おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

中国(広州)と日本(東京)の時差について

中国(広州)の現在時刻と時差

7月22日 21時52分31秒

中国(広州)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

タイムゾーン(広州の標準時)の名称
China Standard Time 中国標準時
協定世界時との時差
UTC+8
日本との時差
JST-1

中国(広州)の時差の簡単な計算方法

日本と中国の広州(こうしゅう)の時差は、1時間です。中国ではサマータイムを実施していないため、通年で日本の方が1時間先行する時差となります。出発後は、時計を1時間戻すことで時差の調整ができます。

中国は広大な国土面積を持つ国ですが、タイムゾーンは統一されています。そのため、どの都市でも日本との時差は1時間です。広州と日本はごく短時間の時差のため、到着後はほとんど時差の影響を受けることなく、観光や仕事ができます。日の出や日の入りの時間も日本とほぼ変わらないため、生活リズムも崩れることはないでしょう。

中国(広州)のサマータイムで発生する時差の変更について

中国(広州)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

中国(広州)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年7月22日)
5時4分
日の入りの時間 (2018年7月22日)
18時56分

中国(広州)への距離

羽田空港から 中国(広州)までの距離(測地線長)は、約 1,766 Kmです。

中国(広州)への主要フライト・空港について

広州までは、日系、中国系の航空会社が直行便を就航させており、おおよそ5時間程度で行くことができます。広州から日本へ帰国する際は、気流の影響を受けるため、おおよそ4時間の飛行時間です。広州は日本から近距離で時差も小さいため、気軽に出かけられる都市の1つです。

日系企業が多く進出している広州は、年間を通してビジネス利用者が多く、時期によっては満席になることもあります。広州便を予約する際は、できるだけ早めに予約するようにしましょう。
広州の航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

広州は中国南部の広東省(カントン)にあり、海沿いに位置する都市です。中国のなかでも温暖な気候で、夏の平均気温は29度、冬の平均気温は14度程度です。湿気を含んだ風が流れ込むため、年間を通じて湿度が高く、とくに夏は不快に感じるほど湿気があり、蒸し暑くなります。

中国 広州の夏は高温多湿で、冬は温暖ながら急激な冷え込みもあるのが特徴です。夏は屋外ではすぐに汗をかきますので、着替えやタオルがあるといいでしょう。冬は厚手のコートやマフラーなど、防寒できる服を持参しましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

広州の空港から市街地までは、地下鉄を利用すると便利です。地下鉄は乗り放題のチケットがあり、24時間有効の券は260円程度、72時間有効の券は900円程度と手ごろに購入できます。広州の白雲国際空港から、中心部の広州東駅までは約50分です。ちなみにタクシーを使う場合は、約30分で2,000円程度です。

中国の広州は、北京や上海と並んで中国の三大都市と呼べれるほど経済的に発展した都市です。基本的には日本の大都市と同じ感覚で過ごすことができますが、中心街から外れると、貧困地区や衛生状態が悪い場所もあります。不用意に迷い込まないよう、事前におおまかな移動ルートや、地域の特徴を把握しておきましょう。

広告