【2021年最新】肌質・年代別の人気おすすめ化粧水ランキング!

化粧水は肌タイプ年代・ライフステージによって、自分に合うものを見直す必要があります。
肌タイプは普通肌の他に乾燥肌、脂性肌、乾燥とべたつきが混在する混合肌、敏感肌に大別でき、それぞれ効果的な化粧水も異なります。年齢によっても20代と30代、40代と50代ではコンディションが変わるため、ずっと同じものを使い続けていくという訳にはいきません。
そこでここでは、化粧水の種類別、肌タイプや年齢、トラブル別、成分別、ブランド別など、さまざまな切り口から化粧水を紹介していきます。記事もたくさん掲載しているので選択の参考にしてください。

おすすめの化粧水ランキング

化粧水の選び方は?

化粧水は肌タイプ・状態・目的に合ったものを選びましょう。「化粧水が合っていない気がする」「思ったような効果が得られない」そういった場合は、まず自分のお肌のタイプや状態を理解することが大切です。
お肌のタイプや状態はずっと同じではなく、生活環境や年齢によって変化します。また、ニキビをケアしたい場合やシミしわなどのエイジングケアをしたいなど目的に合った化粧水を選ぶことも大切です。例えば乾燥肌と脂性肌では、必要とする成分がことなリます。自分のお肌の状態に本当に必要な成分は何なのかがわかると、化粧水選びに失敗することは少なくなります。
そうはいっても、自分のお肌のコンディションを整えるために必要な成分がわかっても数多くの化粧水の成分表示を自分でみて選定するのはなかなか難しいところ。そこで肌タイプを軸に、年代やお悩みにぴったりなおすすめの人気化粧水を紹介します。実際に使ったみんなの口コミもアンケートしたので、参考にしてくださいね。

あなたの肌タイプは?【肌診断】

肌タイプはずっと同じということはなく、その時の体調や年齢によって変化します。まずは現在のお肌がどんな状況なのか、肌診断で確認しましょう。

乾燥肌の特徴

乾燥肌は皮脂量が少なく、保湿能力が低下している状態の肌です。肌荒れしやすく、カサカサ・ザラザラしていると感じやすいでしょう。洗顔後すぐに肌がつっぱった感じがすることも。バリア機能が低下しているため、刺激にも敏感になっています。

化粧水がしみたり、痒み・赤みを伴ったりしたら、それは乾燥肌が原因のひとつかもしれません。肌に透明感やハリが失われ、目元・口元のしわが気になるのも、肌の水分量が不足して起こるもの。ファンデーションなどのノリが悪いなども乾燥肌のサインです。

乾燥肌の化粧水選び

乾燥肌の化粧水選びのポイントは保湿成分を多く取り入れしっかり浸透させることがポイントです。「グリセリン」「BG」など基材となる水溶性成分で水分を与え、「セラミド」「レシチン」などで水分をはさみこみしっかりとキープします。皮脂膜の内側にある天然保湿因子(NMF)の構成成分であるアミノ酸を配合した化粧水はさらに保湿効果がみこめます。それぞれの保湿成分をバランスよく配合した化粧水を選びましょう。

乾燥肌は、角質層のバリア機能が低下し水分をキープできない状態です。保湿成分でお肌に水分を与え浸透させ、潤いのある素肌を保ちましょう。また両親媒性ビタミンC誘導体はお肌のバリア機能を助けます。乾燥肌の化粧水選びの注意点としては、肌を乾燥させる作用のあるアルコール(エタノール)など刺激の強い成分は避けることです。

乾燥肌におすすめの化粧水

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

混合肌の特徴

乾燥するのにベタつく混合肌は、皮膚表面は皮脂でテカリがちなのに、角質層は水分不足の状態です。マスクの蒸れや生理などでニキビができてしまうこともあるでしょう。実は脂っぽさを気するあまり、乳液やクリームをつけないことで水分が蒸発し、お肌を守るために過剰に皮脂が分泌されることが原因になる場合も。

混合肌は化粧水でしっかりと保湿しながら、収れん、整肌を行い、乳液やクリームの油分でふたをし、水分の蒸発をふせぎましょう。脂っぽいTゾーンは化粧水をたっぷりつけ、乳液やクリームは控えめに。カサつく頬は化粧水も乳液・クリームもしっかりつけるなど、お肌の状態に合わせて調整しましょう。

