過払金とは?過払金の相談方法と注意すべきなどを徹底解説!

テレビCMなどでも目にすることの多い「過払い金」。過払い金とはお金を借りた際、利息制限法という法律の上限を超えた金利で支払った利息のことです。本人から返還請求することもできますが、過払い金の計算や業者との交渉など難しい部分もあるので、弁護士や認定司法書士などのプロに相談・委任し、返還請求するのが一般的です。過払い金請求は、払い過ぎたお金が返ってくるというメリットがありますが、現在も返済中の借り入れに対して行うと、いわゆるブラックリストに載ってしまうこともあります。そのため、タイミングを見極めて請求を行う必要があります。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。
今すぐ見る!人気のおすすめ弁護士・司法書士事務所はこちら▼

過払い金とは?

近年、テレビCMなどで過払い金返還請求の広告を多く見かけます。過払い金返還請求は、1994年に過払い金を認める初の最高裁判決が出たころから広く行われるようになり、2004年~2007年に過払い金返還に有利な判決が相次いだことから急増しました。当初は消費者金融などへの返済が難しくなった人の借金額を減らすため、債務整理のひとつの手段として使われることが多かった過払い金請求ですが、ここ数年は過払い金を取り戻すことを目的とした請求も増えています。

「出資法」と「利息制限法」法律の違いで生じたグレーゾーン

お金を借りる際の利息は、「利息制限法」という法律で金額ごとに上限が定められています。利息制限法で定められた金利は最も高い借入額10万円未満でも20%、10万円~100万円で18%、100万円以上で15%です。しかし、融資にかかわるもうひとつの法律「貸金業法」では、2006年の法律改正(2010年施行)以前、を満たせば金利が29.2%まで認められるという「みなし弁済」という規定がありました。これがいわゆる「グレーゾーン金利」で、消費者金融などで借り入れをした多くの借主は、言われるがまま利息制限法以上の利息を支払っていました。

過払い金の可能性があるローンとは?

過払い金が発生している可能性があるのは、2010年6月17日より前に借り入れを開始したローンです。2010年6月18日から改正貸金業法が施行され、グレーゾーン金利が完全撤廃されたため、それ以降に契約した借り入れでは過払い金は発生していません。もし、改正法施行以降の契約で利息制限法の上限を超えているとしたら、その貸金業者には違法性があるため過払い金とは別の問題になります。過払い金は消費者金融からのローンだけでなく、銀行系カードローンやクレジットカードのキャッシングなどでも発生している可能性があります。

まだ返還請求できる?過払い金の時効

過払い金は永遠に請求できるというわけではありません。過払い金には「消滅時効」があり、この消滅時効を過ぎると請求できなくなります。過払い金の返還請求ができるのは、2010年6月17日以前に契約した借り入れを完済した日から10年です。2010年から10年以上経過していますから、一部ではすでに請求期限を過ぎているケースも考えられます。一方、2010年6月以前より現在まで継続して返済中の場合にはまだまだ時間的な余裕があるといえるでしょう。同一の金融会社で完済と新規借り入れを繰り返してきた場合は、一連の取り引きと見なされれば、先に完済した分までさかのぼって請求できる可能性があります。

過払い金どこがいい?相談窓口

過払い金を請求できるのは、契約者本人、契約者の相続人、弁護士、認定司法書士です。認定司法書士は、司法書士の中でも特別研修と考査を経て認定を受けた司法書士のことで、「簡裁訴訟代理等関係業務」が行えます。契約者本人からの請求も可能ではありますが、過払い金請求は金融会社から過去の取引履歴を取り寄せ、利息制限法の法定利息で再計算をし、金融業者と交渉するなどの手続きに専門的な知識と労力がいるため、弁護士や認定司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。

今すぐ見る!人気のおすすめ弁護士・司法書士事務所はこちら▼

法律事務所や弁護士事務所の過払い金料金無料相談は本当に無料?

過払い金請求を専門家に依頼した場合、一般的にかかる費用としては、相談料、着手金、報酬金(基本・解決・成功)、実費やその他経費などがかかります。報酬金などの目安は日本弁護士連合会や日本司法書士会連合会で定められているので大きな差はありませんが、経費など定めのない部分で差がでることはあります。無料調査や無料診断を掲げている法律事務所でも、電話による相談のみ無料のケースもあれば、取引履歴からの再計算まで無料のケースもあります。無料の範囲やかかる諸経費についても、あらかじめ確認をしておきましょう。

弁護士と認定司法書士では対応できる範囲が違う

過払い金請求を依頼できるのは弁護士と認定司法書士ですが、弁護士と認定司法書士では何が違うのでしょうか。大きな違いは債権額の上限の有無です。弁護士は債権額がいくらであっても法律相談や交渉・訴訟を行えます。一方、認定司法書士は債権額および過払い額が140万円を超える案件で、代理人として交渉したり裁判したりすることはできません。借入枠が高額な場合や、長期に渡って借り入れと返済を繰り返してきたような場合は、弁護士に依頼するのが無難でしょう。

過払い金安全に処理できるのは大量処理型事務所?

