おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

世界の時差

日本と世界各国の時差について、海外旅行を計画する際には特に意識したいものです。旅の目的地と日本はどれぐらい時差があるかを把握することで、フライトや旅行先でのスケジュールをたてやすくなります。

アフリカの時差

アジアの時差

アメリカの時差

ヨーロッパの時差

オセアニアの時差

広告

時差、時差ボケ、サマータイムについて

一般的に、時差が5時間以上ある地域への移動は、時差ぼけが発生しやすいとされています。旅行中に眠気や頭痛などの時差ぼけに悩まされないためにも、あらかじめ時差ぼけ対策をしておくのがおすすめです。
時差に加えて、サマータイムを採用しているか、国内でのタイムゾーンは共通かも確認しておくと便利です。中国やアメリカ、ロシアといった国土面積が大きい国では、国内でも複数のタイムゾーンがあり、地域を大きく移動する場合は国内でも時差が存在するため、時間の計算に注意しましょう。

フライトの所要時間やフライトスケジュールについて

日本の主要空港からは、世界各地に直行便が運航しています。フライトを選択する際、最短の所要時間で到着したい場合は直行便がおすすめです。日本から直行便が出ていない国へは、世界各都市の主要空港で乗り継ぐ必要があります。
時差と移動時間がそれぞれ半日以上かかるような遠方への旅行では、体調管理が重要です。機内では現地時刻に合わせて食事や睡眠をとり、時差ぼけの予防に努めましょう。また、乗り継ぎを行う都市で一泊することでも、時差ぼけや疲労を緩和することができます。

季節ごとの傾向や現地特有の注意点(四季、雨季・乾季や日照時間等)

時差と同じく事前に調べておきたいのが、旅の目的国の季節・気候についてです。世界の国々は所属する気候帯や地形によって、非常に多様な特色を持っています。寒暖の差に対応できる服や、日よけ対策のサングラスや帽子を用意するなど、事前の準備は入念に行いましょう。
また、旅先では気候に合わせたスケジュールで動くのがおすすめです。世界の多くの都市では、年間を通して日照時間の差が大きい場合があります。夏は夜中まで明るく、冬は昼間の数時間程度しか陽がささないような地域では、効率的に動けるよう季節に合わせたスケジュールで行動しましょう。

現地の生活時間や旅行計画の注意点

時差と同じく事前に調べておきたいのが、交通・治安事情に関してです。交通・治安事情に関しては、世界の各都市によって大きく異なるため、あらかじめ現地での移動手段などを調べておくことをおすすめします。公共交通機関が整備された国では、観光客も利用できる1Dayチケットやプリペイドカードを購入すると便利です。
入国に観光ビザが必要な国の場合は、事前に大使館などでビザを取得しておきましょう。ビザの申請には時間がかかることも珍しくないため、余裕を持って書類を申請するのがおすすめです。また治安については、世界のいずれの国でも十分な自衛を心がけましょう。