混合肌の化粧水選び

混合肌の化粧水選びのポイントは、保湿と整肌です。乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌することもあるため、しっかりと保湿ができ、皮脂バランスを整える整肌できる化粧水を選びましょう。ベタベタするのが苦手な場合は、乳液をさっぱりしたものにしたり、化粧水をつけた後のコットンを利用し発布量を調整したりしてもよいでしょう。

おすすめの保湿成分はサラッとしながらうるおう、水溶性の「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「リピジュア」、植物エキスなどです。油性の保湿ではしっかりうるおう「セラミド」も活用したいところです。

引き締めには、毛穴ケアできて皮膚常在菌を整える「クエン酸」、ph調整し化粧水の安定性を保つ「コハク酸」、金属塩の「酸化亜鉛」「硫酸亜鉛」など。やさしい引き締め効果の植物抽出「サルビアエキス」「アロエエキス」「ハマメリスエキス」などもおすすめです。整肌効果にはお肌のバリア機能を高める「両親媒性ビタミンC誘導体」、肌荒れなどのダメージケアに「グリチルリチン酸ジカリウム」などがあります。乾燥しやすくなるため、エタノールなどのアルコール成分は避けた方が無難でしょう。

混合肌におすすめの化粧水

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

普通肌の特徴

普通肌は、水分と皮脂のバランスがとれた理想的な状態です。キメが細かく、毛穴もあまり気にならず、肌表面がなめらかでメイクくずれもほとんどありません。肌内部にうるおいがあり、ターンオーバーのリズムも整っているため、刺激を受けにくいのも特徴です。

普通肌の化粧水選び

普通肌の化粧水選びのポイントはお肌の水分油分バランスをキープすること、乾燥や刺激の原因となる成分を避けることです。アミノ酸やグリセリンなどたっぷりの水分でしっかりと保湿し、ヒアルロン酸やセラミドでお肌にキープします。そのキープした水分が揮発しないよう油分でふたをすることも大切です。

また、バランスのよい状態を崩さないよう、刺激の強い成分、不要な成分は避けた方がよいでしょう。知らず知らずのうちに不要な成分をつけてしまうことで、敏感肌や乾燥肌に傾いてしまうこともあります。

普通肌におすすめの化粧水

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

敏感肌の特徴

敏感肌は化粧品が合わないで赤みや痒み、痛みがでるなどトラブルが起こりやすい状態です。ただし普段は使える化粧水でも体調の変化や生理前後の時期だけ敏感に反応してしまう場合もあります。初めて使う化粧水でトラブルが起こりやすい場合は敏感肌といえるでしょう。

敏感肌の化粧水選び

敏感肌の化粧水選びのポイントは、苦手な成分を避け、保湿成分をしっかり取りいれ、浸透させること。また刺激の強い成分や角質を溶かす成分なども避けた方が無難です。

乾燥が原因でバリア機能が低下し敏感肌になることもあるため、保湿がポイントになります。アミノ酸、グリセリン、ヒアルロン酸、セラミド、レシチンなどの保湿成分が多く含まれたものを選びましょう。また化粧水の後に良質な油成成分でふたをすることも大切です。

敏感肌におすすめの化粧水

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

インナードライ肌の特徴

インナードライ肌とは肌の内側の水分量が少なく、内側だけが乾燥している肌のこと。乾燥性脂性肌や隠れ乾燥肌とも呼ばれます。内側は乾燥しているのに肌表面は皮脂が過剰分泌され、ベタつきがち。つっぱって乾燥している感じがするのに肌がベタベタする人は、インナードライ肌といって間違いないでしょう。

ホルモンバランスの乱れや紫外線、加齢などが原因となることも。刺激の強いスキンケアをつけたり、化粧水で保湿が十分にできていなかったり、ふたの役割をする油分をつけなかったことで悪化する場合もあります。

インナードライ肌の化粧水選び

インナードライ肌を改善するためには、肌の奥まで水分を浸透させる保湿力の高い化粧水を選びましょう。アミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドといった成分が含まれているものがおすすめです。ニキビ肌向けの化粧水に含まれていることが多いエタノールは、乾燥の原因となるのでNG。また、たっぷりケチらず使うことも重要なので、無理のない価格帯のものを選びましょう。

