おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

タイで使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

タイのWiFiについて

ワット・プラケオやカオサン通りなどの観光名所がたくさんあるタイの首都・バンコク。エスニックグルメやムエタイ観戦など、楽しみの尽きないエリアで、活気に溢れたマーケット巡りは必ず楽しみたいことのひとつです。その旅先で日本にいる時と同じようにiPhoneやAndroidスマホで観光情報や天気を調べたい、あるいはLINEやFacebookで写真を送りたいという人におすすめしたいのが海外レンタルWi-Fiルーターです。 インターネットで簡単に契約でき、空港のカウンターや宅配などで、受け取りも返却も簡単です。現地の携帯電話を借りたり、SIMカードを購入したりと、どうすればいいのかよくわからず日本の通信キャリアのサービスを何気なく使っている人も多いのではないでしょうか? レンタルWiFIルーターであれば、スイッチを入れればすぐにいつも使っている端末で海外でもインターネットを利用できます。 空港やカフェなどで提供されているフリーWiFiと違って動きながらでも利用でき、旅の感動を共有したい瞬間に「遅い」「繋がらない」というガッカリもありません。ただ、グローバルWiFiやイモトのWIFI、Wi-Ho!など、タイではレンタルWiFiを提供している会社が多く、どこを選べばいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 料金や使える通信量、1国だけでなくほかの国々でも使えるものなど、さまざまな視点からピッタリのWiFiルーターが見つかるようにサポートします。どうしてもというときだけに使う保険のような感覚で持っておきたい人から、タイで写真をたくさん撮ってSNSにリアルタイムでアップしていきたいという人まで、最適なWiFiルーターが見つかりますよ。もはや海外旅行の常識になったレンタルWi-Fiルーターで快適通信を楽しみましょう。

広告

タイのWiFiレンタル最安値比較

ブランド ご利用料金 プラン 申込期限 詳細・予約

400円/日

タイ 4G LTE(300MB)
4G
1~3日前まで

400円/日

タイ 3G(300MB)
3G
1~3日前まで

490円/日

タイ 3G 大容量(600MB)
3G
1~3日前まで

550円/日

タイ 4G LTE 大容量(600MB)
4G
1~3日前まで

880円/日

タイ 4G LTE 超大容量(1.1GB)
4G
1~3日前まで

510円/日

大容量プラン
3G
1~3日前まで

730円/日

大容量プラン
4G
1~3日前まで

1,280円/日

ギガプラン
4G
1~3日前まで

580円/日

タイWi-Ho!® 4G 通常プラン(250MB)
4G
1~3日前まで

730円/日

タイWi-Ho!® 4G 大容量プラン(500MB)
4G
1~3日前まで

830円/日

タイWi-Ho!® 4G ギガプラン(1GB)
4G
1~3日前まで

700円/日

レギュラープラン(500MB)
3G
1~3日前まで

700円/日

レギュラープラン(500MB)
4G
1~3日前まで

1,150円/日

大容量プラン
3G
1~4日前まで

1,250円/日

大容量プラン
4G
1~4日前まで

タイのWiFiレンタル日数別比較表

タイのWiFiお役立ち情報

■タイで利用できるレンタルWiFiルーターを比較しよう!

http://bangkok.peninsula.com

グローバルWiFi

グローバルWiFi は24時間365日体制で安心のカスタマーサポートを行っており、現地通信会社の回線を利用するため、いつでもどこでも高速・高品質なインターネットを使えます。メールやSNSメッセージが主な用途の方におすすめの3Gプランは、データ通信量が250MBの通常プランで一日定額わずか670円で、最安値です。データ通信量が250MBの3Gより最大21倍も速く繋がる4G LTE通常プランでは、一日定額970円です。1GB使える超大容量プランは一日定額1370円で、容量を気にすることなく使用できます。オプションで一日500円から保障パックへ加入でき、WiFi機器、スマートフォンなどの充電が可能な持ち運びができるモバイルバッテリーも付いてくるのでおすすめです。また一日500円でiPad 第4世代やiPad miniのレンタルも可能です。一か月以上前に予約するとさらに値引きされるので、早期予約がおすすめです。申し込みはWEBで受け付けています。受取・返却は、空港または宅配で、空港カウンターは全国で15か所あります。宅配料金は500円で、二日前の事前受け取りを希望する場合は、1000円(税抜)の事前受取料金がかかります。

