おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

イギリスで使える格安海外レンタルWiFiを比較・予約する

イギリスのWiFiについて

ビッグ・ベンやウェストミンスター宮殿などの観光名所がたくさんあるイギリスの首都・ロンドン。歴史ある佇まいの街並みや大英博物館など、ヨーロッパの歴史を感じ芸術的な感性に触れたい人にはぴったり。周辺に足を伸ばせば牧歌的な風景が広がり、美しい自然の中でのんびりと過ごすのもおすすめです。 楽しい旅先で日本にいる時と同じようにiPhoneやAndroidスマホで観光情報や天気を調べたい、あるいはLINEやFacebookで写真を送りたいという人におすすめしたいのが海外レンタルWi-Fiルーターです。インターネットで簡単に契約でき、空港のカウンターや宅配などで、受け取りも返却も簡単です。現地の携帯電話を借りたり、SIMカードを購入したりと、どうすればいいのかよくわからず日本の通信キャリアのサービスを何気なく使っている人も多いのではないでしょうか? レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターであれば、スイッチを入れればすぐに、いつも使っている端末で海外でもインターネットを利用できます。 空港やカフェなどで提供されているフリーWiFi(ワイファイ)と違って動きながらでも利用でき、旅の感動を共有したい瞬間に「遅い」「繋がらない」というガッカリもありません。ただ、グローバルWiFi(ワイファイ)やイモトのWiFi(ワイファイ)、Wi-Ho!など、イギリスではレンタルWiFi(ワイファイ)を提供している会社が多く、どこを選べばいいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか? 料金や使える通信量、1国だけでなくほかの国々でも使えるものなど、さまざまな視点からピッタリのWiFi(ワイファイ)ルーターが見つかるようにサポートします。どうしてもというときだけに使う保険のような感覚で持っておきたい人から、イギリスで写真をたくさん撮ってSNSにリアルタイムでアップしていきたいという人まで、最適なWiFi(ワイファイ)ルーターが見つかりますよ。もはや海外旅行の常識になったレンタルWi-Fiルーターで快適通信を楽しみましょう。

イギリスのWiFiレンタル最安値比較

  • 人気1位プラン


    イギリス 4G LTE(250MB/日) 4G

    申込期限1~3日前まで 230円/日

  • 人気2位プラン


    イギリス 4G LTE 大容量(500MB/日) 4G

    申込期限1~3日前まで 280円/日

  • 人気3位プラン


    イギリスWi-Ho!® 4G 通常プラン(300MB/日) 4G

    申込期限1~3日前まで 278円/日

ブランド プラン 申込期限 ご利用料金 詳細・予約

イギリス 3G(250MB/日)
3G

1~3日前まで

130円/日


人気1位
イギリス 4G LTE(250MB/日)
4G

1~3日前まで

230円/日


人気3位
イギリスWi-Ho!® 4G 通常プラン(300MB/日)
4G

1~3日前まで

278円/日


人気2位
イギリス 4G LTE 大容量(500MB/日)
4G

1~3日前まで

280円/日


イギリスWi-Ho!® 4G 大容量プラン(500MB/日)
4G

1~3日前まで

328円/日


イギリス 3G 大容量(500MB/日)
3G

1~3日前まで

380円/日


イギリスWi-Ho!® 4G 1ギガプラン(1GB/日)
4G

1~3日前まで

598円/日


イギリス 4G LTE 超大容量(1GB/日)
4G

1~3日前まで

690円/日


大容量プラン(500MB/日)
3G

1~3日前まで

720円/日


大容量プラン(500MB/日)
4G

1~3日前まで

980円/日


レギュラープラン(500MB)(500MB/日)
3G

1~3日前まで

1,000円/日


レギュラープラン(500MB)(500MB/日)
4G

1~3日前まで

1,000円/日


大容量プラン(無制限)
3G

1~4日前まで

1,150円/日


イギリスWi-Ho!® 4G 無制限プラン(無制限)
4G

1~3日前まで

1,950円/日

イギリスのWiFiレンタル日数別比較表

イギリスのWiFiお役立ち情報

旅行に役立つ!イギリスの基本情報

イギリスってどんな国?

薔薇の美しいイングリッシュガーデンや歴史ある建築物、美しい自然の風景などののどかな雰囲気と、ショッピング、エンターテインメントの中心として世界的に注目される大都市・ロンドンの全く異なる顔を持ち、何度でも訪れたくなる魅力的な国・イギリス。アフタヌーンティーなどの文化を楽しむこともできる日本でも人気の旅行先です。

イギリスの気候やシーズン

西岸海洋性気候で、曇りがちの日が多く、降水量も多いイギリス。日本に比べると気温が低く、夏でも30℃に達っすることはありません。そんなイギリスのおすすめの観光シーズンは、春から秋。夏でも日本のように熱くなることがないので観光しやすく、特に、6~9月にかけては、薔薇のシーズンでもあり、美しい景色を楽しめます。

イギリス(ロンドン)の平均気温や平均降水量

℃(最高気温) mm
1月 6 53
2月 7 40
3月 10 37
4月 13 38
5月 17 46
6月 20 46
7月 22 56
8月 21 59
9月 19 50
10月 14 57
11月 10 64
12月 7 48

