沖縄県の蜂の巣駆除業者 おすすめ11選 | 選び方のポイントも紹介

庭でハチをよく見かけるというときは、もしかするとどこかに巣が作られているかもしれません。ハチの巣は、軒先だけでなく垣根のなかなど目立たない場所にあることも多く、知らない間に大きくなっていることも。被害を防ぐためにも、ハチが増える季節の前に周辺をチェックしておくのがおすすめです。また、ハチの巣の撤去は素人がすると危険な場合があります。特にスズメバチは凶暴性が高いので、なるべく早くプロに依頼するようにしましょう。この記事では、ハチの駆除業者について紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

一刻も早く蜂を駆除してもらいたい方はこちら↓

人気のおすすめ蜂駆除業者を徹底比較

蜂の巣駆除業者を選ぶポイント

蜂の巣駆除は駆除の専門業者に依頼するのが一番確実で安全です。
少しでも蜂に恐怖を感じる人、蜂の巣が自分で駆除できる条件にない場合、役所に依頼しても駆除してもらえなかった場合などは、蜂の巣駆除業者に依頼しましょう。
また、駆除業者の中には、ずさんな作業を行ったり、高額な費用を請求するなど、悪質な業者も存在します。以下のポイントを確認し、信頼できる業者を見つけましょう。

蜂の巣駆除業者を選ぶポイント

・見積もりが無料
・作業内容と料金を明確にしてくれる
・アフターフォローがある

見積もりが無料

見積もりをもらった際は、蜂の種類を確認して、費用相場からかけ離れていないかを確認しましょう。
蜂の巣駆除の料金は駆除する巣の大きさや、巣の場所によっても前後します。費用相場は蜂の巣1個あたり8,000円ほどから50,000円程度です。
比較的駆除が簡単なミツバチやアシナガバチの場合8,000円〜、危険で難易度が高いスズメバチの場合は20,000円〜と料金に幅があります。

スズメバチ 20,000円~
アシナガバチ 10,000円~
ミツバチ 8,000円~

作業内容と料金を明確にしてくれる

作業内容や料金が明朗ではない業者は、余分な作業を入れ込み過剰な費用を請求したりする可能性があります。
基本料金に加え、高所での作業の有無、場所、巣の大きさ、忌避剤散布の有無などによって業者それぞれで料金が変わります。また、追加料金で出張料や調査料が含まれている場合もあります。料金の内訳がわかりやすくしっかり明示してくれる業者を選びましょう。
料金を左右する駆除の危険性や難易度の目安は、次の3点です。

蜂の種類
攻撃性が高い種類の蜂ほど、駆除の難易度が上がります。
特にスズメバチは、とても攻撃的で飛ぶスピードも速いため、駆除費用も高くなります。
蜂の巣の大きさ
大きな巣ほど蜂の数も増え、費用も高くなります。
蜂の活動が活発になる7~10月は蜂の巣が大きくなりやすいので、早めの駆除依頼がおすすめです。
巣の場所
5m以上の高所や天井裏などの狭い場所に巣がある場合は、作業工程が多くなり費用が高くなる可能性が高いです。
開けた場所や手が届く高さにある巣は作業が比較的簡単にできるため、追加料金等がかかることはほぼありません。

アフターフォローがある業者を選ぶ

巣がなくなっても「戻り蜂」として家の近くに寄ってくるケースや、女王蜂が逃げていたときは再び巣を作られる可能性があるため、アフターフォローがしっかりしている業者を選ぶと安心です。

沖縄の蜂の巣駆除業者 おすすめ11選を紹介

沖縄の害虫駆除業者11選をご紹介

■ハチ110番

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、1番目は「ハチ110番」です。
こちらは、危険なハチ被害を迅速に解決してくれる、倉敷を含めた全国で対応している専門業者。最短10分で現場に到着し、高い技術で徹底駆除してくれる顧客満足度も高い業者です。あらゆるハチに対応し、経験豊富な蜂の巣駆除のプロが駆けつけ退治。さらに、再発防止まで考えた駆除を行ってくれるので、安心して依頼することができます。低価格でわかりやすい料金も魅力。

駆除料金 ハチ:(税込)8,800円〜
無料診断 可※対応エリア・加盟店による
支払い方法 現金
受付時間 24時間365日
保証期間 記載なし
キャンセル料 記載なし

