チャタテムシの駆除方法や発生を防ぐための対策方法を徹底調査!

チャタテムシの駆除方法や発生を防ぐための対策方法を徹底調査!

チャタテムシは、湿気とカビを好む体長1mm程の小さな虫です。人間に害を及ぼす虫ではありませんが、チャタテムシはダニの繁殖を促すため、アレルギーの一因となる可能性も。繁殖力が高く、あっという間に大量発生してしまうことがあるので注意が必要です。チャタテムシの繁殖を防ぐには、とにかく室内の湿度を下げてカビの発生を防ぐことが重要。また、チャタテムシが好む段ボールなどを家の中に長期間放置しないように心がけましょう。チャタテムシが発生してしまったら、粘着シートで除去したり、専用の薬剤を利用したりするのが効果的です。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

チャタテムシとはどんな虫?

チャタテムシは、体長約1mmの非常に小さな虫です。羽がないので飛ぶことはありませんが、繁殖能力が高く、メスのチャタテムシは毎日1〜2個の卵を産卵します。日本はもちろん、世界中に生息しているポピュラーな虫です。 チャタテムシには毒はなく、人に害を及ぼすことはありません。 しかし、大量に発生すると不快に感じる人は多いでしょう。

チャタテムシの生態は?

チャタテムシは、室内のどこにでも発生する可能性があります。 特に湿度が高くて、カビやホコリなど食料とするものがある部屋に大量繁殖することがあるので注意が必要です。 チャタテムシの死骸は小さく軽いため、ちょっとした風などで空気中を舞ってしまう可能性も。チャタテムシのメスは、一生のうち100回も産卵すると言われています。

チャタテムシはダニの繁殖を助長する

チャタテムシは、人を刺したり、かんだりすることはありません。 しかし、チャタテムシはダニのエサになります。 チャタテムシが増えるとダニも増える 可能性があるので、注意が必要です。またカビを好んで食べるというチャタテムシの特徴から、チャタテムシの食べたカビに対してアレルギー症状を発症する場合があることがわかっています。

チャタテムシの好物はカビ

チャタテムシは雑食性で、人のフケやホコリ、落ちている食べ物のカスなど、なんでもエサにします。中でも、チャタテムシは、 カビを好んで食べます。 カビは、湿度が60%程度で発生します。湿度が高く、カビが発生している場所ではチャタテムシの活動も活発になり、大量発生につながる可能性があるので注意が必要です。

チャタテムシが発生しやすい時期は?

チャタテムシは、年間を通じて活動します。最近の住宅は気密性に優れており、冬でも一定以上の室温を保っています。そのため、 チャタテムシは冬でも活発に活動できます。 また、湿度の高くなる梅雨や、気温の上がる夏はチャタテムシ が過ごしやすい季節。春から秋にかけて、より発生しやすくなるといえるでしょう。

チャタテムシが繁殖しやすい場所は?

チャタテムシは、ホコリや湿気のある場所で繁殖します。 屋内でチャタテムシが発生源となる場所は、食品の保管庫やベッドのマットレスの下、タタミの下などです。 また、古い段ボールや本も、チャタテムシが好むものなので要注意です。さらにチャタテムシはカビを好むため、結露のある窓の近くの壁にも繁殖することがあります。高温多湿で、しかもホコリや食べかすなどの汚れがある場所は、チャタテムシの発生に注意しましょう。

チャタテムシ駆除で人気の業者をチェックしてみる

チャタテムシの発生を予防する方法は?

チャタテムシは、どんな家にでもいる虫です。しかし、チャタテムシの発生度合いは、室内環境がどのくらいチャタテムシの好む状態になっているかということで決まります。つまり、チャタテムシの発生を予防したい場合には、チャタテムシが嫌がる室内環境を作ればよいのです。チャタテムシは小さい虫ですが、大量に発生するとイヤなもの。発生予防方法を紹介します。

室内の湿気を下げ、乾燥した環境に

チャタテムシの発生予防対策には、室内を乾燥させることが効果的です。 風通しをよくし、湿度が高い時期にはエアコンの乾燥機能を活用しましょう。 室内だけでなく、棚や押入れの中なども湿気のたまりやすい場所です。*定期的にとびらを開けて空気を入れ替え、v除湿機や除湿剤なども利用して、湿気ができるだけたまらないように工夫したいですね。