近年、過払い金請求に関わる法律事務所間の競争が激化し、実績を前面に出す大量処理型事務所も増えています。確かに実績はあった方がよいかもしれませんが、依頼をするなら大量処理型事務所にするべきなのでしょうか。大量処理型事務所は商売で言えば「薄利多売型」なことも多く、かつてアディーレ法律事務所が誇大広告で業務停止処分を受けたこともありました。過払い金請求に限ったことではありませんが、一番大切なのは信頼関係。大手の大量処理型事務所でも個人事務所でも、信頼のおけるところに頼むのが一番です。

返還請求しても大丈夫?過払い金デメリットは?

過払い金の返還請求では、請求手続きをすることによって利息制限法を超えて支払った利息の返還を受けられるというメリットがありますが、現在の取り引き状況によってはデメリットが発生することもあります。お金が戻ってくることばかりに気をとられていて、思わぬ事態にならないためにもデメリットについて知っておくことが大切です。

返済中は信用情報機関に事故情報が登録されることがある

過払い金請求でデメリットが発生するのは、過払い金請求をしようとしている借り入れの債務残高がまだ残っている場合です。返済中の借り入れに対して過払い金請求をかけると、個人信用情報機関に事故情報として登録されてしまうことがあります。いわゆるブラックリストに載ってしまうということです。ブラックリストに載ると、クレジットカードを作れなかったり、新たなローンを組めなかったりという支障が出ます。完済済みの借り入れの過払い金は請求してもブラックリストには載りませんので、過払い金請求は完済後が無難です。

返済に行き詰まるくらいなら事故情報となっても返還請求を

ブラックリストに載るデメリットがあっても、返還請求を行った方がいいこともあります。それは、支出が収入を上回りローンの返済がままならなくなっている場合です。過去に大きな過払い金があれば、返済そのものがなくなることもありますし、返済額が大幅に減ることもあります。返済請求をして事故情報が個人信用情報機関に登録されてしまったとしても、5年から10年でその情報は抹消されますから、長い目で見て判断しましょう。

あなたの借金はいくら減額できる?おすすめの法務事務所はこちら!

こがわ法務事務所

「司法書士」という枠を超えて、関わる人を幸福にしたいという理念をもっている「こがわ法務事務所」。知識がなくても理解できる説明で悩んでいる人と同じ目線に立って対応してくれるため、気軽に相談しやすい事務所です。 こがわ法務事務所は実績も多く、多数の事例を紹介しているため自分と照らし合わせて相談するか決めることも可能。 対応方法次第で周りにバレずに借金問題を解決することができるのも魅力的なポイントです。

特徴・おすすめポイント

特長その1: 誰にも知られず 借金問題を解決
特長その2:対応後の支払いは 分割払いが可能
特長その3:電話やメールの相談は 何度でも無料

\\1分で完了!減額診断スタート!//

こがわ法務事務所

全国対応のおすすめ弁護士事務所

ベリーベスト法律事務所

全国に73拠点展開、個人から法人まで幅広い分野の問題に対応。
債務整理(任意整理・過払い金回収請求・個人再生・自己破産)のご相談件数の累計は、36万8091件(集計期間:2011年2月~2022年12月末まで)、過払い金の回収金額実績累計1067億円以上(集計期間:2011年2月〜2022年12月末まで)という高い実績を持つ法律事務所です。
秘密厳守 で相談や手続きを行うので、家族や勤務先に知られる心配がありません。 債務整理に関する相談は何度でも無料 で受け付けています。問い合わせは電話、メールで受け付けています。
相談料は何回でも無料です。支払いは後払い、分割払いも可能です。(※後払いは過払い金請求に限ります。)
事務所内に債務整理専門のチームがあり、スピーディーに解決へ導いてくれます。また、メリットとデメリットを考慮してわかりやすく解決方法を提案してくれます。