イギリスの治安や物価情報

比較的安全な国として知られているイギリス。基本的に治安は良いですが、人込みに行くほど、スリなどの被害が報告されており、注意が必要です。イギリスの通貨は、ポンドで、物価においては、高いことで有名です。チップにおいては、基本的に不要と言われていますが、タクシーや、ホテルなどではチップを用意したほうが無難です。

イギリスのグルメ情報

イギリスのグルメと言えば、フィッシュアンドチップスやアフタヌーンティー、そして、イングリッシュブレックファーストなどが有名です。イングリッシュブレックファーストは、朝食という名前にもかかわらず、たいていのお店が1日を通して提供しています。どこのお店でもボリューム満点になっており、日本人ならば、お腹いっぱいになる人がほとんどです。

■イギリスで利用できるレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを比較しよう!

グローバルWiFi(ワイファイ)

グローバルWiFi(ワイファイ) は24時間365日体制で安心のカスタマーサポートを行っており、現地通信会社の回線を利用するため、いつでもどこでも高速・高品質なインターネットを使えます。メールやSNSメッセージが主な用途の方におすすめの3Gプラン、データ通信量が3Gより最大21倍も速く繋がる4G LTE通常プラン、1GB使える超大容量プランは容量を気にすることなく使用できます。オプションで一日500円から補償パックへ加入でき、WiFi(ワイファイ)機器、スマートフォンなどの充電が可能な持ち運びができるモバイルバッテリーも付いてくるのでおすすめです。また一日500円でiPad 第4世代やiPad miniのレンタルも可能です。一か月以上前に予約するとさらに値引きされるので、早期予約がおすすめです。申し込みはWEBで受け付けています。受取・返却は、空港または宅配で、空港カウンターは全国で15か所あります。宅配料金は500円で、二日前の事前受け取りを希望する場合は、1000円(税抜)の事前受取料金がかかります。

イモトのWiFi(ワイファイ)

イモトのWiFi(ワイファイ)は現地の通信会社に直接アクセスすることで非常に安価な価格で提供しており、3G WiFi(ワイファイ)プランが最安です。4GLTEの高速データが可能なWiFi(ワイファイ)プランも勿論用意されています。受取方法は、空港カウンターまたは宅配で、空港利用料、宅配手数料がそれぞれ1台につき500円上乗せされます。(税抜)受取カウンターは、成田、羽田、関西、中部、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けています。宅配で返却する場合は、送料は自己負担で、発送が帰国後2日以降となった場合、1台あたりの延滞料2,000円/日(+税)が発生します。東京本社(渋谷区)で直接受取・返却をする場合は、手数料がかかりません。現地の携帯通信会社を選択し、その国専用の3GのWiFi(ワイファイ)ルーターを提供しています。

Wi-Ho!(ワイホー)

各地域をまたいで活用できる周遊ワイホープランでは、レンタルWiFi(ワイファイ)会社の中でも最安値クラスです。最大接続台数は5台なので、大人数で旅行へ行った際はみんなとシェアでき便利です。申し込みはWEBで受け付けており、申し込み期限は成田・羽田・関西空港以外は三日前までです。受取・返却は空港カウンターまたは宅配で、空港カウンターは成田・羽田・関西空港にあり、宅配の場合は受取の送料は無料で、返却時は自己負担です。オプションでは、モバイルバッテリーのレンタルが一日一台216円、盗難や事故などで免責額が割引となるあんしん補償が日額216円で加入できます。

Telecom Square(テレコムスクエア)

Telecom Square(テレコムスクエア)では、急な海外出張時や急ぎで商品を受け取りたい場合に便利なWEB当日申し込みサービスがあり、1回540円で申し込み3時間後に空港カウンターで商品の受け取りが可能です。受取カウンターは、新千歳、成田、羽田、関西、中部、高松、福岡空港で、申し込みはWEBで受け付けており、有料で宅配での受け取りも可能です。返却は受付カウンターまたは返却ボックスで返却できます。受取予定日の2日前からキャンセル料が発生し、申込確認書が送付済みの場合は、キャンセル料金がかかります。オプションでは、WiFi(ワイファイ)ルーターとスマートフォンが約1回フル充電可能なモバイルバッテリーライトが216円(不課税)でレンタルできます。安心補償プラスと旅行先からの電話通訳や相談サービスを受けることができるコンシェルコールがセットになった補償プランが一日432円で加入でき、盗難や紛失などに関しては負担金が実質0円なのでおすすめです。

JAL ABC

JALマイレージ、デルタスカイマイル、UAマイレージのマイレージが貯めれるJAL ABCは、空港手数料、引渡し手数料等は一切なく、空港の出発・到着階それぞれにカウンターがあるので、受取りも返却もスムーズです。おもな空港カウンターは成田・羽田・関西空港で、インターネットもしくは電話で申し込みできます。申し込み締切は、成田空港が受取日の前日18時まで、羽田・関西空港が受取日二日前の18時までです。在庫がある場合は、当日レンタルも可能です。料金はデータ通信料無制限で、最安で一日定額1150円です。短期間に大量のデータ通信を行った場合は、通信量の制限が行われる場合もあります。盗難や事故などで免責額が割引となる安心補償が日額216円で加入できます。

