おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

台湾で使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

台湾のWiFiについて

台北101や九份などの観光地、レストランや夜市で味わう台湾料理、さらに快適なホテル滞在など楽しみの尽きない台湾旅行。日本から飛行機で数時間で行け、手軽に異国情調を味わえるので、何度も訪れている人も多いでしょう。その旅先で日本にいる時と同じようにiPhoneやAndroidスマホで観光情報や天気を調べたい、あるいはLINEやFacebookで写真を送りたいという人におすすめしたいのが海外レンタルWi-Fiルーターです。 インターネットで簡単に契約でき、空港のカウンターや宅配などで、受け取りも返却も簡単です。現地の携帯電話を借りたり、SIMカードを購入したりと、どうすればいいのかよくわからず日本の通信キャリアのサービスを何気なく使っている人も多いのではないでしょうか? レンタルWiFIルーターであれば、スイッチを入れればすぐにいつも使っている端末で海外でもインターネットを利用できます。空港やカフェなどで提供されているフリーWiFiと違って動きながらでも利用でき、旅の感動を共有したい瞬間に「遅い」「繋がらない」というガッカリもありません。ただ、グローバルWiFiやイモトのWIFI、Wi-Ho!など台湾では、レンタルWiFiを提供している会社が多く、どこを選べばいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 料金や使える通信量、1国だけでなくほかの国々でも使えるものなど、さまざまな視点からピッタリのWiFiルーターが見つかるようにサポートします。どうしてもというときだけに使う保険のような感覚で持っておきたい人から、台湾で写真をたくさん撮ってSNSにリアルタイムでアップしていきたいという人まで、最適なWiFiルーターが見つかりますよ。もはや海外旅行の常識になったレンタルWi-Fiルーターで快適通信を楽しみましょう!

広告

台湾のWiFiレンタル最安値比較

ブランド ご利用料金 プラン 申込期限 詳細・予約

340円/日

台湾 4G LTE(300MB)
4G
1~3日前まで

340円/日

台湾 3G(300MB)
3G
1~3日前まで

410円/日

台湾 3G 大容量(600MB)
3G
1~3日前まで

580円/日

台湾 4G LTE 大容量(600MB)
4G
1~3日前まで

720円/日

台湾 4G LTE 超大容量(1.1GB)
4G
1~3日前まで

420円/日

大容量プラン
3G
1~3日前まで

620円/日

大容量プラン
4G
1~3日前まで

740円/日

ギガプラン
3G
1~3日前まで

1,050円/日

ギガプラン
4G
1~3日前まで

490円/日

台湾Wi-Ho!® 4G 通常プラン(250MB)
4G
1~3日前まで

640円/日

台湾Wi-Ho!® 4G 大容量プラン(500MB)
4G
1~3日前まで

740円/日

台湾Wi-Ho!® 4G 1Gプラン(1GB)
4G
1~3日前まで

890円/日

台湾Wi-Ho!® 4G 無制限プラン(無制限)
4G
1~3日前まで

700円/日

レギュラープラン(500MB)
4G
1~3日前まで

1,200円/日

ギガプラン(1GB)
4G
1~3日前まで

1,150円/日

大容量プラン
3G
1~4日前まで

1,250円/日

大容量プラン
4G
1~4日前まで

台湾のWiFiレンタル日数別比較表

台湾のWiFiお役立ち情報

■台湾で利用できるレンタルWiFiルーターを比較しよう!

グローバルWiFi

グローバルWiFiは、世界200ヶ国以上の国と地域で利用できる海外WiFiレンタルサービスを提供しています。全国15の空港と港に専用カウンターが設置されており、函館・小松・静岡・宮崎のような地方空港でも利用できるきめ細やかなサービスが魅力です。台湾に現地事務所があるため、万一の場合の機器交換などのサポート体制も整っています。使えるエリアも台湾のほぼ全域をカバーしており、サクサク使える4G LTE プランなら、日本にいる時と同様、高品質のネット環境を確保することができます。大容量プランが充実しているだけでなく、格安な3Gプランでは1日670円定額とキャリアの海外対応料金に比べてお得に利用できます。24時間体制のカスタマーサポートも行っており、電話だけでなく、メール、LINE、Skypeで問い合わせができるので困った時も安心。格安のオプションメニューが充実している他、各種キャンペーンやクーポンなどのサービスも随時更新しています。