インナードライ肌におすすめの化粧水

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

脂性肌の特徴

脂性肌は油分が過剰な状態です。水分も適度にあるか多い位なので、乾燥したと感じることはないでしょう。そのためうるおいと弾力はありますが、脂っぽくベタつきます。キメは粗く、Tゾーンや頬の毛穴の開き、いちご鼻・黒ずみ毛穴などが目立つことも。ファンデーションは崩れやすいことも特徴です。

脂性肌の化粧水選び

オイリー肌の場合は、水のようにさらさらでさっぱりとしたテクスチャの化粧水、皮脂を抑えてくれる化粧水を選びましょう。主成分にアミノ酸を含むハトムギなどもおすすめです。ニキビを伴いやすい場合にはノンコメドジェニックやグリセリンフリーの化粧水を選び余計な油分を与えないことも大切です。

皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体では、刺激が少なく浸透性が高いVCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)や両親媒性ビタミンC誘導体APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)がおすすめです。ビタミンC誘導体で刺激を感じることもあるため、心配な場合はパッチテストをしてから取り入れると安心です。

脂性肌におすすめの化粧水

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

年齢にあう化粧水を選ぶべき?

お肌は年齢によって変化します。思春期では過剰に皮脂が分泌することが多く、角栓や皮脂により毛穴が気になることも。30代から徐々に、肌の水分を保持するセラミドなどが保湿成分が減少してきます。40代になると、たるみ毛穴が気になったり、それまで使っていた化粧水ではうるおいが足りないと感じたりします。その時々にあった化粧水を選び、みずみずしく弾力のあるお肌をキープしましょう。

10代の化粧水選び

10代の肌は外部環境の影響を受けやすく、部活動では汗やほこりで刺激を受けやすいもの。汗をかいた顔を洗顔してそのままにしてしまうと肌を守るために皮脂が過剰に分泌してしまいます。10代の肌でも、大人同様に洗顔や化粧水などのスキンケアが大切なのです。お肌のタイプはオイリーに傾きやすい年齢なので、さっぱりとしたテクスチュアの化粧水がおすすめ。化粧水と乳液の役割をするオールインワンもいいでしょう。プチプラでドラッグストアで購入できるものでも、気持ちよく使用できる化粧水を紹介します。

10代に人気の化粧水5選

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

20代の化粧水選び

20代はまだまだ皮脂分泌が多く、ニキビや毛穴の開き・黒ずみが気になることも多いでしょう。いっぽうで乾燥も20代のお肌の悩みのひとつです。それぞれのお肌のコンディションに合った化粧水を選びましょう。ニキビケアが必要な場合でも、10代とは違い大人ニキビとしての対策が必要です。皮脂を取りすぎず、保湿性、浸透性を重視して化粧水を選びましょう。保湿成分としてはライスパワーNo.11、ヘパリン類似物質、グルコシルセラミドなどもおすすめです。

20代に人気の化粧水5選

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

30代の化粧水選び

30代になるとお肌の水分量が低下してきます。自分の肌タイプに合わせて化粧水を選ぶのが基本ですが、保湿成分をバランスよく配合した化粧水を選ぶことで、エイジングケアにもなります。BG、グリセリン、アミノ酸、ヒアルロン酸、などの保湿成分を多く取り入れた化粧水を選びましょう。また両親媒性ビタミンC誘導体やセラミドでバリア機能をアップさせ、健やかな肌を保ちましょう。また30代からエイジングケアを取り入れたい場合におすすめなのが、ペプチドが多く含まれしっとりと保湿し、みずみずしいお肌を助ける「ガラクトミセス培養液」「サッカロミセス培養液」「プラセンタエキス」などです。

30代に人気の化粧水5選

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

40代の化粧水選び

40代になると「いつもの化粧水だと物足りない」と感じることも。更年期を過ぎると女性ホルモンの減少により、肌あれや乾燥など、トラブルが増えてくるものです。そんなときには今使っている化粧水のパッケージから配合成分を見直ましょう。保湿成分でお肌のバリア機能を助け、エイジングケアのできる成分も積極的に取り入れるとよいでしょう。水溶性成分でシワと美白をケアできるナイアシンアミドや天然保湿因子(NMF)の主な成分であるアミノ酸から構成されるアセチルヘキサペプチド-8なども積極的に取り入れましょう。また化粧水の前にブースターとして導入液を追加するのもおすすめ。驚くほどグングン化粧水が浸透します。

40代に人気の化粧水5選

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。

50代の化粧水選び

50代のお肌には乾燥によるシワケアを意識したいもの。しっかりと保湿できる成分が配合された化粧水を選びましょう。乾燥によるシワには、ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲン、レチノールなどの保湿成分が配合された化粧水がおすすめです。年齢を重ねると肌が持つうるおい機能や、バリア機能が低下しやすくなります。乾燥をケアできるような高保湿タイプの化粧水を選びましょう。近年ではエイジングケアの観点でのスキンケア製品の研究開発が盛んで、みずみずしい弾力のあるお肌へと導くための技術は進化しています。

50代に人気の化粧水5選

※このランキングは、商品のクリック数の集計順になっています。集計の反映は月に一回行います。



保湿の基本は水分!

