグがセットになっていることもありますが、そうでない場合はレンタルしておくと安心です。

その他の便利なオプションアイテム

レンタルWiFiルーターを提供している会社によって用意しているものが違いますが、現地用のスマホやタブレットも合わせてレンタルしてくれるところもあります。普段はスマホしか使っていないけれども、旅行中は大きな画面のタブレットを使ってみたいという人や、普段の端末を海外で使うのは心配という場合などに便利です。その他、旅行中の思い出作りをより楽しくしてくれる、特殊なカメラのレンタルもおすすめです。自分で買うほどでは…という最新アイテムがレンタルで使えるので、新しもの好きな人は各社のオプション品をよくチェックしてみてください。

■フィリピン観光で覚えておきたいフリーWiFiスポットと使い方ガイド

フィリピンのカフェやレストランのフリーWiFiについて

フィリピンでは大手チェーンのカフェ・レストランから小さな個人経営のお店まで、ほぼフリーWiFiを提供しています。WiFiネットワーク検索画面から選択し、パスワードを入力するだけで、簡単にインターネットに接続できます。個人情報などの入力や事前登録などは必要ありません。パスワードは料理やドリンクをオーダーした後に、口頭で教えてくれたり、パスワードを書いた小さな紙を渡してくれます。ボーズコーヒー、コーヒードリーム、UCCカフェではコーヒーなどのカフェやケンタッキーフライドチキンなどのファーストフード店ではレシートに書かれていることが多いです。レストランによってFacebookでその店のホームページにアクセスし、「Like(イイネ)」を押すとインターネットに接続できるシステムを採用している店もあります。

フィリピンのショッピングセンター使えるフリーWiFiについて

SMやアヤラショッピングセンターなどの大型ショッピングセンターでは、フリーWiFiゾーンがあり、無料でインターネットに接続できます。アヤラショッピングセンターでは、スマートフォンなどのWiFiネットワーク検索画面から「AyalaMallsWIFI」というSSIDを選択するだけで、誰でも簡単に接続できます。パスワードや個人情報などの入力、事前登録は必要ありません。マカティ地区にあるパワープラントでは、モール全域で無条件に無料開放しています。ただ通信速度が遅く、不安定な場合もあります。

フィリピンの空港で利用できるフリーWiFiについて

ニノイ・アキノ国際空港では、4つのターミナル全てで、Globeというフィリピンの通信会社がフリーWiFiを提供しています。WiFiネットワーク検索画面から「Globe Free WiFi@NAIA」というSSIDを選択すると、空港のホームページに接続するので「I Agree to this Terms and Condition」をクリックするだけで、パスワードの入力は必要ありません。ダパオ国際空港でも、WiFiネットワーク検索画面から選択するだけで、パスワードの入力なしにインターネットを利用できます。ただ接続速度が遅かったり、不安定な場合があります。

ホテルなど宿泊施設のWiFiについて

フィリピンのホテルでは、フリーWiFiを提供しているところがほとんどです。客室で利用できなくても、ラウンジなどの共用スペースでは、大体利用できます。ホテルによっては宿泊客のみにパスワードを提示して解放しているケースもありますが、パスワードが設定されておらず誰でも利用できるホテルもあります。ベストウエスタンホテル ラ コロナやサ゜ ベイリーフ マニラホテルなどでは、WiFiネットワーク検索画面から選択して、パスワードを入力するだけで、個人情報の入力や事前登録は必要ありません。パスワードはホテルのフロントで聞けば教えてくれます。

■フィリピンに関する観光情報

詳しく

【セブ島】セブに行くならここは訪れたい! 必見の定番観光スポット30選

セブ島 - ビーチ・砂浜,洞穴・鍾乳洞

日本からも近く、美しい海が広がるセブ島。物価が安く手頃に行けるため最近の人気旅行先のひとつとなっています。白い砂浜に青い海が魅力のセブ島ですが、ビーチ以外にも楽しめる方法をご存知ですか? こちらではそんな数ある観光スポットの中からセブ島へ訪れたらここは行くべき!な、必見の定番観光スポットをご紹介します。護送車に乗れるセブ刑務所や、セブの夜景を見渡す事ができる展望台など楽しめるポイントばかりです。セブ島を存分に満喫できる選りすぐりのスポットのみ集めたので、ぜひ参考にしていただいて充実したセブ島旅行にしてください。

