ほくろ除去のおすすめクリニック11選*イボ・ほくろ取りで人気の美容外科を紹介

ほくろ除去のおすすめクリニック11選*イボ・ほくろ取りで人気の美容外科を紹介

更新日: 2022年6月17日

ほくろはその人の個性ともいえますが、大きいものだとやはり気になる人もいるのではないでしょうか。顔にできていたらなおさらかもしれません。大きなものだとメイクでカバーするのも難しく、根本から取り除くことも選択肢に入ってきます。
そんな時におすすめなのが美容外科クリニックで除去してもらうこと。ほくろ除去には、大きく分けてレーザー治療と外科手術があります。それぞれに特徴があり、ほくろの状況によって、どちらが適しているかが決まってきます。
そこで今回は、ほくろ除去のおすすめ美容外科クリニックをピックアップして紹介していきましょう。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ほくろの種類

ほくろは、正式には「母斑細胞(ぼはんさいぼう)」といい、メラニン色素を作る「メラノサイト」という細胞が変化したもの。生まれつきのものもあれば、成長するにつれて出てくるものもあります。そしてほくろは、「メラノーマ」と呼ばれる悪性の皮膚がんの場合も考えられます。気になる場合はまず医師に診察してもらうことをおすすめします。

ほくろ除去の方法は?

ほくろの除去の方法は、大きく分けると、レーザー治療と外科手術の2種類があります。前者は炭酸ガスレーザーや電気メスなどで除去する施術。切開をともなわないので皮膚への負担が少なく、治療跡も目立ちません。後者は大きなほくろの場合に有効。また皮膚の深いとこころまであるようなほくろも、外科手術で切り取ることになります。

ほくろ除去クリニックの選び方

ほくろの除去をする場合は、美容外科のほかに一般の皮膚科でも可能です。そして美容目的の場合は自由診療となりますが、保健が適用される場合もあります。それはほくろに機能的な問題がある場合。たとえば、洗顔する時に引っかかる、まぶたにあって視野を妨げることなどが当てはまります。まずは診察を受けて、どちらの場合になるのか確認してもらうのがいいでしょう。

ほくろ除去のおすすめクリニック11選*イボ・ほくろ取りで人気の美容外科を紹介

品川美容外科 渋谷院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、1番目は「品川美容外科 渋谷院」です。
品川美容外科は日本形成外科学会や日本美容外科学会、日本レーザー医学会などさまざまな分野の会員・専門医が在籍しています。ほくろ除去はその大きさや種類に応じて、複数の機器から合ったものを選べます。どの施術方法も短時間で完了し、跡が残りにくいのもポイントです。費用は炭酸ガスを使用するレーザーで直径1mm5,250円(非会員価格)、皮膚組織の凝固を主目的とするレーザーで直径3mm5,190円(非会員価格)などとなっています。(2022年4月26日現在)

診療時間 10:00〜20:00(完全予約制)
電話番号 0120-175-600
住所 東京都渋谷区道玄坂2-3-2 大外ビル4F
アクセス JR渋谷駅からの道順
JR渋谷駅のハチ公改札を出て、渋谷マークシティ側のスクランブル交差点を渡った正面のビル(大外ビル)の4Fとなります。大きな品川スキンクリニックの看板を目印にしてください。
公式サイト https://www.shinagawa.com/

品川美容外科 渋谷院

東京都渋谷区道玄坂2-3-2大外ビル4F
0120-175-600
10:00~20:00
JR「渋谷駅」徒歩1分

TCB東京中央美容外科 池袋西口院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、2番目は「TCB東京中央美容外科 池袋西口院」です。
医療の第一線で活躍した心臓血管外科医や経験豊富な美容外科医など、さまざまな分野のプロフェッショナルが多数そろっているクリニック。美容初心者でもトライしやすい気軽な美容メニューがそろっているのも強みです。ほくろ除去はその大きさや位置などに対応できるよう、メスでの切開や電気メスでのくりぬき、レーザー治療などを用意。費用は電気メスは2mm以下4,980円、レーザー除去は1mm以下4,980円です。場合によっては複数回通う必要もありますが、治療後はほとんど跡が残りません。(2022年4月26日現在)

