おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

知らなかった旅先が見つかる
旅行ガイドブック

海外WiFiルーターのレンタル料金比較ならトラベルブック

トラベルブックでは海外WiFiレンタル会社のプランや料金を一括検索・比較予約することが可能です。

主要国のインターネットやWiFi事情

国一覧から探す

海外WiFiルーターのレンタル料金比較ならトラベルブック

トラベルブックでは海外WiFiレンタル会社のプランや料金を一括検索・比較予約することが可能です。

海外WiFiレンタルとは?

モバイルタイプのWiFiルーターをレンタルして、国内携帯キャリアのサービス圏外である海外旅行先でも無線インターネットの利用が可能になる便利なサービスです。現地の通信会社の回線を利用するので、日本に居るときと同じ感覚でPCやスマホからインターネットを使えるのが魅力。低料金の定額プランが多く、安心・快適に使うことができますよ。

利用するための手続き、設定方法も簡単です。

利用の流れ

1.渡航先を決める(ホテルを探す航空券を探す
2.渡航先で使える海外WiFiレンタルサービスを探す&申込
3.出発前にWiFiレンタル機器を受け取る
4.海外の渡航先でインターネットに接続
5.帰国後、レンタル機器を返却

2.受取
出国当日の空港カウンター、または事前に宅配便でWiFiレンタル機器をお届け

3.現地で使う
WiFiレンタルルーターの電源を入れ、マニュアルに従ってWiFi接続すればOK

4.レンタルセットを返却
帰国後の空港カウンターまたは専用の返却BOXへWiFiレンタル機器を返却

海外のインターネットやWiFiスポットについて

 日本人の海外旅行先として人気のアジア。たとえばこのエリア主要国のWiFi事情について見ていくと、韓国のソウルではカフェショップやレストランでお客さんに無料WiFiを提供していたり、台湾では政府主導で主要な観光地、電車や地下鉄駅構内にて無料WiFiスポットを提供しています。こうしたサービスは確かに便利で、一見これらを利用すれば十分そうに思えますが、駅構内のごく限られたエリアでしか使えなかったり(改札フロアのみでプラットフォームでは使えない等)、事前の申請手続きが必要だったり、いざ繋げても電波が不安定だったりと、実際に訪れてみると実は期待しているほど快適に使えないのが実情です。

 また、ホテルでは宿泊者に無料WiFiスポットを開放している施設も一般化していますが、利用可能エリアがロビー周辺のみで、いざホテルに着いたら自室ではネットが使えないケースもまだまだ存在します。

なにより、海外旅行中にインターネットを活用したい一番のシーンは観光地から次の観光地への移動中。当然のことながら、現地に点在する無料のWiFiスポットは移動すれば使えなくなり、観光地を探す前に、次のWiFiスポットを探す手間を掛けることになる・・・。というのがトラベルブック担当者の実感でした。加えて、誰でも接続できてしまう公共の無線インターネットに接続する際には、自分の通信内容が見られてしまうセキュリティ上の不安もつきまといます。

「旅先でも安全・快適にインターネットを利用したい」。そうしたニーズに応えるのが海外WiFiレンタルという選択肢です。

海外旅行中にインターネット?

SNSで写真をシェア、友人とのコミュニケーションはもちろん、インターネットを使っての情報収集や調べごと等、いまや私たちの生活にスマホは欠かせません。特に旅行として訪れるような場所はなにも知らない土地だからこそ、分からないことや知りたいことがどんどん出てくるもの。「旅先では日常から離れた場所や環境でインターネットから一時離れる」という考え方もありますが、その一方で「現地の文化や歴史、ルールを知ることでより旅の楽しさや深みが増す」という側面があることも間違いありません。

「せっかくの旅行中、ネットからは離れて現地を思い切り味わいたい!」という人も、インターネットで検索する環境だけ持っておくのがおすすめです。外国ではとにかく見慣れぬモノに出会います。気になったものはその場で調べてみる。それが旅の視点をリアルタイムにどんどん増やしていくコツです。海外旅行を充実させるためにもネットをフル活用する。海外WiFiレンタルはそんな今どきの旅行スタイルを実現する心強いサービスです。

海外WiFiルーターの主な利用シーン

地図アプリ

海外旅行で活躍するアプリNo.1といえば地図アプリでしょう。日本で生活する上でもいまや欠かせない存在ですが、土地勘のない旅行先では本当に大活躍します。トラベルブック編集部は仕事柄、海外をよく訪れますが、じつは当初、コスト節約を意識して現地の無料WiFiスポットを駆使して乗り切ろうとがんばっていました。それがある時、海外WiFiルーターをレンタルして地図アプリを使ったところ本当に快適で、以降絶対に欠かせないアイテムとなりました。知らない街を気ままに歩く時にも、地図アプリは絶対におすすめです。

翻訳アプリ

定番のグーグル翻訳はもちろん、各国語に特化した翻訳アプリが多数揃っています。片言でもいいから現地の言葉で相手に伝わると嬉しいもの。また言葉が通じない、相手が何を言っているか分からない場合には、お互いに翻訳アプリを起動してコミュニケーションする、という方法だってあります。最近は音声入力やカメラからの画像認識で翻訳してくれるアプリもあり、旅の不安を軽減してくれる頼もしい存在になっています。

情報収集

旅の質は情報収集の質に直結すると言っても過言ではありません。ブラウザでの検索から、旅行系アプリでのレストラン・観光地のチェックまで、それぞれ用途にあったツールを選びながらも、それらを最大限活用するならインターネット環境は欠かせません。

