食べ過ぎを防止するコツは?うっかり食べ過ぎる原因も解説

食べ過ぎを防止するコツは?うっかり食べ過ぎる原因も解説

食事は楽しいものですが、「うっかり苦しくなる程食べ過ぎてしまった」という経験をしたことがある人もいるでしょう。食べ過ぎてしまう原因としては、ストレス発散の方法になっていることや、空腹状態が長く続いた反動によって過食してしまうことなどが挙げられます。食べ過ぎを防ぐためには、野菜から食べ始めたり、錯覚満腹感を利用したりするのが効果的です。また、アプリを使ったりコルセットを着用したりして食べ過ぎを防ぐというワザもあります。自分で食欲をコントロールできれば、過食もなくなり、気持ち良く食事を楽しめるでしょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ついつい食べ過ぎてしまう時にありがちな理由

食べ始める前はそんなに食べるつもりではなかったのに、食後に気が付くと、苦しくなるほど食べ過ぎてしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。そんな「うっかり食べ過ぎ」には理由があるのです。まずは、つい食べ過ぎてしまうときにありがちな理由をピックアップしました。どのケースに当てはまることが多いのか、どのような対策をすれば効果的にうっかり食べ過ぎを防げるのか、一緒に考えていきましょう。

大量に食べることがストレス発散方法になっている

ストレス過食とも呼ばれ、特に仕事や学校でストレスを抱えている人にありがちな理由です。おいしいものを食べることでストレスを解消しようとするため、ストレスが溜まるほど食べる量が増えてしまう場合があります。このタイプの食べ過ぎを防ぐには、自分が空腹を満たすために食べているのか、ストレスを発散するために食べているのかを正しく見極めて意識することが必要です。食べること以外のストレス発散方法を見つけるのもおすすめです。妊婦さんの場合、つわりなどによる吐き気や気持ち悪さをごまかすために食べ過ぎてしまうことも多いものです。飴やガムなど、長く口に留めておけるもので食べる量を減らす工夫が効果的でしょう。

飲み会などでお菓子やおつまみをだらだら食べてしまう

特にお酒を飲んでいると、なんとなくおつまみが欲しくなったり、甘いものが食べたくなったりして、食事を終えた後もだらだらと食べ続けてしまうことがあります。最近はオンライン飲み会など、家にいながらにして飲み会をすることもできるので、お腹いっぱいだと思いながらも、キッチンで見つけたチョコをつまんでしまうなど、お店での飲み会以上に食べ過ぎてしまう場合もあるようです。飲み会などのお酒の席では、事前に食事やおつまみの量を決めておいて、それ以上は食べないよう、自分にルールを課しておくと食べ過ぎを防げます。うっかり次のお皿に手が伸びてしまわないよう、自分の周りにはなるべく料理を置かないようにしたり、サラダなどカロリーの低いものを選んだりするのもおすすめです。

朝や昼を抜くことが多く夜ご飯がメインの食事になっている

忙しくて時間がなかったり、ダイエットをしていたりと、朝や昼を食べずに過ごす人もいるでしょう。しかし、3食を規則正しく食べないことで、空腹感を過剰に感じてしまい、結果的に食べ過ぎてしまうという悪循環に陥ってしまうことがあります。また、夜ご飯をメインの食事にすることで、満足感を求めてしまい、必要以上に高カロリーな食事や大量の料理を食べてしまう危険性もあります。無理な食事ダイエットは控え、3食をバランス良く食べるように意識しましょう。

簡単にできる食べ過ぎを防ぐ生活習慣

意識的に食べる量を減らそうと思って我慢をすると、「食べたいのに食べられない」という気持ちになり、苦しくなってしまいます。しかし、食べ過ぎはほんの少し生活習慣を工夫することで、無理なく防ぐことが可能です。ここからは、食べ過ぎを防ぐために気を付けておきたいコツや生活習慣を紹介します。

