子育てに役立つ・子どもとおでかけ情報サイト

ファミリー向け商品を探す

新着まとめ

  • 自己破産は裁判所でどんな手続きが必要?面接内容や服装について解説

    マネー

    借金の返済に困ったとき、自己破産を考える人は少なくありません。しかし、自己破産の手続きをすれば借金が免除される可能性があることは知っていても、裁判所でどうやって手続きをすれば良いのかは知らない人が多いのではないでしょうか。自己破産するためには裁判所への手続きが必要で、書類を用意し、面接を受けるなどさまざまなことを行わなければいけません。自己破産の手続きにはある程度の期間もかかるため、流れや手続きの方法をしっかり理解することで、不安も少なくなります。そこで今回は、自己破産の手続きについて詳しく解説していきます。自己破産手続きの流れや必要なこと、さらに面接内容や服装などの細かな部分も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

  • 自己破産手続きを安い費用で抑えるには?ポイントや方法を解説

    マネー

    多額の借金を抱え、どんなに努力しても自力では借金の返済が難しくなったとき、債務整理の自己破産手続きをする場合があります。自己破産手続きをするときは、経済的に苦しい状態なので、できるだけ手続きの費用を安く抑えたいと思うのは当然です。しかし、自己破産手続きを安い費用で抑えるためにはどうしたらよいのかなんて、知らないですよね。そこで今回は、自己破産を考えている方のために、自己破産の基本的な知識や手続きを安い費用で抑えるにはどうしたら良いのかを紹介していきます。費用を安く抑えるためのポイントや方法を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ウェットドッグフードのおすすめ!人気ランキング15選

    ペット

    大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの食事は、飼い主さんにすべてが任せられており、栄養管理もわんちゃんが美味しく食べられるかどうかも飼い主さんのドッグフード選び次第になっています。一般的にドッグフードには、ドライタイプとウェットタイプがあり、ドライタイプが一般的によく購入されています。でも食欲がなかったり、いつものドライフードに飽きてしまった時には、ちょっと高級感のあるウェットタイプを購入してみるのがおすすめ。ウェットタイプだけをあげるのも良いですし、いつものドライフードと混ぜて上げるとドライフードも食べやすくなるのでおすすめです。今回は、ウェットドッグフードのおすすめを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

  • アシナガバチの巣を作らせない対策や自分でできる駆除方法を紹介

    ライフスタイル

    日本に生息しているハチの中で人を刺すとされているのが、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチです。アシナガバチはおとなしいイメージがありますが、猛毒をもっています。自分の家にハチの巣があったらどうしたらよいのかわからず困りますよね。7月を越えると働きバチが攻撃的になり自力での駆除は難しいので、自分で駆除したい方は6月頃までに行いましょう。巣の大きさや状態はどうかの確認をし、駆除の流れを頭に入れておくなど、準備物も含めて万全な準備をしてください。駆除の際にアシナガバチに刺されると危険なので、難しいと感じたら専門の業者に相談し依頼しましょう。

  • チャバネゴキブリを駆除するには?方法と生態・特徴を詳しく解説

    ライフスタイル

    チャバネゴキブリは茶色く1センチほどの大きさで、同様に屋内で見かけることの多いクロゴキブリよりも比較的小さいのが特徴です。エアコンの中や冷蔵庫など、家の中の暖かい場所が好きで、集団で生活します。食べ残しや食べかす、石鹸など、家庭にあるさまざまなものがエサになります。もっとも一般的なチャバネゴキブリの駆除方法は、ベイト剤(ホウ酸ダンゴ)を設置することです。ほかにも殺虫スプレーや捕獲器、くん煙剤などが市販されていますから、家の状況に合わせて選びましょう。自分だけではチャバネゴキブリを駆除できないとお困りの方は、業者に依頼してはいかがでしょうか。

  • カマドウマの駆除方法は?効果的な対策と、発生を防ぐ予防策を紹介

    ライフスタイル

    カマドウマは、日本全国に広く生息するバッタの仲間です。大型で雑食、湿気が多くて暗い場所を好むという特徴があり、別名「便所コオロギ」とも呼ばれています。カマドウマには毒はなく、害虫ではありません。しかし体のサイズが大きく跳躍力があるため、室内への侵入は避けたいものです。カマドウマは、湿気やエサとなる食べ残しがある場所に発生しやすい虫です。カマドウマが室内にいる場合には、外からの侵入が考えられます。侵入経路を見つけて遮断しましょう。また、清潔で湿気のない環境にすることが、カマドウマの発生を防ぐために効果的です。

  • トコジラミ(南京虫)の駆除方法は?生息場所や特徴もあわせて紹介

    ライフスタイル

    トコジラミ(南京虫)はカメムシの仲間で、体長5〜8mm(幼虫は体長1.5mm程度)の赤褐色の虫です。人や動物を吸血する不快害虫で、近年日本でも生息数が増加傾向にあります。暗く温かい場所を好むため、室内ではベットや布団の周辺、畳やカーペットの下、壁や柱、家具の隙間、電化製品内部などさまざまな場所へ潜伏し、卵を産みつけ繁殖します。トコジラミの中には一般的な殺虫成分への抵抗性を備えている種類がいるため、市販の薬剤では駆除しきれない場合もあります。そのため、自分で対策を講じる際は、スチームアイロンなどを使用した加熱処理をしたり、掃除機を使用したりするとよいでしょう。自分では駆除しきれない、そもそもどこにトコジラミが発生しているかわからないという場合は、専門の業者へ駆除を依頼しましょう。生息調査や冷却処理、薬剤処理など、プロならではの方法でトコジラミを撃退してくれます。

  • ネズミを駆除する方法は?効果的な方法とおすすめの駆除グッズ

    ライフスタイル

    天井や屋根裏を生き物が走り回る音がしたり、家の中にふんが落ちていたりする場合には、ネズミが原因かもしれません。ネズミはアレルギーの原因になり、ときには感染症を媒介することもある、有害な生き物です。ネズミは繁殖能力が非常に高い動物なので、見つけたらすぐに駆除することが必要です。ネズミの駆除は、侵入経路をふさぎ、ワナや毒餌を設置するという方法で行います。毒餌や忌避剤、ワナは多くの種類が市販されていますので、効果が高い製品を選んで試しましょう。駆除グッズは、2つ以上を併用することが効果を高めるポイントです。

  • ハダニの駆除方法は?発生する原因とエコな予防方法や対策も解説

    ライフスタイル

    植物の葉の裏側から栄養分を摂取するハダニ。小さな虫で気付きにくいですが、一度つくと花の咲く期間が短くなったり植物を枯らしてしまったりすることもある害虫です。小さな虫なので見つけにくく、クモのように糸を出して他の植物に移って被害を及ぼします。ハダニは殺虫剤でも駆除できますが、植物に優しくエコな重曹や酢も使えます。予防するには、スプレーを使って葉が乾燥しないようにするといいでしょう。ハダニは水が苦手なので、庭の場合は散水も有効です。気温が高く乾燥している時期に多く発生するので、春と秋は特に念入りに対策しましょう。

広告

運営会社