■WiFi(ワイファイ)ルーターのメリット

写真を送る、現在地を調べる、無料電話をかける、WiFi(ワイファイ)ルーターがあればどこでもOK

海外でスマホが自由自在に使えれば、旅行時のちょっとした不自由を解消してくれます。例えば、高額な通話料がかかる携帯電話間の国際電話もLINEアプリを使えば無料で通話可能。出張旅行中の突然のメールなどにもすぐに対応できます。移動した先でその都度WiFi(ワイファイ)環境を探さなくていいのが気楽ですし、移動中の暇な時間にインターネットが使えます。フリーWiFi(ワイファイ)スポットでは、その場から動くとすぐに接続が切れてしまうので、動き回りながら見られるのは大きなメリットです。もちろんトラベルブックも現地で見られるので、観光情報のチェックにぜひ活用して下さいね。

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターと海外パケット使い放題の料金比較

頻繁に海外旅行をしている人の中には、携帯キャリアが提供する「海外パケット使い放題」を利用されている人がいるかもしれません。しかし、携帯各社のサービスと海外レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターと比べると、後者の方が断然お得です。料金のリーズナブルさに加えて、何より使えるデータ容量の大きさが魅力。海外パケット使い放題の約10倍近い容量が使えます。多くのレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターに用意されているプランの1日250MBの定額通信では、一般的な目安としてスマホなら最大約140分程度の動画閲覧、約1700ページのウェブページが閲覧可能です。

■レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの借り方・プランの選び方

用途に合った通信速度、容量のレンタルプランを選ぼう

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターは、通信速度や通信量、バッテリー容量などでいくつかのプランに分かれています。それぞれのプランの違いを知って、用途や使用人数に合わせたプランを選ぶのが、賢く海外レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを利用するコツです。例えば、4G-LTEと3Gとでは通信速度が異なり、4G-LTEの方がより高速通信が可能。データ量の大きい動画や写真をたくさん送受信する方ならば、4G−LTEに対応しており大容量のものがおすすめです。とにかく節約第一の方には3Gで、容量も少なめのものを選ぶといいでしょう。

大容量プランって?

お友達や家族など複数人でレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを使うなら大容量プランがおすすめです。レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターは複数端末で同時に利用できるので、一台で複数人が利用できます。1日の使用量は最大500MBのところもあれば、1GBやそれ以上のところもあります。使用可能容量の大きいものを選べば、一人ずつで借りるよりも節約できます。

複数エリア利用可のプランも

2か国以上をまたいで旅行する方のために、複数の国に対応している万能なWiFi(ワイファイ)ルーターもあります。たいていは「周遊プラン」という名前がついているものがそれに当たります。ヨーロッパ周遊プランや東南アジア周遊プランなど、複数国回ることも多いエリアでは、借りて返してを繰り返さなくていいので、旅行中楽に過ごせます。

■レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターのレンタル&返却手順

申し込み

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを利用する場合、主な申し込みの窓口はインターネットか空港、各会社の店舗です。インターネットからであれば事前に申し込みができ、料金やオプションなどをじっくり考えられるのでおすすめです。空港か店舗で当日借りようとしても、在庫がないということもありますので、事前に申し込んでおくのが安心ですね。渡航先、希望プラン、旅行の日程を入れて簡単に料金見積もりができます。問題なければ申し込みを行いましょう。支払いはクレジットカードでのWEB決済が一般的ですが、会社によっては受取や返却の際に現金払いができるところもあります。

受取

受取に関しては空港か各店舗に加えて、自宅への宅配を行っているところもあります。宅配の場合は配送料がかかりますが、旅行前に物品の確認ができ空港や現地店舗に寄る必要がないので、移動時間を節約したい人におすすめです。

返却

返却も空港の専用カウンターや店舗などで簡単にできます。会社によっては、レンタルCDを返すように返却ボックスに入れるだけのところもあります。帰り際に返すのが面倒という人には、後日配送で返却できるところもありますので、自分のやりやすい方法で簡単に返せます。

■WiFi(ワイファイ)ルーターの使い方

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの使い方はとっても簡単です。WiFi(ワイファイ)端末のスイッチを入れ、表示されたパスワードをお手持ちのスマホやタブレットに入力するだけで接続できます。使用するうえで最初に見つけてほしいのは、「SSID」と「Key」という2つの項目です。レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの電源を入れた時に画面に表示されるものや、端末にシールで張り付いているものがありますので、最初にどちらのタイプのレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターなのか確認しておきましょう。「SSID」はルーター固有の電波番号のようなもので、どこから来ている電波なのかを表しています。「Key」はパスワードのことで、接続する際に入力するのはこちらです。

接続する際には、まずレンタルWiFi(ワイファイ)ルーターの電源を入れましょう。次に、スマホやタブレットでWiFi(ワイファイ)設定の画面を開くと、近くに飛んでいるSSIDの一覧が表示されますので、一致するものを選択します。すると、パスワードを入力する画面が出ますので、該当のパスワードを入力したら接続ボタンをタップしましょう。SSIDとパスワードがちゃんと合っていればインターネットにつながるようになります。

■レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターとセットで便利なオプションの数々

グローバルWiFi(ワイファイ)の海外レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターには、充電用のACアダプターとUSBケーブル、接続マニュアル、該当国で使える変換プラグがセットでレンタルされます。その他、以下のオプションを追加すれば、さらに便利で安心です。

あんしん補償

思わぬトラブルに遭遇することもある海外旅行。もしもに備えて加入しておきたいのがほとんどの会社に用意されている「補償制度」です。WiFi(ワイファイ)ルーターの紛失や盗難、故障や水没の際に、修理代金や再調達代金が減免されます。概ね日額200円〜300円となっており、被害にあっても支払いが100%免除されるものや80%免除のもの、パスポート紛失の際の再発行手続きにかかる費用の補償までしてくれるものまであります。補償制度に入っていないと、全損や盗難の場合3〜5万円もの支払いとなってしまいます。自分は大丈夫と過信せず、必ず申し込んでおきましょう。

モバイルバッテリー

移動の多い旅先で起こりやすいWiFi(ワイファイ)ルーターの電池切れ。モバイルバッテリーがあればスマホやタブレットも一緒に充電可能です。バッテリーの容量や一度に充電できる端末の数など各社違うものを用意しています。スマホやタブレットのヘビーユーザーなら必須のアイテムですよ。現地の充電方式に対応したものをレンタルできる場合や、専用の変圧器がセットになることが多いので、普段からモバイルバッテリーを使っている人は、こちらのほうが安心かも。

マルチ変換プラグ

複数国対応型の変換プラグは数か国を旅する際に便利です。レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターには、渡航国に対応した電源プラグがセットになっていることもありますが、そうでない場合はレンタルしておくと安心です。

その他の便利なオプションアイテム

レンタルWiFi(ワイファイ)ルーターを提供している会社によって用意しているものが違いますが、現地用のスマホやタブレットも合わせてレンタルしてくれるところもあります。普段はスマホしか使っていないけれども、旅行中は大きな画面のタブレットを使ってみたいという人や、普段の端末を海外で使うのは心配という場合などに便利です。その他、旅行中の思い出作りをより楽しくしてくれる、特殊なカメラのレンタルもおすすめです。自分で買うほどでは…という最新アイテムがレンタルで使えるので、新しもの好きな人は各社のオプション品をよくチェックしてみてください。

■イギリス観光で覚えておきたいフリーWiFi(ワイファイ)スポットと使い方ガイド

ロンドンの共通WiFi(ワイファイ)サービス「Sky WiFi(ワイファイ)」

ロンドン市内で使える無料WiFi(ワイファイ)として人気なのが「Sky WiFi(ワイファイ)」という無料WiFi(ワイファイ)サービスです。以前は「The Cloud」というサービス名でしたが、現在は「Sky WiFi(ワイファイ)」の名前に変更し変わらぬサービスを提供しています。登録には専用サイトでの名前、住所、電話番号、メールアドレスが必要ですが、日本語なのでとても簡単。オフラインでも無料WiFi(ワイファイ)スポットが探せる専用アプリ「Sky WiFi(ワイファイ) Finder」をダウンロードしておけば、「Sky WiFi(ワイファイ)」の無料WiFi(ワイファイ)スポットエリアに入ると、自動的にWiFi(ワイファイ)に繋げてくれます。イギリス国内のチェーンカフェ、パブ、大手スーパーチェーン、人気ショップなど、20,000以上の無料WiFi(ワイファイ) Spotがあるので、登録しておくと滞在中便利に使えます。店舗により、時間や回数制限がある場所もあるので、確認してから利用するといいでしょう。

イギリスのスターバックスのフリーWiFi(ワイファイ)について

日本でもおなじみのスターバックスは、イギリスにもたくさんの店舗があり、ほぼ全店でフリーWiFi(ワイファイ)サービスを提供しています。SMSでの認証作業や、名前、メールアドレス等の登録作業をする必要が無く、パスワードも不要で気軽にインターネットが楽しめます。基本的に2時間経過すると接続が切れますが、再接続すれば続けて使用する事も可能。コンセントもあり電源が使えて居心地が良いので、現地のスターバックスは混んでいて席を見つけるのが難しいとも言われています。混雑時間帯を避けて利用するなどの工夫が必要ですが、気軽に使えるネット接続スポットとして、イギリス滞在中は便利に利用するといいでしょう。

ヒースロー空港で利用できるフリーWiFi(ワイファイ)について

日本からのフライトや乗継で利用することが多いヒースロー空港では、1日4時間までのフリーWiFi(ワイファイ)サービスを提供しています。デバイスのWiFi(ワイファイ)をオンにして、ネットワークの中から「_Heathrow Wi-Fi」にアクセスし、無料WiFi(ワイファイ)を選択、名前やアドレスなどの必要事項を記入の上、契約書に同意するとインターネットが利用可能となります。ヒースロー空港のリワードメンバーであれば無料の高速WiFi(ワイファイ)を時間制限なく利用できますが、一般旅行者でも追加料金を払えば4時間以上のWiFi(ワイファイ)利用も可能です。空港内には、モバイル充電ステーションや、無料で使用できるパソコンコーナーなども設置されています。簡単にネット環境が確保できる反面、不特定多数の利用者が多い空港のフリーWiFi(ワイファイ)なので、セキュリティ面に充分気を付けながら、賢く上手に利用したいものです。