結露対策も必要

冬場はチャタテムシの活動量が比較的落ちる時期です。しかし、 冬場に結露で湿気がたまる窓の近くはカビが生えやすく、チャタテムシにとっては過ごしやすい環境となります。 カビはカビ取りの薬剤で除去することが可能です。しかし、結露は家の作りや立地環境も影響するもの。根本から解決することは難しいこともあります。結露した水分をふき取り、除湿乾燥機を使うことで状況を改善できるでしょう。

段ボールなどを長期間放置しない

湿気やホコリがたまりやすい古い段ボールは、チャタテムシが繁殖しやすい場所です。段ボールをタタミの上に放置すると、チャタテムシが繁殖の場を求めて、段ボールからタタミの下に移動することもあります。不要な段ボールは、できるだけ早めに処分したいですね。また古い本もチャタテムシの好む環境です。本棚や湿気のたまりやすい押し入れなどに古い本がしまってあると、チャタテムシが繁殖する原因となりますので注意しましょう。

ホコリや食べかすなどを残さない

特に湿度が高くなりがちな梅雨の時期には、室内だけでなく、収納棚の中なども乾燥させることが必要です。特にキッチンの収納棚には、使いかけの小麦粉や乾麺があります。こういった 食材にもチャタテムシは繁殖 します。 ホコリや食べかすは、チャタテムシにとって格好の食料です。 室内を清潔にし、ホコリや食べかすを掃除することで、チャタテムシの発生を防げるでしょう。

チャタテムシの駆除方法は?

チャタテムシを見つけたら、できるだけ早く、大量に繁殖する前に駆除しましょう。目についたチャタテムシを捕まえて捨てるだけでは、駆除したとは言えません。チャタテムシを確実に駆除するには、発生した原因と、発生した場所に応じた対策方法で駆除することが大切です。原因と場所別の、チャタテムシの駆除方法を紹介します。

カビを除去する

カビはチャタテムシの大好物です。気になるチャタテムシを駆除しても、エサとなるカビがあれば、チャタテムシはまた発生してしまう可能性が高いでしょう。 換気して風通しをよくし、除湿機やエアコンの除湿機能などで室内の湿度を下げる ことで、カビの繁殖を防ぎましょう。 防カビスプレーの使用も効果的。 カビ取りの薬剤は、カビに効き目はありますが、人体にも有害です。使用時は商品の使用方法を守って、安全に使用したいですね。

粘着シートでコロコロする

目に見える範囲のチャタテムシを駆除するなら、 粘着性のシートやローラーで除去するのが有効です。 チャタテムシは非常に小さいため、掃除機で吸い込もうとすると、排気の風圧で別の場所に吹き飛ばされてしまうことがあります。吹き飛ばされたチャタテムシは、別の場所で繁殖する可能性も。その点、粘着シートはチャタテムシを確実にからめとるので、徹底的に除去できます。

キッチン周りにはアルコール除菌スプレー

チャタテムシは、食品のカスなども食料とするため、キッチン周りにも繁殖することがあります。しかし、食べ物を扱うキッチンでは、殺虫成分の入った薬剤の使用は控えたいもの。キッチンのチャタテムシ駆除は、 アルコールスプレーでのふき取りが安全です。 消毒用エタノールなら、食器棚や食料庫などにも安心して使用できます。チャタテムシの餌となる食料品のカスを除去して、清潔なキッチンを目指しましょう。

くん煙剤を使用する

手の届かない場所やタタミの中などのチャタテムシを駆除するには、 くん煙剤タイプの薬剤が効果的です。 目に見えない場所のチャタテムシまで駆除でき、効果は1か月ほど持続します。ただし、チャタテムシの卵には、くん煙剤は効果がありません。徹底的に駆除したい場合には、卵が孵化する2週間後を目安に、再度くん煙剤を利用するとより効果的です。