イモトのWiFi

イモトのWiFiは現地の通信会社に直接アクセスすることで非常に安価な価格で提供しており、3G WiFiプランが最安で一日680円でレンタルできます。4GLTEの高速データが可能なWiFiプランは、一日1280円で利用できます。受取方法は、空港カウンターまたは宅配で、空港利用料、宅配手数料がそれぞれ1台につき500円上乗せされます。(税抜)受取カウンターは、成田、羽田、関西、中部、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けています。宅配で返却する場合は、送料は自己負担で、発送が帰国後2日以降となった場合、1台あたりの延滞料2,000円/日(+税)が発生します。東京本社(渋谷区)で直接受取・返却をする場合は、手数料がかかりません。現地の携帯通信会社を選択し、その国専用の3GのWiFiルーターを提供しています。データ通信量が250MBの3G通常プランが最安で、一日定額680円(税抜)です。

Wi-Ho!(ワイホー)

タイを含むアジア16カ国を1台で使えるアジア周遊ワイホー 3Gプランでは、250MBの3Gが一日定額わずか980円で利用でき、レンタルWiFi会社の中でも最安値クラスです。最大接続台数は5台なので、大人数で旅行へ行った際はみんなとシェアでき便利です。申し込みはWEBで受け付けており、申し込み期限は成田・羽田・関西空港以外は三日前までです。受取・返却は空港カウンターまたは宅配で、空港カウンターは成田・羽田・関西空港にあり、宅配の場合は受取の送料は無料で、返却時は自己負担です。オプションでは、モバイルバッテリーのレンタルが一日一台216円、盗難や事故などで免責額が割引となるあんしん補償が日額216円で加入できます。

Telecom Square(テレコムスクエア)

Telecom Square(テレコムスクエア)では、急な海外出張時や急ぎで商品を受け取りたい場合に便利なWEB当日申し込みサービスがあり、1回540円で申し込み3時間後に空港カウンターで商品の受け取りが可能です。受取カウンターは、新千歳、成田、羽田、関西、中部、高松、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けており、有料で宅配での受け取りも可能です。返却は受付カウンターまたは返却ボックスで返却できます。受取予定日の2日前からキャンセル料が発生し、申込確認書が送付済みの場合は、キャンセル料金がかかります。最安のプランは、データ通信量が500MBの4Gまたは3Gのレギュラープランで、一日700円(税抜)です。タイを含む27の国と地域を1台でカバーできるアジア周遊プランがお得で、1日わずか1200円(不課税)で利用できます。オプションでは、WiFiルーターとスマートフォンが約1回フル充電可能なモバイルバッテリーライトが216円(不課税)でレンタルできます。安心補償プラスと旅行先からの電話通訳や相談サービスを受けることができるコンシェルコールがセットになった保障プランが一日432円で加入でき、盗難や紛失などに関しては負担金が実質0円なのでおすすめです。

トラベルコム

トラベルコムでは、WiFiをレンタルすると、ノートPCのレンタル料金が無料になったり、携帯のレンタル割引があったりなどとさまざまな特典が受けられます。料金は受信最大100Mbpsの4G LTEプランが業界最安値の日額660円で、4GBまでの容量制限があり、容量制限を超えて利用した場合のデータ通信料金は 1,800円/GB です。レンタル料金のほかに取扱手数料が別途1000円(税抜)必要です。申し込みは、オンライン申込またはFAX・郵送で、 出発日の 5日前(土日祝除く)まで受付けています。WiFiルーターは宅配にて無料で出発日の二日前までに受け取ることができ、返却も専用の返却セットで返却日までに返却すれば無料です。日額200円で免責保障額が割引になる保障パックがオプションであります。支払方法はクレジットカード払いまたはコンビニ払いです。