イモトのWiFi

イモトのWiFiは、エクスコムグローバル社が運営している海外ポケットWiFiレンタルのサービスです。空港や宅配便での受取や返却のほか、東京渋谷本社で機器一式を直接受取ることもできるので、不在がちで空港での時間が無い方におすすめです。面倒な設定は済ませた状態で受け取れるので、WiFi機器に詳しくない方でも簡単に使い始めることができます。現地で困った場合には、固定電話からなら国際フリーダイヤルが利用できるので、24時間日本語でのカスタマーサポートが無料で受けられるのも心強いサービスです。3Gプランは1日680円定額と最安レベルとなり、キャリアの海外対応料金に比べてかなりお得になります。ストレスなく安定したネット環境が確保できる4G LTE WiFiプランの格安な定額料金設定あり。イモトのWiFiiでは、モバイルバッテリーやあんしんパックなどのオプションメニューやお得なキャンペーンなどのサービスも充実しています。

Wi-Ho!(ワイホー)

Wi-Ho!(ワイホー)は、テレコムスクエア社が運営している海外用格安WiFiレンタルのサービスです。WiFi機器一式の受取や返却は、出発前後の空港専用カウンターで行えるほか、空港での時間がないという方には、無料の宅配受取サービスも行っています。台湾全土で使える格安の3Gプランでは1日定額590円、大容量プランでも1日定額890円とキャリアの海外対応料金よりも格安で利用することができます。Wi-Ho!(ワイホー)では、現地でもっとも信頼できる大手通信会社の回線を利用しているので、観光地や景勝地だけでなく、台湾の地下鉄でもつながりやすく、セキュリティ環境も万全。24時間対応の日本語サポートが利用できるので、現地でのトラブルの際にも安心です。モバイルバッテリーやあんしん保証などのオプションメニューや、月毎に実施される割引キャンペーンなども充実しています。

Telecom Square(テレコムスクエア)

Telecom Squareは、出発当日でも予約が可能な海外Wi-Fiレンタルのサービスです。Wi-Fi機器一式の受取や返却は、成田、羽田、関空、中部、福岡、新千歳、高松などの主要空港カウンターで行えます。モバイル専門の自社スタッフがカウンターにいるので、初めてでも安心して利用できます。台湾のお得な4Gプランは1日500MBまで700円、大容量ギガプランなら1日1GBまで使えて1,200円と、キャリアの海外対応料金よりも格安で利用することができます。事務手数料や、空港受渡料金など、一切無料のシンプルな料金設定で分かりやすいのも魅力。機器の紛失・破損・全損の際の100%安心補償プランは1日324円、予備バッテリーなどのオプションプランも充実しています。24時間体制の日本語カスタマーサポートサービスもあるので、困った時も安心です。

トラベルコム

トラベルコムは、海外通信と旅行の専門会社のニッテルが運営している海外WiFiレンタルのサービスです。海外の現地回線を利用しているので、お得な定額料金でストレスの無い高速インターネット接続が可能です。台湾国内利用の4G LTE短期プランでも、データ通信料金1日定額660円、より割安な3か月以上の長期プランなら1か月定額8,910円の格安料金で利用できます。取扱手数料1,000円の他は、受取・返却の配送料金や請求書発行手数料などは全て無料となり、盗難損害補償や予備バッテリーのオプションも割安料金にて提供しています。WiFi機器一式は出発2日前に手元に届き、返却セットも一緒に送られてくるので、レンタル後も手間なく簡単に返送することができます。トラベルコムのWiFiレンタルサービス利用特典として、ミニノートPCの無料レンタルサービス、携帯電話のレンタル割引など、多彩なサービスも魅力。クレジットカードでの支払いの他、コンビニ払いにも対応しています。