食事は野菜から食べ始める

「ベジファースト」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。野菜を食事の最初に食べることで、不足しがちな食物繊維を摂取できたり、食事全体のカロリーを抑えたりできる方法です。食べ過ぎを防ぐだけではなく、栄養バランスを整える面でも効果的です。しかし、ドレッシングをかけ過ぎたり、野菜だけを大量に食べたりするような食べ方をするのは本末転倒です。自分にあった量を意識して、さまざまな栄養素をバランスよく摂取するようにしましょう。

ゆっくりよく噛んで満腹中枢を刺激する

満腹感は、脳にある満腹中枢が刺激されることで感じられます。この満腹中枢は血液中の血糖値が上昇することで刺激されるので、一般的に、人が食事を始めてから満腹を感じるまでには15分から20分ほどかかるといわれています。満腹中枢が刺激される前に食べ過ぎてしまうと、結果的に自分の適正な食事量よりも食べてしまい、苦しくなってしまうのです。そのような食べ過ぎを防ぐために、なるべくゆっくり食べて満腹中枢を刺激させましょう。また、よく噛んで唾液を分泌させることも、満腹中枢を刺激するのでおすすめです。

錯覚満腹感を利用する

錯覚満腹感とは、脳の錯覚を利用して満腹感を得ることです。小さめのお皿に料理を盛ったり、噛みごたえのある食材を使ったりすると、実際よりもたくさん料理を食べたように脳が錯覚し、満腹感を得やすくなるといわれています。錯覚満腹感を利用すれば、我慢することなく食事の量を減らせるでしょう。

食前に炭酸水を飲む

炭酸水は胃を膨らませるため、食前に飲んでおくと空腹感が減って、食べ過ぎを防げます。しかし、炭酸水を飲む量が少なすぎると、かえって胃を活性化させ、空腹を感じてしまう場合も。コップ1・2杯を目安に飲むようにしましょう。冷たい炭酸水をたくさん飲むと身体を冷やしてしまうので、常温がおすすめです。炭酸水といっても、コーラやサイダーなどを飲むと糖分をとりすぎてしまいます。満腹感を得るために炭酸水を飲む際は、無糖のものを選ぶのがおすすめです。

人気のダイエタリーサポートサプリをチェックする

身近なもので食べ過ぎを防ぐコツ

身近にあるもので手軽に食べ過ぎを防ぐコツを紹介します。スマホのアプリなど、簡単に手に入るものを利用するので、思い立ったらすぐ実践できるのがメリットです。

食べた物を記録するアプリを使う

食べ過ぎてしまう人の多くは、自分が何をどのくらい食べたかということを意識していません。食べ過ぎを防ぐにはまず、自分がどれだけ食べているのかを意識することが大切です。食べたものを日記形式でメモできるアプリや、写真に撮って保存できるアプリなどがあるので、自分に合った使い方ができるアプリで記録を残すようにするとよいでしょう。インスタグラムなどに写真を載せたり、自分のブログに記事を書いたりして記録する方法もあります。

コルセットやウエストベルトを着用する

コルセットやウエストベルトを着用して、物理的に身体を締め付けることで、食べ過ぎを防ぐこともできます。ファッションの1つとして、ウエストベルトのあるデザインの服を選ぶだけでも十分効果があるので、無理に締め付け過ぎないように注意しましょう。ぴったりサイズのパンツを履いたり、いつもよりベルトの穴を1つきつくしたりするだけで、普段との違いを感じられますよ。ただし、着用時に息苦しさや体調が優れないと感じるときは、すぐにゆるめて下さい。

寒天やこんにゃくを取り入れて料理をかさ増し

どうしてもたくさん食べたい!と思ってしまう場合は、ヘルシーな食材で料理をかさ増しして満腹感を得やすくするとよいでしょう。寒天ゼリーや味付こんにゃくなどを使うと、食感にバリエーションも増え、ヘルシーにかさ増しができます。粉寒天をお茶などに溶かした寒天茶を飲むのも、寒天のとろみで満腹感を感じやすくなるので、食べ過ぎを防げます。また、お腹の中で膨らむおからを料理に取り入れるのもおすすめです。

