クレジットカードの選び方を徹底解説!比較ポイントを紹介

クレジットカードの選び方を徹底解説!比較ポイントを紹介

クレジットカードの選び方は、クレジットカードのブランドだけに注目するのではなく、クレジットカード発行会社にも目を向けることが大切です。銀行系、交通系、信販系などさまざまなクレジットカード発行会社が、審査や発行などの手続きを行っています。クレジットカードを選ぶときは、発行会社のそれぞれの特徴を知り、自分にあったカードを知るようにしましょう。また、クレジットカードは持ち主の年齢によって特典や審査の通りやすさが変わります。特に、学生向けのクレジットカードは、親の支払い能力が加味されて、審査に通りやすい傾向があります。年齢やライフスタイルなど、自分の属性にあったクレジットカードを選びましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

クレジットカードを選ぶときに注目する比較ポイント

クレジットカードを選ぶときに注目する比較ポイントには、さまざまなものがあります。還元率の高さや、付帯するサービスの充実度、オートチャージ機能などライフスタイルや価値観によって、選ぶクレジットカードは変わってきます。それぞれの注目ポイントをくわしく解説していきます。特徴やメリットデメリットを比較しながら、自分に合ったクレジットカードを選びましょう。

付帯サービスや特典を重視

クレジットカードには、優待やお得なサービスを受けられるものがあります。クレジットカード会社により、付帯サービスの内容もさまざま。海外旅行や出張で飛行機を利用する機会が多い方は、空港ラウンジ利用や手荷物利用が無料で利用できる付帯特典や、海外旅行傷害保険や海外旅行保険がついたクレジットカードを選ぶようにしましょう。総合スーパーや百貨店が発行しているクレジットカードには、系列店舗の優待サービスを受けたり、ラウンジを利用したりできるサービスが付帯しています。また、系列店を利用した場合のポイント還元率も高めに設定されています。

年会費やポイント還元率を重視

クレジットカードには、年会費がかかるものと無料で利用できるものがあります。同じカード発行会社のものでも、年会費の有無によりポイント還元率や特典が異なります。ポイント還元率の高さも、カードを選ぶ条件のひとつです。ポイント還元率が高いカードを選べば、効率よくポイントが貯められるでしょう。

パスモやスイカなどのオートチャージ機能を重視

鉄道やバスを頻繁に利用する方は、パスモやスイカなど交通系ICカードのオートチャージ機能がついたクレジットカードがおすすめです。鉄道系会社が発行しているクレジットカードなら、定期券と一体型カードの発行も可能。交通系ICカードの残高が一定額以下になると自動でチャージされるので、券売機に並ぶ手間や残高不足の心配がありません。定期購入やオートチャージで得たポイントで切符が購入できるので、交通費の節約にもなるでしょう。

ポイントの利用しやすさを重視

クレジットカードのポイントがたまっても、利用する機会がなければ宝の持ち腐れです。たまったポイントがどのような場面で利用できるかも確認しておきましょう。海外旅行の頻度が高い方なら、ポイントをマイルに交換できるサービスがあるクレジットカードがおすすめです。百貨店系や総合スーパー系のクレジットカードなら、系列店で利用できるお買いもの券に交換したり、ポイントをそのまま買い物に利用したりできます。クレジットカードのポイントは、有効期限が決められているものもあります。ポイントを失効させないように注意しましょう。

クレジットカードの選び方

クレジットカードの選び方は、クレジットカードの発行会社で選ぶ方法、国際ブランドで選ぶ方法、使用シーンで選ぶ方法の3つの方法があります。それぞれの選び方をくわしくみていきましょう。

クレジット発行会社で選ぶ

クレジットカードを発行している会社は、カードを選ぶ際の1つのチェックポイントです。国内には、100以上のクレジットカード会社があります。カード発行会社により、オンラインや電話サポートの充実度が異なります。セキュリティの安全を重視するなら、サポートも充実している大手カード発行会社を選ぶと安心でしょう。一方、中小カード会社は、大手にはない充実したサービスが魅力です。

国際ブランドで選ぶ

クレジットカードの国際ブランドとは、決済ネットワークのブランドのことを示します。取扱いのある加盟店なら、国内外での利用が可能です。現在、クレジットカードの国際ブランドは7つ。国内のクレジットカードは、原則1枚につき1つのブランドがつきます。加盟店が多いもの、海外でも利用できるもの、日本人向けのサービスが充実しているものなど、それぞれに特徴があります。