害虫用スプレー剤を使用する

害虫用スプレーを使えば、ピンポイントでチャタテムシの駆除をすることが可能です。 たんすなど家具の隙間やクローゼットの奥など、手が届きにくい部分にはスプレータイプの殺虫剤の使用が効果的です。 しかし、スプレーの噴射力で、小さなチャタテムシが吹き飛ぶ可能性にも考慮が必要です。また害虫用スプレーは、人体にも悪影響を及ぼすことがあります。ペットや子供がいる家での使用には、じゅうぶん注意しましょう。

大量発生した場合には、業者に駆除を依頼しよう

屋内でチャタテムシが発生した場合には、さまざまな駆除方法があります。しかし気づいたときには大量発生していて手が付けられないという場合には、害虫駆除専門の業者に依頼するのが確実です。害虫駆除のプロなら、徹底的にチャタテムシを駆除してくれます。チャタテムシが繁殖した場所や数などによって、適切な方法での処置を希望するなら、専門業者に問い合わせてみましょう。

チャタテムシ駆除におすすめクリニックは害虫駆除110番!

現地無料調査に即日対応してくれるので、悩みをスピーディに解決できる害鳥駆除業者。
24時間365日全国からの相談を受け付けており、その豊富な経験と知識に基づいた確実な効果が特徴です。
さらに、ホームページ内でサービス内容を分かりやすく提示していて、安心して利用できるのもメリット。
また、正式な見積もりの後は余計な費用が一切かからないというのもポイントです。

駆除料金 チャタテムシ:(税込)8,800円〜
無料診断 最短30分〜
支払い方法 現金/クレジットカード
受付時間 24時間365日
保証期間 1年間※対応エリア・加盟店による
キャンセル料 無料

害虫駆除110番

0800-805-8158

カビと湿気を防いで、チャタテムシの繁殖を予防しよう!

人体に直接の被害はなくても、大量に発生すると不快なチャタテムシ。どこの家にもいる害虫ですが、室内を清潔に保ち、湿気をなくすことで、大量繁殖を予防できます。もし発生してしまったら、発生場所や原因に応じた退治方法で、すっきり駆除しましょう。

関連する記事

詳しく

チャドクガの駆除方法は?対策についても紹介!

見つけたら思わずぎょっとしてしまう虫、といえば毛虫かもしれません。毛虫にはさまざまな種類があり中には無害なものもいますが、時に厄介な害を及ぼす種もいます。その代表が「チャドクガ」。お茶の葉を好むことからその名がつきましたが、サザンカやツバキなど住宅街にもよく植わっている樹木に発生します。チャドクガの毒毛に触れるとかゆみや赤みを伴う皮膚炎を引き起こす危険がある上、細かな毒毛は風に乗って飛散することも。そのため駆除は慎重に行う必要があります。ここではチャドクガの生態やライフサイクルの他、発生しやすい環境や駆除方法などをまとめました。参考にしてください。

更新日:2022/01/19

詳しく

室内にいる蟻の駆除方法は?対策についても紹介!

公園などで列を作っている姿をよく見る蟻。時に真っ黒になるほど食べ物に群がっていることもあり、その様子から生理的嫌悪を感じる人も多いのではないでしょうか。日本にはクロオオアリやムネアカオオアリ、トビイロケアリ、イエヒメアリなどさまざまな蟻が生息しています。中でもトビイロケアリとイエヒメアリは家の中で大発生することがある厄介な種類。そのため家の中で蟻を見かけたらすぐに対応したいものです。ここでは室内にいる蟻の駆除方法や対策についてまとめました。蟻による被害や発生しやすい環境なども取り上げます。蟻に対する知識をしっかり身に着けて、大切な家を守りましょう。

更新日:2022/01/19

詳しく

ワラジムシの駆除方法は?対策についても紹介!

子どもの頃に“丸まらないダンゴムシ”に出会ったことはありませんか?実はそれは「ワラジムシ」という別の生き物。地域によってはベンジョムシとも呼ばれる気の毒な生き物ですが、ワラジムシは落ち葉などを食べて豊かな土を作る益虫です。しかしそのグロテスクな見た目から不快害虫に分類されており、しばしば駆除の対象となっています。「あの姿がどうしても苦手」という人も多いのではないでしょうか。ここではワラジムシの生態やライフサイクル、見分け方の他、発生しやすい環境や駆除方法などをまとめました。ワラジムシを詳しく知ることは発生を防ぐことにもつながります。ぜひチェックしてみてください。

更新日:2022/01/19

詳しく

ユスリカの駆除方法は?対策についても紹介!