ホテルなど宿泊施設のWiFi(ワイファイ)について

イギリスのホテルでは、ロビーでの無料WiFi(ワイファイ)利用はできるけれども、客室でのWiFi(ワイファイ)は有料というところも少なくありません。歴史ある建物を利用したホテルなどでも、重厚な壁や廊下が障害となり、WiFi(ワイファイ)の充実が進んでいないなどというケースもあるため、ホテル選びの際のネット環境のチェックは大切な項目です。客室で無料WiFi(ワイファイ)が使える場合、チェックイン時にパスワードなどを書いたメモを忘れずにもらいましょう。無料サービスの場合、申請しなければ入手できないということも海外ではよくあります。また、観光中に目的地の地図検索やグルメ情報収集で、便利なWiFi(ワイファイ)スポットとして利用できるのがホテルのロビーです。ホテルによりパスワードが必要だったり、宿泊者限定無料WiFi(ワイファイ)サービスだったりする場合もありますが、ホテルスタッフに聞くと簡単に教えてくれることもあるので、ちょっとした検索利用で試してみるのもいいでしょう。

イギリス主要都市のWiFi(ワイファイ)環境について

ロンドン、エジンバラ、バーミンガム、ウェールズ、マンチェスター、グラスゴー、リバプールなど、イギリスの主要都市では、チェーンカフェや大手スーパー、銀行、デパート、ショッピングモールなど多くの場所で、無料WiFi(ワイファイ)サービスを利用することができます。イギリスで2番目に大きい電話会社O2社が提供する無料WiFi(ワイファイ)サービスや、Sky WiFi(ワイファイ)をはじめとしたフリーWiFi(ワイファイ)提供会社が広く国内をカバーしているので、主要都市でのネット環境は比較的整っているといえます。一方で、地下鉄やホテルなどのWiFi(ワイファイ)は、有料のサービスとなっている場合も少なくありません。ネットにつなぐためにカフェや銀行を探すのが面倒だったり、時間帯や混雑状況で速度やつながり具合が不安定な事も多く、ネット環境を確保することにストレスを感じてしまうこともあるでしょう。無料WiFi(ワイファイ)サービスはあくまで「無料で使える便利なサービス」であると割り切って、頼りすぎないように意識しておくことをおすすめします。

海外用レンタルWi-FiルーターQ&A〜よくある質問と回答〜

Q:Wi-Fiルーターとはどんなもの?

A:無線でインターネットに接続するためのコンパクトサイズの機器です。WiFiルーターに電源を入れパスワードを入力をするだけで、海外でもインターネットが利用可能になります。普段お使いのスマートフォンやPCをインターネットに接続するためには、それぞれ通信会社との契約が必要になりますが、Wi-Fiルーターを使うことで、契約していない端末でもインターネットに接続し、メールやSNS、調べ物などができるようになります。

Q:Wi-Fiルーターのレンタルセットは何が含まれていますか?

A:会社によって異なりますが、基本的にWi-Fiルーターと充電用のACアダプタ・USBケーブル、日本語の取り扱い説明書が付きます。1つのポーチにまとまっているので、持ち運びに便利です。また、渡航先の国によっては、コンセントの変換プラグも加わります。その他オプションで付けられる、モバイルバッテリーやカーチャージャー、タブレットなど選択に応じてセットになります。

Q:Wi-Fiルーターはパケット使い放題なのでしょうか?

A:申し込み時に選択するプランによって、パケット容量は異なります。使い放題ではありません。1日のパケット上限が決まっているところや、利用期間中の総計で上限が決まっているところなど、容量は各社で異なります。目安として100MBのプランの場合、グーグルマップで約27回くらい調べると上限に達します。

Q:利用上限を越えたらどうなりますか?

A:使いすぎで申し込んでいるプランの上限に達した場合、プランや会社によって対応は変わりますが、速度制限がかかるか回線停止措置がとられます。上限に達した場合、各社からその旨を記載したメールが届き、その後の利用についてはメールに記載のカスタマーセンターに問い合わせて、対応を確認することになります。

Q:「3G」と「LTE(4G)」の違いは?なぜ値段が違うの?

A:通信する回線が異なり、通信速度やレンタル料金に違いがあります。「3G」の場合、通信速度が遅く感じる場合がありますが、レンタル料金は比較的お得です。一方「LTE (4G)」の場合、3Gに比べて通信速度が早く、海外でも快適なインターネット通信が可能です。国によっては3G回線しかない場合もありますが、大きな画像や動画閲覧などをしない、メッセージ利用程度であればあまり気にならないでしょう。また、レンタル料金はそれぞれの通信速度以外に、1日に使える容量の違いも関係してきます。家族やグループでシェアする場合には、大容量タイプを選んでシェアして使うとお得です。

Q:Wi-FiタイプとUSBタイプの違いは?

