おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

チュニジア(チュニス)と日本(東京)の時差について

チュニジア(チュニス)の現在時刻と時差

4月25日 1時17分20秒

チュニジア(チュニス)と日本(東京)との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

タイムゾーン(チュニスの標準時)の名称
Central European Standard Time 中央ヨーロッパ標準時
協定世界時との時差
UTC+1
日本との時差
JST-8

チュニジア(チュニス)の時差の簡単な計算方法

チュニジア首都チュニスと日本の時差は8時間で、日本のほうが早く進んでいます。チュニジアではサマータイムを実施しておらず、通年で日本との時差が一定です。チュニジアはヨーロッパの主要都市と同一のタイムゾーンのため、欧州旅行の後チュニジアへ向かう場合は、時差が発生しません。

チュニジアが夕方16時のとき、日本時間は深夜0時という時差のため、到着後しばらくは睡眠のリズムが崩れ、軽い時差ぼけになる可能性があります。夕方や昼の眠気は仮眠で済ませ、夜にまとまった睡眠をとるようにして、時差ぼけを解消しましょう。

チュニジア(チュニス)のサマータイムで発生する時差の変更について

チュニジア(チュニス)にはサマータイム(Daylight Saving Time / Summer Time)はないので、一年を通じて時差は変わりません。

チュニジア(チュニス)の日の出、日の入り時刻

日の出の時間 (2018年4月25日)
5時32分
日の入りの時間 (2018年4月25日)
19時2分

チュニジア(チュニス)への距離

羽田空港から チュニジア(チュニス)までの距離(測地線長)は、約 10,446 Kmです。

チュニジア(チュニス)への主要フライト・空港について

日本からチュニジアへの直行便は就航していないため、ヨーロッパや中近東、アジアの主要空港で乗り継ぎをする必要があります。一般的には、パリ、ドバイ、カタールなどを経由してチュニス・カルタゴ国際空港へ向かうルートが主流です。チュニス行きの便を扱う航空会社は、エール・フランス、ルフトハンザ ドイツ航空、エミレーツ、カタール航空などがあり、特にエールフランスは日本からも便数が多いため便利です。

カルタゴ空港からチュニス市内まではバスやタクシーが利用できます。 市バスを使うと、約30分程度でチュニスに到着します。タクシーは夜9時以降は料金が50%割増になります。

チュニスまでの移動時間の目安は、乗り継ぎ時間を入れて、最短約18時間以上です。長時間のフライトと時差があるため、体調管理に注意しましょう。
チュニスの航空券を探す

現地の季節や気候の注意点

チュニジアの首都チュニスは、地中海性気候に属しており、冬は比較的温暖で、夏は雨が少なく高温となるのが特徴です。夏は例年暑くなり、最も暑い7~8月には平均最高気温が35度を上回ります。ただし湿度が低いため、気温のわりには過ごしやすいとされています。夏でも朝晩は冷えこむので、上着を持参するのがおすすめです。4月から6月中旬、また9月中旬から11月は、平均最高気温が15度~20度で推移し、快適な季節です。

冬はそれほど気温が下がらず、穏やかな気候です。チュニスは年間を通して、日中は穏やかな陽気でも朝晩は冷えこむことが多いため、羽織りものがあると重宝します。

現地の生活時間や旅行計画時の注意点

美しい自然と多くの世界遺産が集まるチュニジアは、ヨーロッパからも近く、欧州各国において人気の旅行先の1つです。しかしアラブの春以降、情勢が激変し、外国人を狙う大規模なテロが発生しました。現在では、治安は回復傾向にありますが、渡航を予定する際は、外務省の海外安全ホームページなどを確認し、最新の情報を把握してください。

チュニジアはイスラーム教が国教ですが、都市部においては女性の服装に比較的寛容です。とはいえ、トラブル回避のためにも、露出度の高い服装は避けるのが無難です。

チュニジア(チュニス)について調べる

広告