おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

トンガ 観光ガイド Tonga

トンガ王国(通称トンガ)は南太平洋に浮かぶ約170の島々からなる国です。人口は約10万人。有人島は45で、最大の島トンガタプにある首都のヌクアロファにはトンガ人口の約30%が集中しています。王宮や教会、商業施設などの観光スポットもヌクアロファに集まっています。年間を通して20~25℃と温暖で、ビーチリゾートとして人気です。別名「くじら王国」とも呼ばれていて、7月から10月にかけて数百頭のザトウクジラが姿を見せるトンガでは、クジラと一緒に泳ぐアクティビティが大人気。トンガの人々は陽気で穏やかなのでコミュニケーションを楽しむのも旅の醍醐味ですね。英語が通じるのも観光客には嬉しいポイントですね。タロイモやココナッツ、シーフードを多用したポリネシアン料理は日本人好みなので、グルメも楽しめます。

トンガの人気都市

  • 都市

    トンガタプ島

    トンガタプ島はトンガ王国の本島で、首都のヌクァロファがあります。トンガ王国内で最も人口密度が高い島で、面積は259平方キロメートルで日本の色丹島や徳之島ほどの大きさです。1643年にオランダ人によって発見され、今でも王様が統治する珍しい国です。そんなトンガタプ島の観光として人気があるのはホエールスイムです。トンガタプ島の周りはザトウクジラの親子が育児のために利用するエリアとして知られており、公認オペレーターとダイビングをすると親子クジラや好奇心旺盛な赤ちゃんクジラに出会え、一緒に泳げることもあります。そして島内の観光スポットとして有名なのはハアモンガ・ア・マウイの遺跡です。巨大な石の門で、1200年ごろに当時の国王が住む敷地の門として作られたと言われています。他にも赤と白のかわいらしい王宮や教会があり、マーケットでは貝を使った民芸品などを購入できます。

  • 都市

    ヌクァロファ

    ヌクァロファはトンガ王国の首都で、人口は2011年時点で24000人ほどです。国民の3割がヌクァロファに集中しており、王宮や教会があります。その中でも観光スポットとして有名なのはトンガ自由教会です。3本の赤いトンガリ屋根が特徴の教会で、一見するとヨーロッパの大聖堂と同様の建築風に見えますが、外壁やバラ窓はトンガ風で見応えがあります。1885年建築の教会でレトロな風合いがあるので、トンガで歴史的建築物を見るならおすすめです。また、ヌクァロファはダイビングスポットとしても有名です。トンガ周辺ではザトウクジラを見られることも多く、運が良ければダイビング中に遭遇することもあります。さらにトンガの伝統料理や衣装を体験するなら古代トンガがおすすめです。伝統衣装に身を包んだり、儀式に参加できるイベントがあり、体験型アクティビティを楽しめます。

トンガの都市をもっと

トンガのホテルを探す

トンガの旅行・観光情報

トンガのまとめ一覧

トンガのまとめをすべて見る

トンガの旅行・観光情報をもっと調べる

トンガ ホテル

トンガについての観光情報

近くのイベント トゥポウトア皇太子誕生日
トンガのイベントをもっと

広告

オセアニア・ミクロネシアの国のおすすめ観光情報を探す

オセアニア・ミクロネシアの国をもっと
運営会社