A:Wi-FiタイプはWi-Fi(無線LAN)に対応していて、ポケットやバッグに入れたままでも複数人でインターネットに同時接続ができます。USBタイプはUSBポートがある機器(ノートパソコンなど)でのみ利用可能です。有線接続になるので、ケーブルで直接繋がないとインターネットが利用できず、複数人で同時接続したい場合には同時接続用の専用ケーブルを別途用意する必要があります。

Q:レンタルWi-Fiルーターの機種は選べますか?

A:各レンタル会社で用意している機種のなかから、渡航先や利用プランに応じて最適なものになるため、レンタル機種の選択はできません。

Q:レンタルの申込みはいつまでにすればいい?

A:レンタル会社や選択した端末受取方法によって異なりますが、海外渡航日の4日前までに申込めば間に合うケースが多いです。一部の空港カウンターやレンタル会社に直接取りに行く場合、そのときの在庫があれば前日の申し込みでも間に合う場合もあります。ただし、Wi-Fiルーターの在庫状況やレンタル会社によって状況は異なるので、余裕を持って早めに申し込むのがおすすめです。

Q:レンタルの申込みは空港カウンターでもできますか?

A:空港カウンターでは、各社とも受付対応は行っていません。インターネットか電話にて事前に申し込み手続きを済ませておき、カウンターでは受け取るか返却のみの対応となります。

Q:レンタルの申込みは電話でもできますか?

A:レンタル会社によって異なりますが、弊社で案内しているレンタル会社では、グローバルWiFi、JAL ABC以外では電話申し込みには対応していません。

グローバルWiFi・海外携帯比較ナビ専用受付センター
電話番号:0120-580-975(24時間受付/携帯・PHSからOK)

JAL ABC申し込み受付コールセンター
電話番号:0120-919-120(平日9:00~18:00/土日祝9:00~17:00受付)携帯からはこちら03-3545-1131

Q:レンタルの申込み後のキャンセルはできますか?

A:各レンタル会社によって対応方法は異なりますが、基本的にキャンセル可能です。レンタル予定日の直前や、配送してもらった後のキャンセルなどの際は、キャンセル料が発生することがあるので、各社にお問い合わせください。キャンセル料が発生する場合、申込時のクレジットカードから引き落とされるので特別な手続きは基本的に発生しません。

Q:Wi-Fiルーターレンタル料金の支払方法は?

A:レンタル会社によって異なりますが、料金のお支払いは原則クレジットカード(本人・法人名義)での精算となっています。クレジットカードを持っていない未成年などの場合は、銀行振込や現金振込にも対応してもらえる場合もあります。その場合、事前支払いになるのが一般的です。

Q:Wi-Fiルーターレンタルの利用料に領収書はもらえますか?

A:領収書の発行に関しては、レンタル会社によって対応が異なります。希望に応じて領収書を発行してくれるところもあるので、申し込み前に直接問い合わせるか、予約の際に領収書発行の希望を申し込んでおきましょう。

Q:レンタルWi-Fiルーターの受取方法は?

A:日本の主要国際空港のカウンターや宅配便などで受取が一般的です。空港のカウンターを使う場合、ご自身が利用するターミナルをきちんと確認して置かないと、受け取り場所を間違えて現場で慌ただしくなることがあるので要注意です。宅配便であれば好きな場所への配送を指定できます。そのほかレンタル会社の東京本社や、海外現地オフィスがある場合は、そちらでの受渡に対応していることもあります。

Q:空港受取の際、申し込みと違う人が取りに行っても大丈夫ですか?

A:大丈夫です。受注確認書と受け取る本人の身分証明書を用意して受取に行ってください。

Q:レンタルWi-Fiルーターを勤務先の会社に届けてもらうことはできますか?

A:レンタルWi-Fiルーターは勤務先や自宅など日本全国お好きなところに配送可能です。どのレンタル会社も対応しているのでご安心ください。予約の際に配送先を指定できます。

Q:レンタル端末の配達時間帯指定はできますか?

A:各レンタル会社によって対応は異なりますが、一部対応しているレンタル会社があります。Web予約フォームに、希望配達時間の項目を設けている場合は、そこに受取可能な時間を設定して申し込んでください。

Q:レンタル端末の返却方法はどのようにするのでしょうか?

A:受取時と同様の方法で返却可能です。空港カウンターや宅配便での発送、レンタル会社の本社や現地オフィスでの直接返却ができます。

Q:レンタル端末の受取と返却方法は違う方法(空港・宅配)でも大丈夫ですか?

A:受取も返却も違う方法を利用できます。申し込みフォームにそれぞれ、受取と返却方法を入力する項目があるので、そちらに入力してください。違う空港窓口を選択することや、片方は宅配で、片方は空港カウンターでも可能です。

Q:空港での返却を忘れてしまった場合どうすれば良いでしょうか?

A:宅配で返却をお願いします。各社状況は異なりますが、一定の期間を越えて返却されない場合には、延長料金がかかる場合があります。詳しい方法は各社にお問い合わせください。

Q:レンタル期間はいつからいつまでですか?

A:基本的には出発日から帰国日まで間、1日単位での契約となります。利用期間の設定は、ご自身の使いたい日数に応じて自由に申し込みができます。レンタル会社によって、使う日数ごとのお得なプランが異なるので、中・長期プランや複数の国をまたいで利用したい場合はよく検討したほうがいいでしょう。

Q:Wi-Fiルーターの電源は入れたままでも大丈夫?