ベリーベスト法律事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1: 豊富な実績※1
特長その2: 北海道から沖縄まで国内73か所※2に拠点、日本全国どこでも相談しやすい
特長その3: 拠点数全国No.1の法律事務所、弁護士は、約350名在籍※3

※1 2011年2月~2022年12月末までの全ての債務整理(任意整理、過払い金返還請求、個人再生、自己破産)の相談件数の累計36万8091件
※2 2023年11月現在
※3 2023年8月現在

ベリーベスト法律事務所

青山北町法律事務所

https://aokita-law.com

メディアでも活躍している弁護士が代表を務める法律事務所。『親しみやすさ』と『説明のわかりやすさ』を大切に考えてくれています。
代表弁護士が大手金融機関に勤務した経験があることから、借金問題といったお金にまつわるトラブルにも精通していることが特徴。債務整理、過払いについては(何度でも)相談無料となっておりオンラインでの相談も可能です。
青山北町法律事務所では話し合いにより任意整理のケースで和解が成立しなかった際、事務所側に原因がある場合は着手金を全額返金しています。

青山北町法律事務所

東京都港区北青山3丁目12-77 秋月ビル502
03-6427-4550
営業時間:9:00~20:00
土・日・祝
アクセス:表参道駅徒歩1分
https://aokita-law.com/

【おすすめ】匿名OK・無料相談できる司法書士事務所!

司法書士法人赤瀬事務所

司法書士法人赤瀬事務所は大阪府を中心に債務整理・相続・成年後見などを専門に行っています。債務整理にあたっては依頼者の債務状況を綿密に調査し、法律相談から交渉、訴訟などをサポート。個人事務所ならではの スピーディーで丁寧な対応と豊富な専門知識 を生かしながら、スタッフ間で連携・相談を行い、相談者ひとりひとりの問題を根本的解決につなげてくれます。
費用についても無理のないプランを提案してくれるため安心して相談できます。また、一部大手業者との間で和解を拒否されている事務所もありますが、 赤瀬事務所では和解ができない業者はありません。

司法書士法人赤瀬事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1: 相談者への迅速な対応には自信あり
特長その2: 大阪府吹田市を中心に、大阪府全域、日本全国で多数の実績
特長その3: 和解できない業者なし

司法書士法人赤瀬事務所

大阪府大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング416号室
06-6315-0204
営業時間:平日9:00~18:00 / 定休日:土・日・祝(事前予約で休日も対応可能)

■司法書士法人リーガルリリーフ

依頼者の方が心配なく任せられるよう、迅速・親切・丁寧な法務サービスを提供することを信条としている司法書士法人です。相談の際には、難しい言葉を使わず、わかりやすい説明で対応を行ってくれます。
また、必要に応じて他の専門家と連携し、質の高いワンストップサービスを提供しており、債権者との交渉により借金を減らす「任意整理」、法的手続きにより借金の支払いを免除される「自己破産」、借金を5分の1程度に減らす「個人再生」など、様々な手続きで依頼者を支援してくれます。
匿名OKの無料診断のシミュレータがついており、気軽に借金の減額相談を行うことができます。

司法書士法人リーガルリリーフ

東京都港区浜松町2丁目6番2号浜松町262ビル503号

全国対応のおすすめ弁護士事務所はこちら!

■ライズ綜合法律事務所

東京、横浜、大阪に事務所を構える綜合法律事務所です。個人、法人問わずさまざまな相談に対応。費用に関しては、無理のない分割支払いも可能になっているので、安心して相談することができます。借金に関する相談も多く、全国対応の借金減額シュミレーターでの無料診断を受付中。無料・著名でシュミレーターを利用することができ、結果とあわせてメール相談が可能です。個人情報の取り扱いも徹底しており、情報は無料診断・相談以外には使用されないので、信頼度も抜群。気軽に無料診断・相談することができ、人気となっています。

ライズ綜合法律事務所の特徴・おすすめポイント

特長その1:全国対応の 借金減額シミュレーター 無料診断
特長その2:無理のない 分割払いが可能
特長その3:個人・法人問わず さまざまな相談に対応

ライズ綜合法律事務所

大阪府大阪市淀川区宮原4-1-45 新大阪八千代ビル 5階
事務所:東京本店事務所、横浜事務所、大阪事務所

■FAST法律事務所

24時間365日受付の借金問題専門無料相談窓口もある法律事務所です。相談無料、初期費用0円、分割払いOKで、多くの相談実績を持つ信頼の事務所になっています。経験豊富なスタッフによる丁寧な対応で、安心して相談することができると評判。借金の督促をストップさせることも可能なのもポイントです。一人一人の状況をしっかりと聞き、最適な解決方法を提案。どのような手続きが行われるのかなども細かくしっかり理解できるまで説明してくれるのも信頼が持てる大きな理由です。