JAL ABC

JAL ABCは、信頼のJALグループが運営するWiFiレンタルのサービスです。羽田、成田、関空の出発階と到着階それぞれに専用カウンターがあるので、受取りも返却もタイムロスなくスムーズにできます。在庫がある限り予約なしでも当日レンタルができるので、急な渡航や出張にも安心。台湾国内利用3Gプランの場合1日1,150円定額で使うことができ、空港手数料・引渡し手数料は一切無料のシンプルな料金設定が魅力のひとつです。JAL ABCでは、クレジット払いの他、現金精算も受付けており、JALマイレージ、デルタスカイマイル、UAマイレージへのマイル加算が可能。安心補償やモバイルバッテリーなどのオプションメニューも充実しており、季節ごとの割引キャンペーンなども随時提供しています。

台湾データ

台湾データは、データ容量無制限の台湾エリアに特化したWiFiレンタルサービスを提供しています。台湾最大手通信会社「中華電信社」の回線利用WiFiルーターなので、インターネット通信の速さ、安定性が抜群です。超高速4G LTEプラン690円/日の定額通信料金で、1日あたりのデータ容量無制限、10台同時接続OK、もちろん台湾全土で利用可能です。成田・中部・関西の各空港での受取りの他、無料配送での受取・返却も受け付けており、土日祝日の配送もできるので、慌ただしい出発前でも安心です。台湾データでは、予備バッテリーや安心補償パックなどの格安料金オプションも充実しており、さらにお得な早割などのキャンペーンも随時実施しています。

■WiFiルーターのメリット

写真を送る、現在地を調べる、無料電話をかける、Wi-FiルーターがあればどこでもOK

海外でスマホが自由自在に使えれば、旅行時のちょっとした不自由を解消してくれます。例えば、高額な通話料がかかる携帯電話間の国際電話もLINEアプリを使えば無料で通話可能。出張旅行中の突然のメールなどにもすぐに対応できます。移動した先でその都度WiFi環境を探さなくていいのが気楽ですし、移動中の暇な時間にインターネットが使えます。フリーWiFiスポットでは、その場から動くとすぐに接続が切れてしまうので、動き回りながら見られるのは大きなメリットです。もちろんトラベルブックも現地で見られるので、観光情報のチェックにぜひ活用して下さいね。

レンタルWi-Fiルーターと海外パケット使い放題の料金比較

頻繁に海外旅行をしている人の中には、携帯キャリアが提供する「海外パケット使い放題」を利用されている人がいるかもしれません。しかし、携帯各社のサービスと海外レンタルWi-Fiルーターと比べると、後者の方が断然お得です。料金のリーズナブルさに加えて、何より使えるデータ容量の大きさが魅力。海外パケット使い放題の約10倍近い容量が使えます。多くのレンタルWiFiルーターに用意されているプランの1日250MBの定額通信では、一般的な目安としてスマホなら最大約140分程度の動画閲覧、約1700ページのウェブページが閲覧可能です。

■レンタルWiFiルーターの借り方・プランの選び方

用途に合った通信速度、容量のレンタルプランを選ぼう

レンタルWiFIルーターは、通信速度や通信量、バッテリー容量などでいくつかのプランに分かれています。それぞれのプランの違いを知って、用途や使用人数に合わせたプランを選ぶのが、賢く海外レンタルWi-Fiルーターを利用するコツです。例えば、4G-LTEと3Gとでは通信速度が異なり、4G-LTEの方がより高速通信が可能。データ量の大きい動画や写真をたくさん送受信する方ならば、4G−LTEに対応しており大容量のものがおすすめです。とにかく節約第一の方には3Gで、容量も少なめのものを選ぶといいでしょう。

大容量プランって?