JAL ABC

JALマイレージ、デルタスカイマイル、UAマイレージのマイレージが貯めれるJAL ABCは、空港手数料、引渡し手数料等は一切なく、空港の出発・到着階それぞれにカウンターがあるので、受取りも返却もスムーズです。おもな空港カウンターは成田・羽田・関西空港で、インターネットもしくは電話で申し込みできます。申し込み締切は、成田空港が受取日の前日18時まで、羽田・関西空港が受取日二日前の18時までです。在庫がある場合は、当日レンタルも可能です。料金はデータ通信料無制限で、最安で一日定額1150円です。短期間に大量のデータ通信を行った場合は、通信量の制限が行われる場合もあります。盗難や事故などで免責額が割引となる安心補償が日額216円で加入できます。

タイデータ

タイデータは、タイ大手携帯通信会社AISを利用しており、国専用のWiFiルーターを提供しています。接続データー量が500MBまでと大容量なのに高速4G LTEが一日わずか定額690円で利用でき、容量が多いプランでは他社に比べて最安値です。申し込みはWEBで受付けており、支払い方法はネットからのご予約によるクレジットカード払いです。受取方法は空港カウンター、宅配、本社の受け取りの三つで、受取可能な空港は、最大6つの国際空港で空港手数料は無料です。キャンペーン中に申し込むと、宅配往復送料が無料です。安心補償保険は一日200円で加入でき、負担額が20%、もしくは0%になります。また予備バッテリーも一日100円でレンタル可能です。

■WiFiルーターのメリット

写真を送る、現在地を調べる、無料電話をかける、WiFiルーターがあればどこでもOK

海外でスマホが自由自在に使えれば、旅行時のちょっとした不自由を解消してくれます。例えば、高額な通話料がかかる携帯電話間の国際電話もLINEアプリを使えば無料で通話可能。出張旅行中の突然のメールなどにもすぐに対応できます。移動した先でその都度WiFi環境を探さなくていいのが気楽ですし、移動中の暇な時間にインターネットが使えます。フリーWiFiスポットでは、その場から動くとすぐに接続が切れてしまうので、動き回りながら見られるのは大きなメリットです。もちろんトラベルブックも現地で見られるので、観光情報のチェックにぜひ活用して下さいね。

レンタルWiFiルーターと海外パケット使い放題の料金比較

頻繁に海外旅行をしている人の中には、携帯キャリアが提供する「海外パケット使い放題」を利用されている人がいるかもしれません。しかし、携帯各社のサービスと海外レンタルWiFiルーターと比べると、後者の方が断然お得です。料金のリーズナブルさに加えて、何より使えるデータ容量の大きさが魅力。海外パケット使い放題の約10倍近い容量が使えます。多くのレンタルWiFiルーターに用意されているプランの1日250MBの定額通信では、一般的な目安としてスマホなら最大約140分程度の動画閲覧、約1700ページのウェブページが閲覧可能です。

■レンタルWiFiルーターの借り方・プランの選び方

用途に合った通信速度、容量のレンタルプランを選ぼう

レンタルWiFIルーターは、通信速度や通信量、バッテリー容量などでいくつかのプランに分かれています。それぞれのプランの違いを知って、用途や使用人数に合わせたプランを選ぶのが、賢く海外レンタルWiFiルーターを利用するコツです。例えば、4G-LTEと3Gとでは通信速度が異なり、4G-LTEの方がより高速通信が可能。データ量の大きい動画や写真をたくさん送受信する方ならば、4G−LTEに対応しており大容量のものがおすすめです。とにかく節約第一の方には3Gで、容量も少なめのものを選ぶといいでしょう。

大容量プランって?

お友達や家族など複数人でレンタルWiFiルーターを使うなら大容量プランがおすすめです。レンタルWiFiルーターは複数端末で同時に利用できるので、一台で複数人が利用できます。1日の使用量は最大500MBのところもあれば、1GBやそれ以上のところもあります。使用可能容量の大きいものを選べば、一人ずつで借りるよりも節約できます。

複数エリア利用可のプランも

2か国以上をまたいで旅行する方のために、複数の国に対応している万能なWiFiルーターもあります。たいていは「周遊プラン」という名前がついているものがそれに当たります。ヨーロッパ周遊プランや東南アジア周遊プランなど、複数国回ることも多いエリアでは、借りて返してを繰り返さなくていいので、旅行中楽に過ごせます。