A:Wi-Fiルーターの電池は消耗しやすいため、使用しないときは電源をオフにしておきましょう。電源を入れたままでも問題ありませんが、いざというときに電池がなくて使えないということを避ける意味で、こまめに電源を切ることをおすすめします。

Q:Wi-Fiルーターの電池の持ち時間はどれくらい?

A:Wi-Fiルーター利用環境(接続台数や通信容量)によって異なりますが、3~5時間が目安で、1日電源を入れたままではすぐに電池がなくなってしまいます。利用するときだけ電源を入れるようにするといいでしょう。長時間利用する際は、予備バッテリーのオプションを追加するのがおすすめです。

Q:海外で充電はできますか?国によって違うコンセントの形に対応しているのでしょうか?

A:各社のレンタルWi-Fiセットに、渡航先で使える変換プラグが含まれています。別途変圧器が付く場合や変圧できるモバイルバッテリーが付く場合があるので、利用開始前に取り扱い説明書に一度目を通しておくことをおすすめします。基本的に充電に関しては、基本セットに必要なものがすべてついてきます。

Q:渡航先でレンタル端末や、セット品を紛失・破損した場合どうすれば良いでしょうか?

A:レンタル各社に用意されている、お客様サポートセンターにご連絡をお願いします。セット品にサポートセンターの連絡先が記載されているので、そちらをご確認ください。それも無くしてしまうときのために、もしものときの連絡先をまとめておくのも良いでしょう。現地オフィスが近ければ、新しい端末に取り替えることができる場合もあります。紛失・破損時には、それに応じた弁償代金がかかるので、端末補償サービス(任意加入)に入っておくことをおすすめします。

これは持って行こう!イギリス旅行の必需品

イギリス旅行の持ち物リストはこちらからチェック!

いかがでしたか?事前準備をしっかりして是非素敵な旅行を!
イギリス旅行の味方になる記事は以下よりどうぞ。

■イギリスに関する観光情報

詳しく

【ロンドン】イギリス王室の雰囲気! バッキンガム宮殿周辺のおすすめ観光地5選

バッキンガム宮殿周辺 - 城・宮殿

今回はエリザベス女王のお膝元、バッキンガム宮殿周辺のおすすめ観光地を紹介します。 イギリスと言えばイギリス王室を思い浮かべる人が多いほど、イギリス王室は世界中に愛されている王室です。世界でも類を見ないほど有名な王室で、故ダイアナ妃の悲劇やジョージ王子の誕生など多くの話題で世界中をにぎわせています。 そんなイギリス王室の中でも最高権力を持つエリザベス女王が住み、執務を行っているのがバッキンガム宮殿です。バッキンガム宮殿では有名な衛兵交代式を見ることもできます。周辺には公園や劇場、博物館などがあり衛兵交代式だけでなく見どころがたくさんあります。

詳しく

【ロンドン】最もイギリスらしい地区!ウェストミンスターのおすすめ観光地5選

ウェストミンスター - 観光名所

ロンドンの数ある観光地の中でも、観光客がイメージするイギリスらしさを最も醸し出しているのがウェストミンスターエリアです。 ここはビッグベンで有名なエリザベスタワーがあり、観光地としてだけでなくイギリスの議会の中心地として活躍するエリアです。テムズ川が流れ昼間だけでなく夜も美しく、多くの建物がライトアップされ、昼の姿とはまた違った荘厳さを醸し出します。近くにはエリザベス女王の住まいであるバッキンガム宮殿もあります。 歴史が詰まった場所でありながら、現在も行政の中心として動き続けるウェストミンスターのおすすめ観光地を紹介します。

詳しく

【イギリス】「思い出のマーニー」の舞台・ノーフォークの風景がとっても素敵

ノーリッチ - 旧市街・古い町並み

アニメの舞台となった場所、人気ある観光地が多いですが、ジブリ作品「思い出のマーニー」の舞台となったノーフォークという小さな町は、ひと味違った雰囲気のある場所となっています。日本で例えるなら北海道のような街。広がるラベンダー畑の景色を見ながら、どこまでも続く入り江を眺める、自然と共にゆっくりと過ごせますね! もちろん「思い出のマーニー」で登場した入り江やお屋敷、そっくりなサイロを見る事もできるとっても感じの良いノーフォークの街。さっそくご紹介してみましょう!