診療時間 10:00〜19:00
休診日 不定休
電話番号 0120-86-7000
住所 東京都豊島区西池袋5―1―3メトロシティ西池袋ビル3F
アクセス ■池袋駅地上からのルート
に地口地上出口を出ると前方にある交差点をビックカメラ方面へ渡ります。しばらく進み、マルイ前の交差点を横断しさらに進みます。池袋二又交番前の交差点が横断し、少し進むとメトロシティビルが見えてくるので、そのビルの3階です。東京メトロの看板が目印です。
公式サイト https://aoki-tsuyoshi.com/

■目元・二重
●プラン例
◇二重まぶた埋没法 ¥29,800〜
◇二重まぶた切開法 ¥83,600〜
◇目頭切開 スタンダード ¥83,600〜
◇目尻切開 スタンダード ¥83,600〜
※料金はすべて税込みです

TCB東京中央美容外科 池袋西口院

東京都豊島区西池袋5-1-3メトロシティ西池袋ビル 3F
0120-86-7000
10:00~19:00
不定休
JR「池袋駅」徒歩5分

品川スキンクリニック 品川本院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、3番目は「品川スキンクリニック 品川本院」です。
品川美容外科のグループクリニック。公式ホームページには施術項目ごとに保証内容を明記し、患者の不安軽減に努めています。ほくろ除去にはレーザー、電気メス、切開の3種類を用意。中でもレーザーによる除去は炭酸ガスを使用したレーザーと皮膚組織の凝固を主目的とするレーザーの2種類があり、大きなホクロや赤いホクロ、根が深いホクロなどそのタイプによって選ぶことができます。費用は炭酸ガスを使用したレーザーは直径1mm5,250円(非会員価格)、皮膚組織の凝固を主目的とするレーザーは直径3mm5,190円(非会員価格)など。(2022年4「月26日現在)

品川スキンクリニック 品川本院

東京都港区港南2-5-3 オリックス品川ビル6F
0120-786-300
10:00~20:00
JR品川駅 「港南口」徒歩約3分

東京美容外科 赤坂院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、4番目は「東京美容外科 赤坂院」です。
整形・美容大国として知られる韓国の人気クリニック「ザ・プラス美容外科」と提携し、常に新しい技術を導入できるよう努めているクリニック。施術は美容外科医として10年以上の実績があるか、形成外科学会認定の医師のみが担当しています。ほくろ除去にはその大きさや深さによって、電気メスと切開を使い分けて施術。大きなホクロには切開による除去が有効です。費用はアブレーション 1mmごと1回5,500円、切開縫合1mm事1回8,800円。また一回の治療で除去できるので気軽に相談できるのもポイントです。(2022年4月26日現在)

診療時間 10:00〜19:00(完全予約制)
休診日 年中無休
電話番号 0120-658-958
住所 東京都港区赤坂6―6―3 2F美容外科・3F審美歯科
アクセス 東京先進医療クリニック(東京美容外科 赤坂院)のアクセス方法
「千代田線 赤坂駅」一ツ木通り方面改札を出ます。
出口5bへ向かいます。駅を出たら左手の道を右折。
道なりに進み、前方に看板が見えてきます。
そのビルの2・3階が「東京美容外科 赤坂院」です。

東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」からお越しの方
東京メトロ千代田線「赤坂駅」からのお越しの方
東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」からお越しの方
赤坂方面改札を出ます。出口7へ向かいます。
地上に出ました。駅を出たら右手の道を右折道なりに進みます。
右手に山王日枝神社があります。
信号を渡って左折します
道なりに直進します。
信号を直進します。
右手に赤坂駅があります。
信号を渡って左折します。
道沿いを直進します。
道なりに進むと前方に看板が見えてきます。
そのビルの2・3階が「東京美容外科 赤坂院」です。

東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」からお越しの方
東京メトロ千代田線「赤坂駅」からのお越しの方
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王駅」からお越しの方
赤坂見附方面改札を出ます。出口10へ向かいます。
道なりに進みます。正面に丸ノ内線・銀座線の改札。
出口10へ。駅を左側に出て右折します。
道なりに直進します。左手に日枝神社があります。
信号を右折します。道なりに直進します。
信号を直進します。右手に赤坂駅があります。
信号を渡って左折します。道沿いを直進します。
道なりに進みます前方に看板が見えてきます。
そのビルの2・3階が「東京美容外科 赤坂院」です。
公式サイト https://www.tkc110.jp/