■レンタルWiFiルーターのレンタル&返却手順

申し込み

レンタルWIFIルーターを利用する場合、主な申し込みの窓口はインターネットか空港、各会社の店舗です。インターネットからであれば事前に申し込みができ、料金やオプションなどをじっくり考えられるのでおすすめです。空港か店舗で当日借りようとしても、在庫がないということもありますので、事前に申し込んでおくのが安心ですね。渡航先、希望プラン、旅行の日程を入れて簡単に料金見積もりができます。問題なければ申し込みを行いましょう。支払いはクレジットカードでのWEB決済が一般的ですが、会社によっては受取や返却の際に現金払いができるところもあります。

受取

受取に関しては空港か各店舗に加えて、自宅への宅配を行っているところもあります。宅配の場合は配送料がかかりますが、旅行前に物品の確認ができ空港や現地店舗に寄る必要がないので、移動時間を節約したい人におすすめです。

返却

返却も空港の専用カウンターや店舗などで簡単にできます。会社によっては、レンタルCDを返すように返却ボックスに入れるだけのところもあります。帰り際に返すのが面倒という人には、後日配送で返却できるところもありますので、自分のやりやすい方法で簡単に返せます。

■WiFiルーターの使い方

レンタルWiFiルーターの使い方はとっても簡単です。WiFi端末のスイッチを入れ、表示されたパスワードをお手持ちのスマホやタブレットに入力するだけで接続できます。使用するうえで最初に見つけてほしいのは、「SSID」と「Key」という2つの項目です。レンタルWIFIルーターの電源を入れた時に画面に表示されるものや、端末にシールで張り付いているものがありますので、最初にどちらのタイプのレンタルWIFIルーターなのか確認しておきましょう。「SSID」はルーター固有の電波番号のようなもので、どこから来ている電波なのかを表しています。「Key」はパスワードのことで、接続する際に入力するのはこちらです。

接続する際には、まずレンタルWiFIルーターの電源を入れましょう。次に、スマホやタブレットでWiFI設定の画面を開くと、近くに飛んでいるSSIDの一覧が表示されますので、一致するものを選択します。すると、パスワードを入力する画面が出ますので、該当のパスワードを入力したら接続ボタンをタップしましょう。SSIDとパスワードがちゃんと合っていればインターネットにつながるようになります。

■レンタルWiFiルーターとセットで便利なオプションの数々

グローバルWiFiの海外レンタルWiFiルーターには、充電用のACアダプターとUSBケーブル、接続マニュアル、該当国で使える変換プラグがセットでレンタルされます。その他、以下のオプションを追加すれば、さらに便利で安心です。

あんしん補償

思わぬトラブルに遭遇することもある海外旅行。もしもに備えて加入しておきたいのがほとんどの会社に用意されている「補償制度」です。WiFiルーターの紛失や盗難、故障や水没の際に、修理代金や再調達代金が減免されます。概ね日額200円〜300円となっており、被害にあっても支払いが100%免除されるものや80%免除のもの、パスポート紛失の際の再発行手続きにかかる費用の補償までしてくれるものまであります。保障制度に入っていないと、全損や盗難の場合3〜5万円もの支払いとなってしまいます。自分は大丈夫と過信せず、必ず申し込んでおきましょう。

モバイルバッテリー

移動の多い旅先で起こりやすいWiFiルーターの電池切れ。モバイルバッテリーがあればスマホやタブレットも一緒に充電可能です。バッテリーの容量や一度に充電できる端末の数など各社違うものを用意しています。スマホやタブレットのヘビーユーザーなら必須のアイテムですよ。現地の充電方式に対応したものをレンタルできる場合や、専用の変圧器がセットになることが多いので、普段からモバイルバッテリーを使っている人は、こちらのほうが安心かも。

マルチ変換プラグ

複数国対応型の変換プラグは数か国を旅する際に便利です。レンタルWiFiルーターには、渡航国に対応した電源プラグがセットになっていることもありますが、そうでない場合はレンタルしておくと安心です。