お友達や家族など複数人でレンタルWi-Fiルーターを使うなら大容量プランがおすすめです。レンタルWiFiルーターは複数端末で同時に利用できるので、一台で複数人が利用できます。1日の使用量は最大500MBのところもあれば、1GBやそれ以上のところもあります。使用可能容量の大きいものを選べば、一人ずつで借りるよりも節約できます。

複数エリア利用可のプランも

2か国以上をまたいで旅行する方のために、複数の国に対応している万能なWiFiルーターもあります。たいていは「周遊プラン」という名前がついているものがそれに当たります。ヨーロッパ周遊プランや東南アジア周遊プランなど、複数国回ることも多いエリアでは、借りて返してを繰り返さなくていいので、旅行中楽に過ごせます。

■レンタルWiFiルーターのレンタル&返却手順

申し込み

レンタルWIFIルーターを利用する場合、主な申し込みの窓口はインターネットか空港、各会社の店舗です。インターネットからであれば事前に申し込みができ、料金やオプションなどをじっくり考えられるのでおすすめです。空港か店舗で当日借りようとしても、在庫がないということもありますので、事前に申し込んでおくのが安心ですね。渡航先、希望プラン、旅行の日程を入れて簡単に料金見積もりができます。問題なければ申し込みを行いましょう。支払いはクレジットカードでのWEB決済が一般的ですが、会社によっては受取や返却の際に現金払いができるところもあります。

受取

受取に関しては空港か各店舗に加えて、自宅への宅配を行っているところもあります。宅配の場合は配送料がかかりますが、旅行前に物品の確認ができ空港や現地店舗に寄る必要がないので、移動時間を節約したい人におすすめです。

返却

返却も空港の専用カウンターや店舗などで簡単にできます。会社によっては、レンタルCDを返すように返却ボックスに入れるだけのところもあります。帰り際に返すのが面倒という人には、後日配送で返却できるところもありますので、自分のやりやすい方法で簡単に返せます。

■WiFiルーターの使い方

レンタルWi-Fiルーターの使い方はとっても簡単です。WiFi端末のスイッチを入れ、表示されたパスワードをお手持ちのスマホやタブレットに入力するだけで接続できます。使用するうえで最初に見つけてほしいのは、「SSID」と「Key」という2つの項目です。レンタルWIFIルーターの電源を入れた時に画面に表示されるものや、端末にシールで張り付いているものがありますので、最初にどちらのタイプのレンタルWIFIルーターなのか確認しておきましょう。「SSID」はルーター固有の電波番号のようなもので、どこから来ている電波なのかを表しています。「Key」はパスワードのことで、接続する際に入力するのはこちらです。

接続する際には、まずレンタルWiFIルーターの電源を入れましょう。次に、スマホやタブレットでWiFI設定の画面を開くと、近くに飛んでいるSSIDの一覧が表示されますので、一致するものを選択します。すると、パスワードを入力する画面が出ますので、該当のパスワードを入力したら接続ボタンをタップしましょう。SSIDとパスワードがちゃんと合っていればインターネットにつながるようになります。

■レンタルWiFiルーターとセットで便利なオプションの数々

グローバルWi-Fiの海外レンタルWi-Fiルーターには、充電用のACアダプターとUSBケーブル、接続マニュアル、該当国で使える変換プラグがセットでレンタルされます。その他、以下のオプションを追加すれば、さらに便利で安心です。

あんしん補償

思わぬトラブルに遭遇することもある海外旅行。もしもに備えて加入しておきたいのがほとんどの会社に用意されている「補償制度」です。Wi-Fiルーターの紛失や盗難、故障や水没の際に、修理代金や再調達代金が減免されます。概ね日額200円〜300円となっており、被害にあっても支払いが100%免除されるものや80%免除のもの、パスポート紛失の際の再発行手続きにかかる費用の補償までしてくれるものまであります。保障制度に入っていないと、全損や盗難の場合3〜5万円もの支払いとなってしまいます。自分は大丈夫と過信せず、必ず申し込んでおきましょう。

モバイルバッテリー

移動の多い旅先で起こりやすいWi-Fiルーターの電池切れ。モバイルバッテリーがあればスマホやタブレットも一緒に充電可能です。バッテリーの容量や一度に充電できる端末の数など各社違うものを用意しています。スマホやタブレットのヘビーユーザーなら必須のアイテムですよ。現地の充電方式に対応したものをレンタルできる場合や、専用の変圧器がセットになることが多いので、普段からモバイルバッテリーを使っている人は、こちらのほうが安心かも。

マルチ変換プラグ

複数国対応型の変換プラグは数か国を旅する際に便利です。レンタルWi-Fiルーターには、渡航国に対応した電源プラグがセットになっていることもありますが、そうでない場合はレンタルしておくと安心です。