詳しく

【セブ島】必ず一度は行くべき! 白砂が美しいセブ周辺のビーチ5選

セブ島 - ビーチ・砂浜

ビーチリゾートとして有名なセブ島、特にリゾートホテルが立ち並ぶマクタン島は有名で、いつも賑わいを見せています。でもそれ以外のマクタン島周辺以外にあるビーチを見てみたいと思いませんか? 「どのビーチでも同じでしょ?」そう思っている方に、お伝えしたいセブ島をご紹介しています。 飛びきり上等なホワイトサンドのビーチや、島の姿を発見する事が難しい幻のビーチに、子供に安心な遠浅のビーチなど、必ず一度は行くべき白砂のとてもきれいなビーチとなっています。一生の思い出になる興味深いビーチですよ。

詳しく

【フィリピン】アンヘレスで子供から大人まで楽しめる人気の観光地5選

ルソン島 - 観光

首都マニラから車で2~3時間ほどの地にあり、近年は日本の大手、中小企業が多く進出している街アンヘレス市。世界中から多くの観光客が訪れる活気あふれる街です。過去にはアメリカ軍の基地もあったアンヘレス市では、戦時中のアメリカ軍の戦闘機や、機械仕掛けの恐竜がいる島、部族の歴史や国の成り立ちを学ぶことができるテーマパークなどがあります。また砂のスパや泥パックを体験できるホットスプリングスや、荘厳なバロック式の教会の見学など、アンヘレスの歴史を学びながら楽しむことができる見どころが盛りだくさん。アンヘレスへの旅行で必ず見ておきたい定番観光地を5つ紹介します。

詳しく

【マニラ】観光で知っておきたい定番から穴場まで人気のカフェ5選

マニラ - カフェ・茶館

フィリピンの首都マニラ。近年の急速な経済発展で、次々と新しいビルやショッピングセンターの建設が進んでいます。都市部の中にも緑に囲まれた住宅地や、歴史的な建物が集まる地区などがあり、さまざまな表情を併せ持っています。都市化の進む街で注目を集めているのが、カフェです。一日に3食以上とることも多いフィリピンの人々にとっては大切な存在で、チェーン店から個人経営の店まで、常に大勢の人でにぎわっています。観光でマニラを訪れる際には、あらかじめいくつかカフェを調べておくといいですよ。ショッピングの合間などに一休みできるカフェを紹介します。”東洋一の夕日”が見られるマニラ湾に面したアジア最大級のモール「モール オブ アジア」、高層ビルが立ち並ぶフィリピン随一のビジネスエリア「マカティ」、発展著しいおしゃれエリア「ボニファシオ グローバルシティ」、閑静な住宅街「サン フアン」、大学や政府機関が集積する「ケソン」の5つのエリアからカフェを厳選しました。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【フィリピン】透明度高過ぎの”魔法の川”ヒナトゥアン川でスイミングやスキューバを愉しむ!

ミンダナオ島 - 自然・景勝地

一目見た瞬間に、川がこれほどまでに碧いなんて、嘘でしょう!?と思ってしまうフィリピン・ミンダナオ島にあるヒナトゥアン川。さらに周辺には、神秘的な雰囲気がたっぷりで、別名”魔法の川”(Enchanted River)と呼ばれている場所です。地元の人達にも有名な魔法の川、真っ青な水と深い水深、誰も川底にはまだ辿りついた人がいないとか?そんなヒナトゥアン川についてご紹介しています。スキューバーダイビングや、癒しの青い水に触れてみて一生の思い出にしてみましょう。