食欲をコントロールして食べ過ぎ防止!自分に合った食事量を知ろう

食事の時間はおいしくて楽しい時間であってほしいですよね。食べ過ぎて苦しくなってしまったり、次の日に後悔したりするのは悲しいことです。自分の身体に合った食事量を知り、食欲を上手にコントロールすることで、食べ過ぎを防いで食事の時間をもっと楽しみましょう。

ダイエットのサポートなら人気のサプリ「シボヘール」がおすすめ!

誰もが美しい体型のために、一度は努力したことがあるはずです。食事制限やトレーニングが辛くて、長続きしなかったりリバウンドしてしまった人も多いのではないでしょうか。
人気のダイエットサプリ「シボヘール」は、お腹の脂肪が気になる方におすすめの“機能性表示食品”です。機能性表示食品とは、研究論文により科学的根拠が証明され、その機能性や安全性が消費者庁に届け出されている食品のこと。
シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」は、お腹の脂肪を減らすのを助けるという試験結果が出ているんです。脂肪合成の抑制・脂肪の分解・燃焼をサポートします。
脂肪対策には運動とバランスのいい食事が重要ですが、サプリメントをプラスすれば心強いですね。まずは商品をチェックしてみてください。

シボヘール

定期便初回限定価格:980円(税込)

関連する記事

詳しく

おすすめ味噌汁ダイエット!人気15選

日本人の食卓になくてはならないもの、それは「味噌汁」です。ご飯と味噌汁は、朝食の定番といってもいいでしょう。この、日本の伝統食である味噌汁には、ダイエットに効果的なビタミンB群やたんぱく質などが多く含まれ、世界でも大変注目されています。そこで、おすすめなのが味噌汁を毎日の食生活に取り入れる「味噌汁ダイエット」。1日1回味噌汁をいただくだけで、ダイエット効果が期待できるというとてもお手軽なダイエットです。しかし、忙しい女性にとっては味噌汁を作る時間もないという人もいるかもしれません。そんな人のために、今回はおすすめのインスタント味噌汁を人気順に紹介していきます。お湯を注ぐだけでとてもおいしい味噌汁ができあがりますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

詳しく

痩せる習慣をつけよう!健康的に痩せる方法とは?

男性でも女性でも、いろいろなダイエット方法がある中でどれがいいか悩んでいる方、何度もダイエットを繰り返している方は多いでしょう。間違ったダイエットは、代謝が悪く不健康な体になります。ダイエットをしてもすぐ元に戻ってしまう、ダイエット前よりも太ってしまうなど、ダイエットの方法によってはかえって痩せにくい体質をつくってしまいます。また、中学生から高校生のころは生理的な体の発達が著しく、運動量も多くなり体つきが大きく変わります。自分の体に関心をもち始める時期ですが、成長期のダイエットは要注意!正しいダイエットで痩せる習慣をつけ、健康できれいなボディをつくりましょう。

詳しく

セルライトとは?原因と解消方法について徹底解説!

セルライトとは、血管やリンパから排出される老廃物と脂肪細胞同士が結合し肥大化して、皮膚がデコボコになった状態をいいます。オレンジの皮のように見えることから「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。男性よりも女性にできやすく、お尻や太もも、お腹周りになど下半身に多く見られます。「不規則な生活習慣」や「ホルモンバランス」「ストレス」などが原因とされ、身体の器官がダメージを受けてできるものなので、細身の人にも蓄積されます。セルライトの解消には体質改善が必要です。体質を変えることは、健康な身体作りにも役立つでしょう。