その他の便利なオプションアイテム

レンタルWiFiルーターを提供している会社によって用意しているものが違いますが、現地用のスマホやタブレットも合わせてレンタルしてくれるところもあります。普段はスマホしか使っていないけれども、旅行中は大きな画面のタブレットを使ってみたいという人や、普段の端末を海外で使うのは心配という場合などに便利です。その他、旅行中の思い出作りをより楽しくしてくれる、特殊なカメラのレンタルもおすすめです。自分で買うほどでは…という最新アイテムがレンタルで使えるので、新しもの好きな人は各社のオプション品をよくチェックしてみてください。

■台湾観光で覚えておきたいフリーWiFiスポットと使い方ガイド

台湾全土で使えるフリーWiFi「itaiwan」について

itaiwanは、台湾の観光局が提供する台湾全土で使える無料の公衆無線LANサービスです。オンライン事前登録ができるので、出発前に手続しておくと便利です。iTaiwanのサイトは、中国語または英語となりますが、簡単な入力項目だけなので難しい事はありません。台湾到着日、国籍、パスポート番号、生年月日、使用日数(30・60・90日と最大90日まで選択可能)、メールアドレス、到着空港など、必要項目を入力するだけで事前登録完了。あとは、現地到着時に各空港のサービスカウンターで、ID(パスポート番号)とパスワード(生年月日)を有効化してから、SSID「iTaiwan」を選んで接続すればOK。旅行者がよく利用するMRT車内での利用や、歩きながらの常時接続はできないのですが、いざという時に無料で使えるWiFiとして確保しておくとよいでしょう。

台北観光に心強いフリーWiFi「Taipei Free」について

台北無料公衆無線LAN(Taipei Free)は、台北市が提供している無料WiFiサービスです。日本出発前に事前登録しておくと、台北到着後すぐに利用することができます。台北無料公衆無線LAN(Taipei Free)オンライン申請の日本語版ホームページにアクセスし、国選択、携帯番号、パスワード、メールアドレスを入力すると、システムからSNSによる認証コードが届きます。あとは、サイトで認証コードを入力して、アカウント申請を完了し、WiFiの接続リストからSSID「TPE-Free」を選択して接続すればOK。全て日本語で簡単に手続きができます。台北MRT駅及び地下街、台北市内主要公共エリアなどで利用することができますが、歩きながらの接続や走っているMRT車内では使えないので、土地勘の無い場所でのちょっとしたサポートとして登録しておくと便利です。

台湾セブンイレブンのフリーWiFiについて

台湾にある多くのセブンイレブン店舗では、無料WiFiサービス「7WiFi(セブンワイファイ)」が使えます。1日3回、1回につき30分と上限は決まっているものの、日本同様、街中のあちこちにあるセブンイレブンだけに、いざというときのために便利に使える無料WiFiとして、出発前に日本で登録しておくと便利です。中国語のサイト「7-WiFi無線上網」にアクセスし、81(日本の国際電話国番号)と最初のゼロを取った日本の携帯番号を入力します。さらに、名前、メールアドレス、パスワードを入力すると、SMSで認証番号が届くので、その数字を入力して登録完了。現地では、お店のWiFi「7WiFi」を選択して、案内に従って必要事項を入力するだけで無料WiFiサービスを使用できます。

台湾の人気カフェMr.Brown CoffeeのフリーWiFiについて

台湾にあるコーヒーチェーン店のMr. Brown Coffee(伯朗珈琲館)では、事前の登録手続きなしで、気軽に無料WiFiを利用することができます。店舗内でSSIDの中から「MR.BROWN-COFFEE」を選択し、IDやパスワードなどの面倒な入力の手間なく、簡単にネット接続が完了します。簡単な反面セキュリティに関しては不安がありますが、ちょっとした利用なら便利に使えます。一部ではコンセント電源が使える席もあり、充電の必要がある時などにも重宝するお店です。主要ターミナル駅や街中にも点在しており、お髭を蓄えたおじさんマークの看板が目印の気軽に入れるお店です。

