TravelBook ライフスタイル

家事代行の記事一覧

「家事代行」に関するまとめ記事一覧です。ハウスクリーニング、害虫駆除、害獣駆除など「家事代行」に関するおすすめ情報をお届けします。

家事代行の記事一覧の検索結果

害鳥駆除業者おすすめ15選*人気ランキング上位を紹介

「平和のシンボル」とされるハトですが、ベランダなどに居座られると困りもの。鳴き声や羽音に悩まされるだけでなく、洗濯ものがフンで汚されてしまったりと衛生的にも問題があります。特にハトのフンや羽には感染症を引き起こす菌が付着していることが多く、小さな子供やお年寄りがいる家庭ではより注意が必要。その他、ゴミを荒らすカラスや「空飛ぶネズミ」とも呼ばれるスズメも気になるところです。 そこで今回はそんな害鳥を駆除してくれるおすすめの業者を人気ランキング形式でまとめました。紹介する業者は忌避剤や剣山マットを用いるところや、害鳥の天敵による駆除までさまざま。害鳥による被害が気になっているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

アライグマの駆除方法や対策方法!生物の特徴や被害状況について解説

アニメ『ラスカル』でも有名なアライグマ。見た目が可愛くペットにしたいという方も多いですが、実は気性が荒く攻撃性もある動物です。雑食性なので人間の出したゴミ、ペットや家畜の飼料・在来生物など何でも食べてしまいます。畑を食い荒らすことも多く、たくさんの人を悩ませている害獣です。手先も器用な動物なので、駆除にはアライグマに適した罠やグッズを利用することが大切。アライグマを寄せ付けないために、番犬を飼うことも勧められているのだそう。アライグマの駆除は難しいとされているため、自分で対策できない場合は専門業者に依頼することも検討しましょう。

アシナガバチの巣を作らせない対策や自分でできる駆除方法を紹介

日本に生息しているハチの中で人を刺すとされているのが、スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチです。アシナガバチはおとなしいイメージがありますが、猛毒をもっています。自分の家にハチの巣があったらどうしたらよいのかわからず困りますよね。7月を越えると働きバチが攻撃的になり自力での駆除は難しいので、自分で駆除したい方は6月頃までに行いましょう。巣の大きさや状態はどうかの確認をし、駆除の流れを頭に入れておくなど、準備物も含めて万全な準備をしてください。駆除の際にアシナガバチに刺されると危険なので、難しいと感じたら専門の業者に相談し依頼しましょう。

チャバネゴキブリを駆除するには?方法と生態・特徴を詳しく解説

チャバネゴキブリは茶色く1センチほどの大きさで、同様に屋内で見かけることの多いクロゴキブリよりも比較的小さいのが特徴です。エアコンの中や冷蔵庫など、家の中の暖かい場所が好きで、集団で生活します。食べ残しや食べかす、石鹸など、家庭にあるさまざまなものがエサになります。もっとも一般的なチャバネゴキブリの駆除方法は、ベイト剤(ホウ酸ダンゴ)を設置することです。ほかにも殺虫スプレーや捕獲器、くん煙剤などが市販されていますから、家の状況に合わせて選びましょう。自分だけではチャバネゴキブリを駆除できないとお困りの方は、業者に依頼してはいかがでしょうか。

カマドウマの駆除方法は?効果的な対策と、発生を防ぐ予防策を紹介

カマドウマは、日本全国に広く生息するバッタの仲間です。大型で雑食、湿気が多くて暗い場所を好むという特徴があり、別名「便所コオロギ」とも呼ばれています。カマドウマには毒はなく、害虫ではありません。しかし体のサイズが大きく跳躍力があるため、室内への侵入は避けたいものです。カマドウマは、湿気やエサとなる食べ残しがある場所に発生しやすい虫です。カマドウマが室内にいる場合には、外からの侵入が考えられます。侵入経路を見つけて遮断しましょう。また、清潔で湿気のない環境にすることが、カマドウマの発生を防ぐために効果的です。