その他の便利なオプションアイテム

レンタルWiFiルーターを提供している会社によって用意しているものが違いますが、現地用のスマホやタブレットも合わせてレンタルしてくれるところもあります。普段はスマホしか使っていないけれども、旅行中は大きな画面のタブレットを使ってみたいという人や、普段の端末を海外で使うのは心配という場合などに便利です。その他、旅行中の思い出作りをより楽しくしてくれる、特殊なカメラのレンタルもおすすめです。自分で買うほどでは…という最新アイテムがレンタルで使えるので、新しもの好きな人は各社のオプション品をよくチェックしてみてください。

■タイ観光で覚えておきたいフリーWiFiスポットと使い方ガイド

タイの公共WiFi「Free Public WiFi」について

「Free Public WiFi」の無料WiFiサービスは、タイ国内の県庁や警察署、病院、公立の学校、病院、そして有名観光地で利用可能です。 なお、利用の際には登録が必要となります。登録方法は主に2つあり、 ひとつはタイの現地のサービスセンターでスタッフにパスポートを提示し、パスワードを貰う方法。 ふたつめはアカウント登録時にパスポート番号を入力する方法です。 ふたつめのサービス方法を選んだ際には、英語サイトで登録することになり、パスポート番号以外にも名前や住所、電話番号にメールアドレスといった個人情報の入力が必要となります。

タイのスターバックスのフリーWiFiについて

バンコクにもいたるところにスターバックスがありますが、WiFiが無料で使用できます。WiFiの接続一覧から「STARBUCKS_AIS」を選択し、スタバマークをクリックします。最初はタイ語で出てくるので右上の「EN」を押せば英語に変わります。次に名前、パスポート番号、E-mailを入力します。名前は文字数が短すぎると受け付けてくれないので注意が必要です。ID Numberの欄は入力せずに次の項目に移っても大丈夫です。登録が完了するとユーザー名とパスワードが出るのでメモしておくと次回のログインの際に便利です。

タイのマクドナルドのフリーWiFiについて

タイ国内のマクドナルドでは、ほぼ全店で無料WiFiの利用が可能です。タイのマクドナルドでは注文した際に貰えるレシートに、SSIDとログインパスワードが載っています。ログインの制限時間は一時間のところが多く、一時間経過したあとに同じパスワードを入れても利用できません。レシートに注文時間が記載されており、そちらが接続開始時間です。SSIDは、「Mc Donalds_AIS」で、店内のみ利用できます。最初の画面はタイ語表示ですが、右上の部分を右にスライドするとTH(タイ語)⇒EN(英語)表示へ切り替わります。

タイのカフェやレストランのフリーWiFiについて

首都バンコクには多くのカフェチェーンが展開しており、「True Coffee」はバンコクに約80店舗展開するコーヒーチェーンでWiFiを利用するときは、名前やメールアドレス、パスポートナンバーを登録して店員さんに申請しなくてはなりません。一度登録申請をすれば、次回の来店からはユーザーネームとパスワード番号を入力するだけでWiFiの接続が可能になります。 リーズナブルな料金設定で人気なのが「Cafe Amazon」で、 WiFi接続したい場合は、注文時にお店の人からパスワードが記載されている紙をもらう必要があります。 バンコクに30店舗ある「Coffee World」は 注文時に店員からもらった紙に書いてあるパスワードを入力すれば接続完了です。

タイのショッピングセンターのフリーWiFiについて

ショッピングモールなどの大型施設でも無料WiFiを提供している所がいくつかあり、バンコクの繁華街アソークにあるBTSアソーク駅から直結しているターミナル21もWiFiが無料で使用できます。ターミナル21では誰でも無料WiFiを使うことができますが、初回は登録手続きが必要です。BTSアソーク駅から直通の通路でターミナル21へ入ったらその階にあるインフォメーションカウンターへ向かい、WiFiのユーザーネームとパスワードを聞かなくてなりません。パスポートの提示を求められるのでパスポートを渡すとパスワードがもらえます。

タイの空港で利用できるフリーWiFiについて

バンコクにある「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン空港」の2つの国際空港でWiFiが無料で使用できます。ただし空港内でもエリアによっては表示されなかったり、接続しても速度が遅いケースはあります。タイの空港WiFiでインターネットへ接続する方法は、SSID「.@AirportAISFreeWiFi」もしくは「.@AirportTrueFreeWiFi」へと接続し、利用したい言語を選択すると、個人情報を入力する画面になります。無料WiFiは1日2時間しか利用できません。