桃園国際空港で使えるフリーWiFi「Air port free Wi-Fi」について

桃園国際空港内の第1、第2ターミナルでは、Air port free Wi-Fiを無料で使うことができます。面倒な登録作業やパスワード設定が不要なので、WiFi設定接続画面で「Air port free Wi-Fi」を選択するだけで、気軽にインターネット環境を確保することができます。簡単に接続できてしまう分、セキュリティ面での心配はありますが、慣れない海外でこそ、インターネットに頼りたい場面も多いので、いざという時のために使える無料WiFiとして、あらかじめ確認しておくと安心です。台北松山空港では、台北市内で使える台北無料公衆無線LAN(Taipei Free)も利用可能です。

台湾スターバックスのフリーWiFiについて

台湾のスターバックスでは、現地で使える携帯電話を持っていれば、スターバックスWiFiを無料で利用することができます。店舗内でSSIDの中から「Starbucks Free WiFi」へWi-Fi接続し、SMS認証を経て承認となります。電話番号登録やパスワード設定などの入力項目は、シンプルで簡単に設定されているので、英語サイトでの登録であっても難しいことはあまりありません。通信速度や安定感はそれぞれの店舗や座る席の位置でバラつきはありますが、無制限に使えるのは有り難いサービスです。ゆったりとしたソファがあることやコンセント電源が使えるなど、インターネットをするには最適な環境なので、登録しておくと滞在中便利に使えるでしょう。

台湾ファミリーマートのフリーWiFiについて

台湾で多く見かけるファミリーマートでは、現地で使える携帯電話を持っていればファミリーマートWiFiを利用することができます。店舗内で、台湾ファミリーマートのSSID「Fami-WiFi」にアクセスし、電話番号とパスワードを設定後、携帯のSMSに認証番号が届くので、この認証番号を入力すると登録完了となります。中国語のサイトでの申請となりますが、入力必須項目が少なくシンプルなので、難しい事はあまりありません。利用には制限があり1日3回、1回30分までとなるので、困った時のための保険として登録しておくと安心です。

ホテルなど宿泊施設のWiFiについて

台湾国内の主要都市においては、有料・無料の違いはあれども、ゲストハウスや格安ビジネスホテルを含め、ほとんどのホテルでインターネット接続の環境が整っています。万一、客室にネット環境が無くても、ロビーなどの共用エリアでのWiFi利用や、自由に使えるインターネットコーナーが設置されているホテルもあります。急な予定変更や、翌日のお天気情報、グルメやショッピングの穴場検索など、旅行中の情報収集手段は何よりも大切なので、ホテル客室でのネット接続の有無は非常に重要なチェック項目です。台湾では高級ホテルほど、インターネット回線が有料であったり、不具合が多かったりなどのケースも少なくないので、台湾旅行での快適なネット環境は、事前にしっかりと調べておくことをおすすめします。

■WiFiがつながらない観光地の情報

人気の観光地の多くはWiFI環境の整備にも積極的で、都市部であればインターネットへの接続で困ることは少なくなっています。通信する人が多いエリアでは、回線の混雑により速度が落ちることもありますが、レンタルWiFiルーターを使えば、フリーWiFiスポットに比べてかなり快適にインターネットが使えます。ただ、豊かな自然環境が残る奥地や、砂漠地帯のような場所では、そもそもの電波が届いていないこともあります。台湾最高峰の山ということで人気が高まっている玉山(3952m)は代表的な例で、山頂は圏外ですので通信できません。台湾はかなりWiFIの整備が進んでいますが、山間部への旅行の際は、注意しておきましょう。

■台湾の充電環境について

海外に行く時に気になるのは、電化製品を使う時に必須のコンセントの形状と電圧ですよね。台湾の場合は比較的簡単なほうで、電圧、周波数、コンセントの形状ともに、日本とほぼ同じです。稀に丸型で2本のCタイプや、線形でハの字になっているOタイプもありますので、一応準備しておくと安心です。コンセントの形状以上に注意しておきたいのは電圧と周波数で、日本は電圧100Vで周波数は50Hzまたは60Hzですが、台湾では電圧110Vで周波数は60Hzです。この電圧と周波数に対応できるかは使用する機器に記載されていますので、確認してから使いましょう。そのまま使っても問題ない場合もありますが、携帯電話やPCなど精密機器の充電をするときは変圧器を使うことをおすすめします。