キクイムシを駆除する方法が知りたい!効果的な予防法も紹介

キクイムシとは、広葉樹を使ったフローリングや家具などを食べる害虫です。木造住宅の木材には針葉樹が使われるので、住宅の耐震性を脅かすものではありません。主に木材を食べるのは幼虫で、発生時期は4〜8月頃、木材に1、2mmの穴を開けて出てきます。出口には白っぽい粉が散らばっているので、そこで初めてキクイムシがいたことに気が付きます。キクイムシを駆除する方法は、業者に依頼をして駆除する、自力で防虫効果のあるスプレーで駆除する方法が挙げられます。また、キクイムシが発生しないよう予防することも重要です。家財にもよりますが、定期的に防腐剤やニス、塗料などを塗っておくと効果的ですよ。

一軒家のシロアリ駆除の値段相場は?対策方法や予防方法も解説

シロアリはゴキブリの仲間で、日本には22種類のシロアリが生息しています。家屋に被害を及ぼすものはそのうち4種類。床下や屋根裏に住み着き、木材を食い尽くします。シロアリの種類によっては、家一軒が倒れるほどの被害を及ぼすことも。一軒家のシロアリ駆除にかかる値段は、敷地の広さ、シロアリの種類、被害の規模により異なります。また、駆除方法によって料金が変わります。薬剤を利用するバリア工法が最も費用が安く、防湿効果がある薬剤を利用するテクノガード工法が最も費用が高くなります。一軒家ではシロアリの駆除だけでなく、発生を防ぐ対策も必要です。5年周期で予防工事を行うようにしましょう。

ノミの駆除方法で効果的なものは?自分でできる方法から業者まで

犬や猫などペットを飼っていると、外から連れて来てしまうことが多いノミ。犬猫だけでなく人も吸血します。噛まれると痒みが激しく、跡が残ることも。ペットにノミがつかないようこまめにシャンプーをして、清潔にしましょう。ノミは1年中発生します。跳力がとても高く、繁殖力も強いのでしっかり対策をしないとすぐに増えます。部屋の中のノミが好みそうな場所は、掃除機をかけて常に清潔にしておきましょう。またペットを飼っている家庭では、殺虫剤を用意しておくと便利です。なかなか改善しない場合は、専門の業者に頼むことも検討しましょう。

トコジラミ(南京虫)の駆除方法は?生息場所や特徴もあわせて紹介

トコジラミ(南京虫)はカメムシの仲間で、体長5〜8mm(幼虫は体長1.5mm程度)の赤褐色の虫です。人や動物を吸血する不快害虫で、近年日本でも生息数が増加傾向にあります。暗く温かい場所を好むため、室内ではベットや布団の周辺、畳やカーペットの下、壁や柱、家具の隙間、電化製品内部などさまざまな場所へ潜伏し、卵を産みつけ繁殖します。トコジラミの中には一般的な殺虫成分への抵抗性を備えている種類がいるため、市販の薬剤では駆除しきれない場合もあります。そのため、自分で対策を講じる際は、スチームアイロンなどを使用した加熱処理をしたり、掃除機を使用したりするとよいでしょう。自分では駆除しきれない、そもそもどこにトコジラミが発生しているかわからないという場合は、専門の業者へ駆除を依頼しましょう。生息調査や冷却処理、薬剤処理など、プロならではの方法でトコジラミを撃退してくれます。

ネズミを駆除する方法は?効果的な方法とおすすめの駆除グッズ

天井や屋根裏を生き物が走り回る音がしたり、家の中にふんが落ちていたりする場合には、ネズミが原因かもしれません。ネズミはアレルギーの原因になり、ときには感染症を媒介することもある、有害な生き物です。ネズミは繁殖能力が非常に高い動物なので、見つけたらすぐに駆除することが必要です。ネズミの駆除は、侵入経路をふさぎ、ワナや毒餌を設置するという方法で行います。毒餌や忌避剤、ワナは多くの種類が市販されていますので、効果が高い製品を選んで試しましょう。駆除グッズは、2つ以上を併用することが効果を高めるポイントです。