詳しく

【イギリス】まるでモンサンミッシェル!? 知られざるケルトの聖地「セント・マイケルズ・マウント」

その他の観光地 - 城・宮殿,寺院・教会

多くの人が一度は足を運んでみたいと思うフランスが誇る世界遺産、それが「モンサンミッシェル」です。カトリックの巡礼地であり、かつては満潮時に水に沈んでしまう危険な場所としても知られていた、あの美しい陸の孤島です。 そんな美しいモンサンミッシェルかと見間違えてしまうほどよく似た場所が、イギリス西部に広がるコーンウォール地方にあります。それが「セント・マイケルズ・マウント」です。小島の上にある修道院といい、周りが海に囲まれている点といいモンサンミッシェルにそっくりです。しかしここはあまり世間的に知られていません。穴場ともいえる美しい名所、セント・マイケルズ・マウントの見どころや、観光のポイントを紹介します。

詳しく

【イギリス】花の香りに包まれ安らぎの空間で癒される英国式庭園5選

湖水地方 - 観光

英国式庭園は、自然の景観を大切にした庭作りです。そこには川が流れていたり池があったり、小さな橋が作られているような地方へ行かなくても身近で自然を楽しめるアイディアあふれた庭園です。また、ナショナル・トラストの指定を受けている庭園も多くあるので、季節のいい時にナショナル・トラスト巡りを旅に取り入れてもいいでしょう。 管理の行き届いた美しい庭園や邸宅を無料または、有料で見られます。そこの亭主が花の彩り、遠近法を用いた花や木の植え方などアイディアがいっぱい詰まった庭園に包まれると心も穏やかになりますね。それでは、英国式庭園の5選をご覧ください。

イギリスに関連するまとめ

  • まとめ

    定番だからこそ食べたい!ロンドンの「フル・ブレックファースト」カフェ5選

    ロンドン - カフェ・茶館

    イギリスの伝統的な朝食として知られる「フル・ブレックファースト」。一つのお皿にベーコンやソーセージ、卵料理、その横にサラダ類やビーンズが彩りよく添えられている定番メニューなのですが、素通りしてしまうのはもったいない!オリジナリティ溢れた「フル・ブルックファースト」がイギリスには数多く存在しているのです。個性的な店やすっきりとまとまった店などではゆっくりと朝食を楽しめますし、注目して欲しいのがプレートの中身です。手軽なパンケーキやサンドイッチなど豊富なメニューが揃い、ボリューム感いっぱいのプレートには朝食以上の満足感が得られるでしょう。そして薫り高きコーヒーはさすが「イギリス料理で一番美味しい料理」と感じるはず…さあブレックファーストのお店を見てみましょう。

  • まとめ

    【ロンドン】伝統的ブレックファストやマフィンなどが人気のおすすめ朝食カフェ20選

    ロンドン - 大衆料理・ローカルフード,カフェ・茶館

    ロンドンは英国の首都であり、古い歴史と伝統、移民がもたらした各国の文化が融合したコスモポリタンな街です。国際列車の発着駅や複数の空港があり、1年を通して世界中から観光客が訪れる世界有数の観光都市でもあります。ロンドンの旅の目的では、歴史的建造物の観光や、有名劇場での観劇、ショッピングなど、人様々ですが、近年はグルメも楽しめます。かつては「英国=食事がまずい」という悪いイメージがありましたが、現在のロンドンには評判のレストランやカフェが数えきれないほどあります。そんなロンドンで、朝食に人気のカフェを紹介します。ローカル感たっぷりのダイナーや、セレブに人気の高級店、食材にこだわったヘルシー志向のカフェなど、評判の店ばかりです。アンナ・ハンセンが腕をふるうイングリッシュ・マフィンや、英国名物のイングリッシュ・ブレックファーストを1日中味わえる店もあるので、ロンドン観光の際に訪れてみてくださいね。

  • まとめ

    定番だからこだわりたい!ロンドン・フィッシュアンドチップスお店5選

    ロンドン - イギリス料理

    イギリスで有名なフィッシュアンドチップス、白身のお魚を油で揚げた、イギリスが誇る一品です。しかし、お食事に関してあまり評判ではないイギリス、冷凍を温めただけのものなどもあり、かなりの格差が生じているのも確かなようです。 ロンドンではそんな事にならないように、カリッカリで熱々のフィッシュアンドチップスが頂ける、お店をご紹介いたします。お店の前に行列ができる美味しいフィッシュアンドチップスをぜひ食べてみて下さい!もしかして、今までのイギリスに対しての評価も変わるかも?

  • まとめ

    【ロンドン】お土産に最適!美味しい紅茶が買えるお店5選

    シティ周辺 - お土産

    イギリスといえば「紅茶」、紅茶といえば「イギリス」と誰もが口を揃えて言いそうなほどこの2つの結び付きは世界中に強い印象を与えています。そんなイギリスのお土産人気No.1の紅茶が買えるロンドン市内のお店をご紹介します。近年では日本国内でも手に入りやすい英国産の紅茶ですが、本場で購入する紅茶はイギリスらしい缶のデザインやラッピングにも凝っていたり、日本でなかなか手に入らないブランドもたくさんあるので要チェックです。

  • まとめ

    ロンドン文化を浴びで和食に恋しくなった人に。おすすめ和食店

    ロンドン - 日本食

    旅行中は、現地の食事も楽しめますが、ふと日本食が恋しくなる瞬間はありますでしょうか。ロンドンには世界各地の食材が味わえるとされています。その中でも日本食のブームにのってロンドンでも大変人気の日本食レストランを紹介します。 日本食には昔ながらの栄養価が高い食材が多く含まれています。健康食でありながら美容にも期待できる食材は嬉しいこと満載です。ロンドンにいながら日本人監修の純粋な日本料理を楽しんでみましょう。今回は日本食が食べたくなった時にぴったりの日本食を厳選してみました。

広告

イギリスに関連するまとめ