■台湾に関する観光情報

詳しく

【台湾】台北の観光旅行でおすすめの観光地・名所まとめ

台北 - 観光名所

魅力がたくさん詰まった台湾の首都・台北。観光地やおいしいグルメなど見どころが満載で、どこに行っていいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は数多くの名所がある台北の中でも、定番中の定番といえる観光のおすすめスポットをまとめて紹介します。 台北のシンボルタワーである「台北101」や、ロープウェイと周辺には茶館が多くある「猫空」、アクセスの良い「台北動物園」、そして歴史的な作品が所蔵される「故宮博物院」など、足を運びたくなるようなスポットを30箇所紹介します。初めて台湾旅行に行く人はもちろん、リピーターの方も改めてチェックしてみると新しい発見があるかもしれません。

詳しく

お口の中でも思い出作り♡台湾・台北人気スイーツ10選

台北 - スイーツ

今回は台湾の地元で大人気なおすすめのスイーツ店を紹介します。 女子旅に欠かせないと言えば、甘いスイーツです!台湾の台北、女子だけの海外旅行をさらに満足させる美味しいスイーツ店をご紹介しましょう。日本人の口にも合う、絶対外せないお味ですよ!先ずは、元祖マンゴーかき氷のお店、地元でも行列ができる程の大人気、マンゴーかき氷が自慢です。また、昔ながらのお店で頂く豆花(ドウファー)や、マンゴーをたっぷり召し上がれるお店、おしる粉のようなスイーツが頂けるお店などがあるので、お好みのスウィーツを見つけ出して下さい!

詳しく

台湾旅行では外せない!台北絶品B級グルメ5選 +おすすめグルメスポット紹介

台北 - 小吃,小籠包・飲茶・点心

台湾の中でも、グルメの街として知られている台北。美味しいグルメが目当てで、訪れる方もいらっしゃるかと思います。もちろん台北の高級料理は美味しいですが、実は屋台などで頂けるB級グルメも、とっても美味しい絶品グルメばかりとなっているのです。 今回は台北で絶対に食べておきたい、絶品B級グルメにスポットをあててみました。白いご飯の上に、しっかりとした味付けの肉そぼろは、思わずご飯がすすむ日本人好みの味付け、小麦の皮がパリッと焼き上がっている胡椒餅など、B級グルメを紹介しています。

詳しく

【台湾】もう悩まない!台湾を楽しみつくす観光地&グルメスポットを巡る厳選5プラン

台北 - 観光

人気の観光地「台湾」は時差もほぼ無く、日本の主要都市から飛行機で4時間程度ととても行きやすい国です。台北101やノスタルジーを感じる九份や夜市、グルメでも小籠包やB級グルメからフカヒレなど、どれだけ時間があっても足りない位、魅力的なところが目白押しです。最近では台湾へのLCCも多く発着しており、週末の3日間で台湾へ!なんて人もかなりいるとか。もちろん時間が限れれているのですから効率的に台湾を楽しみたいですよね? そこで今回は「効率的楽しみたいけどどこにどの順序で行ったらいいの?」「近々台湾へ行くけど、どこに行こう。」と悩んでいる方に、効率的に台湾を遊びつくせるおすすめの楽しみ方をご紹介します。これさえ見ればガイドブックはもう不要ですよ♪

詳しく

【台湾】自然の造形美に息を飲む、世界遺産クラスの絶景スポット5選

台湾 - 世界遺産

小籠包や魯肉飯をはじめとするグルメ、あるいは文化と喧騒の入り交じる街など、観光資産に事欠かない台湾ですが、実は多くの絶景スポットがあることはあまり知られていません。九州と同じほどの面積を有する台湾には、壮大な自然風景を眺められる景勝地が点在しています。そのなかにはパワースポットとして人気の箇所も。 ここでは、まさに自然の造形が造り上げた美しい風景が堪能できる世界遺産クラスの絶景スポットを5か所紹介します。すでに世界遺産登録候補になっているスポットもあるので、登録されて混雑してしまう前にぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

