おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

スイス(チューリッヒ)と日本(東京)の時差について

スイス(チューリッヒ)の現在時刻と時差

10月19日 12時14分02秒

スイス(チューリッヒ)と日本(東京)との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

タイムゾーン(チューリッヒの標準時)の名称
Central European Summer Time 中央ヨーロッパ夏時間
協定世界時との時差
UTC+2
日本との時差
JST-7

スイス(チューリッヒ)の時差の簡単な計算方法

スイスのチューリッヒと日本の時差は8時間です。日本のほうが早く進んでおり、日本の昼12時はチューリッヒの早朝4時にあたります。

スイスではサマータイムを導入しており、3月の最終日曜~10月の最終日曜までは、日本との時差は7時間に縮まります。時差ぼけ予防のため、機内では現地時刻を意識して食事や睡眠をとり、体のリズムを調整するのがおすすめです。 

スイス(チューリッヒ)のサマータイムで発生する時差の変更について

スイス(チューリッヒ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月25日 2時0分 CET
今回のサマータイムの終了日時
2018年10月28日 3時0分 CEST
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月31日 2時0分 CET

スイス(チューリッヒ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月19日)
7時50分
日の入りの時間 (2018年10月19日)
18時31分

スイス(チューリッヒ)への距離

羽田空港から スイス(チューリッヒ)までの距離(測地線長)は、約 9,607 Kmです。

スイス(チューリッヒ)への主要フライト・空港について

日本からチューリッヒへは、スイスインターナショナルエアラインズによる直行便が毎日運行しています。フライト所要時間は、往路が約12時間半、スイス発の復路が約12時間です。

2017年現在のスケジュールでは、成田空港を昼に出発し、チューリッヒ国際空港には同日の夕方に到着します。チューリッヒへの直行便は1日1便の運航のため、チケットは早めの予約が肝心です。日本からスイスへの渡航は、長時間のフライトと時差があるため、体調管理に十分注意しましょう。
チューリッヒの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

スイスの首都チューリッヒは大陸性気候に属しており、変わりやすい天気が特徴です。チューリッヒには明瞭な四季があり、どのシーズンも日本に比べ湿気が少なく、冷涼です。

4~5月頃からは春らしい季節を迎え花々が咲き乱れます。夏は観光のベストシーズンを迎え、平均気温23度の爽やかな気候はハイキングにも最適です。日中は最高気温が30度を超える日もありますが、湿気がないため快適に過ごせます。ただし、春や夏でも朝晩は冷えこむため、羽織りものや上着を持参しましょう。冬は曇りがちで、1年で最も寒い1月の平均気温は氷点下まで下がります。冬場の旅行には、本格的な防寒具が必須です。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

チューリッヒは市電やトラム、路線バスなどの公共交通機関が充実しており、市民の主要な移動手段になっています。これらに加えて、湖や河川では船やケーブルカー、ロープウェイなどが運航しています。チューリッヒ観光の際もバスやトラムを利用するのが便利です。

スイスは治安が良い国として有名ですが、観光客を狙ったスリや置き引きには十分注意してください。特に、多くの人でにぎわう夏は貴重品の管理に気を付けましょう。

スイス(チューリッヒ)について調べる

広告