ハチ110番

0800-805-8201

■くらしのマーケット

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、2番目は「くらしのマーケット」です。
素人には対応しきれない蜂の巢(スズメバチなど)やシロアリなどの害虫の駆除を依頼したい場合、害虫駆除業者の情報を集めたくらしのマーケットを参照してみましょう。こちらでは、害虫駆除を料金や相場・口コミで比較して、オンラインで予約することができます。

それぞれ地域に密着した業者の情報を顔写真つきでアピールポイントとともに掲載。サイト上で複数のところを比較することができるため、効率的にニーズに合ったところを選定することができます。サイト上に写真添付OKのメッセージ機能があり、予約前に不明点を確認することができます。

くらしのマーケット

■沖縄片付け110番

https://okinawa-kataduke110ban.com

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、3番目は「沖縄片付け110番」です。
沖縄県内全域対応の会社。問い合わせは24時間受け付けており、最短1時間で駆けつけます。即日での対応も可能。見積もりは無料で、見積もり後に料金が増えることはありません。不用品回収やハウスクリーニングなど、生活の困りごと全般に対応しているので、駆除と同時にほかの作業も依頼できます。支払いはクレジットカードが利用できます。

沖縄片付け110番

0120-538-902
24時間
年中無休
https://okinawa-kataduke110ban.com/

■沖縄県 ハチ王

https://hachi.quickcat24.com

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、4番目は「沖縄県 ハチ王」です。
365日年中無休で受付対応しているハチ駆除サービスです。全国に駆除専門業者のネットワークを展開しており、お電話1本で現場近くの駆除業者がすぐに対応してくれます。即日対応や休日対応なども可能。高所作業資格保持者が多数在籍しているので、難易度の高い場所の駆除にも対応できます。現地調査や見積もりは無料で行っています。

沖縄県 ハチ王

0120-996-974
8:00~23:00
年中無休
https://hachi.quickcat24.com/area/okinawa/

■沖縄市 ハチ駆除navi

https://localplace.jp

沖縄市 ハチ駆除navi

0800-805-4173
24時間
年中無休
https://localplace.jp/t100292991/service/

■ベンリー 宮古島店

https://www.benry.com

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、6番目は「ベンリー 宮古島店」です。
暮らしの様々なお困りごとに対応している便利屋さんです。害虫駆除の他、クリーニングサービス、エアコンサービス、水廻りサービス、不用品処理のお手伝いなど幅広い依頼が可能。お困りごとをまとめて片付けられるので便利です。害虫駆除ではプロによる現地調査、確実な駆除と防除を行います。ハチやゴキブリなど様々な種類の害虫に対応しています。HPからは簡単に見積り依頼ができますので一度問い合わせてみるとよいでしょう。

ベンリー 宮古島店

沖縄県宮古島市平良下里522-2
0120-133-385
https://miyakojima.benry.com/

■みんなのハチ駆除屋さん

https://minhachi.jp

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、7番目は「みんなのハチ駆除屋さん」です。
全国のハチトラブルに対応しているハチの駆除専門業者。リーズナブルな価格でどんな蜂も素早く退治してくれると人気の蜂の駆除専門業者です。高所作業や屋根裏にも対応しています。しかも依頼があれば最寄で待機している作業員がすぐに現場に急行するため、最短30分で駆け付けが可能というのも魅力。室内で蜂を見かけた、庭に巣ができていたなど思わぬ蜂の脅威にもすぐに対応してくれるので安心です。

みんなのハチ駆除屋さん

0120-610-457

■バイオゾーン メディカル 株式会社

http://www.03biotech.com

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、8番目は「バイオゾーン メディカル 株式会社」です。
バイオゾーン メディカル 株式会社は、2022年に丸三製薬から社名変更を行い、新たな体制でスタートしました。工場や建物、住宅において、幅広い分野において人々の健康へ貢献しサービスを提供します。有害生物対策では、ネズミやゴキブリ、シロアリやダニ等の駆除を実施。適切な方法で、トラブルを解決に導いていきます。