詳しく

下半身太りの原因とは?おすすめの食事法や運動法などを紹介

女性の悩みとして多いのが下半身太りです。上半身は痩せるのに下半身はなかなか痩せないと感じている方も多いようです。下半身太りの原因は、運動不足によって筋肉が衰えていることや、便秘や骨盤の歪みによるむくみや冷えです。意識的に食生活を改善する必要があります。コンビニなどで手軽に食べられるインスタントや加工食品は塩分が多いので、塩分を控えカリウムや食物繊維を摂取しましょう。また、ストレッチや運動を日々の生活の中に取り入れ、むくみや冷え、筋肉の衰えを解消しましょう。骨盤矯正、痩身エステなどで効率的に痩せたいと考える方は、エステサロンや美容外科クリニックに相談するのもおすすめです。

詳しく

足首を細くする方法とは?太くなる原因を知り足首痩せを目指そう

足首周りに脂肪がついていたりむくんでいたりと、メリハリのない象足に悩んでいる方も多いでしょう。足首が太くなる原因は足首のゆがみや、血流が低下することによるむくみ、ふくらはぎ周りの筋肉不足などです。特に女性はむくみや冷え性の方が多いので、自分でできる足首痩せの方法を試してみてください。 日常生活の中に適度な運動を取り入れながら食事の内容も見直し、生活習慣の改善を図ります。また、むくみや冷え、筋肉不足の解消も心がけてください。短期間で足首を細くするために、毎日無理なくマッサージやストレッチ、体操を行い、習慣化しましょう。

詳しく

たれ尻にさようなら!お尻がたれる原因と解消法を紹介!

お尻がたれてかっこ悪い。女性らしいボディラインを手に入れたい。そんな願望は誰でもあります。しかし現実は、年齢を重ねるごとにたれ尻になる一方。そもそもどうしてお尻はたれるのか?それは運動不足が一番の原因です。姿勢が悪く、寝ながらスマホをしていることも原因にあげられます。毎日の生活習慣を見直し、トレーニングを行ってたれ尻を解消しましょう!筋肉トレーニングを継続すれば美尻が手に入り、パンツスタイルがかっこよく決まりますよ。筋トレがきつい、続かないときは、エステでリラックスしながらボディメイクをすることもおすすめです。

詳しく

背中やせの方法とは?ポイント、筋トレやストレッチメニューを紹介

背中の贅肉は落ちづらく、悩んでいる方も多いでしょう。背中がやせづらい原因は、常に姿勢が悪く猫背、運動不足、背中の柔軟性が低く代謝が下がっている、食べ過ぎなどです。これらの原因に当てはまるかを考え、自分の食生活を改善しながら背中やせに効果的な筋トレや有酸素運動、ストレッチを取り入れましょう。背中の柔軟性を高め、代謝アップやむくみの解消、脂肪燃焼をすることで、引き締まった綺麗な背中に近づくでしょう。より効率的に背中をやせたいと考える方は、痩身エステや美容外科クリニックに相談するのもおすすめです。自分に合った方法で背中やせダイエットをしてくださいね。

詳しく

足むくみを解消する方法は?売れ筋の人気グッズ21選!

立ち仕事やデスクワークなど、長時間立ちっぱなしまたは座りっぱなしでいると、夕方に足がパンパンにむくんでしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?足は体の中でも最もむくみやすい部位です。むくみをきちんとケアせず放っておくと、足が太くなったりひどい場合には病気になったりすることもあります。足のむくみをケアするにはマッサージやストレッチをしたり、体を温めたりすることが効果的ですが、忙しくてなかなかケアできない人もいると思います。 そこで今回は足のむくみを手軽に解消してくれるおすすめグッズを紹介します。マッサージグッズや着圧タイツなど幅広いアイテムを紹介しているので、自分にあったグッズを探してみてくださいね。