ハダニの駆除方法は?発生する原因とエコな予防方法や対策も解説

植物の葉の裏側から栄養分を摂取するハダニ。小さな虫で気付きにくいですが、一度つくと花の咲く期間が短くなったり植物を枯らしてしまったりすることもある害虫です。小さな虫なので見つけにくく、クモのように糸を出して他の植物に移って被害を及ぼします。ハダニは殺虫剤でも駆除できますが、植物に優しくエコな重曹や酢も使えます。予防するには、スプレーを使って葉が乾燥しないようにするといいでしょう。ハダニは水が苦手なので、庭の場合は散水も有効です。気温が高く乾燥している時期に多く発生するので、春と秋は特に念入りに対策しましょう。

トビムシを駆除するには?生態や発生原因、予防・退治方法を紹介

トビムシは体長2〜3mm程度、白、褐色、紅色、緑などの体色を持つ小さな虫です。はねを持たないので飛べませんが、危険を察知すると、腹部にある跳躍器を使い、数十cm程度まで飛び跳ねます。土壌の中や樹皮下、岩礁などさまざまな場所に生息し、菌や腐植などを食べます。室内では、台所やお風呂場などの湿度の高い場所や、トビムシの好む有機肥料を与えた観葉植物などが主な発生源となります。トビムシは一般的に殺虫剤の成分に弱いため、駆除には不快害虫用として市販されているエアゾールタイプの殺虫剤を噴霧するとよいでしょう。また、発生源となる箇所の風通しをよくしたり、植物の土や腐敗した木材などを除去したり、侵入経路を塞いだり、トビムシが再発生しないよう対策をしましょう。自分でできる対策を行ってもトビムシの発生を抑えられない場合は、専門の業者に依頼するのもおすすめです。

シロアリ駆除費用はどのくらいが相場?費用を抑える方法も紹介

家でシロアリ・羽アリを自宅で見つけたときは、殺虫剤はかけずに数匹捕獲します。捕獲しておくことで、シロアリ・羽アリの種類をスムーズに特定でき、駆除も早くできるからです。たくさんいて気持ちが悪い場合は、掃除機で吸ったりティッシュで押さえたりして対処しましょう。風呂場などの水回りにいた際は、シャワーで流してもいいです。業者によるシロアリ駆除方法は「バリア工法」「ベイト工法」「テクノガード工法」などがあり、費用もそれぞれ異なります。シロアリ駆除費用の相場は、坪当たり1万円〜で、被害状況によっては相場を超えることもあります。駆除費用は業者によって異なりますので、最初から1か所の業者に絞らず、料金を比較することおすすめします。また、火災保険や雑損控除を利用すると費用負担を軽くできる場合もありますので、覚えておくといいでしょう。

鳩の巣の駆除は自分でできる?鳩の特徴や注意点を紹介

鳩には強い帰巣本能があり、巣から1000kmほど離れていても戻ってくるといわれています。また年に数回卵を産むので、外敵の攻撃の心配がなく安心して産み育てられる環境に巣を作る習性があります。家に鳩の巣を見つけたら、すぐに駆除するのはやめましょう。卵やヒナがある状態で手を出すと、鳥獣保護法に違反します。お住まいの自治体に相談し、指示に従って行動してください。巣を作られる前にできる対策法があるので、鳩がベランダなどで休憩したり待機したりしている段階で追い出しましょう。スプレー散布や対策ネットの設置もおすすめです。困ったときには専門業者に相談してください。

タヌキ対策や駆除方法!習性や食性・アライグマとの違いについても解説

タヌキは日本各地に生息する野生動物。可愛らしい見た目とは裏腹に農作物を食い荒らしたり、糞尿の悪臭に困ったりと人間を悩ます害獣として知られています。アライグマとよく似ていますが、性格は臆病なところもあり、ゆったりと行動するのが特徴です。対策としては、タヌキを寄せ付けない環境をつくることや、柵の設置・音やニオイで威嚇することが一般的です。鳥獣保護法により、タヌキを個人で捕獲したり毒殺したりすることは許されていないので、注意しましょう。タヌキ駆除に困った場合は、保健所や専門業者に相談する方法も視野に入れてみてはいかがですか。

イタチの駆除方法は?イタチの捕獲は法律で禁止されているって本当?