台湾に関連するまとめ

  • まとめ

    千と千尋気分で絶景グルメ!台湾・九份おすすめグルメ7選

    九份 - 中華料理,カフェ・茶館

    台湾の九份といえば、千と千尋の神隠しと同じ雰囲気が味わえる不思議な街ですが、絶品グルメも頂ける魅力あるスポットでもあるのです。物語に浸りながら街を巡ってみましょう!先ずは千と千尋の神隠しに登場する湯屋とそっくりなお店、見晴らしの良いテラス席がおすすめです。また九份の名物となっている美味しいタロイモ団子、その他にも映画で場面を再現したかのような、洞窟を通って行くレストランなど、風情ある素敵なお店が溢れています。提灯の灯りで彩られた九份の街で、絶品グルメを頂きましょう!

  • まとめ

    【台湾】台北から定番観光地「九份」へのアクセス(行き方・帰り方)を徹底解説

    九份 - 行き方

    「千と千尋の神隠し」の世界に飛び込んでしまったかのような街・九份(きゅうふん/ジォウフェン)は、台湾旅行するなら一度は見ておきたい人気の観光地です。九份は台北市から東北方面に30kmの所にありますが、どうやって行けばいいのでしょうか? こちらで九份までの行き方を紹介していますので、チェックして見てください。 九份までの行き方は、バスで行く方法と、電車で行く方法、現地開催のツアーを利用する方法の大きく3つあり、それぞれのポイントとメリット・デメリットを解説しています。意外とチェックを忘れがちな帰り方も紹介していますので、こちらを参考にぜひ九份を訪れてみてください。

  • まとめ

    お口の中でも思い出作り♡台湾・台北人気スイーツ10選

    台北 - スイーツ

    今回は台湾の地元で大人気なおすすめのスイーツ店を紹介します。 女子旅に欠かせないと言えば、甘いスイーツです!台湾の台北、女子だけの海外旅行をさらに満足させる美味しいスイーツ店をご紹介しましょう。日本人の口にも合う、絶対外せないお味ですよ!先ずは、元祖マンゴーかき氷のお店、地元でも行列ができる程の大人気、マンゴーかき氷が自慢です。また、昔ながらのお店で頂く豆花(ドウファー)や、マンゴーをたっぷり召し上がれるお店、おしる粉のようなスイーツが頂けるお店などがあるので、お好みのスウィーツを見つけ出して下さい!

  • まとめ

    【台湾】台北の観光旅行でおすすめの観光地・名所まとめ

    台北 - 観光名所

    魅力がたくさん詰まった台湾の首都・台北。観光地やおいしいグルメなど見どころが満載で、どこに行っていいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は数多くの名所がある台北の中でも、定番中の定番といえる観光のおすすめスポットをまとめて紹介します。 台北のシンボルタワーである「台北101」や、ロープウェイと周辺には茶館が多くある「猫空」、アクセスの良い「台北動物園」、そして歴史的な作品が所蔵される「故宮博物院」など、足を運びたくなるようなスポットを30箇所紹介します。初めて台湾旅行に行く人はもちろん、リピーターの方も改めてチェックしてみると新しい発見があるかもしれません。

  • まとめ

    台北の夜市はどこがおすすめ!?定番だけど何度も行きたい夜市9選

    台北 - 市場・夜市

    夜の台北観光のおすすめスポットと言えば、まずは夜市です。 夜になると台北の街は、とっても賑やか!夜市が始まると街のあちらこちらに灯りがともり、同時に屋台にも灯がともります。日本のお祭りや縁日を思い出しますね。夜市の時間帯は、午後6時頃から始まって段々と人が増え始めます。 ピークの時間は10時頃、ほとんどのお店が12時過ぎまで開いているので、ゆっくりと見て回れるでしょう。 屋台では手軽で美味しいB級グルメや地元のグルメが満載!また、食べ物以外にも、洋服やアクセサリー、お土産も揃ってしまうのです。昼間の暑さを避けて、夜の外出を発展させた夜市は、暑い国ならではの風物詩となっています。

広告

台湾に関連するまとめ