詳しく

足を細くする方法を徹底研究!毎日の生活に取り入れられる4つの方法

足を細くする方法が知りたい!と思っている女性は多くいるでしょう。特に中学生や高校生の時に運動部だった人は、筋肉質になり、ふくらはぎが太くなってしまったという悩みもよく聞きます。程よい細さでバランスのとれた美脚は、男女問わずあこがれです。足を細くするためには、ぜひセルフマッサージや、ストレッチ、トレーニングなどを楽しみながら日常生活に加えましょう。忙しい方は食事の内容に気をつけたり、仕事の合間などにプチエクササイズを入れたり、改めて時間を取らなくても美脚に近づけます。自分に合った美脚になる方法を見付けて、あこがれの引き締まった細い足を目指しましょう。

詳しく

痩せる順番についてわかりやすく解説!ダイエットが楽しくなる基礎知識を紹介

人間の体は「痩せる順番」が決まっています。ダイエットで順調に体重は減っているのに、なぜか特定の部位は痩せないと感じるのは、気になる部位がまだ痩せる時期ではないということ。ダイエットして痩せるのは肝臓に遠いところからなので、お腹周りがスリムになるまでにはやや時間がかかります。また、内臓脂肪と皮下脂肪でも脂肪の落ち方が違うので、自分がどちらの肥満タイプかチェックしてみましょう。ダイエットの基本となるのは「食事」と「運動」です。痩せやすい体を作るためにもマッサージも取り入れてみてはいかがですか。どうしても部分痩せしたい方は、エステサロンや美容クリニックなどプロの技術に頼るのもおすすめです。

詳しく

おしりの脂肪を落とす方法!今すぐできるトレーニングやマッサージを紹介

おしりに脂肪がつく原因は、骨盤のゆがみや筋肉の衰え、脂肪の蓄積などが考えられます。体型の変化にショックを受ける方も多いですが、一度ついてしまったおしりの脂肪を落とすことは可能です。脂肪燃焼に期待ができる有酸素運動や、基礎代謝アップに役立つ筋トレ・脂肪を落としやすくするマッサージなど、自宅でできるケア方法はたくさんあります。本格的に体型を整えたい方は、エステサロンや美容クリニックで専門的な施術を受けるのもよいでしょう。まずは紹介する「おしりの脂肪を落とす方法」を試してみてください。健康のためにも、日頃から運動やマッサージをライフワークに取り入れてはいかがですか。

詳しく

ふくらはぎを細くする方法はある?タイプ別に改善方法を詳しく解説

ふくらはぎを細くするには、原因に合った対処法を選択しましょう。むくみが原因なら正しい立ち方と歩き方に修正し、かかとを上げ下げする運動を積極的に行います。脂肪が原因ならふくらはぎに筋肉をつけて代謝を高め、適度な運動をして食べ過ぎに注意します。筋肉が原因なら腓腹筋を使うような歩き方にし、効果的に筋肉をほぐすマッサージを行いましょう。セルフケアではなかなかふくらはぎが細くならないとお悩みの方は、美容外科クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。原因に合った解消方法を提案してくれるでしょう。

詳しく

太もも痩せの方法とは?痩せづらい原因やおすすめのダイエット方法を紹介

男性よりも女性に多い悩みが下半身太り。なかでも見た目に変化があらわれづらい部位は太ももです。太ももに脂肪がつきやすくなかなか痩せない原因は、骨盤の歪みやむくみ、冷え、筋力の低下などです。妊娠や出産を経て骨盤が歪んでいたり、日常的にむくみや冷えなどに悩んでいたりする方も多いでしょう。 太もも痩せ成功のカギは、お尻と裏ももの筋肉をつけることです。普段あまり使われない部位なので、意識的に鍛えましょう。骨盤の歪みにアプローチするおすすめなグッズもあります。食事のバランスを整え生活習慣を見直しながら、適度に運動やストレッチ、筋トレなどを取り入れ、美脚を目指しましょう。

