広告

フォトウェディングの費用がさらに安くなる!みんなの節約方法を紹介

フォトウェディングの費用がさらに安くなる!みんなの節約方法を紹介

更新日: 2021年11月25日

価値観の多様化が進む昨今、結婚式に多額の費用をかけずに、新婚旅行や結婚後の生活のためにお金を有効に使いたいというカップルが増えています。しかし、憧れのウェディングドレスは着たい、記念に写真を残したいという方も多いでしょう。そのような希望を叶えてくれるのが「フォトウェディング」です。「フォト婚」や「写真だけの結婚式」とも呼ばれています。おしゃれな雰囲気の撮影スタジオや二人の思い出の場所、あるいは人気のロケーションなどでの撮影が可能です。また、新婚旅行先のヨーロッパやハワイ、グアムなどの海外で写真撮影を楽しむこともできます。両親や義両親と一緒の撮影プランなどもあるため、プチ結婚式に合わせて撮影すればお祝いムードも高まるでしょう。フォトウェディングで、ぜひ記念に残る自分たちらしい素敵な写真を撮影しましょう。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

派手婚には興味なし!話題のフォトウェディングとは?

フォトウェディングとは、結婚式のようにウェディングドレスとタキシード、和装などの婚礼衣装を着て結婚写真の撮影をすることです。ただし、結婚式や結婚披露宴の前に行う前撮りとは意味合いが異なります。フォトウェディングは、結婚式場やホテルなどでの結婚披露宴を行う代わりに、ウェディング衣装を着てプロのカメラマンに記念撮影をしてもらうものです。写真館や結婚式場などで「フォトウェディングプラン」や「フォト婚プラン」として、衣装一式レンタル、ヘアメイク、着付け、撮影などをすべて行ってもらえます。

フォトウェディングの人気の理由は?

盛大な結婚披露宴を行うよりも、アットホームな結婚式を選ぶカップルが増えています。入籍だけ、挙式だけ、など結婚のスタイルはさまざまです。しかし、まったく何もないのではあまりにも寂しい、衣装を着て記念に写真を残しておきたい、というカップルが増えたのがフォトウェディング人気の理由のひとつです。披露宴のために長い期間を準備や打ち合わせに費やすこともありません。親族参加の挙式もセットプランに含まれているところもあるため、特に準備も必要なく、リーズナブルにプチ結婚式ができる点も人気です。

フォトウェディングに向いているカップルは?

結婚式をする予定がない、結婚式をする予算がない、結婚式にお金をかけず他のことに回したいというカップルは、結婚の記念として形に残せるフォトウェディングが向いています。事情のあるカップルや、結婚式を挙げていない既婚夫婦にもおすすめです。今は実感がなくても、あとになってから「結婚したのだからやはりウェディングドレスは着ておけばよかった」と思う女性もいるようです。フォトウェディングならイメージフォトのようなおしゃれな写真に仕上げてくれるため、かしこまった写真が苦手という人にもぴったりです。

スタジオ撮影とロケーション撮影の違い

フォトウェディングのでのスタジオ撮影とは、写真スタジオや結婚式場にあるスタジオで写真を撮影することです。スタジオの規模はさまざまで、趣向を凝らした豪華なセットや挙式場のあるスタジオ、シンプルなスタジオ、庭での撮影ができるところなど業者により異なります。一方、ロケーション撮影は緑の多い公園や海辺、思い出の地、同級生なら卒業した学校など、希望の場所でカメラマンが同行して撮影してくれます。撮影場所により、入場料や撮影料金などが加算される場合があります。業者によっては海外のフォトウェディングを扱う業者もあり、イタリアやスペインなどヨーロッパの人気都市のほか、グアムやシンガポールなどの比較的リーズナブルなプランも用意しているところがあります。

フォトウェディングにかかる費用は?相場はどれぐらい?

