おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

マダガスカル(アンタナナリボ)と日本(東京)の時差について

マダガスカル(アンタナナリボ)の現在時刻と時差

11月20日 16時16分30秒

マダガスカル(アンタナナリボ)と日本(東京)との時差は、6時間です。
日本の方が、6時間進んでいます。

タイムゾーン(アンタナナリボの標準時)の名称
East Africa Time 東アフリカ時間
協定世界時との時差
UTC+3
日本との時差
JST-6

マダガスカル(アンタナナリボ)の時差の簡単な計算方法

マダガスカルの首都、アンタナナリボと日本との時差は6時間です。マダガスカル アンタナナリボのほうが時間が遅く、日本が正午のときマダガスカル アンタナナリボは朝6時です。マダガスカルはサマータイムを実施しておらず、年間を通して日本との時差は変わりません。時差ぼけ予防のため、機内では現地時刻に合わせて睡眠や食事をとるのがおすすめです。

マダガスカル(アンタナナリボ)のサマータイムで発生する時差の変更について

マダガスカル(アンタナナリボ)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

マダガスカル(アンタナナリボ)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年11月20日)
5時3分
日の入りの時間 (2018年11月20日)
18時7分

マダガスカル(アンタナナリボ)への距離

羽田空港から マダガスカル(アンタナナリボ)までの距離(測地線長)は、約 11,410 Kmです。

マダガスカル(アンタナナリボ)への主要フライト・空港について

日本からマダガスカルへの直行便はないため、アジアの主要空港で乗り継ぎをする必要があります。主なルートは、日本から全日空、日本航空、タイ国際航空などを利用してバンコクへ行き、そこからマダガスカル航空でアンタナナリボへ向かうものです。

日本からバンコクへの所要時間は約6時間半、バンコクからアンタナナリボへは週に2便運航しており、フライト時間は約10時間半です。日本からマダガスカルは時差と長時間の移動があるため、体調管理に留意しましょう。
アンタナナリボの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

マダガスカル アンタナナリボは、標高およそ1200メートルの高地に位置しており、年間平均気温は18度前後と比較的涼しく過ごしやすい気候です。また、南半球にある都市のため、日本とは季節が逆になります。4月〜11月は冬で乾季となり、雨がほとんど降らず過ごしやすい日が続きます。ただし、昼と夜とで寒暖の差が激しく、日没後は急に冷え込みます。服装はジャンパーなどの羽織りものや重ね着が良いでしょう。

12月〜3月にかけては夏で、雨季に入ります。雨季でも日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことは稀で、雨が上がれば観光に出かけられます。また1月〜3月は台風(サイクロン)が発生しやすい時期です。滞在中は天気予報をまめに確認して、台風が近づいている時は不要不急の外出は控えるようにしましょう。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

マダガスカルは、他の土地では見られない動植物が多く生息しており、固有の生態系を持った自然豊かな島です。そのため、世界各地から多くの外国人観光客が訪れますが、公用語はマダガスカル語とフランス語で、ホテルや観光地以外では英語が通じない場所も多くあります。渡航の際は、最低限の言葉を覚えていくと良いでしょう。

マダガスカル アンタナナリボは、政情不安や経済の低迷などを背景として、治安の問題を抱えています。日中の通りでもスリやひったくり等の軽犯罪が発生しています。移動の際は十分に注意し、夜の外出は控えるのが無難です。

マダガスカル(アンタナナリボ)について調べる

広告

運営会社