詳しく

ウエスト痩せの方法は?自宅でできる簡単エクササイズを紹介

ウエスト痩せしたいなら、食事制限だけでは難しいでしょう。体重が減ってもウエストのサイズが減らない場合があります。ウエスト痩せにはエクササイズが効果的です。腹筋や腹斜筋を鍛えたり、体幹を強くして基礎代謝をあげたりしましょう。ウエストや腰回りをねじるストレッチもおすすめです。効果的にウエストを細くするために、シェイプアップベルトやバランスボールを使うのもいいでしょう。食事は糖質を抑えて、食物繊維をたくさん摂りましょう。便秘解消すれば、ウエスト周りがすっきりすることもあります。プロテインのサプリを飲むと、より効果的にエクササイズができるでしょう。

詳しく

お腹だけ痩せる方法はある?自宅で行える簡単エクササイズや筋トレを紹介

ぽっこりお腹が気になり、ダイエットに励む方も多いでしょう。お腹だけ痩せるのは難しいと思われがちですが、腹筋を鍛えたり有酸素運動を取り入れたりすれば、お腹痩せも夢ではありません。特別な器具がなくてもお腹痩せは可能です。隙間時間でも行えるスクワットや自宅でヨガやリズムカルなエクササイズなど、さまざまな方法を試しながらスリムなウエストを目指していきましょう。男性の場合、内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪としてお腹に脂肪がつきやすいと言われています。脂肪のつき方も参考にしながらダイエットに取り組み、日頃の生活習慣も見直してみましょう。

詳しく

短期間で痩せる方法とは?食事や運動のポイントを紹介

長期間のダイエットはストレスがたまりそう、途中で断念してしまいそうと感じて、なかなかダイエットに踏み切れない方も多いでしょう。男性と女性では骨格や筋肉量に差があり、どれくらいの期間でどの程度痩せるかは人それぞれで、適したダイエット方法も異なります。体の調子を悪くしたり、病気になってしまったりしては、ダイエット成功とは言えません。まずは自分に合った摂取カロリーを知り、食事の内容を見直してください。生活習慣を整えながら無酸素運動と有酸素運動をバランス良く上手に取り入れて、短期間で理想のボディラインを手に入れましょう。

詳しく

ヨガの効果とは?美容とダイエット、健康維持に人気の理由を解説

スタジオやジムでも人気のヨガ。美容やダイエット、メンタル安定によいとされる、古くからインドで伝わる健康法です。ヨガはゆっくり動くので有酸素運動になり、代謝を上げて体脂肪を燃焼する効果が期待できます。自分の足や手で体を支えるので、筋肉も鍛えられます。また意識して呼吸するので、自律神経の働きが整い、ストレス解消や睡眠障害を軽減する効果も期待できます。ヨガのクラスはたくさんあります。スポーツジムなら、初心者でも気軽に体験しやすいでしょう。本格的なトレーニングを受けたインストラクターに習いたい場合は、ヨガスタジオがおすすめです。近くにヨガのレッスンがない場合は、自宅でDVDを見ながら練習するのもよいでしょう。

詳しく

顔痩せの方法は?フェイスラインすっきりの小顔になろう

丸顔の人や、太ると顔だけがぽっちゃりする人がいます。またエラが張っている人やむくみやすい人、スマホやパソコンの操作で下を見る姿勢が多い場合も要注意。顔が丸いと体も太っている印象を与えてしまうので、自分に合った顔痩せ方法をマスターして、フェイスラインすっきりの小顔になりましょう。フェイスラインやリンパを流すマッサージ、表情筋を動かすエクササイズも効果的です。また小顔ローラーなど器具の使用もおすすめ。セルフケアでなかなか顔痩せしない場合には、エステの小顔コースや美容整形外科の脂肪吸引、小顔施術も検討しましょう。

詳しく

骨盤矯正に効果的な方法は?チェック方法やおすすめストレッチを紹介

骨盤矯正は、服を着たまま左右の歪みやバランスをチェックするやり方や、オイルを使ってマッサージしながら骨盤周辺の筋肉やリンパに働きかける方法などがあります。自宅で自分でできる骨盤矯正ストレッチを行ってもいいでしょう。また、骨盤の歪みの原因になる生活習慣を改善することも大切です。産後のケアにも骨盤矯正はおすすめです。産後1〜2か月すれば施術を受けられます。骨盤矯正ができるのは、治療院や整体サロン、カイロプラクティックや整体院などさまざまあります。保険が効かないところもあるので、クーポンなど利用するといいでしょう。腕のいい整体師を見つけて骨盤の状態を整えてください。