FAST法律事務所

東京都港区白金台3丁目19−6 白金台ビル 3階

■藤森法律事務所

一人一人に合わせて借金問題を解決してくれる法律事務所です。初回相談料は無料になっており、まずは24時間365日いつでも受付可能なメール無料相談を利用することができます。どんな小さなことでも、借金問題について不安なことやわからないことなど何でも親身になって丁寧に答えてくれると評判。相談内容と一人一人の状況などをしっかりと見極めて、「借金問題は必ず解決できる方法がある!」をモットーに、現時点だけの解決法でなく、将来的により良い解決法を提案してくれます。

藤森法律事務所

大阪府大阪市天王寺区上汐3-2-17 コモド上汐ビル602

弁護士法人ガイア総合法律事務所

「依頼者のベストパートナー」を目指して全身全霊をかけた対応をしてくれる法律事務所です。中小企業の法律相談から個人の債務整理、男女・離婚問題、交通事故の解決まで幅広い相談に対応しています。どのような案件でも依頼者の話をよく聞き、最適な解決策を分かりやすく説明してくれるので知識がなくても安心。相談は完全予約制で、 いつでも無料 で相談できるのもポイントです。オンラインでの面談も可能なので、外出が難しい人にもおすすめ。 メールでの問い合わせは24時間いつでも 受け付けています。料金体系が明瞭なのも魅力のひとつ。さらに依頼が必要な場合、 事前に無料で見積りを作成してもらえるため、不安なとき気軽に相談できます。

債務整理に特化している

弁護士法人ガイア総合法律事務所は、債務整理を主軸に置いた事務所です。この事務所は、債務者が直面するさまざまな問題に対応でき、個々の事例に応じたアプローチを行っています。

債務整理の過程で必要となる書類の準備や債権者との交渉など、煩雑な手続きを専門の弁護士がサポートします。債務の種類を問わず、着実に前に進めるでしょう。

初回30分の無料法律相談を実施

弁護士法人ガイア総合法律事務所では、初回30分の無料法律相談を提供しています。この無料相談を利用することで、債務整理に関する一般的な質問や自身の状況を弁護士に相談することで、今後の方向性を決定する手助けになるでしょう。

事前に予約が必要であり、相談時には具体的な質問や必要な資料を準備しておくことをおすすめします。

弁護士法人ガイア総合法律事務所の口コミ

ラジオによく出ているとても真面目そうな先生の事務所なので、安心して任せることができました。対応してくれた担当者も優しくて、しっかり相談を聞いてくれました。(40歳男性)

借金を減らす方法を、私の場合はどうするのが得策なのかわかりやすく丁寧に説明してくれました。おかげさまでずっと悩んできた返済について解決できる見通しがたちました。ガイアさんに心から感謝しています。(35歳女性)

ずっと悩んできましたがガイアさんは債務整理の方法と過払い金の調査について精通していると思いネット診断から依頼しました。想像していた以上に過払い金が見つかりました。相談して本当に良かったです。(62歳男性)

相談料金 初回30分無料
過払金請求 調査料:無料
話し合いの過払金回収:回収額の22%
裁判の過払金回収:回収額の27.5%
任意整理 着手金(1社あたり):4万4000円(税込)
解決報酬金:2万円(税込2万2000円)(1社あたり)
減額報酬金:減額できた金額の11%
個人再生 ・着手金
住宅資金特別条項なし:44万円(税込)
住宅資金特別条項あり:55万円(税込)
自己破産 ・着手金(個人)
同時廃止:33万円(税込)
管財事件:44万円(税込)

*上記に加えて事務手数料・諸経費が発生する場合があります

弁護士法人ガイア総合法律事務所

東京都港区新橋3丁目2番3 千代川ビル6階

過払い金の相談は自分の状況に合ったタイミングと方法で

テレビCMなどを見ていると、一刻も早く過払い金請求の相談しないと損をするような感じを受けることがありますが、状況は人それぞれ違います。また、手元に記録が無くても相談はできますが、契約書や返済時の通帳などの資料を揃えて相談をすると、より早く明確な回答が得られます。過払い金の相談は自分の状況を見極めて、自分にとって最適なタイミングで信頼のおける相手を探して行うといいでしょう。

過払い金に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

運営会社