クレジットカードを使うシーンで選ぶ

クレジットカードをライフスタイルにあわせて選ぶ方法もおすすめです。どのような場面や場所でクレジットカードをよく利用するのかを考えて、メインのクレジットカードを選びましょう。

チャートで選ぶおすすめのクレジットカード

クレジットカードの選び方に迷ったら、ネットで簡単にできる診断チャートを利用してみましょう。診断チャートは、いくつかの質問に答えるものや、2つの選択肢からどちらかを選んでいくものなどさまざま。クレジットカード診断を行って、クレジットカード選びの参考にしましょう。

世代別おすすめのクレジットカードの選び方

クレジットカードが作成できるのは、多くのクレジットカード会社で18歳以上と定めています。年齢や職業により、クレジットカードの選び方は異なります。学生、20代前半と後半、30代以降にわけて選び方をお伝えします。

学生の選び方その1:年会費無料など優遇されているものを選ぶ

18歳以上であれば、学生や専門学生などの学生もクレジットカードの発行が可能です。多くのクレジットカード会社で、学生向けのカードを発行しています。限度額が、10万円から50万円と一般のクレジットカードよりも低く設定されていたり、キャッシング枠がなかったりと制限はありますが、その分、お得な面もあります。学生向けのカードは、年会費無料のものやポイントが2倍になるものなどを選ぶようにしましょう。また、卒業旅行や留学で海外に出ることも多い学生にむけて、海外旅行保険が付帯しているものや、海外でのショッピングにキャッシュバックがあるものも発行されています。

学生の選び方その2:社会人になると契約が難しいクレカを先に作っておく

クレジットカードを作成する場合は、申込みに一定の収入、勤続年数が必要なものもあります。一方、学生時代なら収入がなくてもクレジットカードの作成が可能です。銀行系のクレジットカードは、社会人になったら審査が厳しくなります。あとで作ろうと思っても、社会人になってからは審査に通らない可能性も。学生のうちに銀行系のクレジットカードを作成しておきましょう。社会人になっても利用できる銀行系カードは、自動的に一般用のクレジットカードに移行が可能なものがおすすめです。

20代は前半と後半で選び方が異なる

20代は、将来の顧客になってくれる可能性が高いことから、クレジットカードが作成しやすい年齢といわれています。クレジットカード会社の中には、発行できる年齢を制18歳以上25歳以下に設定しているカードを発行しているところもあります。そのため、同じ20代でも、クレジットカードの選び方は25歳未満と25歳以上で異なります。

20代前半がクレカを選ぶポイント

20代前半は、25歳まで発行が可能なクレジットカードを選ぶようにしましょう。学生向けに作られているカードが多く、一般のカードにはない特典があったり、年会費が無料だったりとお得に利用できます。また、将来ゴールドカードを持ちたいと考えているなら、26歳になると自動的に20代限定のゴールドカードに移行できるクレジットカードもおすすめです。

20代後半がクレカを選ぶポイント

20代後半でのクレジットカードの選び方は、ステータス性を優先するか、お得度や作りやすさを優先するかで異なります。クレジットヒストリーがみがけている場合は、ゴールドカードも視野に入る時期。ステータスを優先するなら、30代になるとゴールドカードに移行できるものや20代限定のゴールドカードを選ぶようにしましょう。お得にクレジットカードを利用したいなら、年会費が無料でポイント還元率の高い信販系のクレジットカードがおすすめです。

30代以降がクレカを選ぶポイント

30代では、どこでも利用が可能なステータス性を重要視した選び方が大切です。ステータスの高いカードは社会的地位の高さを示すもの。ステータスの高いカードを持っていると、それだけ信頼度もあがります。会食や接待が多い方は、スマートな支払いができるよう限度額の高いゴールドカードを選びましょう。

クレジットカードの選び方を知って、自分に合ったカードを持とう

クレジットカードは、何を重視するかによって選び方が変わってきます。付帯サービスやポイント還元率で選ぶ場合もあれば、クレジット発行会社やブランドが選ぶ基準になる場合もあるでしょう。自分のライフスタイルを加味しながら、クレジットカードを選びましょう。

ピックアップ記事

運営会社