夏の夕暮れ時に、小さな虫が集まって作る「蚊柱(かばしら)」。自転車に乗っていて蚊柱に飛びこみ、目や口に入ってしまったという経験を持つ人も多いのでないでしょうか。この蚊柱を作っているのは蚊によく似た虫、ユスリカ。地域によっては「頭虫(アタマムシ)」と呼ばれるように、人の頭の上で群れることもあります。蚊に似ていますが、人を刺すことはありません。ここでは夏の風物詩「蚊柱」を作るユスリカについて詳しくまとめました。知っているようで知らないユスリカの生態や蚊との見分け方、ライフサイクルの他、発生しやすい環境や時期、駆除方法なども紹介します。合わせて参考にしてください。

更新日:2022/01/19

詳しく

みのむしの駆除方法は?対策についても紹介!

秋が深まる頃の風物詩として、みのむしを思い浮かべる人は多いでしょう。枝で作ったミノをまとって木にぶらさがっている姿はユーモラスで愛らしく、子どもたちに人気の虫でもあります。みのむしは古典や俳句にも登場し古くから愛されている生き物ですが、庭木や果樹などの葉を食べてしまう厄介な一面も。しかし一部の種は外来種によってその数が激減しており、被害が少なくなっているとされています。ここではみのむしの生態や駆除方法、対策についてまとめました。みのむしを詳しく知ることは発生を防ぐことにも役立ちます。みのむし被害が気になる人はぜひチェックしてみてください。

更新日:2022/01/19

詳しく

ウリハムシの駆除方法は?対策についても紹介!

ウリハムシとはその名の通り、ウリ科の植物によくつく害虫。キュウリやカボチャ、スイカなどを植えていると必ずといっていいほどこの害虫が飛んできて根や葉にダメージを与え、最悪の場合そのまま枯れてしまうこともあります。丹精込めて育てている野菜や果物をウリハムシに荒らされて、がっかりした経験を持つ人も多いのではないでしょうか。ここではそんなウリハムシの生態や見分け方、主な被害、駆除方法の他、発生しやすい時期などをまとめました。ウリハムシを詳しく知ることは発生を防ぐことにつながります。毎年ウリハムシの被害に悩まされているという人はぜひ参考にしてください。

更新日:2022/01/19

詳しく

カタツムリの駆除方法は?対策についても紹介!

かたつむりは殻を背負った愛らしい見た目から、子どもに大人気の生き物です。カタツムリがあじさいの葉を這っている姿は梅雨の風物詩としても親しまれていますね。しかし家庭菜園やガーデニングをしている人にとってカタツムリは厄介な存在。出たばかりの新芽を根こそぎ食べられてしまった……という経験を持つ人も多いのではないでしょうか。カタツムリは植物なら何でも食べる習性があるため、見つけたらすぐに駆除したいところ。ここではそんなカタツムリの駆除方法や対策を紹介します。カタツムリの生態や見分け方、発生しやすい環境や時期なども取り上げますので、合わせて参考にしてください。 [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) <理由> ●にできないものは理由を記載下さい

更新日:2022/01/19

詳しく

ヒメカツオブシムシの駆除方法は?対策についても紹介!

衣替えの時期、お気に入りの服に穴が開いていたことはありませんか?それはヒメカツオブシムシの仕業かもしれません。ヒメカツオブシムシは日本の家によく出る害虫、カツオブシムシの仲間。いつの間にか家に入り込み、服や食品を食べて被害を与えます。ヒメカツオブシムシは小さな虫ですが、放置しておくと被害が拡大してしまうので早めの対応が必要。ヒメカツオブシムシの知識を手に入れ、適切な方法で駆除しましょう。ここではヒメカツオブシムシの駆除方法や発生しやすい時期、環境などをまとめました。生態や見た目なども紹介しますので、合わせて参考にしてください。

更新日:2022/01/19

詳しく

蚊の駆除方法は?対策についてもご紹介!