■目元・二重
●プラン例
◇埋没二重 片目1点留め 46,200円
◇埋没二重 両目1点留め 77,000円
◇埋没二重 片目2点留め 85,800円
◇埋没二重 両目2点留め 143,000円
◇マイクロカット切開法 片目 220,000円
◇マイクロカット切開法 両目 275,000円
◇全切開法スタンダード 片目 231,000円
◇全切開法スタンダード 両目 385,000円
※料金はすべて税込みです


東京美容外科 赤坂院

東京都港区赤坂6-6-3 2F美容外科・3F審美歯科
0120-658-958
10:00~19:00
地下鉄「赤坂駅」徒歩3分

表参道スキンクリニック 表参道院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、5番目は「表参道スキンクリニック 表参道院」です。
表参道スキンクリニック 表参道院は、アフターフォローに力を入れているのがポイント。本来ならケアが必要ないような施術であっても、定期検診を行なってサポートしてくれます。ほくろの除去では、最新レーザー、電気メス、切除術と幅広施術で対応。費用は最新レーザーでのホクロ取りは1×1cm 7,700円。レーザー治療の場合、ダウンタイムが少なく済みます。(2022年4月26日現在)

診療時間 月、火、木11:00~20:00 金、土11:00~19:00 日、祝10:30~18:00
休診日 水曜日
電話番号 0120-334-270
住所 東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4F
公式サイト https://omotesando-skin.jp/

表参道スキンクリニック 表参道院

東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4F
0120-334-270
月、火、木11:00~20:00 金、土11:00~19:00 日、祝10:30~18:00
水曜日
地下鉄「明治神宮前駅」徒歩5分

シロノクリニック恵比寿

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、6番目は「シロノクリニック恵比寿」です。
シロノクリニック恵比寿の特徴は、レーザー治療とエイジングケアを専門としているところ。そのため多様なレーザー機器を用意して、女性の肌の悩みに対応しています。そしてほくろ除去にもレーザーを使用。主力機は炭酸ガスを使用したレーザーで、複数のレーザーも併用しています。費用は直径1mm以内11,000円、直径1~2mm以内22,000円。こちらでは5年間保証があるので、期間内に再発した場合は無料で再施術が受けられます。(2022年4月26日現在)

住所 東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
公式サイト https://www.shirono.net/

シロノクリニック恵比寿

東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
0120-11-4422
月~土9:00~19:00、日9:00~18:00
JR「恵比寿駅」徒歩8分

ジョウクリニック 銀座院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、7番目は「ジョウクリニック 銀座院」です。
ジョウクリニック 銀座院は、一人一人に合った治療法を提案してくれるクリニック。そのためカウンセリングにも十分な時間をとり、オーダーメイドな治療を組み立ててくれます。ほくろ除去では、周波焼灼術などで施術。高周波電気治療器を使用するのがポイントで、熟練の医師が周囲の組織を傷つけず、ほくろだけを除去するので、傷跡を最小限に抑えるのが特徴。費用は周波焼灼術1mm 6,600円、切除法1mm 6,600円です。(2022年4月26日現在)

診療時間 10:00〜19:00
休診日 木曜日
電話番号 03-6263-8457
住所 東京都中央区銀座8-11-3 銀座露木ビル7F、8F
アクセス JR「新橋駅」徒歩5分
公式サイト https://www.joeclinic.jp/

ジョウクリニック 銀座院

東京都中央区 銀座8-11-3 銀座露木ビル7F・8F
03-6263-8457
10:00~19:00
定休日:木曜日
JR「新橋駅」徒歩5分

メディアージュクリニック 青山院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、8番目は「メディアージュクリニック 青山院」です。
メディアージュクリニック 青山院は、年中無休で診療を行なっているのがポイント。平日は仕事で時間をつくれない人でも、土曜・日曜を利用して通うことができます。ほくろ除去には、レーザー、電気メスを使用。レーザーは、小さなほくろなら5分程度で終了します。大きめの場合は無理せず複数回に分けて施術して、可能な限り傷跡が残らないように配慮してくれます。費用は直径2mm未満5,500円です。(2022年4月26日現在)