駆除料金 要問い合わせ
無料診断 要問い合わせ
保証期間 要問い合わせ
支払い方法 要問い合わせ
電話受付 9:00~17:00(平日)・通話無料

バイオゾーン メディカル 株式会社

0120-03-5703
9:00~17:00
http://www.03biotech.com/

■首里のはちみつ屋 新垣養蜂園(沖縄)

http://www.aaa888.org

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、9番目は「首里のはちみつ屋 新垣養蜂園(沖縄)」です。
1954年創業の養蜂園です。沖縄産にこだわったはちみつ、プロポリス、ローヤルゼリー、ミツロウ、花粉などを自社生産しています。その他、ミツバチ教室や密搾り体験なども人気です。ハチ駆除も行っており、みつばちやスズメバチ、アシナガバチなど様々なハチに対応しています。ハチの種類や巣の場所によって料金が異なりますので、まずは問い合わせてみるとよいでしょう。

首里のはちみつ屋 新垣養蜂園(沖縄)

沖縄県那覇市首里金城町1-29
098-884-0814
9:00~19:00
土曜、日曜、祝日
http://www.aaa888.org/index.html

■ハチの巣駆除出張専門館

https://hachi110119.com

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、10番目は「ハチの巣駆除出張専門館」です。
ハチ駆除退治のベテランが、難しい状況でも確実に駆除してくれるのが魅力。屋根裏や高所の巣を撤去してもらえるのはもちろん、働き蜂が大群を作っていたり、見つけにくい場所でも念入りな調査・駆除を実施します。出張費込みの価格で見積もりが確定したあとは追加料金がかからないのも嬉しいポイント。再発保証もあり、安心して任せられます。

ハチの巣駆除出張専門館

0120-610-453

■株式会社沖縄シー・アイ・シー 沖縄第一営業所

https://www.cic-net.co.jp

沖縄県の蜂の巣駆除業者 11選、11番目は「株式会社沖縄シー・アイ・シー 沖縄第一営業所」です。
全国に拠点を持ち、年間5万件以上の実績を持つという害虫・害獣駆除のスペシャリスト。宜野湾市にある第一営業所のほか、沖縄だけでも3個所に拠点を構えています。法人・施設だけでなく一般家庭からの依頼も大歓迎で、対象はネズミやゴキブリ、シロアリ、ハチ、ハト、ハクビシンなど。HPのフォームから申し込んでください。

株式会社沖縄シー・アイ・シー 沖縄第一営業所

沖縄県宜野湾市宇地泊547 Nビル2F
https://www.cic-net.co.jp/

蜂駆除は自分でできるの?

蜂の巣の駆除を自分で行う場合、まずは自宅にできた巣が自分で駆除できるものかそうでないのかを確認しましょう。しかし、自分で駆除しようとすると蜂は自分の巣を攻撃されたと思い、襲ってきます。刺されると最悪の場合死に至ることもあるため、とても危険です。蜂による死亡事故は野生生物による事故の中で最も多くなっています。無理に自分で駆除をしようとせず、業者に依頼することをおすすめします。自分で駆除できる巣とできない巣の見分け方は次の通りです。

   自分で駆除できる巣 自分で駆除するのは難しい巣
大きさ 直径10cm以下の小さな巣 直径10cm以上の大きな巣
巣のある場所 開けた場所にある/手の届きやすい場所にある 高所や狭い場所にある
蜂の種類 アシナガバチ/ミツバチ スズメバチ

巣の直径が大きい巣は、「巣の中にたくさんの蜂がいる」という証拠です。巣にいる蜂の数が多ければ、必然的に駆除は難しくなります。また、巣ができた場所が手が届かないほど高い場所や、天井裏など狭い場所の場合、作業がしにくいため刺される危険性が増えてしまいます。

蜂の種類と見分け方

蜂は種類によって攻撃性や毒の強さが異なります。
特にスズメバチは非常に攻撃性が高く、巣に近寄っただけでも集団で襲ってくることがあります。巣に近づくのは危険なため駆除作業は業者に依頼するのをおすすめします。蜂の中でも、アシナガバチやミツバチは比較的おとなしいため、巣が作られ始めてすぐであれば、自分で駆除することも可能です。

アシナガバチ

アシナガバチは名前の通り、後ろ足が長くフラフラ飛ぶのが特徴です。
体長は2~4cmほどで、巣は巣穴が見えていてシャワーヘッドのような形状。最大でも直径20cmほどと小さいものがほとんどです。
基本的にはおとなしく、毛虫などの害虫を食べてくれるという利点もあります。危険性は高くありませんが、繁殖のシーズンである9月頃は攻撃性が高まります。巣には近寄らないようにしましょう。