夏になると現れる蚊に対して、不快感を覚える方がたくさんいます。夏は特に川や山などが賑わう季節でもあるため、できるだけ蚊からの被害を避けたいと思うはずです。そんな時は虫よけスプレーが役に立つため、持ち歩いている方は多いのではないでしょうか。しかし、長い時間を過ごす自宅で蚊が発生した場合は、根本的な蚊の駆除を検討しなければなりません。今回は、蚊の生体や発生源、発生時期などに加え、駆除方法や侵入の予防方法をご紹介します。蚊の被害に悩まされている方、根本から解決したいという方は、ぜひ最後までご覧ください。

更新日:2021/12/14

詳しく

コバエの駆除方法は?対策についてもご紹介!

室内にコバエがたくさん出現するのは気持ちが良いものでありません。そのため、なんとか侵入を防ぎ、早急に駆除したいと考えるはずです。しかし、コバエをどのように駆除したらいいのかわからないという人もいるでしょう。そこで今回は、コバエがたくさん発生する原因や自分でもできる駆除方法、コバエが発生しないようにするための対策などについて解説していきます。コバエの駆除方法などを把握しておけば、たくさん出現した時にも適切な対処ができ、不快感を軽減できます。コバエの発生で悩んでいる人は、ぜひ目を通してみてください。

更新日:2021/12/17

詳しく

ボウフラの駆除方法は?対策についてもご紹介!

大量発生している小さな虫を放置していたら、蚊の大群が襲ってきたという経験がある方は多いのではないでしょうか。実はその虫、ボウフラという蚊の幼虫かもしれません。得体の知らない虫は放置してしまいがちですが、素早く駆除した方が良い虫も少なくありません。特にボウフラは、放置してしまうと大量な蚊が発生し、かゆみや病気などの被害を及ぼし兼ねないのです。ボウフラを見つけたら、然るべき対策を取ったり駆除を行ったりして、蚊の発生を防ぎましょう。今回は、そんなボウフラの生態に加え、駆除方法や対策方法について解説していきます。

更新日:2021/12/17

詳しく

毛虫の駆除方法は?対策についてもご紹介!

初夏は、庭先の草刈りに奮闘している人や家庭菜園やガーデニングを楽しんでいる人などが多く見受けられます。また、夏が旬の野菜や果物もたくさんあるため、農家の人々は収穫に追われる日々を過ごしているはずです。そんな夏の始まりを邪魔するのが「毛虫」という存在です。これまでに毛虫による被害は数えきれないほど起こります。また、うっかり触ってしまうと皮膚炎になる恐れもあるため発見した時には、慎重に扱わなければいけません。そこで今回は、毛虫の駆除方法や対策について紹介をしていきます。毛虫を発見した時の参考にしてください。

更新日:2021/12/17

詳しく

ダンゴムシの駆除方法は?対策についてもご紹介!

指でつつくと丸くなるという特徴を持っているダンゴムシは、人間に害を与えることはなく、土壌改善を促す益虫としても知られています。子どもたちからも愛されている存在でもあります。しかし、世の中にはダンゴムシによる被害に悩まされている人がいるということをご存じですか?比較的柔らかい食べ物を好むとされています。せっかく丹念込めて育てた花や農作物に被害が及ぶこともあります。そこで今回は、ダンゴムシの駆除方法や対策について紹介していきます。もしダンゴムシの被害にあってしまった場合には、参考にしてみてください。

更新日:2021/12/17

詳しく

家にアリが発生した場合は?駆除方法と対策をご紹介

「気付いたら蟻が家の中に侵入していた」「見かける度に駆除しているのにどんどん増えていく」とお困りの方も少なくありません。体の小さな蟻はちょっとした隙間からいとも簡単に室内に侵入してくるうえに、どんどん数が増えていきいつのまにか大量に発生したなんてこともよくあります。一度侵入を許してしまうと、しっかり駆除しない限りなかなか安心して暮らすのも難しいでしょう。そこで、今回は家の中に侵入しやすい蟻の種類をはじめ、蟻の侵入経路や駆除方法についてご紹介します。室内に発生する蟻にお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

更新日:2021/12/17

詳しく

チョウバエの駆除方法は?対策についてもご紹介!