かわいらしい見た目のイタチですが、実は人家に住みつくと厄介な害獣。西日本を中心に生息し、主にチョウセンイタチによる被害が多いとされています。野生生物が屋根裏や天井裏に住みつくと、家屋の損傷や悪臭などの被害が発生することも。しかし、イタチの捕獲や毒殺は、鳥獣保護管理法という法律で禁止されています。そのため、イタチを駆除するには、追い出すための対策をするしかないのが現状です。イタチを追い出すためには、イタチが嫌う環境を作るのが一番。くん煙剤やイタチが嫌うニオイで追い出して駆除しましょう。野生動物の排泄物には人間に害を及ぼすウイルスが含まれている可能性があるので、徹底的に洗浄するのがおすすめです。

ハクビシンは駆除に注意が必要な野生動物!自分でできる対策方法も紹介

ハクビシンは、屋根裏に住み着いて騒音を出したり、畑のスイカやトウモロコシを荒らしたりする害獣です。ハクビシンの被害の対策は、エサとなるゴミを撤去したり、嫌なにおいがでる薬剤を巻いたりし、侵入経路を絶つ必要があります。ハクビシンは鳥獣保護法の法律で守られているため、個人で勝手に駆除や捕獲は行えません。市役所に許可をとったり、保健所に連絡して箱なわを設置したりする必要があります。ハクビシンの駆除は、専門業者へ依頼する方法もあります。被害の状況や範囲によって異なりますが、駆除業者に依頼した場合の相場は、約5万円から15万円です。業者の選び方は自分で探す以外に、公共法人に紹介してもらう方法もあります。見積もりをきちんとだしてくれる業者を選びましょう。

ゴキブリの駆除方法が知りたい!侵入経路や対策も徹底解説

ゴキブリは夜行性で、集団で群居しています。メスは生涯卵を生み続け、その卵は20~40日でふ化するため、非常に繁殖力が高いことで有名です。害は少ないと思われがちですが、病原菌の媒介や、糞や死骸がアレルゲンとなる可能性もあるので注意が必要。侵入経路は、窓やドアはもちろん、排水口まわりやエアコンのドレスホースなども考えられます。侵入防止専用の製品も出ているので、チェックしてみるとよいでしょう。駆除方法は、殺虫スプレー・毒餌・燻製剤・捕獲罠など。それぞれの特徴や効果を知って、適したものを使用しましょう。心配な人は、専門業者に依頼すると安心です。駆除したあとは、再び侵入させない環境づくりや予防を徹底しましょう。

カメムシの駆除方法を紹介!害虫の特徴や生活被害・予防策を解説

虫が得意な方でも駆除に手を煩わせるのがカメムシ。触ると強烈な悪臭を放ち、素手や衣類についたニオイはなかなか取れません。野菜や果実などの農作物へも被害を与える害虫で、多くの方が日々対策を行っています。カメムシ駆除は、殺虫剤を噴きかけたり、手作りの容器などに捕獲したりする方法が主流です。作物被害を防ぐためには、防護ネットや農薬を使ってカメムシが寄り付くのを防ぎましょう。カメムシはミントやハッカ油の香りが苦手なので、アロマを取り入れるのもおすすめです。外壁や家の中など、自分では対処しきれない数のカメムシにお困りなら、専門業者に相談する方法も検討してみてはいかがですか。

イエヒメアリの駆除はできる?生態から駆除方法まで紹介します

家の中に侵入するアリといえば、一般的にシロアリやクロアリなどが知られていますが、イエヒメアリも侵入しやすいアリのひとつです。イエヒメアリは雑食で、家の中にある食べ物や落ちている食べかすなどを食べます。また、他のアリとは異なり複数の女王アリが共存しているため繁殖力が高く、放置しておくと危険です。まずはイエヒメアリが侵入しないための予防が大切です。万が一家の中に侵入した場合、イエヒメアリの駆除は難しいといわれていますが、自分でできる駆除方法を試しましょう。それでも解決しない時には、アパートなどの賃貸物件に住んでいる方は管理会社に相談し、持ち家の方は専門の業者への依頼をおすすめします。

関連するテーマから探す
カテゴリから探す
ピックアップ記事