おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カナダ(モントリオール)と日本(東京)の時差について

カナダ(モントリオール)の現在時刻と時差

10月17日 12時54分20秒

カナダ(モントリオール)と日本(東京)との時差は、13時間です。
日本の方が、13時間進んでいます。

タイムゾーン(モントリオールの標準時)の名称
Eastern Daylight Time アメリカ東部夏時間
協定世界時との時差
UTC-4
日本との時差
JST-13

カナダ(モントリオール)の時差の簡単な計算方法

日本とカナダのモントリオールの時差は14時間です。モントリオールではサマータイムが導入されているため、毎年3月中旬から11月初旬までの時差は13時間となります。

日本とカナダ モントリオールは半日以上の時差があるため、時差ぼけ対策は必須です。時差に慣れるためにも、機内では現地時間に合わせて睡眠や食事をとりましょう。

カナダ(モントリオール)のサマータイムで発生する時差の変更について

カナダ(モントリオール)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)が以下の期間で実施されます。期間中は時差の変更があるため注意が必要です。

今回のサマータイムの開始日時
2018年3月11日 2時0分 EST
今回のサマータイムの終了日時
2018年11月4日 2時0分 EDT
次回のサマータイムの開始日時
2019年3月10日 2時0分 EST

カナダ(モントリオール)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年10月18日)
7時35分
日の入りの時間 (2018年10月18日)
18時29分

カナダ(モントリオール)への距離

羽田空港から カナダ(モントリオール)までの距離(測地線長)は、約 10,374 Kmです。

カナダ(モントリオール)への主要フライト・空港について

日本からカナダのモントリオールまで直行便はないため、同じくカナダのバンクーバーやトロント、アメリカの東海岸の都市を経由して行くのが一般的です。いずれのルートにおいても、日本からは最低でも16時間以上はかかる長距離移動です。移動や時差による疲れが溜まるため、時間に余裕がある場合は経由地で1泊するといいでしょう。
モントリオールの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

カナダのモントリオールは冬はとても寒くなります。12月から3月にかけて、平均気温はマイナスとなり、7月でも20度程度までしか上がりません。夏は涼しく快適ですが、冬は徹底した防寒対策が必要です。ただし、モントリオールは寒さに対応している街なので、室内はどこも暖かく、人によっては暑いほどです。重ね着など体温調整しやすい服装をおすすめします。

また、モントリオールは12月の冬至に向けて陽も短くなるため、1日が早く終わってしまうような感覚になります。とくに、寒くて暗い冬は時差が解消しずらいため、モントリオール市内を散策して、時差ぼけ解消を心がけるといいでしょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

モントリオールに到着後、空港から市街地までは「STM747系統バス」というシャトルバスを利用します。24時間運行で、日中は10分間隔、深夜でも30分に1本は運行しています。モントリオール市街地ではMETRO(地下鉄)が大活躍します。観光客用の1日券や1週間券なども充実しています。

モントリオールでは、寒さに対する環境が整っており冬でも快適に過ごせます。地下のショッピングセンターが充実しているため、寒い屋外に出ることなく買い物を楽しめます。寒いときは地下街で買い物をし、暖かい日中に屋外観光するといいでしょう。

カナダ(モントリオール)について調べる

広告