一匹発生したと思ったら二匹三匹と増えていき、いつの間にか大量発生していることも珍しくないチョウバエは、見ていて不快なだけでなく、病気の原因となり健康被害を及ぼす恐れがあります。そして、大量発生する前に早期対策が必要になります。チョウバエによる被害を防ぐためにも、チョウバエが発生したら早期に駆除することが重要です。ここでは、チョウバエの駆除方法や予防対策について詳しくご紹介しています。また、発生しやすい環境や原因についても解説していますので、被害が拡大する前に悩まれている方はぜひ参考にしてください。

更新日:2021/12/17

詳しく

ヒメマルカツオブシムシの駆除方法は?対策についてもご紹介!

ヒメマルカツオブシムシは、デイジーやマーガレットなどの白い花、シーツなどの白っぽい洗濯物に集まることが多い虫です。とても小さい甲虫で、白と茶色のまだら模様が特徴となっています。この虫自体は私たちに大きな害を与えるわけではありません。しかし、室内に入り込んでしまうと、衣類などを食べて虫食い状態になってしまうので注意しなければいけないのです。サイズがかなり小さいので、衣類やシーツを選択した時に紛れ込んでも気が付かないことが多いです。被害を無くすためには、虫がついていないか、しっかりと確認するようにしましょう。また、駆除方法について知っておく事も重要です。

更新日:2021/12/13

詳しく

ヨトウムシの駆除方法は?対策についてもご紹介!

植物を育てていくにあたって、害虫は特に注意するべきものです。害虫には、食害性害虫や吸汁性害虫などの種類があります。どちらも厄介な虫ではありますが、一目で被害が分かるのは食害性害虫によるものです。中でもヨトウムシは、ある特徴によって駆除が難しく、被害に苦しむ人が多くなっています。しかし、適切に対処していくことで、ヨトウムシによる被害を抑えることが可能になります。今回は、そんなヨトウムシの生態や被害についてご紹介していきます。後半では、ヨトウムシの駆除方法や発生の予防方法についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

更新日:2021/12/17

詳しく

ノミバエの駆除方法は?対策についても紹介!

いつの間にか発生してキッチンなどを飛び回っているうっとうしいコバエ。実はコバエは正式名称ではなく総称で、ショウジョウバエやノミバエ、キバエ、チョウバエなどたくさんの種類があります。その中でも厄介なのが今回紹介するノミバエです。ノミバエは肉などにもぐりこんで産卵するため他のハエよりも注意する必要があります。またノミバエは最悪の場合健康被害を引き起こす可能性があるので、見かけたらすぐの対応がおすすめです。今回はノミバエの基本的な生態から見分け方、発生しやすい時期や環境などをまとめました。気になる駆除方法も紹介しますので合わせて参考にしてください。

更新日:2021/12/06

詳しく

カミキリムシの駆除方法は?対策についても紹介!

カミキリムシは捕まえるとキイキイと鳴くことや大きなアゴで紙を切ることでも知られており、子どもたちにも人気の昆虫です。いろいろな種類がありコレクターもいるほどですが、カミキリムシの幼虫は木に穴を開けて内部を食い荒らしてしまう害虫でもあります。もし庭の木にオガクズのようなものが落ちていたり、穴が開いていたりすれば中にカミキリムシの幼虫がひそんでいるかもしれません。ここではカミキリムシの生態や被害、駆除方法などをまとめました。発生を防ぐ対策なども取り上げますので合わせて参考にしてください。カミキリムシを詳しく知り、大切な木を守りましょう。

更新日:2021/12/06

詳しく

コガネムシの幼虫の駆除方法は?対策についても紹介!

コガネムシは「コガネムシは金持ちだ」という歌詞から、縁起のよいイメージを持つ人が多いかもしれません。しかしコガネムシは果樹や花の葉を食べてしまう厄介な害虫。中でもコガネムシの幼虫は土の中の根を食べながら成長するため、被害が進むと植物が根から枯れてしまうこともよくあります。もし「鉢植えの花が根からぐらぐらしている」「水やりをしているのになんだか元気がない」という場合は、土の中にコガネムシの幼虫がひそんでいるかもしれません。ここではコガネムシの生態や見分け方、発生しやすい時期などをまとめました。駆除方法や発生を防ぐ対策も紹介しますので、合わせて参考にしてください。

更新日:2021/12/06

詳しく

タカラダニの駆除方法は?対策についても紹介!