ホテルなど宿泊施設のWiFiについて

バンコクのホテルでは無料でWiFiを提供する所も多いですが、やはり全てのホテルまでとはいきません。宿泊するホテルを予約する際にWiFiが利用できるかどうか、利用できたとしたら無料WiFiであるかどうかを確認しておくといいでしょう。ホテルによっては一日一時間無料でそれ以上は有料、という所もあります。接続できる場合は、宿泊時にログインパスワードを聞かなくてはならないケースが多く、ホテルの部屋によっては接続不安定なところもあるので、頻繁に利用したい方にはあまりおすすめできません。

■タイに関する観光情報

詳しく

絶景に酔いしれよう!タイでおすすめの絶景スポット7選

タイ - 自然・景勝地

東南アジアに属するタイは、異国情緒溢れるエキゾチックな国。世界各地からも多くの観光客が集まり賑わいを見せています。夜遅くまで光輝くライトアップや、バンコクの人達が大勢押し寄せるビーチは有名ですが、他にも、是非訪れて欲しいが絶景スポットがあるのです。 今回はそんな人があまり来ないような秘境をご紹介します!映画の場面を思い起こさせるような素敵なビーチや、360度の絶景を楽しみながらのお食事が頂けるレストランなど、是非とも訪れたい絶景スポットとなっています。

詳しく

【バンコク】本場で味わうタイ料理の名店!高級感たっぷりの優雅な5店舗をセレクト

バンコク - グルメ

バンコクにきたら本場のタイ料理は、外せません。地元に密着したローカルなお店や屋台は魅力的ですが、ゆっくりとした落ち着いた気分でのお食事は、できないのではないでしょうか?こちらではタイ料理の名店で味わうお店をご紹介します。高級感もたっぷり、優雅にゆっくりとタイ料理を楽しむことができるレストランばかりセレクトしてみました。邸宅を改装しているお店や、ロコニアル様式の豪華な店構えのお店。お味の方も、上品で美味しいタイ料理ばかりとなっています。バンコクで一回は訪れてみたいタイ料理の名店をご覧下さい。

詳しく

コスパ抜群!チェンマイで絶品北タイ料理のレストランおすすめ5選

チェンマイ - タイ料理

チェンマイには、地元ならではの独特なタイ料理があるのをご存知ですか?同じタイでも、日本でよく知られているタイ料理とは、多少志向が違う北タイ料理。チェンマイを中心とした料理なのです。 ココナッツミルクを多用しない料理がほとんどのため、料理に油が浮いているように見えるものが多いのが特徴です。タイだけでなく、ミャンマー料理などの影響も受けているのですが、そんな北タイ料理は絶品!しかもコスパも抜群となっているのです! こちらでは、そんな北タイ料理のおすすめのレストランを紹介します。

詳しく

【バンコク】お菓子大国!お土産にも喜ばれるタイの定番菓子5選

バンコク - お土産

一年を通して暑い国、タイ。料理は辛くて、濃い味付けが多いため、昔から食後には甘いお菓子が好まれてきました。タイのお菓子文化が発展したのは、そのためだったんですね。よく見ると、街中にもお菓子の屋台をたくさん見ることができます。 地元の人たちは、ランチタイムや夕食どき、通勤の合い間などで、お惣菜といっしょにお菓子を買っていくようです。そう、タイでは、毎日の生活の中にしっかりとお菓子を食べる習慣が根付いているんですね。そんな、甘いものに目がないバンコクっ子も認める伝統菓子を紹介します!日本国内でも注目されつつあるお菓子も幾つか登場します。甘いものが大好きな人は見逃せませんよ!