詳しく

ぽっこりお腹の原因とは?生活面で気をつけたいことや解消法を紹介

ぽっこりお腹は、肥満の方だけではなく痩せている方にも見られます。ぽっこりお腹の原因は、姿勢が悪く骨盤が歪んでいる、食生活の乱れや運動不足、腸内環境が悪く便秘気味、お腹まわりの筋肉が衰え脂肪がつきやすくなっているなどが考えられます。整体などに通い、骨盤矯正などの施術をしてもらうのもおすすめです。自分でできる解消法として、食事バランスを整えたり適度な運動をしたりと生活習慣を整えながら、筋トレやストレッチを取り入れてみてください。腸内環境を整え、脂肪燃焼、筋力アップなど体の内側から綺麗になり、美しい体作りを目指しましょう。

詳しく

腹筋ベルトの効果的な使い方!EMSの基礎知識や商品の選び方について解説

腹筋ベルトとは、EMSと呼ばれる電気を用いた他動運動マシンです。最近ではダイエットや美容目的として広く使われていますが、医療現場では医療機器の承認を受けた特定の製品がリハビリアイテムとしても活躍しています。腹筋ベルトは実に多くの種類が販売されており、価格も仕様もピンキリです。商品を選ぶ際は、求める負荷にあった周波数やレベル調整の有無、部位に合ったサイズ、トレーニング場所に合った電極タイプをチェックするのがポイント。好みこそわかれますが、男性と女性で商品の選び方は変わりません。腹筋ベルトを多くの商品から比較したい方は、ネット通販を利用しましょう。効果的な使い方を参考に、腹筋ベルトを活用してください。

詳しく

部分痩せは不可能じゃない!効果的な筋トレや運動法を紹介

二の腕や、お腹、太もも、顔など部分的にもっと痩せたいと思う人は多くいます。部分痩せには、食事制限のダイエットよりも運動やエクササイズが効果的です。筋トレや引き締め、ストレッチ、有酸素運動やマッサージもおすすめ。食事はタンパク質や野菜などを意識して摂りましょう。水分補給も忘れずに。より高い効果を期待するなら、エステサロンの痩身コースや、美容外科または美容皮膚科の脂肪吸引を検討しましょう。トレーニングやエクササイズなどの努力の必要がなく、全身のバランスを考えながら、理想の細さを手に入れられます。カウンセリングを利用して詳しく相談するといいでしょう。

詳しく

置き換えダイエットを効果的に行うには?タイミング別のメリットまとめ

置き換えダイエットとは、1〜2食ほどをローカロリー食品に置き換えるダイエット方法です。甘味や食事、ドリンクタイプなどが市販されていて、ドラッグストアやネットショップで手軽に購入できます。置き換える食品はローカロリーに加え、栄養バランスが取れたものを選択しましょう。タンパク質を減らしすぎると基礎代謝量が落ち、食物繊維を減らしすぎると便秘になってしまってダイエットには逆効果です。朝・昼・夜とそれぞれのタイミングに置き換えるメリット・デメリットがあります。置き換えダイエットは自分の生活に合わせて行い、無理なく続けることが大切です。

詳しく

産後ダイエット*体型を戻すのに効果的な方法は?