夏の暑い盛り、家のブロック塀や公園のコンクリートの壁などに赤い小さな虫がたくさん集まっているのを見たことはないでしょうか。あの赤い虫はタカラダニといい、室内に入り込んできたり洗濯物や布団についていたりすることもよくあります。体の鮮やかな赤さから害虫ではと不安に思う人も多く、この時期は業者への問い合わせが集中するようです。しかしタカラダニがどんな生き物なのか知っておくと見つけた時に対応しやすくなるもの。ここではタカラダニの基本的な生態や主な被害、駆除方法などをまとめました。発生を防ぐ対策も紹介しますので合わせて参考にしてください。

更新日:2021/12/06

詳しく

コナジラミの駆除方法は?対策についても紹介!

コナジラミは植物にとりつき、栄養分を吸って生育を阻害する厄介な害虫です。種類を問わずありとあらゆる作物に寄生するので農業を営む人にとっては悩みの種。殺虫剤や農薬に対して耐性がつきやすく、駆除しにくいというのも苦労するところです。またコナジラミは吸汁被害だけでなくウイルス病を媒介する害虫でもあり、見つけたらすぐに対応する必要があります。「葉の裏がベタベタしている」「なにか小さな白い虫が飛んでいる」という時はコナジラミが発生しているかもしれません。ここではコナジラミの生態やライフサイクル、発生しやすい環境などをまとめました。駆除方法も紹介しますので合わせて参考にしてください。

更新日:2021/12/06

詳しく

イエダニの駆除方法は?対策についても紹介!

「朝起きたら腕の内側など柔らかいところを刺されている」「なんらかのアレルギー症状がある」という場合、ダニが発生しているかもしれません。目視できる蚊と違いダニは目で見えないことから予防しにくく、被害に遭ってからの対策となりがちです。ダニの被害は想像よりも大きく、かゆみだけでなく皮膚炎を引き起こすことも。そうならないためにもダニの生態や発生しやすい環境を知り、予防や駆除に役立てましょう。ここではダニの中でも比較的大きいイエダニの生態やライフサイクル、駆除方法をまとめました。発生を防ぐ対策も紹介しますので、合わせて参考にしてください。

更新日:2021/12/06

詳しく

布団についたダニの駆除方法は?対策についても紹介!

人が多くの時間を過ごす布団は「温度」「湿度」「豊富なエサ」がそろっており、ダニの温床となっていることがよくあります。布団に大量のダニが発生すると刺されて不快なばかりか、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、喘息などを引き起こしかねません。しかしダニは小さく目視できないので対策・予防がしにくく、被害が出てからの対応となりがち。とはいえ小さな子どもがいる場合は早めの対応を心がけたいものです。ここでは布団についたダニの駆除方法や対策についてまとめました。ダニが発生しやすい時期や環境も紹介します。正しいダニの知識を身に着けて、快適でクリーンな睡眠環境を取り戻しましょう。

更新日:2021/12/06

詳しく

ショウジョウバエの駆除方法は?対策についても紹介!

いつの間にか家の中に入り込んで飛び回っているショウジョウバエ。蚊やハチと違って刺される心配はないものの、食事やくつろいでいる時にそばを飛び回られると良い気分はしません。また調理中に近くを飛んでいると衛生的にも気になるもの。なんとか駆除しようと思っても根絶は難しく、イタチごっこになっているところも多いでしょう。そんな時ショウジョウバエの生態や駆除方法を知っておくと役に立ちます。この記事ではショウジョウバエの生態や被害、家庭でできる簡単なトラップの方法の他、ショウジョウバエ被害を防ぐ対策などをまとめました。うっとうしいショウジョウバエに悩んでいたらぜひチェックしてください。

更新日:2021/12/13

詳しく

ジバンムシの駆除方法は?対策についてもご紹介!