LINE(連絡手段)

いまや世界中で使われるLINE。現地でメッセージのやりとりができるだけで、「はぐれたらどうしよう!?」といった不安は解消されます。また海外から日本にいる家族や友人とも普段どおりのやりとりが出来るので、旅行中の写真を送って盛り上がることもできますね。もちろん通話だって無料。高額な国際電話を使うしかなかった時代がウソのように思えてきます。

SNS(インスタグラム、フェイスブック、ツイッター)

海外旅行で写真を撮ったらSNSにシェアしたいですよね。現地の無料WiFiスポットは回線が不安定で画像のアップロードやSNS自体への接続が上手くいかないことも少なくないですが、海外WiFiルーターを持ち歩いていればストレスなくサクサク繋がります。

海外WiFiルーターやプランの選び方のコツ

海外WiFiルーターのレンタルサービス提供会社ごとに若干の違いはありますが、レンタルプランの選び方を大まかに見ていくと以下のようなポイントが共通する部分になります。

レンタルサービス事業者の選択

当然のことながら、渡航先でのレンタルに対応した事業者を把握してその中から会社を選ぶことになります。海外wifiルーターのレンタルサービスを提 供している事業者は、特定の国のみに特化して展開している会社を含めると10数社ありますが、なかでも大手といえる「グローバルWiFi」「イモトのWiFi」の2社は世界200以上の国と地域で利用が可能です。

トラベルブックWiFiなら、あなたの旅行先である国や都市を選んでいくだけで、そのエリアに対応した事業社と、その会社が提供するプラン設定がひと目で分かります。

通信速度の選択

日本と同様に、通信速度の規格にはいくつかグレードがあり、速度の速いものから順に4G・3G・2Gと呼ばれています。このうち、2Gは日本でいえばインターネットが普及した1995年頃に一般的だった通信規格であるため速度は非常に遅いです。現実的な選択肢は、4Gと3Gのほぼ2つと考えてよいでしょう。

両者の違いですが、やはり4Gは速くて快適。日本での通信環境に慣れている私たちにとってほとんどストレスを感じることなく利用することができます。3Gといえば日本ではひと昔前の規格で、4Gと比べれば速度が劣る感は否めません。とはいえ、旅先で場所を気にせずインターネットができる、という点では3Gでも十分実用的です。価格設定も両者で大きな差がないことから、オススメは4G回線対応のルーターです。少しでも料金を節約したいという方は3G回線を選ぶと良いでしょう。

通信容量の選択

速度以上に大事なポイントは通信容量の方かもしれません。海外WiFiルーターのレンタルプランでは、通信容量ありの低料金プランと、容量無制限の定額プランの大きく2つが用意されています。ウェブブラウザでの検索や地図アプリの利用、数十枚の画像アップロード程度であれば前者でも問題なく使える範囲ですが、youtube等の動画再生やSNS等をヘビーに利用する方の場合、すぐに規定容量に達してしまう可能性があります。日本国内でも同様ですが、通信容量をオーバーしてしまうと、極端に回線速度が遅くなってしまうほか、契約容量を大きく超えて通信を続けていると追加で料金を請求されてしまう場合もあります。通信容量ありプランでは利用コストを抑えられる反面、そうした不便さや不安がどうしても付いて回ることを理解しておきましょう。

容量無制限プランではこのあたりのストレスがなくなり、料金設定も割安感のあるプランになっていることが多いです。ご自身のネット活用レベルと相談しながら、最適なプランを選択してくださいね。

携帯キャリア大手の海外向け定額サービスとの比較

 日本国内の主要携帯キャリアには、海外旅行中のネット定額プランが用意されているのでそれを利用する方法もあります。そこで気になるのはやはり料金面です。

たとえば、ソフトバンク社の定額プラン「海外パケットし放題」では、25MBまで従量課金制で0~1,980円/日、25MB以上では定額2,980円/日という料金設定。割引前通信料が25MB=51,199円という金額換算と比較すれば、たしかに「パケ死」(=予想外のパケット通信料の高額請求を被ること)とまでは言わないかもしれませんが、 通信容量も少なく上限の25MBに到達するのはほぼ確実です。1日約3,000円、2泊3日の旅行であれば約10,000円も回線料金として支払う必要があり、やはりお手ごろとは言いがたい方法です。

また普段日本国内で使っているスマホ単体でそのまま海外でも通信できることがこの方法の魅力ですが、当然ながら定額プランを契約した端末1台のみで有効です。2人で旅行に行き2人ともインターネットを利用したいなら、それぞれに定額プランを契約する必要があります。費用の面から考えると、手軽な選択肢としては採用しづらいと考えてよいでしょう。

海外WiFiレンタルサービスでは、複数の端末から同時に接続可能なモバイルルーターが提供されるため、カップルや家族、友人みんなで使うことができます。割り勘すれば1人あたりはわずかな料金でインターネットが楽しめちゃいますよ。

海外WiFiレンタルのメリット/デメリット

海外WiFiレンタルサービスのポイントをまとめると、それぞれ以下のとおりです。

メリット

1.料金の安さ(1日数百円〜)
2.いつでもどこでもインターネットが利用可能
3.複数台のスマホ・PCで同時接続可能

デメリット

1.事前申込が必要
2.日数分の料金が掛かる
3.ルーターの常時携帯が必要

広告

広告

広告