フォトウェディングの費用は、プランの内容により異なります。また、スタジオ撮影とロケーション撮影でも料金差が生じます。基本のプランに含まれるものは、撮影料や設備費、衣装一式、着付けやヘアメイク、画像データ、アルバムなどです。写真の希望枚数によっても変わりますし、何パターンもの衣装を着回せばさらに高くなることもあります。フォトウェディングを利用したカップルが実際にかけた費用の価格帯は、数万円から15万円以上です。15万円以上かけているカップルも多いですが、5万から10万円に収めているカップルが10組中3組程度。5万円未満が10組中1組以上います。平均の相場は不明ですが、傾向としては数万円から20万円以内で行えると考えてよいでしょう。工夫すれば低予算でフォトウェディングができそうです。

広告

フォトウェディングの費用を安くするコツ

フォトウェディングは、本格的な結婚式と披露宴を行うことを考えれば費用はかなりリーズナブルに抑えられます。その分、両家の身内や親族を招いてお礼とお披露目を兼ねた食事会を開催するカップルもいるようです。一般的にフォトウェディングは「安価でできるもの」と認識されていますが、工夫次第ではさらに安くお得になる可能性があります。以下に、安くなるポイントを紹介します。

キャンペーンや割引のある業者や低価格の業者を選ぶ

フォトウェディングは全般的に低価格ではありますが、業者のプラン内容により価格差があります。多数のサービスを詰め込んだプランや、基本料金が決まっていてオプションで追加するものなど、サービス内容にも着目する必要があります。早期予約キャンペーンや平日割引、友達紹介特典などをうまく利用できればさらにお得になります。

混み合う休日を避けて平日に撮影する

写真館ではフォトウェディング以外にも一般の七五三や成人式の前撮り、証明写真や家族写真などの多岐にわたる撮影を行っていることも多いものです。一般の休日である土日はさまざまな撮影の予約が入り、平日は予約の空きがあることが多い傾向にあります。「平日お得プラン」や「平日割引」などがある場合や、反対に休日は割増料金としているところもあるようです。少しでも費用を安くしたいと考えているなら平日の撮影がおすすめです。

和装よりは洋装のほうがコストがかからない

京都などでのロケーション撮影は、和装がよく似合います。他にも、日本庭園などで新郎新婦の和装で写真を残したいカップルもいるでしょう。和装は着付け小物や装飾小物など必要なものの数が多く、着付けにも時間がかかります。業者にもよりますが、和装の着付け料金が加算されたり、レンタルできない小物は自分で購入して揃えたりする必要があります。ウェディングドレスよりも費用がかさむのが一般的です。親の強い希望や、よほどのこだわりがなければ、洋装にしたほうが安く済みます。

スタジオ撮影ならリーズナブル

ロケーション撮影は、スタジオ撮影より費用が高くなるケースがほとんど。カメラマンの移動を含めたこだわ束時間が長くなり、出張料金や交通費などが加算されるためです。外での撮影のためレンタルドレスのクリーニング代が上乗せされている場合があり、その分プラン料金も高く設定しているケースがあります。また、ロケーション撮影専用のウェディングドレスやカラードレスを指定される場合もあります。天候不順で予約していた日の撮影ができない場合の追加料金発生のリスクも考えておいたほうがいいでしょう。スタジオ撮影なら天候を気にすることもなく、費用も安く抑えられます。

持ち込みOKなものは自分で準備する

アクセサリーや撮影用の小物を自分のもので撮影したい場合や、外部の業者でウェディングドレスをレンタルする場合などの取り決めについて事前に確認しておきましょう。別途持ち込み料がかかることがあるためです。アクセサリーのレンタル料や、撮影小物使用料が別枠になっている場合は、持ち込み料が不要な場合が多いため出費を抑えられるでしょう。フォトプロップやガーランドなどを手作りして持ち込めば、自分たちらしいオリジナリティあふれた写真が撮れますよ。

撮影データだけを買い取りアルバムは自作する

写真を撮影した後は、きれいな装飾のあるアルバムにまとめてくれたり、パネルにしてくれたり、ポストカードにしたりなどのさまざまなメニューがあります。実際の見本を見るとどれも素敵で写真がひときわ映えるので、どれを選んだらよいか迷う方もいるでしょう。しかし、費用をできるだけ抑えたい場合は、データの買い取りがおすすめ。画像データならテレビの大画面やパソコンで大きくして自由に見られますし、親族や友人に送ることもできます。自分で印刷してフォトブックを自作するのもよいですし、カメラ店やプリントショップなどで、きれいに印刷してもらったりフォトブックを作ってもらったりすることも可能です。

フォトウェディングは費用を抑えることも可能!思い出に残る1枚を

フォトウェディングを行っている写真スタジオは数多くあるため、どこを選んでよいかわかりませんよね。気になる費用をチェックするのはもちろん、見本の写真を見て選ぶこともお忘れなく。どのような雰囲気で撮影しているか、自分たちの個性に合った写真が撮れそうか判断する材料になりますよ。最安ばかりに目を向けず、気に入った業者でさらに費用が抑えられるよう工夫できるといいですね。

結婚に関連する記事

広告

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社