出産後の体型戻しは、ママにとっての大きな課題の一つ。なるべく早く元の体型に戻したいものですよね。とはいえ、出産後は、いままでのただ単に太ってしまった時とは違っており、ただ体重を落としただけでは元の体型に戻ることはできません。しかも、出産後の体は非常にデリケートなうえ、大変な育児も付いて周るのでただ食事制限をするような方法では、体を壊してしまいます。では、どうすれば産後ダイエットが成功するのでしょう?またいつから産後ダイエットを始めればよいのかも気になるところですね。 そこで今回は、産後ダイエットについて、体型を戻すのに効果的な方法や産後ダイエットをスタートするすると良いのかなどをまとめて紹介します。

詳しく

デスクワークのむくみを解消するには?効果的な方法を紹介

デスクワークで、浮腫みに悩まされている人は多いかと思います。特にデスクワークでの浮腫みで気になるのが下半身の浮腫みではないでしょうか?目に見えて浮腫んでいる人はもちろんのこと、見た目ではよくわかっていなくても足が重く感じたりだるく感じたりしていませんか?浮腫みは、見た目が太く、美しくないだけでなく健康面でもマイナス。毒素が体にたまった状態になってしまいます。そんなデスクワークによる憎い浮腫みは、何とかして解消したいものですね。仕事が終わってからマッサージやエステなどに駆け込むのも一つかもしれませんが、ちょっとした工夫で自分で浮腫みを解消することができますよ。 今回は、デスクワークの浮腫みを解消する効果的な方法を紹介します。

詳しく

コルセットダイエットの注意点とやり方は?

コルセットを用いてウエストのサイズダウンを目指す「コルセットダイエット」がSNSで話題となっていますが、間違ったやり方をすると逆に腰を痛めてしまったりするので注意が必要です。肋骨は簡単に動くため、広がりきった肋骨をコルセットでギュッと締め、固定させることで着用時にウエストが細くなるという仕組みです。また、ウエスト周りについた脂肪を胸やお尻に移動させるため、美しくくびれて見えることが期待されます。インスタグラムにはたくさんの画像が上がっているなど実践者多数のボディメイク法ですが、その詳細について調べてみました。

詳しく

スリミングジェルのおすすめ15選*人気商品を比較

スリミングジェルとはその名の通り、腕や足、お腹やお尻など気になる部分に塗ってマッサージすることでボディラインを整えることができるアイテムです。部分的に気になる箇所があるけれど、エクササイズをする時間はないなんて方には特におすすめです。マッサージをすることでリラックス効果も得られるので一石二鳥です。 そこで今回はスリミングジェルについてまとめてみたいと思います。スリミングジェルの効果的な使い方、おすすめのスリミングジェルなど盛りだくさんの内容でご紹介します。忙しい自分へのご褒美としてぜひスリミングジェルを試してみてください。

詳しく

酵素ドリンクはダイエット中におすすめ!人気商品15選

最近注目されている「酵素ドリンク」をご存じでしょうか?さまざまな可能性を秘めた健康ドリンクとして話題となり、今では多くの種類が販売されています。酵素はダイエットにも中にもおすすめ。腹持ちもよく、置き換えダイエットやファスティングダイエットにも多く選ばれています。しかし種類も豊富にあるため、どれを選んだらいいのかわからない!という人も多いでしょう。 そこで今回はダイエット中におすすめの酵素ドリンクをピックアップしてまとめました。紹介するのはいろいろな野菜や果物から抽出したエキスがたっぷり詰まったものばかり。美容にも最適です。酵素ドリンク選びに悩んだら、ぜひ参考にしてくださいね。

詳しく

中性脂肪を下げたい方におすすめのサプリ*人気商品を比較

外食が多かったり、食生活が偏りがちになると気になるのが中性脂肪の数値。とくに肉中心になりがちな現代の食生活では、中性脂肪も高くなる傾向にあります。そこでおすすめしたいのが、中性脂肪を下げる効果のあるサプリを取り入れること。効率よく有効成分を摂取して、中性脂肪や血の巡りなどもケアしていくことができます。 今回紹介するのはリーズナブルな価格のものがほとんどで、気軽に毎日の食生活に取り入れていくことができます。ご家族の健康管理にも役立つので、家族みんなで飲めるものを購入するのもおすすめ。早速チェックしてみましょう。

ピックアップ記事

運営会社