化粧水の成分のなかで配合量が最も多いのが水溶性成分です。ベースとなる保湿成分の役割を果たす、グリセリン、BG、DPGなどがあります。よりしっとりしたテクスチュアを求めるならグリセリン、さっぱりした化粧水ならBG、DPGを選びましょう。ヒアルロン酸Naはとろみが強い成分です。

保湿のポイントは角層構造

お肌の保湿のポイントは、水分を与えることだけでなくどれだけ浸透し、抱え込むかです。表皮膜の次にアミノ酸が主な成分となる天然保湿因子(NMF)、角層構造のなかでも、水と油の両方となじみやすい部分をあわせもった細胞間脂質が存在します。
細胞間脂質が規則的に並び、さらに水分と油分が規則的に並ぶことでバリア機能と水分を保持する機能を果たします。細胞間脂質はセラミド、脂肪酸、コレステロールで構成されます。セラミドが不足するとバリア機能が低下するため、化粧水で補うとよいでしょう。
またセラミドは分子が小さく浸透しやすいという特性があります。なかでも細胞間脂質に近い構造をもつヒト型セラミドが最も水分油分を規則正しく並べてくれますが、価格も高い傾向があるため、天然セラミドや植物セラミド、類似セラミド配合の化粧水も活用しましょう。

分子量の小さい成分は浸透しやすい

小さい分子を持った成分はお肌に浸透します。細胞間脂質を構成し水分保持機能をもつ「セラミド」や肌のバリア機能を助ける「ビタミンC誘導体」などは分子が小さく奥まで浸透してくれるため化粧水として取り入れたいものです。いっぽう肌の表面をしっかりと保湿するコラーゲンは分子が大きく肌内部には浸透しないため、クリームなどでふたをする役割が適しています。

ブースター(導入液)を選ぶ

化粧水をもっと浸透させるには?せっかくの美容液成分も、肌に古い角質がたまっていたり、固くなっていたりすると浸透してくれず、効果を得にくくなってしまいます。
そんな時におすすめなのが、ブースター。導入液、導入美容液、プレ化粧水などとも呼ばれます。
洗顔後すぐに使用することで、皮膚角質などを取り除いたり、柔らかくしたりし、化粧水や美容液の浸透しやすい肌状態に整えてくれます。

化粧水と乳液、どっちを先につける?

スキンケアアイテムの順番を解説!洗顔後のスキンケアアイテムには、化粧水や乳液、美容液などさまざまな種類があります。人によって使っているアイテムは異なると思いますが、まずは基本の流れを説明します。
一般的なセオリーでは、洗顔後に下記の順番で使うことが基本とされています。
化粧水→美容液→乳液→クリーム
この順番が良いとされているのは、それぞれの効果が最大限に発揮されるからです。それぞれの基礎化粧品の役割と順番の意味について、詳しく解説します。

悩み・肌トラブル別に合わせて成分から化粧水を選ぼう

エイジングケアには、特に成分を意識してみようお肌の状態によって取り入れる成分を知っておくとワンランク上の化粧水選びができます。ここでは本当にいい化粧水を選ぶために、目的に合わせた成分の見方について基礎知識を紹介します。



化粧水の種類から選ぶ






成分から化粧水を選ぶ




ブランド名から化粧水を選ぶ

人気の化粧水ブランドは?化粧水には国内から海外までさまざまなブランドがあります。無印良品、菊正宗、ちふれなどのプチプラ化粧水が普段使いに人気です。一方で、デパコスブランドの化粧水も、金額は大きくなりますが将来の自分への投資として選ぶ女性がいます。
どちらを選ぶにしろ毎日使うものなので、自分の肌質に合うものを選びましょう。ここでは人気の化粧水ブランドを紹介します。



よくある化粧水についての疑問にお答え!




更新日:2021/07/15