小麦粉やパンを好むジバンムシとはいったいどのような生き物なのでしょうか。特に危害を加えるわけではありませんが、口にするとアレルギー反応を引き起こす場合があるので、発生させないように予防と対策が必要になります。もしジバンムシが出てきたらどのような駆除方法があるのか、事前に対策するにはどういった方法があるのかについて紹介していきます。大量に発生した、原因の場所が分からない場合には自力で解決をするのではなく、プロにお願いすることも大切です。ジバンムシに悩まされないように対策方法を身に着けておくと万が一のことがあった時に安心できます。

更新日:2021/12/17

詳しく

【名古屋】蜂の巣駆除業者のおすすめ16選|退治・撃退を任せるならここ

名古屋で蜂の巣駆除を依頼したいとき、退治や撃退を任せるならおすすめしたい人気業者を紹介していきます。自宅の屋根裏や軒下などに蜂の巣ができてしまったら、早く駆除をしないと危険ですよね。しかし、実際に素人が自分で蜂の巣を駆除しようと思っても、簡単にできるものではありません。そんなとき、役所に相談するのも一つの方法ですが、素早く対応してほしいときには蜂の巣駆除業者に依頼するのもおすすめです。しかし、実際に蜂の巣駆除業者に依頼しようと思っても、どこの業者にお願いすればよいのかわからないという方も多いでしょう。また、蜂の巣駆除業者に依頼するとき、費用や駆除の方法などさまざまな不安があるものです。そこで今回は、名古屋で蜂の巣駆除を依頼したいとき、退治や撃退を任せるならおすすめしたい人気業者を紹介していきたいと思います。

詳しく

【倉敷】蜂の巣駆除業者のおすすめ16選|退治・撃退を任せるならここ

倉敷で蜂の巣駆除を依頼したいとき、退治や撃退を任せるならおすすめしたい人気業者を紹介していきます。自宅の屋根裏や軒下などに蜂の巣ができてしまったら、早く駆除をしないと危険ですよね。しかし、実際に素人が自分で蜂の巣を駆除しようと思っても、簡単にできるものではありません。そんなとき、役所に相談するのも一つの方法ですが、素早く対応してほしいときには蜂の巣駆除業者に依頼するのもおすすめです。しかし、実際に蜂の巣駆除業者に依頼しようと思っても、どこの業者にお願いすればよいのかわからないという方も多いでしょう。また、蜂の巣駆除業者に依頼するとき、費用や駆除の方法などさまざまな不安があるものです。そこで今回は、倉敷で蜂の巣駆除を依頼したいとき、退治や撃退を任せるならおすすめしたい人気業者を紹介していきたいと思います。

詳しく

【浜松】蜂の巣駆除業者のおすすめ16選|退治・撃退を任せるならここ

家のまわりで蜂の巣を見つけたら、慌てて駆除しようと薬剤を購入することもあるかもしれません。しかし、うまく命中せずに興奮した蜂が大勢で襲いかかってくるというようなこともよくあり、素人が対応するのはとても危険です。巣作り中や子育て中などで神経過敏となっている蜂は、巣に近づかれただけでも攻撃されたと思いこんで相手を襲ってくるのです。その際もう1つ心配されるのが、興奮して活発さを増した蜂が近所の人や子供たち、通行人の人々に襲いかかるということです。駆除は迷わず蜂の生態に精通してリスク対策をきちんと行っているプロの業者に任せましょう。今回は、浜松でおすすめの蜂の巣駆除業者を紹介します。

詳しく

【金沢】蜂の巣駆除業者のおすすめ16選|退治・撃退を任せるならここ

一匹でもハチを見かけたら家の周りや軒先などに蜂の巣が作られているかもしれません。そういった心配がある時には、一度点検をしてみるのがおすすめです。しかし素人の目線では見落としてしまうような場所に巣ができていることもあるため、プロに現地調査をお願いするのが確実です。 そこで今回は金沢エリアに対応している蜂の巣駆除業者をまとめて紹介。気軽に見積もりや調査をお願いできるところばかりなので、蜂の巣駆除はもちろんですが部屋に入り込んでしまったハチの撃退まで色々なトラブルに対応してもらえます。まずはお近くの業者などをチェックしてみましょう。

更新日: 2021年12月21日

ピックアップ記事

害虫駆除110番へのご相談はこちら

0800-805-8158
24時間365日対応可能
ご相談はこちら
運営会社