おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オセアニア・ミクロネシアの国一覧 旅行ガイド

オセアニア・ミクロネシアの人気国

1〜15件を表示 / 全15件

  • オーストラリア

    南半球にあるオーストラリアは日本とは季節が逆になる。しかし、時差はほぼ無くとても行きやすい国の一つと言える。<p><p>見所もとても多く、世界遺産のグレートバリアリーフが近郊にあるケアンズ、世界最大の亜熱帯雨林も近く、街遊びも充実しているゴールドコースト、ヨーロッパからの移民が始めて足を踏み入れたため、今も世界各地の料理が楽しめるシドニー、ドルフィンウォッチングやワインの産地で名高いパース、先住民アボリジニの聖地ウルル(別名エアーズロック)などが、オーストラリアの人気都市だ。

  • ニュージーランド

    太平洋の南西に位置し、北島と南島の2つの主な島と、ほか多数の小さな島々で構成されており、雄大な自然が生み出す景色と美しい街並みを堪能できる。 ロトルアは、沸き立つ泥沼や間欠泉、温泉などの見どころが豊富な景勝地である。 氷河が作り出したフィヨルドも国内で見ることができ、世界遺産であるミルフォードサウンドは、フィヨルドの中でも特に美しいとされている。 また、北島最大の都市であるオークランドは「帆の町」とよばれるほどの港町であり、クライストチャーチでは大聖堂や美しい街並みを、クイーンズタウンでは湖畔のゆったりとした小さな町の雰囲気を味わうことができる。

  • ミクロネシア

    ミクロネシアとはギリシャ語で「小さな島々」という意味である。正式名称はミクロネシア連邦である。首都はバリキールである。ヤップ、チューク、ポンペイ、コスラエの4つの州がある。海でダイビングやフィッシングやカヌーを楽しんだり、自然の中でバードウォッチングやフラワーウォッチングを楽しむことができる。山や海の他にいくつかの滝や洞窟もある。自然豊かな国である。 主にココナッツやキャッサバが生産され、数え切れないほどのトロピカルフルーツの宝庫でもある。日本には魚介類を輸出している。おみやげには木や貝や椰子の繊維などから作られた工芸品やアクセサリー、靴などが人気がある。

  • 北マリアナ諸島

    日本からわずか3時間半で到着できる、楽園です。どこまでも広がる青い空とエメラルドグリーンの海、白い砂浜が広がっています。北マリアナ諸島に人が住み始めたのはミクロネシアでは最も早く東南アジア方面から移住してきたチャロモ人と、スペイン統治時代に中央カロリニアン諸島からカヌーでわたってきたというカロリニアン人が先住民族と言われています。 ビーチでのアクティビティは勿論、ダイビング、ゴルフ、熱帯雨林の中にへの冒険、ドライブなども楽しむことができます。またデイタイムにいっぱい遊んだあと、スパやマッサージも充実していますので、疲れた体をゆっくりと癒すこともできます。

広告