スズメバチ

スズメバチは、最も危険な種類の蜂です。体長は2~4cmほどで、直線的に素早く飛ぶのが特徴です。
巣の形はフラスコを逆さまにしたような形やお椀型から、大きくなるとしま模様やマーブル模様の球状になります。巣の大きさが10cm未満であれば、スズメバチでも自分で駆除できる可能性があります。
しかしスズメバチの毒はさまざまな成分を含んでいます。そのため、刺されると「アナフィラキシーショック」を起こし、最悪の場合は死に至る恐れもあります。
また、スズメバチは攻撃性が高く、大変危険です。巣の近くを通りがかっただけでも刺してくることがあるため、スズメバチの巣の駆除は業者に任せることをおすすめします。

ミツバチ

ミツバチは、今回取り上げた中では1番おとなしい蜂です。体長は約2cmと小さく、ずんぐりした黄色い体で、胸には毛が生えているのが特徴です。
ミツバチの巣は板状で層が重なってゆき、最大で2mほどに成長することがあります。
おとなしい蜂とはいえ、巣が巨大化すると蜂の数も増えるため、自分で駆除するのは難しいでしょう。

蜂の巣の駆除を自分で行う際の注意点

大型の巣、高所や狭い場所にある巣、スズメバチの巣などは、危険なため蜂の巣駆除業者に作業を依頼するのがおすすめです。
どうしても自分で蜂の巣の駆除をしたい場合は、次の条件を満たす場合のみにしましょう。

蜂の巣の駆除を自分で行える範囲

・蜂の巣の大きさが10cm以内とまだ小さい
・蜂の巣が手が届きやすい開けた場所にある
・蜂の種類がミツバチやアシナガバチなど危険性が少ない

蜂の巣駆除は巣の大きさによって値段も変わります。蜂の巣を見つけたら早めに業者に依頼することをおすすめします。

一刻も早く蜂を駆除してもらいたい方はこちら↓

人気のおすすめ蜂駆除業者を徹底比較

蜂の巣の駆除で必要なもの

蜂の巣を自分で駆除する際、大きく分けて2種類の道具が必要です。

・蜂や蜂の巣を攻撃するための道具(蜂駆除スプレーや殺虫剤など)
・自分の身を守るための道具(軍手や長靴など)

蜂を駆除するためには、スプレーが効果的です。
一般の殺虫剤では効果が期待できないので、蜂に特化していて長い噴射距離のある専用スプレーを使用しましょう。
また、スプレーは「合成ピレスロイド系」の薬剤がおすすめ。即効性があるうえ、蜂が嫌がる効果もあるため、一度駆除したところに蜂が戻ってくるのを防止することができます。
また、蜂の巣や蜂の死骸を素手で触るのは危険です。防護服や軍手、防虫ネットなどを着用しましょう。

自分で駆除する方法

自分で蜂の巣を駆除するときは、次のような流れで行います。

1.蜂の巣の場所を確認
日中に巣の大きさや場所、蜂の種類を確認しておきます。作業は暗い時間に行うので、明るいうちにしっかりと準備しておくことが大切です。
近づきすぎると危険なので、遠くから注意して確認しましょう。
2.2〜3m離れた場所から巣にスプレーを噴射
実際の駆除は夜や日中に作業を開始します。ミツバチなら午前5〜6時くらい、アシナガバチなら日没から2〜3時間後までが駆除に適した時間帯です。
退治の際は、巣から2〜3m離れた場所から、巣の表面に殺虫剤を噴射し表面や巣の周りを飛んでいる蜂を退治します。2〜3分ほど噴射を続けましょう。
3.近づきながら巣穴にスプレーを噴射する
周りに蜂が見えなくなったら、巣に近づきながら、巣穴に向かって蜂の羽音がしなくなるまでスプレーを続けます。
巣から出てくる蜂は殺虫剤が効いているためふらふらとしています。慌てず巣に噴射を続けましょう。
4.巣を撤去
近くに飛んでいる蜂がいないことを確認した上で、巣を長い棒などで落とします。
残っていた蜂が襲ってきた場合は、殺虫剤を撒きながら慌てずゆっくりと後退しましょう。
5.巣と死骸を回収・廃棄
落とした巣と蜂の死骸を、ほうきとちりとりでまとめます。巣や死骸は素手で触らず、必ず軍手を着用しましょう。蜂は死んでいても触ると反射運動により、毒針で刺してくることがあるので要注意です。
巣と死骸をまとめて袋にいれたら、念のためもう一度袋の中に殺虫剤をスプレーしてください。
6.巣があった場所にもう一度スプレーする
駆除しきれなかった蜂が戻ってきたり、再度同じ場所に巣を作ったりすることがあります。二度と戻れないよう、巣のあった場所にも殺虫剤を噴射しておきましょう。1週間程度続けると一層効果的です。