住所 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
公式サイト https://mediage.co.jp/

メディアージュクリニック 青山院

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山7F
0120-017-768
11:00~20:00
定休日:なし
地下鉄「表参道駅」徒歩2分

ルラ美容クリニック 新宿院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、9番目は「ルラ美容クリニック 新宿院」です。
ルラ美容クリニック 新宿院は、院内環境にもこだわっているのがポイント。ホワイトを基調とした院内は明るい雰囲気で、壁にデザインされた花がアクセントになっています。ほくろ除去は高周波の電気メスを使って行ないます。できる限り傷跡をの残さす仕上げることにこだわっているので、術後の見た目の美しさを重視する人にはおすすめ。費用は1mm2,200円、10mm22,000円、取り放題100,000円となっています。(2022年4月26日現在)

診療時間 10:00~19:00
休診日 不定休
電話番号 03-6258-1444
住所 東京都新宿区西新宿1-18-5 甲新ビル6F
公式サイト https://www.lula-beauty.jp/

ルラ美容クリニック 新宿院

東京都新宿区西新宿1-18-5 甲新ビル6F
03-6258-1444
10:00~19:00
不定休
JR「新宿駅」徒歩3分

ヴェリテクリニック 東京銀座院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、10番目は「ヴェリテクリニック 東京銀座院」です。
ヴェリテクリニック 銀座院は、カウンセリングを重視しています。しっかり事実を伝えることに重点を置き、施術のメリットだけでなく、リスクや限界についても説明してくれるので安心感があります。ほくろ除去の施術は、炭酸ガスレーザーと外科手術の2種類。ほくろが小さい場合は炭酸ガスレーザー、大きい場合は外科手術と使い分けるので、効率的な治療が可能です。費用は外科手術が1~3mmまで22,000円、レーザー切除は1~3mmまで11,000円。(2022年4月26日現在)

診療時間 10:00〜19:00
電話番号 0120-883-250
住所 東京都中央区銀座2-6-12大倉本館5階
アクセス 地下鉄「銀座一丁目駅」徒歩1分
公式サイト https://www.veriteclinic.or.jp/

■目元・二重
●プラン例
◇埋没法 52,800円〜
◇全切開法 330,000円
◇目頭切開術 27,5000円
◇目尻切開術 30,8000円
※オンラインカウンセリングは予約料が1,100円かかります
※料金はすべて税込みです


ヴェリテクリニック 東京銀座院

東京都中央区銀座2-6-12 大倉本館5F
0120-883-250
10:00~19:00
地下鉄「銀座一丁目駅」徒歩1分

オラクル美容皮膚科 東京新宿院

ほくろ除去のおすすめクリニック11選で紹介する、11番目は「オラクル美容皮膚科 東京新宿院」です。
オラクル美容皮膚科は、美容先進国である韓国に拠点を置くクリニック。アジア各国にも進出しており、日本には新宿と名古屋にあります。ほくろ除去では、炭酸ガスレーザーを使用して施術を行ないます。電気メスなどを使う手法に比べて、傷口の治りが早いのが特徴。大きめのほくろは数回に分けて施術し、できるだけ傷跡が残らないようにしてくれるのもポイント。
費用はレーザーで1~3mmまで11,000円、3.1mm以上は22,000円で1mmUPごとに11,000円となります。(2022年4月26日現在)

オラクル美容皮膚科 東京新宿院

東京都新宿区新宿3-19-4MLJ新宿8F
0120-905-696
月~金11:00~20:00、 土日祝10:00~19:00
不定休
JR「新宿駅」徒歩3分

まとめ

ほくろはその人のチャームポイントになることもありますが、顔に大きなものがあると、逆にコンプレックスになる場合も。そんな時は美容外科クリニックで除去してもらうのがおすすめ。治療法にはレーザー治療もあり、施術後には跡もほとんど残りません。ほくろが気になっている人は、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

美容整形に関連する記事

ユーザーさんの「キレイになりたい!」を応援するため、美容医療の業界について日々研究しています。

◆ 保有資格

薬事法管理者、YMAAマーク(薬機法・医療法適法広告取扱個人認証)

運営会社