フィリピンに関連するまとめ

  • まとめ

    【セブ島】セブに行くならここは訪れたい! 必見の定番観光スポット30選

    セブ島 - ビーチ・砂浜,洞穴・鍾乳洞

    日本からも近く、美しい海が広がるセブ島。物価が安く手頃に行けるため最近の人気旅行先のひとつとなっています。白い砂浜に青い海が魅力のセブ島ですが、ビーチ以外にも楽しめる方法をご存知ですか? こちらではそんな数ある観光スポットの中からセブ島へ訪れたらここは行くべき!な、必見の定番観光スポットをご紹介します。護送車に乗れるセブ刑務所や、セブの夜景を見渡す事ができる展望台など楽しめるポイントばかりです。セブ島を存分に満喫できる選りすぐりのスポットのみ集めたので、ぜひ参考にしていただいて充実したセブ島旅行にしてください。

  • まとめ

    【セブ島】必ず一度は行くべき! 白砂が美しいセブ周辺のビーチ5選

    セブ島 - ビーチ・砂浜

    ビーチリゾートとして有名なセブ島、特にリゾートホテルが立ち並ぶマクタン島は有名で、いつも賑わいを見せています。でもそれ以外のマクタン島周辺以外にあるビーチを見てみたいと思いませんか? 「どのビーチでも同じでしょ?」そう思っている方に、お伝えしたいセブ島をご紹介しています。 飛びきり上等なホワイトサンドのビーチや、島の姿を発見する事が難しい幻のビーチに、子供に安心な遠浅のビーチなど、必ず一度は行くべき白砂のとてもきれいなビーチとなっています。一生の思い出になる興味深いビーチですよ。

  • まとめ

    【セブ島】おすすめリゾートホテル:ビーチも目の前に広がる25施設

    セブ島 - 高級ホテル,リゾート

    エメラルドグリーンの海、白い砂浜、ヤシの木など、絵に描いたような南国リゾートの景色が広がるセブ島は、日本から5時間ほどのフライトで到着でき時差も1時間。物価も比較的リーズナブルなので、日本から気軽に出かけられる旅行先として人気です。セブ島はビーチリゾートだけでなく、ダイバー憧れのダイビングスポットとしても有名で、その美しい海や自然を求めて世界中から旅行者が訪れる世界有数のリゾート地です。そんなセブ島には多くのホテルがあり、どのホテルを予約すればよいのか迷ってしまいますよね。セブ島でぜひ泊まってみたいと思えるおすすめのホテルを紹介します。プライベートビーチ付きリゾートホテルや、離島の隠れ家的ホテル、素朴な雰囲気のアットホームなヴィラなど、様々なホテルを紹介していますので、セブ島旅行の際の参考にしてみてください。

  • まとめ

    【セブ島】おすすめスパ5選:癒やし極上のリラックスタイム♪

    セブ島 - サウナ・スパ

    旅行は日常を忘れられる楽しい時間ですが、慣れない海外では気を使い疲れもたまりますよね。そんな時にオススメなのがスパで心身共にリラックスをすることです。フィリピンのセブ島はスパアイランドとも呼ばれるほど、スパが充実していることでも知られています。 街の中にあるスパには日本では考えられないほど安い値段で質の良いマッサージを受けられるスパがたくさんあり、スパを目的に旅行に行く人もいるほどです。また高級リゾート内のスパではラグジュアリーな雰囲気を感じながら、贅沢な一時を過ごすことができます。今回は街中のスパから高級リゾート内のスパまで、行って損のないオススメのスパをご紹介します。

  • まとめ

    【セブ島】リゾート地を満喫! おすすめの観光モデルコース4選

    セブ島 - 観光

    セブ島は、太平洋に浮かんでいる数多くの島々からなるフィリピンの中でも最古の歴史を誇る島の1つです。透明度の高い青い海と真っ白い砂浜が続き、燦々と降り注ぐ太陽がまぶしいビーチ・リゾートです。また、日本からは飛行機の直行便で約4時間半と短時間で行くことができるアクセスの良さも魅力です。ゆったりとした時間が流れており、スキューバダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティーを楽しむことができます♪今回はそんなリゾート地・セブ島の魅力を満喫できるモデルコースを4つ、ご紹介します。

広告

フィリピンに関連するまとめ