蜂の巣駆除を役所に依頼する

お住まいの地域の役所で蜂の巣駆除を依頼できないか相談してみましょう。
地域によって「無料で蜂の巣の駆除をしてくれる」ところや「スズメバチのみ駆除対応してくれる」「駆除に使用する道具の貸し出ししてくれる」「補助金を出してくれる」など、対応範囲や条件などが異なります。
また、「役所が蜂駆除業者に依頼してくれる」という場合もあります。その場合、自分で蜂駆除業者を探して依頼する方が安く済むことが多くあるので、業者にも相談してみるのがおすすめです。

蜂駆除のQ&A

  • 蜂に刺されるとどうなるの?

    かゆみや腫れのほか、全身のじんましん、呼吸困難などの症状も起こります。最悪の場合「アナフィラキシーショック」により、死に至ることもあります。

  • 蜂駆除の際、身を守るために用意するものは?

    体を守るために、防護服、手袋、頭を守る防虫ネット、マスク、長靴を用意しましょう。防護服は専用のものを購入するのが望ましいですが、長袖・長ズボンの作業着に輪ゴムなどで隙間を埋め、その上からレインコートを着ることでも代用できます。作業着は針が肌に刺さらない程度に厚手のもの、また標的にならないよう暗い色は避け、白などの明るい色を選びましょう。

  • 蜂駆除の際に必要な道具は?

    駆除のメインとなる殺虫剤は、余裕を持って2〜3本用意することをおすすめします。作業は暗い時間帯に行うので手元を照らす懐中電灯も必要ですが、蜂は強い光に向かって突進してくるため、赤いセロハンをかぶせて使いましょう。
    その他、巣を落とすための長い棒、蜂の死骸を集めるほうき、ちりとり、ゴミ袋も必要です。

  • 蜂駆除の際に注意することは?

    蜂はフェロモンを出して意思疎通を行いますが、そのフェロモンと香水や整髪料に入っている成分が似ているため、注意が必要。匂いに誘引されて襲ってくる可能性があります。香水・整髪料のほか、制汗剤、化粧品全般にも気をつけてください。
    シャワーを浴びて体臭を最低限に抑えてから駆除を行いましょう。

  • 蜂駆除を自分で駆除するのは難しい!

    自分でできる蜂駆除の方法を掲載しましたが、そもそも蜂は危険な害虫であるため、自分で駆除を行うのは難しいのです。自分でできるのは、蜂の巣の大きさが直径が10cmに満たない小さなものだけです。場所も高すぎず自分の手が届く範囲でなければなりませんし、狭い場所や足場の悪いところにある巣には手を出さないほうが無難。また、蜂の種類がスズメバチであれば、危険なため自分での駆除は諦めるべきです。
    このように蜂駆除は避けたほうがよい場合が多すぎる上、いざやるとなっても準備するものが多く、大変です。蜂のいない生活を取り戻すには、やはり専門の業者に依頼して一網打尽にしてもらうのが安全・安心です。

まとめ

今回は、蜂の巣駆除を依頼したいときにおすすめしたい業者を紹介していきました。蜂の巣を発見したら、どのように対応したら良いのか困る方も多いでしょう。しかし、素早く対処しなければ危険を伴います。自分で駆除できない巣の場合は、無理せず役所や業者に相談しましょう。

※このページで紹介した駆除方法により生じた如何なる損失に対しても一切の責任を負い兼ねますので予めご了承ください。
十分にご理解いただいたうえで、必ずご自身の判断で行ってください。

全国のハチ駆除業者を探す

北海道・東北

関東

北陸・中部

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

沖縄 ハチ駆除に関連する記事

ハチ駆除に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社

ハチ110番へのご相談はこちら

0800-805-8201
24時間365日対応可能
ご相談はこちら