詳しく

【タイ】秘密の楽園・ピピ島のビーチで見る、まるで別世界のような絶景

ピピ島 - ビーチ・砂浜

タイのプーケットから、東にあるサンゴ礁に囲まれたピピ島。エメラルドブルーを誇る海、想像以上にきれいなビーチは秘密の楽園といって言う名にふさわしい場所です。タイには遺跡やビーチ、様々な観光名所が点在していますが、ここビビ島は密かな人気スポットエリアとして急上昇しています。そんなピピ島をご紹介致しましょう!海の美しさもさる事ながらそのビーチや島の景観にもご注目を!映画「ザ・ビーチ」でもロケ地に選ばれ、深い入り江やスバメの巣がある洞窟など、まるで別世界のような風景が目白押しです!一生の思い出になることに間違いないビビ島を、ぜひご覧下さい。

タイに関連するまとめ

  • まとめ

    【バンコク】スクンビット通りのおすすめレストラン:外国人好みのイチオシ5選

    スクンビット通り周辺 - グルメ

    タイのバンコク、人気の海外旅行先の一つとなっています。そんなバンコクのスクンビット通りは、観光客が一度は足を運ぶ集中する通り、アクセスも良く洗練されたお店やホテルなどが立ち並び、飲食店も数多く立ち並んでいます。 そんなスクンビット周辺の中から、外国人が一押しするレストランをご紹介します。欧米サイトでも美味しいと評判のカレーや、高級感と優雅さを兼ね備えたお店など、旅行客からの厳しい目でチェックしたレストランなら安心です!

  • まとめ

    多国籍でカオス!バックパッカーの聖地!バンコク・カオサン通り見所9選

    バンコク - 観光

    バックパッカーの聖地と呼ばれる「カオサン通り」は、たった300mほどの通りに、多彩なお店や屋台に安宿、そして多国籍な旅行者が行き交うカオティックなストリートです。カオサンという名が「精米したお米(タイ語)」に由来するように、この界隈はもともと米問屋街でした。それが、タイ王宮やワットポーなど観光スポットに近いため、以前より旅行者が多く、空き部屋を安く貸すようになったことから安宿街として世界中のバックパッカーに注目されるようになりました。 そんな、バックパッカーたちが憧れてやまないこの通りならではの過ごし方をちょっと味わってみませんか。

  • まとめ

    現地採れシーフードに頬が落ちる! バンコクのおすすめレストラン5選

    バンコク - 海鮮・シーフード

    今回はバンコクでシーフード料理がおすすめのレストランをお届けします。 タイは、どんな料理にも魚介類を食材として使います。その秘密は、この国が水源に恵まれていること。地図を見ると一目瞭然です。南ではシャム湾とアンダマン海に接し、バンコク市内にもチャオプラヤー川の豊かな流れがあります。常に水域の近くに暮らしがあったことを物語っていますね。 市場にだって、いつも豊富な魚介類が並んでいます。エビやカニ、ムール貝、どんと一匹まるごと売られている大きな魚を見ることもあります。バンコクに行ったら、こうした新鮮な魚介類を、タイならではの味覚でたっぷり味わいたいもの。

  • まとめ

    【タイ】プーケットの観光旅行でおすすめの名所:定番から穴場までの50スポット

    プーケット - 観光名所

    アジアのビーチリゾートとして、日本をはじめ世界中から人気の高いプーケットは、タイの首都バンコクから飛行機で1時間20分で行けるタイ最大の島です。プーケット島といえば、何と言っても珊瑚礁に囲まれたエメラルドグリーンの海と、美しい砂浜が最大の魅力。 賑やかなビーチや、隠れ家的ビーチなど、表情豊かなビーチが島のあちこちに点在し、自分だけのお気に入りを見つけるのも楽しそうですね。ビーチ以外にも、新旧入り混じった面白い観光名所がたくさんありますよ。街歩きや夜のお出かけ、リラックススポットなど、プーケットの新しい顔が発見できるおすすめ観光地を紹介します。

  • まとめ

    プーケット随一の繁華街!パトンビーチの人気グルメスポット5選

    パトン・ビーチ - グルメ

    プーケットのなかでも、大人気エリアパトンビーチ。ビーチ沿いにずらりと並んだレストランやバングラー通り付近に集まるレストラン。でも、どこに入ったら良いか…沢山あると悩みますよね。せっかく食べるなら、パトンエリアでおすすめレストランでリーズナブルにお腹いっぱいになりたい!!シーンに合わせて素敵なレストランでプーケットを楽しみたい!そんな方は必見。 シーフードからタイフードまで、パトンエリアで本格タイ料理を出してくれるおすすめのレストランをご紹介します。

広告

タイに関連するまとめ